クレジットカードを持つ人も、Suicaを利用する人も最近では本当に多いです。

Suicaは地下鉄やJRを利用する時には便利ですし、様々なショップでsuicaでの会計もできるようになってきています。

そんなSuica機能にクレジットカード機能とマイルが貯まるサービスが付いたANA VISA Suicaカードはご存知ですか?

ここでは、マイルがどんどん貯まって、ポイントも貯められるANA VISA Suicaカードのメリットやデメリットをご紹介します。

ANA VISA Suicaカード特徴

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、三井住友カード株式会社が発行していますが、ANA(全日本空輸)と提携していますので、マイルも貯めやすくなっています。

国際ブランドは、VISAのみとなっています。

クレジットカード機能はもちろん、suicaやiDも利用できます。

suicaへのチャージの際は、ポイントも貯まりますし、また持っているだけでANAマイルが貯まるなどの嬉しいメリットもあります。

他のANAカード/マスターカードと合わせて持つこともできますので、ANAマイルを貯めるために持つだけでもお得なカードです。

年会費は初年度無料

年会費は初年度無料で、翌年から2000円(税抜)がかかります。

ただ、この2000円(税抜)を、簡単に割引する方法もあります。

主に2つの方法があるのですが、

  • WEB明細サービスを利用すれば、年会費は500円の割引になり1500円(税抜)
  • マイ・ペイすリボに登録して、年間一度でもカードの利用があれば年会費は1249円の割引きとなり751円(税抜)

この2つを上手に利用することで年会費を抑えることができます。

マイ・ペイすリボとは、ショッピングに利用した際の支払い方法が自動的にリボ払いになるサービスです。

リボ払いにしてしまうと、リボ払い手数料を心配されると思いますが、マイ・ペイすリボは初回の手数料がかかりませんし、毎月のリボ払い金額を全額に設定しておけば手数料はかかりません

更に詳しく知りたい方はこちらを参考に。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボをわかりやすく解説
クレジットカード会社では、独自にリボ払いの設定を行うサービスを展開しています。三井住友VISAカード系列では、「マイ・ペイすリボ」。JCB系列では「支払い名人」。こ...

また、これらの年会費割引サービスを利用しなかったとしても、毎年、会員継続するだけで1000マイル(2000円相当)が付与されるので、実質の年会費もチャラにできます。

ANA VISA Suicaカードは、ANAと提携しているクレジットカードなので、マイルが貯めやすいというメリットの他にも、クレジットカードとしてのメリットもたくさんあります。

家族カードはなしでETCカードは初年度無料

ANA VISA Suicaカードには、残念ながら家族カードはありません。

そのため、メインカードとして家族と一緒に保有するというカードとしては不向きです。

ANAを多く利用する人が、マイル用に持つには最適です。

ETCカードは、初年度年会費無料です。

翌年からは、500円(税抜)がかかりますが、年に一度でもETCカードを利用すれば無料になります。

限度額は最大で80万円

ANA VISA Suicaカードの、月の利用限度額は10万~80万円となっています。

なので、最大でも使える金額は80万円です。これ以上は増えません。

ANA VISA Suicaカードは、一般カードなので80万円というのは普通でしょう。

だだし、20歳以上の大学生が作る場合は、

親権者の同意がない場合のご利用枠は10万円

同意がある場合は30万円とさせていただきます。

このようになっているので、大学生で10万円以上使う予定があるなら、親の同意は必須なので、しっかりと親に連絡しておきましょう。

東京などでは、家賃や光熱費等だけで10万円行く場合もありますから。

モバイルsuicaは年会費無料

モバイルSuica

おサイフケータイ対応のスマホを持っている人なら、年会費無料でモバイルsuicaを利用できます。

端末にスマホをさっとかざすだけで会計を済ますことができるので、ちょっとした買い物の際にはぜひ利用したいです。

ポイント還元率は0.5%で有効期限は2年

ANA VISA Suicaカードには、二種類のポイントプログラムがあります。

  • ANAマイル
  • ワールドプレゼント

この2つです。

ワールドプレゼントは、三井住友VISAカード独自のポイントプログラムになります。

ワールドプレゼントは1000円利用毎にワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まり、1ポイント5円相当でポイント還元率は0.5%です。

また、貯まったポイントはANAマイルに交換することができます。

有効期限は2年です。

還元率は高くなく、有効期限も特別長いというわけではありませんが、ANA VISA Suicaカードはマイルを貯められるというのが最大の特徴でありメリットでもあります。

