Apple Pay

iPhone7でおサイフケータイと似たサービスのApple Payが利用することができるようになりました。

これまでiPhoneユーザーは、おサイフケータイサービスを利用する事ができず、スマホで電車に乗ることもできませんでした。

しかしこのApple Payの始動により、それらが可能になり、iPhone7とApple Payを利用することでお財布の中で枚数が増え存在感を増してしまったクレジットカードを一括管理することができます。

ただ、Apple Pay対応のクレジットカードは、あまり詳細が明らかになっておらず、どこのカード発行会社が対応しているのか、自分が今持っているカードをApple Payに取り込み利用することはできるのか。

気になりますよね?

そこでここでは、Apple Pay対応のおすすめクレジットカードをご紹介していきます。

Apple Pay対応のおすすめのクレジットカード

Apple Pay対応のクレジットカード会社は、

  • American Express
  • MasterCard
  • JCB
  • オリコカード
  • イオンカード
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • MUFGカード
  • SoftBank
  • TS CUBIC CARD
  • au WALLET クレジットカード
  • ビューカード
  • d カード

今のところこれらのクレジットカードの発行会社が対応しています。

上記の中でも特におすすめなクレジットカードは

  • dカード
  • イオンカードセレクト
  • ビックカメラSuicaカード
  • Orico Card THE POINT
  • 三井住友クラシックカード
  • MUFGカードゴールド
  • JCB一般カード

この7カードです。

クレジットカードを見る前に、Apple Payの基本的な情報を知りたい方は、こちらで書いてあるので、参考にしてみてください。

Apple PayApple payが日本上陸!詳細・使い方・クレカ対応企業を紹介!
日本でも、2016年10月下旬からiPhone 7でApple Pay(アップルペイ)が使えるようになりました。まだまだ利用できる店舗等は十分というほどではありませんが、カード発行...

ドコモユーザーならdカードゴールド

d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

dカードゴールドは、株式会社NTTドコモが発行するクレジットカードです。

ドコモ料金の支払いの際はポイント還元率が10%になり、ドコモユーザーにとってはかなりお得なクレジットカードです。

携帯補償サービスでは、iPhoneも対象になるので安心です。

Apple Pay割り当て電子マネーはiDです。

国際ブランドは、VISA、MasterCardの2種類から選ぶ事ができます。

この2種類なら、国内、海外ともに加盟店も多いので利用店舗に困ることはないでしょう。

しかし、Apple Pay対応の観点からするとVISAは不便です。

MasterCardなら、地上店舗、ネットショップ両方でApple Pay決済ができます。

しかしVISAの場合は、地上店舗でのApple Pay決済ができても、ネットショップでの決済ができません。

この遅れもすぐに取り戻すだろうとは言われていますが、今のところいつになるかは不明です。

これからiPhoneで活用するなら、MasterCardにしておくのが無難です。

年会費は10,000円でETCカードは500円

dカードゴールドの年会費は、10,000円(税抜)です。

年会費が無料になるサービスなどはありません。

ETCカードは初年度のみ無料で、2年目以降は500円(税抜)になります。

ETCは別途違うカードで作った方がいいですね。

無料で作成できて維持できるクレカはたくさんありますので。

年会費は高いと感じると思いますが、空港ラウンジサービスや充実の旅行傷害保険付帯など、ゴールドならではのサービスが魅力的なので、10,000円で持てるゴールドカードと考えれば高くはありません。

ドコモ料金支払いでポイント還元率10%

dカードゴールドのポイントは、通常100円利用毎に1ポイント貯まり還元率は1.0%です。

通常ポイント還元率も悪くはありませんが、ドコモ料金の支払い時には還元率が10%にまでアップします。

その他にも、ローソンでの利用でお得になったり、ポイント還元率がアップするサービスなども用意されているのでポイントは貯まりやすいです。

主なポイントサービス

  • ローソンで利用すれば常に3%オフ
  • dカード特約店での利用ならポイント還元率2.0%
  • dマーケットでの利用ならポイント還元率2.0%
  • dカードポイントUPモールを利用すればポイントが1.5倍~10倍

dカードゴールド3つのメリット

dカードゴールドは、年会費が10,000円(税抜)と高めですが、「ポイント還元率の良さ」の他にも充実した保有メリットがあります。

中でも特に魅力的なメリットは、

  • 空港ラウンジサービス
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのドコモラウンジサービス
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険が自動&利用付帯

