クレジットカードに高いステータス性を求める人で、尚且つ海外旅行によく行くという人には、最適なカードとなるANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

ANAのサービスとアメックスゴールドの一部のサービスを受けることができる贅沢なクレジットカードです。

旅行やエンターテイメントに特化した優待サービスが魅力で、手厚い旅行保険や万全のプロテクションが多数付帯しているので保有メリットは大きいです。

そんなANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴やメリット、デメリットを説明していきます。

お得なキャンペーン等を確認したいかたは、まずはこちらで確認してみてください。

ANAアメックス・ゴールドカードの申込み・キャンペーンの詳細はこちら

目次

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANA(全日本空輸株式会社)とアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが提携して発行するクレジットカードです。

高いステータス性とマイルが貯まる優雅で便利なクレジットカードです。

国際ブランドは、AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)です。

アメリカン・エキスプレスは、国内では使える加盟店が少ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、JCBと提携しているので、JCBとアメリカンエキスプレスの両方の加盟店で使えます。

JCBは日本が発行している国際ブランドなので、ほぼクレジットカードを対応している店舗では利用することができるので、アメックスブランドでも国内で利用するのに問題はありません。

年会費は31,000円で家族カードは15,500円

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は31,000円(税抜)です。

少し高いと思う人もいるかもしれませんが、アメックス・ゴールド(年会費26,000円)とANA VISAワイドカード(年会費7,830円)が融合したようなカードなので、この年会費は適正価格と言えます。

かなり充実した優待サービスや手厚い保険の内容からすると妥当な年会費となるでしょう。

家族カードの年会費は15,500円(税抜)です。

ETCカードの年会費は500円(税抜)です。

初年度は無料で、年に1度でもETCカードの利用があれば翌年は無料になります

3つのマイルボーナスがもらえる

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスのポイントとANAマイルの2種類を貯めていくことができます。

入会後は、嬉しい3つのマイルボーナスがもらえます。

マイルボーナスは、

  • 入会マイルボーナス:2,000マイル
  • 毎年更新マイルボーナス:2,000マイル
  • フライトマイルボーナス:区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 25%

この3つのマイルボーナスでマイルを稼ぐことができます。

更新さえすれば、1年に1回必ず2,000マイルもらえるいうのは、嬉しい特典の1つです。

ANAアメックス・ゴールドカードの申込み・キャンペーンの詳細はこちら

ポイント還元率は1%でマイル付与率は1%以上

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、「メンバーシップ・リワード」というアメックスのポイントプログラムで貯まるポイントと、ANAマイルの2種類を貯めていくことができます。

アメックスのポイントは、100円利用毎に1ポイント貯まります。

還元率でいえば1%です。そこまで低い還元率ではありません。

貯まったポイントはANAマイルに移行することができます。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費こそ高くなりますが、マイルがザクザク貯まっていくシステムも用意されているので、気づいたら多くのマイルがたまっているということも多々あります。

1,000ポイントからANAマイルに移行することができる(マイル付与率は1.0)

100円利用毎に1ポイント貯まるアメックスのポイントは、1,000ポイントからANAマイルに移行することができます。

移行の際は、「1,000ポイント=1,000マイル」となるので、マイル付与率は1.0%になります。

また、ポイントをマイルに移行する際、アメックスの一般カードであれば「ポイント移行コース」に登録する必要があり、参加費は6,000円(税抜)がかかります。

しかし、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、ポイント移行コースへの登録は不要ですので、手数料なしでポイントをマイルに移行することができます。

実際に、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、年会費が7,000円で、更にマイルに交換するにはポイント移行コースの登録に6,000円かかるので、マイル移行を考えるなら計13,000円を年会費として払わないといけません。

一応、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは一般カードとなるので、一般カードで1万円以上という年会費は負担が大きくなります。

それを考えれば、登録せずに利用できるのは、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの大きなメリットの1つでしょう。

ANAグループ利用時はマイル付与率が3.0%になる

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用して、ANAグループでANA航空券、旅行商品、機内販売などを購入した場合、ポイントが2倍になります。

