ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、一般カードでありながら、充実の保険付帯や空港ラウンジを始めとする旅行関連の様々なサービスや、エンターテイメント関連のサービスも充実しています。

その内容は、まるでゴールドカード並みで、さらにANAとアメックスの両方のサービスを受けることができるのが魅力です。

海外旅行によく行く人で、マイルも貯めたいしアメックスならではのステータスの高さも味わいたいという人には最適な1枚となります。

ここでは、そんなANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

お得なキャンペーン等を確認したいかたは、まずはこちらで確認してみてください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会・キャンペーンの詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANA(全日本空輸株式会社)とアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提携して発行するクレジットカードです。

国際ブランドはAmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)です。

アメリカン・エキスプレスは、国内では加盟店が少ないと思う人もいるかもしれませんが、JCBと提携しているのでアメリカン・エキスプレス、JCB両方の加盟店で利用することができます

そのため、国内でも幅い広い店舗や施設等で利用することができます。

年会費は7,000円で家族カードは2,500円

年会費は、7,000円(税抜)です。

高いと思う人もいいるかもしれませんが、ゴールド並みの付帯サービスの充実感からするとかなり安いと言ってもいいでしょう。

家族カードの年会費は、2,500円(税抜)です。

ETCカードの年会費は、500円(税抜)ですが、初年度無料で、年に1度でもETCカードの利用があれば翌年は無料になります

限度額は決まってない

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの限度額は、他の一般的なカードと違い、限度額が決まっていません。(アメックスなので)

ただしこれは、いくらでも無制限に利用できるというものではなく、保有者1人1人のライフワークに応じてある程度の自己設定が可能というものです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはデポジット制といって、事前入金システムがあるので、その額に応じて限度額が決まるということになります。

例えば、保有者が事前に500万円入金すれば限度額は500万円、800万円入金すれば限度額は800万円というように本人の状況に応じていくらでも限度額は変動できます。

さすがステータスの高いカードは、こういった面での縛りがなく保有者の信用があるからこそ自由がきくのでしょう。

ポイントとANAマイル

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、利用することでアメックスのポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」のポイントと、ANAマイルの両方を貯めていくことができます。

アメックスのポイント還元率

ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」で貯まるアメックスのポイントは、100円利用毎に1ポイントです。

還元率は1%です。

貯まったポイントは「ポイント移行コース」に登録することで、ANAマイルに移行することができます。

その時のANAマイルへの交換は、1,000ポイント=1,000マイルとなります。

1マイルの価値は決まってはいませんが、恐らく1.5円以上の価値はあるはずなので、1,000ポイント=1,000マイルに交換した場合は還元率が1.5%以上になります。

これが、2円の価値があるのであれば2%以上になるので、マイルでの交換は特にお得です。

また、ANAグループでANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用してANA航空券、旅行商品、機内販売などを購入した場合は、ポイントが1.5倍になります。

これは、通常ポイント(100円利用毎に1ポイント)+200円利用毎に1ポイントとなるので、還元率は1.5%となります。

移行ポイントに特に制限はないので、なるべく多くポイントを貯めてから交換するということも可能になります。

ポイントのマイル移行は登録が必要で有効期限は基本的に3年間

ANAアメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントは、基本的に3年間の有効期限になっています。

また、交換したマイルも有効期限は3年です。

それに、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで貯まったポイントをANAをマイルに移行するには、「ポイント移行コース」に登録する必要があります。

これには、年間参加費6,000円(税抜)がかかり、1度登録すると自動更新となります。

ただし「ポイント移行コース」に登録しておけば、3年間の有効期限が無期限になります。

ポイントをマイルに移行するのに、毎年プラス6,000円(税抜)はちょっともったいないという人は、ポイントを有効期限ギリギリの3年まで貯めて、移行する時のみ登録するという方法もあります。

  • 3年に1度はポイント移行コースに登録を
  • 移行してポイントを交換
  • 解約してまた3年後に登録する

というやり方だと登録費の節約になります。

登録をしたままだと忘れるということはないのでいいのですが、そうなると毎年7,000円の年会費以外に6,000円の登録が加算されるので、計13,000円かかります。

しかし、3年に1度だけ登録すれば、年に2,000円で済むので、実質年会費が9,000円で済むということになります。

移行が済んだら、また解約手続きをするという面倒はありますがこうすれば参加費の6,000円(税抜)を支払う回数をグッと減らすことができます。

なので節約のためにも、3年に1度登録をして、翌年は解約をするというやり方をおすすめします。

ポイントが半減・対象外があるので注意

ANAグループでの利用時、ポイントが1.5倍になるのは嬉しいですが、逆にポイント付与率が半減する場合やポイント対象外という場合もあります

ポイント対象外となるのは、NHK、電子マネー(Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)です。

また、ポイント付与率がが半減してしまうのは、下記の通りです。

  • 電気料金:北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力、北陸電力
  • ガス料金:北海道ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、広島ガス、西部ガス、長野都市ガス、大阪ガス
  • 水道料金:札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道部、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局
  • 東京都自動車税
  • 大阪府自動車税