この3つです。

ゴールドならではのラウンジサービスは、空港を活用している方には嬉しいサービスです。

補償内容充実の旅行傷害保険だけでも、年会費の10,000円(税抜)に目をつぶる事ができます。

基本情報

基本情報 dカードゴールド
年会費 10,000円
国際ブランド VISA、MasterCard
還元率 1.0%~10%
対応iD iD

もし、もっと年会費を抑えたい方は、グレードは下がりますが、dカードというカードもあります。

空港ランジなどはありませんが、年会費は初年度無料で次年度からは1,250円かかりますが、1度でも利用すれば無料で使うことができます。

今なら入会キャペーンで、12,000円が貰えるキャンペーンを行っています。

dカードゴールドの入会キャンペーンを見てみる

dカードゴールドまでは必要ない人は、dカードも検討してみてください。

dカードdカードはドコモユーザーにはガチで魅力的!特徴やメリットまとめ
2015年にDCMXから新しく生まれ変わった、dカードには充実したサービスが付帯して人気を集めています。ポイント還元率も高く、ポイントが貯まりやすいサービスも豊富...

イオンユーザーならイオンカードセレクト

イオンセレクトカード

常日頃からイオンモールなどのイオン系列のお店を活用している方であれば、イオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトの国際ブランドは

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

の3種類から選ぶことができます。

先程もいいましたが、VISAは対応がまだ微妙なので、MasterCardかJCBで作ったほうがいいでしょう。

海外で利用することも考えているのであれば、MasterCardの方が利用できる店舗数は多いです。

しかし、国内がメインであればどちらを選んでも問題ありません。

また、イオンカードセレクトではミッキーのデザインを選ぶことできるのですが、そちらはJCBのみとなっています。

もし、ミッキーのデザインがほしい場合はJCBにしてください

年会費は完全に無料

イオンカードセレクトは、年会費は完全無料で持つことができます。

また家族カード、ETCカードともに完全年会費無料で作ることが可能です。

無駄な費用は一切かからないクレジットカードです。

ポイント還元率は0.5%

イオンカードは、すべてが年会費無料というのは大きなメリットですが、ポイント還元は通常0.5%です。

正直、ポイント還元率はそこまで高くはありません。

ただし、イオンカードセレクトならポイントを二重取りすることができるので、実質1%になります。

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトのメリットしては

  • イオン銀行普通預金金利年0.1%上乗せ
  • 毎月20日、30日は「お客様感謝デー」で5%OFF
  • 5の付く日は「お客様わくわくデー」でポイント2倍
  • 毎月10日は「Wポイントデー」ときめきポイントが2倍
  • WAONチャージで200円に1ポイント(ポイント還元率0.5%)
  • 毎月15日は「G.G感謝デー」で5%OFF(55歳以上)
  • 水道代などの各種公共料金の支払いで、1件につき5WAONポイント
  • イオン銀行を給与振込口座にして、毎月10WAONポイント
  • 無料でイオンゴールドカードもてる
  • ときめきポイントタウン経由で最大21倍ポイント
  • イオンカードセレクトカードは、発行すると自動的にイオン銀行からの引き落としになる。
  • 映画鑑賞割引、イオンシネマの映画通常から300円引き
  • イオン銀行の普通預金金利が6倍
  • 給与振込指定で、振込手数料が1回無料

これらの特典を受けることができます。

他のイオンカードでは、ここまでの特典は受けることはできないので、もしイオンカードを作るのであれば、イオンカードセレクトが1番おすすめです。

基本情報

基本情報 イオンカードセレクト
年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 0.5%~1.0%
対応iD iD

更に詳しくイオンカードセレクトの情報を知りたい方は、こちらを参考にしてください。

イオンセレクトカードイオンカードセレクトまとめ!得なポイントの貯め方を徹底紹介
イオンカード。ポイント還元率が高いクレジットカードで、ゴリゴリにポイントをためている人は、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、主婦などで近くにイオン系...

イオンゴールドカードについても詳しく説明しています。

イオンゴールドカードディズニー最短でイオンゴールドカードを取得する条件とメリットを徹底解説
ゴールドカード。クレジットカードを持っているのであれば、いずれゴールドカードは持ちたいと思っている人も多いはず。少し前までは、ゴールドカードというと”お金持ち...