そのマイルは、ANA加盟店でカード決済すれば、100円利用毎に1マイル、もしくは200円利用毎に1マイルが貯まります。

この時、ワールドプレゼントポイントも貯まるので、マイルとポイント両方をもらえることになり、二重取りすることができます。

マイルの付与率は、1~1.39%になります。

貯まったワールドプレゼントポイントをマイルに交換することもできるので、ANA VISA Suicaカードはポイントを貯めるというよりはマイルを貯めたい人にはとても大きなメリットのあるカードとなります。

ANA VISA Suicaカードで貯まったポイントをマイルに移行可能

ANA VISA Suicaカードで貯まったポイントは、基本的にワールドプレゼントのポイントになります。

このポイントはANAマイルに移行することもできるので、「ポイントよりもマイル!」という人には最適です。

移行プログラムは二つです。

  • 10マイルコース:1ポイントを10マイルに交換可能(年間手数料6000円(税抜)がかかります。)
  • 5マイルコース:1ポイントを5マイルに交換可能(何度交換しても手数料は無料です。)

マイルに交換するには、自分のタイミングで好きなときにポイントをマイルに移行できる「応募方式」と、自動的にポイントをマイルに移行することができる「自動方式」とがあります。

自動方式で10マイルコースを選んでしまうと、年間手数料が毎年かかってしまいます。

なので、10マイルコースで応募方式にして2年に1回移行すれば移行手数料は実質半額にすることができるので、10マイルコースを選ぶ際は2年に1回することおすすめします。

ポイントとマイルのお得な貯め方・使い方

ANA VISA Suicaは、ポイントを貯めていきたいという人よりは、マイルを貯めていきたい人向きのクレジットカードです。

ポイントの還元率は、0.5%ほどですがマイルの付与率は1~1.39%ですのでマイルは貯めやすいでしょう。

また、ボーナスポイントに加えて、ANA VISA Suicaカードはマイルボーナスもありますので、マイルがどんどん貯まっていきます。

ANAマイルボーナス

ANA VISA Suicaカードは、保有しているだけでもマイルがたまっていきますし、もちろんフライトマイルも貯まっていきます。

  • 入会時ボーナス:1000マイル
  • 毎年継続ボーナス:1000マイル
  • フライトボーナス:その都度異なる

まずは、ANA VISA Suicaカードに入会するだけで、誰でも1000マイルがもらえます。

1マイルの価値は使うフライトによって違いますが、1円を切るということはないので、1,000円相当以上が貰えると考えればいいでしょう。

そして、ANA VISA Suicaカード解約せず、毎年会員継続しているだけで1000マイルがもらえます。

入会だけでは、継続しても毎年マイルがもらえるので、もしマイ・リボを活用すれば年会費が811円なので、これでペイすることができます。

最後の3つめのフライトボーナスは、ANA航空機を利用すると、区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10%のマイルがもらえます。

フライトボーナスは少なめですが、その分普段のカード利用でどんどん貯まるようになっているので、旅行などに行かない時でもマイルが貯まっていくので、普段あまり旅行に行けない人にもおすすめ特典となっています。

ボーナスポイントももらえる

ANA VISA Suicaカードは、マイルボーナスも貰えますが、ワールドプレゼントのボーナスポイントも貰うことができるので、それをマイルに交換してマイルを増やすこともできます。

ボーナスポイントは条件をクリアするたびにメンバーランクが上がり、そのランクに応じてボーナスポイントがもらえます。

ステージ 前年度利用額 ボーナスポイント(プライムゴールド以外)
V3 300万円以上 50万円で150ポイント以降10万円ごとに30ポイント
V2 100万円以上300万円未満 50万円で75ポイント以降10万円ごとに15ポイント
V1 50万円以上100万円未満 50万円で50ポイント以降10万円ごとに10ポイント
なし 50万円未満 なし

年間300万円の利用は、かなりハードルが高くなるかもしれませんが、V1メンバーの年間50万円なら毎月42,000円弱の利用でクリアすることができます。

毎月のちょっとした買い物や、食料品や消耗品の買い物もANA VISA Suicaカードで決済すれば、そこまでハードルは高くありません。

それに下記でも詳しく書いていますが、Suicaへのチャージでもポイントが付くので、よくSuicaを使って電車などを活用してる人なら、更にハードルは下がるでしょう。