これらは、200円利用毎に1ポイントとなります。

電子マネーはあまりおすすめしない

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、楽天Edyが付帯していますが、楽天Edyで支払ってしまうと200円の1マイルになってしまうので、普通にANAアメリカン・エキスプレス・カードで支払うよりも還元率は下がってしまいます。(100円=1マイル)

ANAが提供しているサービスに「Edyマイルプラス」という制度ありますが、これに事前に登録すれば、対象の店舗では200円で2マイルが貯まります。

事前登録する必要はありますが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで楽天Edyを利用するなら、登録しておいて損はありません。

主に使える店舗はこちらです。

  • ニッポンレンタカー
  • 紀伊國屋書店
  • 大丸・福岡天神店
  • 沖縄ファミリーマート
  • ビッグエコー
  • コロプラ
  • エスカ地下街(名古屋駅新幹線口)
  • アネックス(名古屋栄キタ)
  • マツモトキヨシ
  • ホテルリブマックス

ただ、このように店舗数自体が少ないので、よく上記の店舗を利用する方ならいいですが、あまり利用しないのであれば、普通にANAアメリカン・エキスプレス・カードで支払った方がお得です。

どうしても、楽天Edyを利用したいならANAアメリカン・エキスプレス・カードよりも、楽天カードリクルートカードなどの別のクレカの方が相性がいいので、サブカードとして作ってそちらで楽天Edyを利用した方がいいと思います。

リクルートカードなら、チャージした金額に1.2%のポイントがつくので、かなり還元率がいいです。

AMEX QUICPayなら100円=1マイルになる

ANAアメリカン・エキスプレス・カードに搭載されている電子マネーは楽天Edyだけですが、アメックスブランドであれば「AMEX QUICPay」を利用することもできます。

カードを作る以外に別途申し込みをする必要はありますが、携帯やスマートフォンで利用することができるので、カードをわざわざ持ち運ぶ必要はありません。

楽天Edyのように200円で2マイルではなく、しっかりと100円で1マイル加算されるので、カードで支払った場合と同じ還元率になります。

おサイフケータイに対応している携帯やスマートフォンを持っていれば、すぐに使うことができるので、電子マネーを利用することを考えるなら「AMEX QUICPay」はポイントもしっかりと貯まるのでおすすめです。

やっぱり電子マネーの方が、支払いなどもスピーディーですからね。

3つのANAマイルボーナスがある

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、入会するだけでマイルボーナスが貰え、加えて更新、フライトごとにもマイルボーナスを貰うことができます。

  • 入会マイルボーナス:1,000マイル
  • 毎年更新マイルボーナス:1,000マイル
  • フライトマイルボーナス:区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10%

この3つで、マイルボーナスが貰えるので、毎年更新するだけで1年に1回必ず1,000マイルが貰えることになります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会・キャンペーンの詳細はこちら

ANAマイル加盟店ならポイントとマイルの2重取りが可能

ANAマイル加盟店でANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用した場合は、アメックスのポイント付与に加えて、ANAマイルも直接貯まります。

また、この時のアメックスのポイント付与率は1.5倍で、ANAマイルは100円利用毎に1マイルか、200円利用毎に1マイルとなります。

ポイントとマイルがダブルで貯まるので、効率よくポイントとマイルを貯めることができるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの3つのメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの、1番のメリットは上記で書いたマイルへの交換ですが、それ以外にも一般カードでありながら少々高額な年会費を支払う分、優待サービスや特典がかなり充実しています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリットは、

  • 多種多様のアメックスの付帯サービス
  • ANA共通のサービスも受けられる
  • 充実の旅行傷害保険が付帯している

この3つです。

多種多様のアメックスの付帯サービス

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを保有することで得られる大きなメリットのひとつがこれです。

旅行やエンタテイメントに特化したアメックスの多種多様の優待サービスや特典を受けることができるサービスです。

主な優待サービスは、

  • メンバーシップ・サービスセンター
  • 空港ラウンジサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港クロークサービス
  • グローバル・ホットライン
  • 空港パーキング
  • SKIPサービス
  • ANA旅行積立プラン
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • チケット・アクセス

など、ストレスフリーで快適な旅をすることができるサービスや特典が豊富です。

中でも嬉しい空港ラウンジサービスは、国内主要空港28都市とホノルル国際空港、仁川国際空港で、同伴者1名まで無料で利用することができるサービスです。

また、ホテル、ダイナー、ショッピングの3つのジャンルで豊富な施設、飲食店での割引サービスなどがあるアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用すれば贅沢な時間をちょっとお得に過ごすことができます。