また、2016年10月31日までの期間限定キャンペーンで、合計金額が5,000円以上もらえるキャンペーンを行っています。

これはネット限定で、しかも期間限定のお得なキャンペーンです。

リアル店舗ではない特典です。

イオンカードセレクトの詳細・申し込みはこちら

Suicaを使うならビックカメラSuicaカード

普段からSuicaを活用しているのあれば、Apple Pay対応のSuicaクレジットカードを持てば、iPhoneをかざすだけで、スムーズに改札を通ることができます。

Suicaと提携しているクレジットカードの中でも特におすすめなのは「ビックカメラSuicaカード」です。

ビックカメラSuicaカードは、株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。

国際ブランドは、

  • VISA
  • JCB

この2種類から選ぶことができます。

年会費は実質無料

ビックカメラSuicaカードの年会費は初年度は無料で次年度からは477円かかります。

しかし、年間で1度でも利用すれば年会費は無料となるので、Suicaなどを活用しているのであれば、実質無料と考えてもいいでしょう。

ただし、家族カードはないので、家族でほしい場合は別々に作らないといけません。

ポイント還元率は通常が1%

ビックカメラSuicaカードのポイント還元率は、通常で1%で、ビックカメラでの利用になると1,000円利用で100ポイント貯まるので、還元率が10%以上になります。

更に、Suicaへのチャージやオートチャージ時には、ポイントが3倍になるので、還元率が1.5%になります。(ビューサンクスポイント)

ポイントの使いみちも多いので、貯めたポイントをどのように使っていいかという心配もいりません。

ビックカメラSuicaカードのメリット

ビックカメラSuicaカードのメリットとしては

  • えきねっとでポイント2重取り
  • カラオケや飲食店での割引がある
  • ホテル、レンタカーの利用が割引になる
  • 旅行傷害保険が付帯している
  • WEB明細サービスで毎月20ポイントがもらえる

などがあります。

実質無料なのに、しっかりと旅行保険等が付帯してるのは、大きなメリットの1つです。

基本情報

基本情報 イオンカードセレクト
年会費 初年度無料、次年度477円(1回利用で無料)
国際ブランド VISA、JCB
還元率 1.0%~10%
対応iD QUICPay、Suica

ビックカメラSuicaカードの詳細を更に知りたい方はこちらをどうぞ。

ビックカメラSuicaカードは還元率1%以上!特徴と5つのメリット
 日頃ビックカメラやJRを利用する人なら、ぜひ持っていたいビックカメラSuicaカード。利便性が高くお得感もしっかり味わえるクレジットカードなので、持てばきっと...

また、定期券が付帯している方がいい!という方は「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

ビュー・スイカ「ビュー・スイカ」カードの魅力的な特徴とメリット・デメリット
Suicaというと電車のイメージがありますが、最近様々なショップで、Suicaでの支払いが可能になってきています。そんなSuicaがクレジット機能がついて「ビュー・スイカ」...

年会費無料で高還元率カードならOrico Card THE POINT

Orico Card

年会費無料で高還元率カードがほしいならOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)がおすすめです。

オリコカードザポイントは、株式会社オリエントコーポレーションが発行しているクレジットカードになります。

国際ブランドは

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

の3つから選ぶことができます。

年会費は永年無料

オリコカードザポイントの年会費は、永年無料です。

上記のビックカメラSuicaカードのような「1回使えば無料」とか「〇〇円以上使えば無料」ってわけでなく、完全に永年無料というのが、オリコカードザポイントです。

また、家族カードとETCカードも完全無料で作ることが可能です。

通常のポイント還元率は1.0%で入会後6ヶ月間は2.0%

オリコカードザポイントのポイント還元率は、通常で1.0%です。

ただし、入会後6ヶ月間は通常ポイントが2.0%になる特典があります。

また、ポイントモールのオリコモールを経由するだけで、0.5%が上乗せされまます。

これに、各ショップで加算されるポイントを合わせれば合計で2.0%以上になるので、オリコモール経由であれば、還元率は常に2.0%以上になります。

オリコカードザポイントのメリット

オリコカードザポイントのメリットとしては、

  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率2.0%
  • 500ポイントからリアルタイムで交換可能なのでポイントが使いやすい
  • オリコプリペイドカードへのチャージにも利用可能
  • 便利でお得なトラベルサポートが利用できる
  • オークラニッコーホテルズの上級会員も取得できる

このようなメリットがあります。

500ポイントから交換が可能なので、交換するハードルは高くありません。

Apple Payを年会費無料で高還元率カードで使いたいのであれば、オリコカードザポイントはおすすめの1枚です。

基本情報

基本情報 Orico Card THE POINT
年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 1.0%~10%
対応iD QUICPay、iD

更にオリコカードザポイントの詳細を知りたい方はこちらを参考にしてください。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

ゴールドカードや個人事業主用などを考えている方向けのカードもあります。

EX Gold for Bizオリコカード「EX Gold for Biz 」は法人・個人事業主どちらも持てるビジネスカード
独立する人やフリーランスで仕事をする人が年々増えていますが、そんな起業の際にクレジットカードをどうするべきか迷う時はありませんか?小規模経営だから法人向けク...
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは格安ゴールドカード!
ポイント還元率が高くて人気のOrico Card THE POINTのゴールド使用となるOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド)低価格...