通常ポイント(100円利用毎に1ポイント)+200円利用毎に2ポイントとなり、マイル移行に換算するとマイル付与率はこの時点で2.0%になります。

さらに、ANAカードマイルプラス加盟店での利用時には1.0%のANAマイルも直接貯まるので、合わせてマイル付与率は3.0%になります。

3.0%の付与率でマイルが貯まっていくのは嬉しいです。

旅行によく行く人で、ANAグループを利用すればするほどマイルはザクザク貯まっていきます。

「ANAカードマイルプラス」加盟店ならポイントとマイルの2重取りが可能

ANAカードマイルプラス」の加盟店なら、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴール・カードを利用した場合、アメックスのポイント付与に加えて、ANAマイルも直接貯まります。

通常のポイント(100円=1マイル)にANAマイルは100円利用毎に1マイルか、200円利用毎に1マイルとなります。

なので、マイルへのポイント付与率が1.5~2%になります。

ポイントとマイルがダブルで貯まるので、効率よくポイントとマイルを貯めることができます。

空港内店舗「ANA FESTA」で10%オフ

ana-festa

全国各空港にある「ANA FESTA」で、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを呈示すると、それだけで10%オフになるサービスがあります。

1,000円以上の買い物のみですが、例えば10,000円の買い物で1,000円以上もお得に買物をすることができるので、かなりお得な特典です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならポイント有効期限がない

アメックスの一般カードであれば、ポイントの有効期限は通常3年です。

しかし、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、ポイントの有効期限がないため、期限を気にすることなくいくらでもポイントを貯めていくことができます。

ANAマイルは、ポイントから移行後、有効期限が獲得月から36か月後の月末となりますので、大きく貯めてから使えるタイミングで一気にマイルに移行するのがおすすめです。

ANAアメックス・ゴールドカードの申込み・キャンペーンの詳細はこちら

アメックスのポイントは付与率が半減するケースがある

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用して貯まるポイントは、100円利用毎に1ポイントですが、付与率が半分になるケースがあります。

ポイント付与が半減するのは、

  • 電気料金:北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力、北陸電力
  • ガス料金:北海道ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、広島ガス、西部ガス、長野都市ガス、大阪ガス
  • 水道料金:札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道部、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局
  • 東京都自動車税
  • 大阪府自動車税

この場合です。

この際は、200円利用毎に1ポイントとなります。

また、NHK、電子マネー(Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA)は、ポイント対象外となります。

電子マネーならAMEX QUICPay

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、楽天Edyが付帯しています。

ただ、注意点としては楽天Edyで支払ってしまうと200円で1マイルになってしまうので、普通にANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払うよりも還元率は下がってしまい損をしてしまいます。

ANAが提供しているサービスに「Edyマイルプラス」という制度ありますが、これに事前に登録すれば、対象の店舗では200円で2マイルが貯まります。

事前登録する必要はありますが、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで楽天Edyを利用するなら、登録しておいて損はありませんよ。

主に使える店舗はこちらです。

  • ニッポンレンタカー
  • 紀伊國屋書店
  • 大丸・福岡天神店
  • 沖縄ファミリーマート
  • ビッグエコー
  • コロプラ
  • エスカ地下街(名古屋駅新幹線口)
  • アネックス(名古屋栄キタ)
  • マツモトキヨシ
  • ホテルリブマックス

ただ、このように店舗数自体が少ないので、コンビニなどをよく利用するなら、普通にANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払った方がお得です。

もしくはh,アメックスブランドであれば「AMEX QUICPay」を利用することもできるので、おサイフケータイに登録をして、QUICPayを使うのもありです。

QUICPayでの支払いは、100円で1マイル貯るので、クレカで支払った場合と同じ還元率になります。

どうしても、楽天Edyを利用したいなら、楽天カードリクルートカードなどの別のクレカの方が相性がいいので、サブカードとして作ってそちらで楽天Edyを利用した方がいいと思います。

リクルートカードなら、チャージした金額に1.2%のポイントがつくので、かなり還元率がいいです。年会費無料ですし。

充実している4つの優待サービスや付帯サービス

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、高いステータス性を得ることができ、基本的に、マイルを貯めるだけでも相当なメリットがあるクレジットカードです。

しかし、そのステータスの高さをグッと上げてくれる優待サービスなどもかなりの充実しています。

ここでは、そんな優待サービスや付帯サービスについて紹介していきます!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの充実している優待サービスや付帯サービスは

