2015年にDCMXから新しく生まれ変わった、dカードには充実したサービスが付帯して人気を集めています。

ポイント還元率も高く、ポイントが貯まりやすいサービスも豊富です。

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードなので、ドコモユーザーしか使えないと思っている人もいますが、そんなことはありません。

ここでは、そんなdカードのメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

ドコモを使っている人は勿論ですが、それ以外の人も要チェックですよー。

dカードの申込・詳細はこちら

dカードの特徴やメリット

dカード

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードです。

電子マネー(iD)、ポイントサービス、クレジットカードが搭載された三位一体の便利でお得なカードとなっています。

年会費は初年度は無料で、翌年からは1250円となりますが、年間一度でもカード利用をすれば無料となります。

国際ブランドは、VISA、Masterの2種類です。

また、上級であるdカードGOLDの年会費は、10,000円となります。

家族カードとETCカードも実質年会費が無料

dカードは、家族カード、ETCカードもあります。

家族カードは、dカードなら年会費初年度無料で、翌年から400円となりますが、本カード、家族カードどちらかで年間1度でも利用があれば無料です。

dカードGOLDの場合は1枚目は無料ですが、2枚目から1,000円です。

年間利用回数かあってもなくても一律で1,000円です。

引き落とし口座も本カードとひとつにまとめることができ、それぞれで貯めたポイントを共有できるのも嬉しいところです。

ETCカードも、年会費無料で翌年からは500円ですが、年間1度でもETCカードを利用すれば無料です。

有料道路利用をする際、100円利用毎に1ポイントつきます。

盗難、紛失、不正利用などがあった場合、カードが手元に届いてから最大60日までさかのぼっての補償される会員補償制度もあります。

家族カードにしても、ETCカードにしても1度でも利用すれば、無料で使うことができるので、実質無料といってもいいでしょう。

dカードにはこの他のにも様々メリットは多々あります。

ポイント還元率の高さや、ポイントがもらえるサービスの幅広さが大きな魅力でもあります。

ポイント還元率1.0%

dカードのポイントは100円利用毎に1ポイントがつくので還元率1.0%です。

年会費が実質無料で還元率が1.0%はクレジットカードの中でも高還元率のカードになります。

また、ポイント付与形態は、月の合計利用額に対して1,000円単位で付きます。

例えば、1ヶ月のカード利用分が125,000円だった場合、その月のポイント数は1,250ポイントとなります。

なので、数百円の端数は切り捨てにはなりますが、月額利用料金に対してなので、そこまでデメリットではありません。

ドコモ回線利用でさらにお得

ドコモユーザーなら、ドコモユーザー会員が入ることができる「dポイントクラブ」のステージアップが即可能になります。

dポイントクラブでは、ステージアップするごとに、dポイントがお得に貯まるようになっています。

dポイントクラブステージのステージ種類と1000円利用毎のポイント、もらえるキャンペーンポイントは下記のとおりです。

  ゴールド シルバー ブロンズ レギュラー
dポイント獲得数(6か月) 10,000p以上 3,000p以上 600p以上 600p未満
ドコモ継続利用期間 継続15年以上 継続10年以上
dカード/DCMX契約 dカード GOLD/DCMX GOLD dカード/DCMX
ドコモ携帯利用(1,000円) 100p 10p 10p 10p
主なクーポン

イオンシネマ1,800円⇨1,300円

新江ノ島水族館 2,100円⇨1,575円

 

このステージアップが、ドコモユーザーでdカード保有の場合、ブロンズステージに即アップ、ドコモユーザーでdカードGOLDならゴールドステージに即ステージアップされます。

ただ、ブロンズステージへアップするにはドコモユーザー歴10年以上が条件となります。

さらに、上を目指したいのであれば、継続年数を増やすかdカードを作って、dポイントを貯めることが必須になってきます。

dカードの申込・詳細はこちら

ケータイ保障サービスが付帯

条件は細かくあるものの、不慮の事故等でケータイが破損した場合、買い替え費用の一部負担サービスがあります。

適応される細かな条件

  • dカード利用中のケータイである
  • 事故による紛失、修理不能状態、盗難の場合
  • これまで利用していたものとまったく同じものへの買い替えの場合
  • 買い替え時はドコモショップにてdカード決済の場合
  • 保障対象期間は、購入からdカードなら1年以内、dカードGOLDなら3年以内

このような場合は、ケータイ保障サービスを受けることができます。

ローソンでの利用でかなりお得に

ローソンでdカードを利用した場合と、dカードに搭載されるiDを利用した場合、合計利用代金から3%の割引があります。

また、dカード提示ポイントの1%と、dカード決済ポイントの1%が付与されますので、還元率は、なんと5%にまで上がります。

いつでも気軽に行けるローソンでこれだけの高還元率が得られるというのは嬉しいです。

また、dカードはローソンで激お得な「Loppiお試し引換」を使うこともできます。

Loppiお試し引換

Loppiお試し引換では、期間によって様々な商品が格安購入することができます。

IMG_8014

このようにお菓子から飲み物、お酒など幅広い商品があります。

私は、お酒が好きなので、よくお酒とポイントを交換しています。

旅行障害保険付帯していない

残念ながら、dカードには旅行損害保険は付帯していません。

ただ、dカードGOLDなら、海外旅行傷害保険は自動で、国内旅行損害保険なら利用することで付帯されます。

自動付帯とは、旅行代金をdカード決済しなくても適応される保険形態で、dカードGOLDさえ保有していれば適応されるものです。

この旅行損害保険の補償内容は充実していて、内容はさることながら、補償額は変わるものの、家族にも適応されるから安心感も大きくなります。

ちなみに、dカードGOLDの海外旅行損害保険は、自動付帯と利用付帯があり利用した方が、より補償が手厚くなります。

下記は利用した場合の補償金額です。

  • 損害死亡補償:本人1億円、家族1000万円
  • 後遺障害補償:本人400万円~1億円、家族40万円~1000万円
  • 傷害、疾病治療補償:本人300万円、家族50万円
  • 賠償責任補償:本人5000万円、家族1000万円
  • 救援者費用補償:本人500万円、家族50万円
  • 携行品補償:本人50万円、家族15万円
  • 海外航空便遅延費用特約:最大6万円