MasterCardブランドで三井住友クラシックカードを持つのがおすすめ

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

低価格の年会費でありながらステータス性の高いカードなので、人気があります。

Apple Pay割当て電子マネーは、iDです。

三井住友VISAクラシックカードの国際ブランドは、

  • VISA
  • MasterCard

2種類です。

どちらか一方を選ぶのはもちろん、VISA、MasterCardの両方の2枚を保有することもできます。

2種類の国際ブランドにする場合は、年会費は1,500円(税抜)になり、ほんの少し上がりますが、VISAとMasterCardの2つの特典やサービスを利用することができます。

何より、Apple Pay利用時ネットショップで決済できないVISAをMasterCardでカバーすることができます。

国際ブランドは、1種類でいいという人は、ネットショップでの決済が可能なMasterCardを選んだ方が便利でしょう。

年会費は条件で多様に変わる

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、基本的には1,250円(税抜)です。

国際ブランドをVISAとMasterCardの両方で保有する場合は、1,500円(税抜)となります。

また、この年会費は条件によって割引になったり無料になったりしますのでチェックしておきましょう。

  • 初年度:無料
  • マイ・ペイすリボに登録して年間1回以上利用:無料
  • WEB明細書サービスに登録(年間6回以上利用):750円(税抜)
  • 年間利用額100万円~300万円:翌年、年会費半額
  • 年間利用額300万円以上:翌年無料
  • 学生:無料

マイ・ペイすリボはちょっと仕組みが複雑なので、こちらに別途記事を書いています。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボをわかりやすく解説
クレジットカード会社では、独自にリボ払いの設定を行うサービスを展開しています。三井住友VISAカード系列では、「マイ・ペイすリボ」。JCB系列では「支払い名人」。こ...

参考までに。

ポイント還元率はステージにより変わる

三井住友VISAクラシックカードのポイントプログラムは、「ワールドプレゼント」です。

世界中幅広く利用店舗があり、様々なところでポイントを貯めることができます。

1,000円利用毎に1ポイント貯まり、1ポイントは5円相当なので還元率は0.5%です。

毎年の利用額に応じて変わるステージで、還元率が変わります。

ステージランクと還元率

  • 年間利用額50万円以上でV1メンバー:50万円利用で+50ポイント、以降10万円利用毎に+10ポイント(還元率0.55%)
  • 年間利用額100万円以上でV2メンバー:50万円利用で+75ポイント、以降10円利用毎に+15ポイント(還元率0.575%)
  • 年間利用額300万円以上でV3メンバー:50万円利用で150ポイント、以降10万円利用毎に+30ポイント(還元率0.65%)

このように、前年度の合計利用額に応じて次の年のメンバーと還元率が変わります。

三井住友VISAクラシックカードの3つのメリット

三井住友VISAクラシックカードは、低価格の年会費で保有できるカードなのに様々な付帯サービスや特典があり、保有メリットも豊富です。

中でも特に魅力的なメリットは、

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特典
  • VJデスクの安心サポートがある
  • 旅行傷害保険が充実している

この3つです。

USJの1日パスオートが割引価格になったり、海外旅行では安心で快適な旅のためのVJデスクで様々な案内やサポート、サービスを受けることができます。

また、旅行傷害保険は最高2,000万円の補償がありますし、ショッピング保険も付帯しているので安心です。

三井住友VISAクラシックカードは、この他にもまだまだ優待サービスや特典が豊富です。

国際ブランドもVISA、MasterCardの両方で保有することができるので、Apple Payの利用も何不自由なくすることができます。

基本情報

基本情報 三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度無料、次年度1,250円(税抜)
国際ブランド VISA、MasterCard
還元率 0.5%
対応iD iD

三井住友VISAクラシックカードの詳細はこちらをごらんください。

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカードの魅力的な特徴とデメリット
三井住友といえば、信頼度が高くクレジットカードを保有する際、選ぶ人も多いでしょう。その三井住友が発行する「三井住友VISAクラシックカード」には、様々な特典があ...