  • ANAカード共通のサービスが受けられる
  • アメックスの充実の優待サービスが受けられる
  • 旅行傷害保険が手厚い
  • 多数のプロテクションも付帯している

これら4つです。

ANAカード共通のサービスが受けられる

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、その名の通りANAの共通サービスもアメックスの優待サービスもどちらも受けることができます。

主なANAカード共通のサービは、

  • ANAカードファミリーマイル(家族のマイルと合算することができる)
  • 「ビジネスきっぷ」の利用(ANAカード会員専用の割引運賃が適応)
  • ANAの国内線・国際線機内販売が10%引き
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの宿泊割引サービス
  • 国内、海外のANAツアーが5%オフ
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」の利用で7%オフ
  • ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%オフ(国内)
  • ハーツレンタカーが5%~20%オフ(海外)

などがあります。

こういったサービスがあるだけでも、1度の旅行がその都度様々な場面でお得になります。

家族のマイルを合算できるというのも、マイルを貯める人とっては嬉しいサービスです。

家族で貯めたほうが、ガンガンマイルを貯めることができるはずなので。

アメックスの充実の優待サービスが受けられる

アメックスの優待サービスは、一般カードであってもかなり充実していてカードのステータスを一気に上げてくれますが、さらにANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードにしかないサービスがプラスされます。

アメックスの主な優待サービスは、

  • メンバーシップ・サービスセンター
  • 空港ラウンジサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港クロークサービス
  • グローバル・ホットライン
  • 空港パーキング
  • SKIPサービス
  • ANA旅行積立プラン
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • チケット・アクセス

これらになり、空港ラウンジは同伴者1名まで無料で利用することができますし、利用できる空港も豊富です。

空港ラウンジサービス対象空港は、

  • 国内主要空港
  • ホノルル国際空港
  • 仁川国際空港

になります。

また、ホテル、ダイナー、ショッピングの3つのジャンルで様々な優待サービスが用意されているアメリカン・エキスプレス・セレクトなら、アメックスならではの優雅な時間を過ごすことができます。

その他、空港内でのサービスや旅先でのサポートもかなり充実していますから、ストレスフリーで快適な旅行をすることができます

この優待サービスだけでも十分ですが、さらにANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードにしかない優待サービスも魅力的です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのみの主なサービスは、

  • エアポート送迎サービス
  • エアポート・ミール
  • オーバーシーズ・アシスト
  • ANA SKY コインプレゼント
  • ゴールド・ワインクラブ
  • コットンクラブ
  • 新国立劇場
  • ゴルフ関連サービス

これらになります。

エアポート送迎サービスは、提携のタクシー会社が海外旅行の出国、帰国時にタクシーを専用でチャーターしてくれます。

利用可能な地域内の指定場所と空港との区間を低価格で送迎してくれます。

この価格には、高速代や深夜料金も含まれているので、高額な高速代などの負担も最小限に済むので便利ですし安心です。

エアポート・ミールは、羽田空港、伊丹空港発国内線航空券をゴールドデスクから予約した場合に、1,000円分のお食事クーポンが付くサービスです。

ちょっとしたこんな特典が嬉しかったりします。

他サービスもきめ細やかなものが多く、アメックスならではの優待なので、満足感をしっかり得られるはずですよ!

ANAアメックス・ゴールドカードの申込み・キャンペーンの詳細はこちら

旅行傷害保険が手厚い

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの旅行傷害保険は手厚く、かなり充実した内容となっており、家族特約が付いている点もさすがです。

海外旅行傷害保険の内容(自動付帯・利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人) 補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償 1億円(自動付帯5,000万円)  1,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療補償 200万円 200万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円
携行品の損害 50万円 50万円
救援者費用等 300万円 300万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

  • 死亡・後遺障害補償:本人5,000万円、家族1,000万円

年会費が31,000円(税抜)なので、保険等に関しては、文句なしといってもいい保険内容になっています。

海外旅行、国内旅行ともに、家族までしっかり保険で守られている点も嬉しいですよね。

多数のプロテクションも付帯している

多数のプロテクションが付帯しているので、旅行もショッピングも万全のガードで安心です。

カード緊急再発行

旅先でカードの紛失などをしてまった場合、状況に応じてカードを緊急で再発行してくれます。

ショッピングプロテクション

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用して購入した商品が破損、もしくは盗難にあった場合に90日間最高500万円まで補償してくれるサービスです。

