airplane-749542_640

旅行好きな人は、マイルを貯めて上手く活用している人が多いのではないでしょうか。

そんな時、定番となるのがANAマイレージプログラムやJALマイレージプログラムになりますが、デルタ空港のマイレージプログラムもかなりメリット豊富です。

このデルタ空港のマイレージプログラム「スカイマイル」は、ANAやJALのマイルとは違った利便性やお得感のあるマイレージプログラムです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを保有することで、移行手続きすることなく直接スカイマイルを貯めていくことができます。

また、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードには、発行された時点でデルタ航空のシルバーメダリオンが既に付帯されています。

シルバーメダリオンは、デルタ航空の上級会員のことですが、本来なら様々な条件をクリアしてきた人のみがなることのできる会員ランクで特典も豊富です。

ここでは、そんなシルバーメダリオンも獲得することができるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの特徴やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

ちなみに今なら入会とカード利用で最大12,000マイルを獲得できるキャンペーンを行っています。

通常は5,000マイルのみしかボーナスポイントを貰うことができないので、かなりお得なキャンペーンです。

キャンペーンの詳細はこちらからご覧にいただけます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ

特徴と年会費・国際ブランド

delta-skymiles-amex

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(デルタスカイマイル・アメックス)は、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行するクレジットカードです。

デルタ スカイマイル・アメックスには、もう一つ上級カードであるデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドというカードもあります。

国際ブランドは、もちろんAmericanExpress(アメックス)です。

ステータスが高く、海外でも幅広く活躍できる国際ブランドです。

日本では、あまり使えないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、JCBと提携しているのでJCBが利用できるところなら利用可能なのでほぼどこでも使うことができます。

そのため、国内でも困ることはないでしょう。

JCBしか利用できないという記載のある店舗や施設などでも使うことができます。

年会費は12,000円

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、12,000円(税抜)です。

年会費に関しては正直、一般カードとしては高いし、年会費が無料になるようなサービスがないので、年会費が気になる方にはオススメはできないカードです。

しかし、これから紹介するAmexの特典や優待サービス、シルバーメダリオンの特典などを考慮すると妥当な金額だなというメリットもたくさんあります。

なので、選ぶ際は年会費だけで決めるのでなく、しっかりとどんな特典やサービスがあるのかを確認するようにしてくださいね。

ちなみに、同じアメックスから発行されているアメリカン・エキスプレス・カードも同じ一般カードですが、年会費が同じ12,000円(税抜)になっています。

アメックスカードについてはこちらで詳しく紹介しています。

アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は付帯サービスが魅力!
さりげないステータスを演出することができるアメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックス・グリーンは、アメックス・カードの中では一般カードに分類されますが...

家族の会員の範囲は幅広く年会費は6,000円

家族カードの年会費は、6,000円(税抜)です。

こちらもまた、高額だと感じてしまいますがデルタ スカイマイル・アメックスの家族カードの会員になれる関係者は幅広く設定されています。

普通のカードの家族会員は、18歳以上の子供や両親までというのが当たり前ですが、デルタスカイマイル・アメックスの家族カードの場合は、

  • 配偶者
  • 両親
  • 内縁の関係
  • 婚約者
  • 同性パートナー

と、幅広く認められるので、様々な人がパートナーなどと一緒に保有しやすくなっています。

これもひとつのメリットになるでしょう。

一律の限度額が設定されていない

デルタ スカイマイル・アメックスでは、他クレジットカードのように一律の限度額が設定されていません

これは、アメックスが発行しているクレジットカードはすべてこのような制度になっています。

ただし一律の限度額が設定されていないといっても、無制限に利用できるというものではなく、保有者1人1人のライフワークに応じてある程度の自己設定が可能というものです。

なので、利用限度額がかなり低めに設定される人もいれば、かなり高額に設定される場合もあるということです。

また、アメックス・カードはデポジット制といって、事前入金システムがあるので、入金しておけば更に利用額を増やすことができます。

例えば、保有者が事前に

  • 500万円入金すれば限度額→利用限度額+500万円
  • 800万円入金すれば限度額→利用限度額+800万円

というように本人の状況に応じていくらでも限度額は変動できます。

さすがステータスの高いカードは、こういった面での縛りがなく保有者の信用があるからこそ自由がきくのでしょう。

ただし、利用額を増額した場合は自前に電話をする必要があるので利用限度額を増枠する場合は気をつけてください。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ

デルタスカイマイル・アメックスではスカイマイルが直接貯まる

デルタ スカイマイル・アメックスは、一般的なクレジットカードのように使うことでポイントが貯まっていくというシステムはありません。

そのかわりにカードを利用するごとにデルタ航空の「スカイマイル」が直接貯まっていきます。

ポイントが貯まり、そのポイントをマイルに移行する際の面倒な手続きをすることなく直接貯まっていくので、マイルを貯めていく人にとっては、かなり便利です。

マイル付与率は1.0%

デルタ スカイマイル・アメックスのマイル付与率は、100円利用毎に1マイルとなり還元率は1.0%になります。

100円使うごとに移行手続き不要のマイルがどんどん貯まっていきますし、条件を満たせばボーナスマイルも貰えるので、マイルはかなり貯まりやすいでしょう。

多種多様のスカイマイルボーナスが貰える

デルタ スカイマイル・アメックスでは、様々な条件をクリアすることでボーナスマイルが貰えます。

  • 入会ボーナス:入会時に5,000マイル
  • 毎年継続ボーナス:毎年カードの更新をするだけで2,000マイル
  • デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル:入会後6か月以内の初回のフライトでボーナスマイルが貰える※1
  • シルバーメダリオン特典のフライトボーナス:区間基本マイルの25%
  • カード利用ボーナスマイル:年間利用額100万円利用毎に3,000マイル
  • ニッポン500マイルキャンペーン:国内線の1フライトごとに500マイル(期間限定)※2
  • ※1 エコノミークラス:10,000マイル・ビジネスクラス:25,000マイル

※2ANA、JAL利用時でもボーナスマイルは貰えます。

入会時や更新時にほぼ必ずもらえるマイルボーナスが多いのが特徴です。

また、年間100万円利用するごとに3,000マイル貰えるというのは、カードを頻繁に利用する方にとっては、かなりお得な特典の1つです。

所定の場所でデルタ航空券を購入すればマイルが2倍

デルタ スカイマイル・アメックスを利用して、所定の場所でデルタ航空の航空券を購入するとマイルが2倍で貯まります。

  • デルタ航空ホームページ
  • デルタ航空予約センター
  • 日本国内空港のデルタ航空カウンター

これら3つの場所で、デルタ航空の航空券を購入するだけでマイルが2倍になります。

マイルを貯めていくに特化した特徴もあるクレジットカードなので、マイルが貯まりやすいサービスが充実しています。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ

お得な5つの優待サービスや特典

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、デルタ航空のスカイマイルが貯めやすくなっているというメリットのあるカードですが、もちろんそれだけではありません。

Amexならではの特典や優待サービス、シルバーメダリオンの特典も付帯しますのでメリットは豊富です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリットとしては、

  • 充実したシルバーメダリオンの特典
  • 空港でのサービスが充実している
  • 旅先での日本語サポートがある
  • アメリカン・エキスプレス・セレクトが利用できる
  • 付帯保険が充実している

これら5つです。

充実したシルバーメダリオンの特典

本来なら、25,000マイル貯めるか、対象の30区間での搭乗がなければ取得することのできない上級会員「シルバーメダリオン」ですが、デルタ スカイマイル・アメックスが発行された時点でシルバーメダリオンとなります。

そのため、充実した内容のシルバーメダリオンのサービスを受けることができます。

シルバーメダリオンの主な特典、サービスは、

  • スカイマイルの有効期限がない
  • 航空券の料金1米ドルあたり7マイル貯まる
  • エコノミークラスでも待ち時間の少ないビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できる
  • ゆったりとした座席の「デルタ・コンフォートプラス」が利用できる
  • 特典航空券利用時の燃油サーチャージ料金が不要
  • 特典航空券を自分以外の人も利用できる
  • マイルの購入ができる
  • マイル+現金での利用が可能
  • 片道のみのマイル利用も可能
  • エコノミークラスでも100%以上のマイルが加算される

などがありますので、条件に関係なくデルタスカイマイル・アメックスの保有だけで様々な場面で優遇されます。

この「シルバーメダリオン」に入会できるだけでも年会費以上の価値は十分にあると言ってもいいでしょう。

空港でのサービスが充実している

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを保有することで、空港での様々なサービス面で優遇されます。

空港ラウンジサービス

国内主要空港と、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジで本会員と同伴者1名まで無料で利用することができます。

手荷物宅配無料サービス

海外からの帰国時にカードと搭乗券を提示すれば、手荷物宅配無料サービスを受けることができます。

無料ポーターサービス

出発時や帰国時に、所定の区間を専任のスタッフがスーツケース一個まで無料で運んでくれます。

空港クロークサービス

乗り継ぎの待ち時間などの際に、手荷物を無料で預かってくれるので待ち時間中手軽に食事や買い物を楽しめます。

この他にも、

  • エアポートミール
  • 海外用携帯レンタルサービス
  • 空港パーキング

などのサービスもありますので、空港でよくある様々なわずらわしさから解放されるはずですよ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ

旅先での日本語サポートがある

海外旅行や海外出張の際、旅先でのトラブルや迷った時などに対応してくれる「グローバルホットライン」が利用できます。

全て日本語で24時間365日対応してくれて、様々な案内、手配、情報提供などのサービスを受けることができます。

主なサポートサービスは、

  • 航空券、ホテル、レストラン、レンタカーなどの予約、案内
  • ミュージカルなどの案内からチケットの手配
  • 病院、医師、歯科医師、弁護士の紹介
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カードの紛失や盗難の際の処理、再発行など
  • パスポートや所持金などの盗難時のサポ―ト
  • 緊急メッセージの伝言サービス(業務は不可)
  • 電話での簡単な通訳(業務は不可)

これらのサービスを受けることができるので、旅先でのトラブルにも落ち着いて対応することができます。

また、海外に限らず日本国内での旅先でのトラブルなどもサポートしてくれるので安心です。

アメリカン・エキスプレス・セレクトが利用できる

アメリカン・エキスプレス・セレクトは、ダイニング、ホテル、ショッピングなどのジャンルで様々な店舗、施設を優待価格で利用できるサービスです。

人気の有名店や、高級店での優待サービスも豊富なので、大切な人との特別な時間を過ごす時などの利用がおすすめです。

ダイニングでの主な優待サービスは、

ダイニング 優待サービス
第一ホテル東京内「一寿し」 飲食代10%オフ
第一ホテル東京内鉄板焼き「一徹」 飲食代10%オフ
第一ホテル東京内フレンチ「アンシャンテ」 飲食代10%オフ
ザ・キャピトルホテル東急内中国料理「星ヶ岡」 飲食代10%オフ
ウェスティンホテル大阪内日本料理「ははの」 飲食代10%オフ
ハイアットリージェンシー大阪内「ベイラウンジン&バー」 飲食代20%オフ
ハイアットリージェンシー大阪内日本料理「彩」 飲食代20%オフ
ハイアット リージェンシー 京都内「東山」 飲食代20%オフ

などがありますので、普段はなかなか行かないお店でも、記念日などにはアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用してちょっとお得に使ってみるのも良いです。

ホテルの主な優待サービスは、

  • シェラトンホテル&リゾート
  • マリオットインターナショナル
  • ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ
  • 川奈ホテル
  • おもてなしホテルズ
  • オークラホテルズ&リゾート

などの有名ホテルも優待価格で利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・セレクトは、他に様々なダイニングやホテルが優待価格で利用できるプランが用意されているので、細かくチェックすればきっと使えるお店やホテルがたくさんみつかるはずです。

付帯保険が充実している

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、旅行傷害保険を始め、様々な付帯保険が充実しています。

旅行傷害保険

旅行傷害保険は、利用付帯にはなってしまいますが、海外、国内ともに家族特約もあり、かなり手厚い内容の補償となっています。

海外旅行傷害保険の内容(利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 本人5,000万円、家族1,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療補償 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品の損害 30万円
救援者費用等 200万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

  • 死亡、後遺障害補償:本人→5,000万円、家族→1,000万円

死亡、後遺障害補償が5,000万円というのは、一般カードであまり無い補償額ですし、さらに家族特約もついているというのは心強いです。

ただし、利用付帯なのでわざわざ利用するのがめんどくさいという方は、サブカードとして他のクレジットカードを持つのも1つの手段です。

旅行保険のサブカードなら、

これらは年会費無料で自動付帯なので、持っているだけで保険が適用になります。

死亡・後遺症障害の補償額は変わりませんが、その他の補償内容に関しては、補償額がプラスされる仕組みになっているので、旅行保険が付帯しているカードを複数持っておいた方が、実はかなりお得なんです。

よく旅行にいく方は、このようなカードを持っていると補償も充実するので、旅行先でも安心することができるはずですよ。

ショッピング保険は500万円まで補償

国内、海外問わず、デルタ スカイマイル・アメックスで購入した商品に万が一破損や盗難などの損害を被った場合、購入日から90日間最大で500万円まで補償してもらえます。

補償額は100万円~200万円のカードが多い中、500万円まで補償されるというのは、さすがアメックス・カードといった感じです。

リターンプロテクションも付帯

デルタ スカイマイル・アメックスには、リターンプロテクションも付帯しています。

これは、他社のクレジットカードでは、なかなかないサービスです。

リターンプロテクションは、デルタ スカイマイル・アメックスを利用して購入した商品を返品したい時に、購入先の店舗がそれを受け付けなかった場合、アメリカン・エキスプレスに送れば、その代金が後日振り込まれるというサービスです