旅行保険もかなり充実した補償がありますので、海外旅行の安心感もグッと増します。

ただし、dカードGOLDは年会費が10,000円かかってしまうので、無料でクレジットカードを持ちたい人にはハードルが高いです。

その場合は、年会費無料でも海外障害保険が付帯しているカードをサブカードでもつのもいいでしょう。

年会費無料で自動付帯でついてくるカードは主にこの2つです。

エポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較

JCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介

この2つのクレジットカードは、年会費が完全に無料ながら、海外旅行傷害が自動付帯でついてくるので便利です。

ポイント還元率と有効期限

dカードのポイント還元率は通常1.0%です。

実質年会費無料で、還元率が1.0%はそこそこの高還元率カードと言ってもいいでしょう。

特約店利用で還元率アップ!

通常還元率も高いほうですが、dカード特約店で利用すれば還元率はさらにアップして2.0%以上にまで上げられます。

主なdカード特約店と還元率

  • 三越伊勢丹:還元率2.0%
  • ENEOS:還元率2.0%
  • ショップジャパン:還元率2.0%
  • コナカ:還元率3.0%
  • スターバックスカードへのチャージ時:還元率4.0%
  • オリックスレンタカー:還元率4.0%
  • サカイ引越センター利用:還元率4.0%
  • カタログギフトのリンベル:5.0%

その他、特約店は豊富にあります。

ローソンで還元率5.0%

上記にも書いたように、ローソンでdカード利用、もしくはdカードに搭載されるiD利用で買い物代の3%が割引されます。

また、カード提示ポイント1%と、カード決済ポイント1%で、還元率は5%になります。

ローソンのヘビーユーザーには、超お得な還元率です。

たっぷり長い有効期限でじっくり貯められる

クレジットカードの中には、有効期限が1年と短いクレジットカードもあります。

しかし、dカードで貯めたdポイントの有効期限は、なんと4年間もあります。。

様々なポイントサービスがあるにも関わらず、これだけの有効期限があればポイントをじっくり、そしてザクザク貯めていくことができます。

ポイントをお得に貯める方法と使い方

通常還元率も1.0%と高いので、ポイントを貯めるためにも他のクレジットカードよりも、労力をさほど有さないで貯めることができます。

多種多様の特約店を利用するだけで、2.0%~5.0%にまで還元率を上げることができます。

また、特約店も日頃気軽に利用できるコンビニや専門店、サービスが充実していますので、特約店選びに困ることもないでしょう。

ローソンを頻繁に利用するだけでも、5%の還元率を得られますので、とにかくdカード特約店をマメに利用するだけでポイントはどんどん貯まっていきます。

貯めたポイントをお得に使うには、特約店で1ポイント1円で使うのが断然お得です。

ローソンやマクドナルド、タワーレコードなど100以上の特約店があり、その数も年々増えているのでポイントの交換先に困ることはないでしょう。

また、ドコモユーザーであるなら、利用料金の支払いに使えるのも嬉しいです。

電子マネーiDが利用できる

dカードは、搭載されている電子マネーiDと一体型のカードです。

iDは、後払い方式の電子マネーになっているので、チャージは不要になっています。

他の電子マネーの、nanacoや楽天Edyなどにもチャージをすることができますが、ポイントがつきません。

もし、他の電子マネーを使っていて、ポイントを2重取りしたいのであれば、サブカードで違うカードを持つことをおすすめします。

nanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討。

個人的にはリクルートカードプラスが、1番還元率がよくてよくチャージに使っていましたが、今はリクルートカードにしています。

人気のリクルートカードは高還元率。得する使い方・貯め方を伝授

デメリット

dカードのデメリットといえば、、旅行損害保険が付帯していないことが1番のデメリットです。

ただし、上記でも説明したように、年会費無料のクレジットカードで保険が付いているカードと併用すればこれらの問題は解消できます。

あとは、年に1度利用しない場合は、次年度より年会費がかかることくらいです。

これは、1円でも良いのでクレジットカードで支払いをすれば問題ないことなので、さほどデメリットではありません。

まとめ

dカードはドコモユーザーであれば、かなりお得なクレジットカードですが、そうでない人でも大きなメリットと利便性を得られるカードです。

dカードは持っているだけでも、dポイントクラブのステージ優遇されるので、それだけを考えてもメリットが多いクレジットカードです。

もっと手厚い補償やサポートを受けたいのであれば、上級のdカード GOLDを作ってしまうのもいいでしょう。

dカード GOLDは、年会費はかかりますがドコモ料金が10%OFFになったり、旅行保険、空港ラウンジの利用が可能になる、などを考えれば、そこまで高くない年会費です。

dカード GOLDの詳細はこちら

まずは、dカードを作ってみてどれくらいポイントを貯めることができるか、試してから移行しても問題はありません。

また、今ならdカード入会キャンペーンで2016年12月31日まで最大7,000円相当分がプレゼントされるキャンペーンを行っています

dカードの申込・詳細はこちら