コンサートや観劇などにもよく出かける人にとって嬉しい優待サービス「チケット・アクセス」も便利です。

e+(イープラス)と提携するサービスですが、人気のチケットの先行予約ができたり、優待価格で購入できたりとします。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを保有するだけで、旅行、ショッピング、エンターテイメントのシーンで様々な優待があるので、高いステータスを得ることができます。

ANA共通のサービスも受けられる

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスの優待サービスだけでなく、ANAカードの共通サービスを受けることもできます。

主なANA共通サービスは、

  • ANAカードファミリーマイル(家族のマイルと合算することができる)
  • 「ビジネスきっぷ」の利用(ANAカード会員専用の割引運賃が適応)
  • ANAの国内線・国際線機内販売が10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの宿泊割引サービス
  • 国内、海外のANAツアーが5%オフ
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」の利用で7%オフ
  • ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%オフ(国内)
  • ハーツレンタカーが5%~20%オフ(海外)

などがあります。

ANA共通サービスと、アメックスの優待サービスの両方を利用することで、旅行やショッピングは多くの場面で優遇されます。

充実の旅行傷害保険が付帯している

手厚い補償と家族特約まである充実の保険内容です。

海外旅行傷害保険の内容(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人) 補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償 5,000万円、  1,000万円
傷害治療費用 100万円  100万円
疾病治療補償 100万円  100万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品の損害 30万円  30万円
救援者費用等 200万円  200万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

  • 死亡・後遺障害補償:本人2,000万円、家族1,000万円

年会費が7,000円(税抜)かかるとはいえ、しっかりと国内の旅行保険も付帯しているので、保険等に関しては、かなり充実しているといっていいでしょう。

ショッピング保険も付帯している

ANAアメリカン・キスプレス・カードを利用して購入した商品が破損、もしくは盗難にあった場合、90日間以内であればその損害額を補償してくれます。

年間200万円までとなります。

年間100万円までというクレジットカードが多い中、200万円まで補償してもらえるというのはかなり安心です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、手厚い保険が付帯していますので、旅行もショッピングも安心して楽しむことができます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会・キャンペーンの詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、優待サービスや特典、保険がゴールド並みに充実しているので、保有するだけで大きなメリットとなります。

それに、マイルをガッツリと貯めたい人には、かなりおすすめの1枚です。

あえて、デメリットをあげるとすれば、一般カードのわりに年会費が高いという点かもしれません。

ただし、7,000円(税抜)は、一般カードとしては高いかもしれませんが、年会費を上回るだけの様々なサービスで、旅行やショッピングが便利で安心なものになります

さらに、エンターテイメントの分野でも優待があるため、幅広く活躍するカードと考えれば、年会費も安く感じるはずです。

そのため、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリットはそう大きなものではないと言えるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの審査基準は?

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの審査基準となると、少々厳しいのでは?と思ってしまいますよね。

なんといっても、ステータス性の高いアメックスですし、このカードのサービス内容はゴールド並みと言っても過言ではありません。

しかしANAアメリカン・エキスプレス・カードは、あくまでも一般カードです。

そのため、いくらアメックスであっても、ゴールドカードのように厳しい審査基準が設けられているわけではありません。

普通の会社員でも保有できる

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、職業のステータスや年収の高さをそこまで求められていません。

ただし、パートやアルバイト以外の定職があり、勤続年数などもしっかりしていることが最低基準となります

限度額は、審査の際に年収に合わせて設定されますから、年収によって限度額は低くなる可能性もありますが、普通の会社員でも十分に保有することのできるカードです。

信用情報は重要

いくら定職があり長い勤続年数があったとしても、信用情報に問題があるようでは審査には通らないでしょう

過去5年内に他クレジットの延滞や債務整理履歴がある場合は、審査に通るのは難しくなります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの審査基準は、恐らく思っている以上にハードルは高くはないと思うので、定職があり勤続年数もそこそこあるという人は何もなければ普通に通るはずですよ。

マイルを貯めるならおすすめの1枚

ポイントやマイルを貯めながら、高いステータスも得ることができるANAアメリカン・エキスプレス・カードは、他の一般カードと比較すれば群を抜いていると言えます。

特にマイルを使って海外旅行によく行く人にとっては、高額な年会費も気にならなくなるほどの優待サービスが嬉しい1枚となります。

旅行だけに限らず、食事や宿泊、ショッピングにエンターテイメントとあらゆる場面での優待があるので、カードにステータスの高さを求める人にはピッタリ1枚ですよ。

また、今なら2017年4月30日までの申し込みで、最大23,000マイル相当が貰えるキャンペーンを行っています。

このようなキャンペーンなどを上手に活用してガンガンマイルを貯めて、楽しい旅行にいきましょう!!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの入会・キャンペーンの詳細はこちら