通常のカードなら最高100万円まで、高いものでも最高200万円までということが多い中、最高500万円までという保証はさすがアメックスのゴールドといった感じです。

リターン・プロテクション

これは、なかなか他のカードには付帯されていないプロテクションです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用して購入した商品を返品したい際に、万が一店側がその返品を受け付けてくれなかった場合に補償されるサービスです。

返品を断られた商品をアメリカン・エキスプレスに送ると、後日本人の口座にその商品の代金が振り込まれるというサービスです。

キャンセル・プロテクション

急な用事やトラブルなどで、いけなくなってしまった旅行やコンサートのキャンセル料金を10万円まで補償してくれるサービスです。

旅行のキャンセル料は高くついてしまうことが多いですから、この補償は嬉しいです。

オンライン・プロテクション

ネットショッピングなどで不正が発覚した場合、その損害額を補償してくれるサービスです。

不正使用などを恐れてネットショッピングを躊躇してしまう人にとっても、とても安心のサービスです。

これだけのプロテクションで会員の旅行やショッピングをしっかり守ってくれますので、これらはかなり大きなメリットとなります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットは、やはり年会費が高額であるということです。

年会費が7,000円(税抜)のANAアメリカン・エキスプレス・カードの付帯サービスでも十分という人もいるかと思いますが、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのみの優待サービスは魅力です。

また、数多くのプロテクションで旅行やショッピングがしっかりガードされるという点も考えると、年会費は高いとはいえ、それに見合うだけの充実の付帯サービスや旅行保険があるのでそう大きなデメリットということではないでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査基準

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ステータス性の高いアメックスですし、ゴールドともなると審査基準は厳しく、保有するのは難しいと思ってしまいがちです。

しかし、昔は審査基準が厳しいと言われてきたアメックスも、時代の流れとともにその審査基準もやや優しくなってきています。

とはいえ、最近増えた「18歳以上、パート、アルバイトでも可」という誰でも作れちゃうというカードではないので、気を付けましょう。

定職があり安定収入があることが基本

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査基準では、パートやアルバイト以外の定職があり毎月安定した収入があるということが基本となります。

また年齢は20歳以上です。

年収500万円以上でなけれなならないとか、持ち家がなくてはならないという様な基準は特にありません。

正社員で勤続年数が3年以上あり、年収も300万円から500万円あれば、問題ないと思います

実際に、私の知り合いに20代の方がいますが、その方は3年で300万でしたが作ることができましたから。

信用情報に問題がないかも重要

ただし、定職があり安定した収入があっても、信用情報に問題がある場合は、審査に通ることは難しいでしょう

過去5年以内に他クレジットの延滞があったり、債務整理履歴などがあるようだと、審査通過は難しくなります。

限度額は低め

年収の高さや職業のステータスを求められることなく保有することができますが、最初の限度額はかなり低めに設定される可能性はあります。

アメックスは、審査の際、申請者の年収によって限度額を設定するので、年収が低いと最初はどうしてもその設定額が低くなります。

とはいえ、思っているほど厳しい基準をクリアしなければいけないということもないので、正社員で毎月安定した収入を得ることができる人は問題なく作れると思いますよ。

ゴールドカードでマイルをガンガン貯めるならおすすめの1枚!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、旅行好きで尚且つクレジットカードには更に高いステータス性を求める人には最適な1枚です。

マイルが貯まりやすいシステムも用意されているので、高いステータスを得ながら密かにマイルが貯められるのも魅力です。

旅行保険やプロテクションも充実していまるので、安心度を高めるためにも持っていおいて損はカードですよ。

また、今なら2017年4月30日までの入会で最大34,500マイルが獲得できるキャンペーンも行っています

上手く活用できれば、年会費31,000円もペイできるので、マイルが貯るゴールドカードを探している方は、検討してみてください。

ANAアメックス・ゴールドカードの申込み・キャンペーンの詳細はこちら