今なら入会キャペーンで2016年12月28日まで最大8,000円分が貰えるキャンペーンを行っています。

気になるかたは、確認してみてください。

三井住友VISAクラシックカード

海外利用が多いならOrico Card THE WORLD

orico-card-the-world

Orico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)は、株式会社オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードです。

ゴールドカードという名前は入っていません、オリコカードの中ではゴールドカードに属するクレジットカードです。

国際ブランドは、

  • Visa
  • MasterCard

の2つから選ぶ事ができます。

何回もいいますが、Apple Playをフル活用するなら、現時点(2016年10月)では、VISAは使えません。

どうしてもVISAにこだわりがあるならしょうがないですが、そうでなければMasterCardにしましょう。

年会費は初年度無料で9,075円

年会費は、初年度無料で2年目以降から9,075円(税抜)です。

普通ゴールドカードは、1万円以上するのが普通なので、1,000円くらい割安になっています。

また、ETCカード、家族カードはどちらも無料で発行することができます。

海外の利用でポイント還元率が2.0%

オリコカードザワールドの1番のおすすめポイントがこの海外での利用でポイントが2倍の2.0%になるということです。

通常の還元率は、1.0%なので上記で紹介したオリコカードザポイントとはあまりかわりませんが、海外利用に関してはゴールドカードの中でもオリコカードザワールドが群を抜いています。

また、QUICPayとiDのどちらも搭載しているゴールドカードは、オリコカードザワールドのみです。

Orico Card THE WORLD(オリコカードザワールド)のメリット

オリコカードザワールドのメリットとしては、

  • 入会後6ヶ月はポイント還元率が2.0%
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 便利なトラベルサポートを利用できる
  • トラベル優待サービスがある
  • 付帯保険が充実している

これら5つのメリットがあります。

オリコカードザポイントと似ているメリットもありますが、違う点は空港ランジ利用することができることと、付帯保険が充実してることです。

海外旅行保険は、自動付帯で最大5,000万円までの死亡補償が付帯していますし、国内でも死亡補償で5,000万円が付帯しています。

また、国内外航空機遅延保険も付帯しているので、国内、海外の旅行で、航空機の遅延などで発生した損害も補償されます。

  • 乗継遅延:30,000円
  • 欠航搭乗不能:30,000円
  • 手荷物紛失:100,000円

これらは、利用付帯となります。

このように、オリコカードザワールドは9,000円ほどの年会費がかかるゴールドカードですが、他にはない特典やメリットがたくさんあるゴールドカードです。

基本情報

基本情報 Orico Card THE WORLD
年会費 9,075円(税抜)
国際ブランド VISA、MasterCard
還元率 国内1.0%~ 海外2.0%~
対応iD QUICPay、iD

オリコカードザワールドの詳細はこちらをどうぞ。

Orico Card THE WORLDは海外利用でお得な高還元率カード!
海外旅行によく出かける人にとって、かなり優秀なクレジットカードとなるOrico Card THE WORLD(オリコカード・ザ・ワールド)は、オリコが発行するクレジットカードの...

JCBはApple Payとの連携がスムーズ

jcb%e4%b8%80%e8%88%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

JCBは、Apple Payの公式ホームページにも起用されるほどApple Payとの連携が当初よりしっかりできています。

特に、JCBのMyJCBアプリを利用すれば、Apple Payとの連携がさらにスムーズになります

Apple Payで「JCBカードで貯めたポイント」の管理もできますし、Suicaへのチャージももちろん可能です。

JCB一般カードなら年会費を無料にできる

JCBカードは様々なカードはありますが、中でも保有しやすいJCB一般カードはApple Payとの連携でより便利になります。

しかもJCB一般カードなら、年会費を簡単に無料することができます。

紙の明細書を止めて、WEB明細サービスであるMyJチェックに登録し、年間カード利用額を50万円以上にすれば年会費は無料になります。

優待サービスやポイントサービスも充実していますので、新たなクレジットカードとApple Payを組み合わせたいという人にはピッタリのカードになります。

Apple Pay割当て電子マネーは、QUICPayです。

基本情報

基本情報 JCB一般カード
年会費 1,250円(税抜)
国際ブランド JCB
還元率 0.5%~1.5%
対応iD QUICPay

JCBは、他にも年会費10,000円(税抜)のJCBゴールドや、年会費が無料のJCB CARD EXTAGEなど、使い勝手がよくステータスの高いカードや、若い人でも保有しやすいカードもあります。

ただ、Apple Payにあわせて取り急ぎJCBのカードを発行したいという人には、JCB一般カ―ドがおすすめです。

まとめ

Apple Payにより、クレジットカードの管理や利用がより一層便利になります。

各クレジットカードのメリットやデメリットをよく見極めて、自分にとって最適なカードを保有してApple Payで利用することでさらにそのカードの保有価値もあがります。

これまでiPhoneでは、利用することのできなかったおサイフケータイ以上の利便性を持つApple Payは、ぜひ、うまく活用してください。

きっと、今までの生活がよろスムーズにいきますよ。