V1のステージになれば、年間少なくとも50ポイントがもらえるので、それをマイルに移行していけばマイルをどんどん増やしていくことができます。

リボ払い手数料でポイント2倍

マイ・ペイすリボで、リボ払いをして手数料が発生する月はポイントが2倍になります。

ただ、手数料をとられるわけですから、ポイントの2倍がお得になる支払い金額に設定するなどの考慮が大切になります。

Suicaへのオートチャージでポイントが貯まりマイルへ移行できる

他のクレジットカードでSuicaへのチャージでポイントが貯まるということはあまりありません。

でもANA VISA Suicaカードなら、ポイントが貯まっていくので、JRをよく利用する人でチャージをマメにする人にはとても嬉しいメリットです。

1000円ごとに1ポイント貯まります。

また、上記の5コースか10コースを活用すれば、チャージして貯めたポイントをANAマイルへ移行することができます

10コースの場合は、マイル付与率が1%になるので、登録費は6,000円かかりますが、マイルをガッツリと貯めていくのであれば、10コースの方が確実にお得です。

逆に、ワールドポイントをSuicaに移行することもできますが、還元率が0.5%になってしまうので、あまりおすすめはしません。

そのほかにもカード利用をして貯まったポイントは、もちろん他ポイントや商品、電子マネーへの交換が可能ですが、このカードを保有するのならやはりマイルに移行するのが一番です。

ANA VISA Suicaカードは、電子マネー機能が無料で利用できたり、ポイントを貯めて行く事もできますが、マイル重視の人におすすめのカードです。

ANAを良く利用するという人であれば、持っているだけでも会員継続マイルが1000マイルももらえるのでそれだけでも価値があります。

ネットショッピングでポイント2~20倍!

通常還元率0.5%というANA VISA Suicaカードですが、三井住友VISAカードが展開いている「ポイントUPモール」を経由するだけで、ショップによって異なりますが、ネットショッピングではポイントが2倍~20倍になります。

期間限定でポイントがアップしている店舗などもあるので、よく利用する店舗はチェックをしておくといいでしょう。

旅行傷害保険は自動付帯だが・・・

ANA VISA Suicaカードには、旅行傷害保険が自動付帯していますが手厚い補償とは言えません。

(自動付帯:ANA VISA Suicaカードを保有しているだけで適応される保険形態)

補償内容は下記の通りです。

  • 死亡、後遺障害補償:1000万円
  • 救援者補償:100万円

国内航空損害保険も最高1000万円が自動付帯しています。

できれば、もう少し手厚い補償がほしい人もいますよね。

そんな人は、ステータスがあり補償が充実ゴールドカードにするか、年会費無料でも自動付帯で旅行保険が付帯しているカードを利用するのもありです。

エポスカードやJCB EITなら年会費無料なのでサブカードとして持つには最適です。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...
JCB EITJCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介
JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができる...

年会費無料なので、持つだけならリスクはありませんので。

ショッピング保険も付帯してるが条件がある

ショッピング保険は、補償期間が90日間で最高100万円まで補償されます

ただし、この対象となるには、海外でANA VISA Suicaカードを利用して購入したものであるほか、リボ払い、分割払いでかつ3回以上の支払い回数の時のみとなります。

ショッピング保険は、カード利用さえしていればOKというわけではないので、あまり期待できません。

ANA VISA Suicaカードのデメリット

ANA VISA Suicaカードのデメリットは、せっかくマイルが貯まるクレジットカードであるのに、移行手数料が高いことです。

ただこれは、上記にもあるように移行方法を少し工夫すれば、なんとかカバーできることですので、年間利用額がそこそこある人なら大きなデメリットではありません。

また、家族カードがないというところも残念な点です。

家族と一緒に持つメインカードには向きませんが、毎年の継続マイルボーナスのために保有するのもおすすめです。

ANA VISA Suicaカードの審査基準

ANA VISA Suicaカードの審査基準は、

満18歳以上の方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

申込資格として、このように書いてあるので、大学生や主婦の方でも持つことができます。

そう考えれば、そこまで審査は厳しくないと言えるでしょう。

厳しくしすぎたら、誰も作ることができないですからね。

ただし、それでも、以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、更に厳しくはなります。

もし審査に落ちてしまった場合は、過去に何やってなにか振り返ってみてください。

まとめ

ANA VISA Suicaカードは、他クレジットカードの様にポイントがザクザクたまりお得がいっぱいというものではありませんが、マイルを貯めたい人には最適な1枚です。

保有しているだけでも、年間1000マイルがもらえますし、ショッピングなどで利用した分のポイントもマイルに移行できるので貯めやすいです。

保険もおまけ程度に付帯していますので、他のクレジットカードと合わせてマイルメインで保有するのも良いでしょう

今は、クレジットカードを複数持ちした方がメリットがある場合は、多いのでサブカードとして持っておいても損はないはずですよー。