補償期間は購入日から90日以内となり、1商品30,000円まで年間15万円まで補償してもらうことができます。

デルタスカイマイル・アメックスはこれらの他にも、ネット不正利用時の保険や紛失、盗難保険も付帯していますので、安心してカードを保有することができます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

デルタ スカイマイル・アメックスは、移行手続きなどなく、カードを使うだけで直接マイルが貯まっていく便利なカードです。

発行された時点でデルタ航空の上級会員であるシルバーメダリオンも取得できる点もかなりの魅力です。

しかし、デメリットとして年会費が12,000円(税抜)と少し高額であるという点があります。

最近では、10,000円ほどの年会費でもそれなりにステータスの高い付帯サービスがあるゴールドカードが持ててしまうこともあります。

それに比べると、12,000円の年会費は、正直高いです。

ただ、デルタ スカイマイル・アメックスなら、ゴールドカードに一般的に付帯される空港ラウンジサービスやアメックスならではのアメリカン・エキスプレス・セレクトなどが付帯します。

さらには、旅行傷害保険の補償内容も充実していて、それでいながら、マイルを貯めていくことができるカードなので、12,000円(税抜)の年会費は使い方次第ではお得に利用することができます。

なので、

  • 旅行好き
  • マイルを積極的に貯めている人

これらの条件に当てはまる人なら、年会費12,000円を支払っても損はないではずです。

デルタ スカイマイル・アメックス・ゴールドとの違い・比較

デルタ スカイマイル・アメックスには、同じアメックスが発行している上級カードにデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドというカードもあります。

どうせ、年会費等を支払うならゴールドカードを作ってしまった方がいい!って人もいると思います。

ここではそんなデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドとデルタ スカイマイル アメックスの違いを比較して紹介していきます。

まず、大きな違いとしては

  • 年会費
  • マイル付与率(デルタ航空)
  • 付帯サービス
  • 旅行傷害保険の内容

この4つ大きく変わってきます。

年会費は、デルタ スカイマイル アメックスが12,000円なのに対して、デルタ スカイ マイル アメックス・ゴールドは26,000円と14,000円分高いです。

一般的なマイルの付与率は1%なので変わりませんが、デルタ航空で利用した場合のマイル付与率は、デルタ スカイマイル アメックスが2倍の2%ですが、デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドは3倍の3%になります。

また、付帯サービスについては、デルタ スカイマイル アメックスは「シルバーメダリオン」の資格を得ることができますが、デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドでは更に上級ランクの「ゴールドメダリオン」の資格を得ることができます。

その他にも、デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドしか付帯しないサービスなどが数多くあります。

保険の補償内容に関しても、デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドなら最大1億円までの補償が出るので、かなり手厚い補償になっています。

比較表

内容 デルタ スカイマイル アメックス デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド
年会費 12,000円(税抜) 26,000円(税抜)
マイル付与率(デルタ航空) 2.0% 3.0%
年間利用ボーナス 100万円ごとに3,000マイル 100万円ごとに5,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル 3,000マイル
空港ラウンジ
旅行傷害保険 最大5,000万円 最大1億円
ショッピング保険
メダリオン会員 シルバーメダリオン ゴールドメダリオン

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、その名の通りアメリカン・エキスプレスのクレジットカードとなるので、審査が厳しいのでは?と思う人もいるでしょう。

確かに、昨今大量に発行される流通系の誰でも持ちやすいクレジットカードなどの審査に比べると厳しいところはあるでしょう。

しかし、このカードの申請資格として、

  • 20歳以上の人
  • 安定した継続収入のある人
  • 日本に定住所を持っている人

この3つが挙げられています。

なので、職業のステータスや年収の高さなどは厳しく問われません。←以前は年収なども審査基準にありました。

20歳以上の会社員の人で、これまでのクレジットヒストリーに傷のない人であれば、発行される可能性は高いです。

まとめ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、移行手数料や移行手続き不要で直接デルタ航空のスカイマイルが貯まっていくカードです。

マイルボーナスなどもあり、マイルは比較的貯まりやすくなっています。

それでいて、空港ラウンジサービスや充実した旅行傷害保険を始めとする多種多様の保険も付帯しているので、安心感もしっかり得ることができます。

なにより、カード発行時点でデルタ航空の上級会員であるシルバーメダリオンを取得することができるのは大きなメリットです。

旅行好きで、とにかくマイルを貯めたいし、クレジットカードならではの優待サービスや特典も充実させたいという人にはオススメの1枚ですよ。

それに今なら入会とカード利用で最大12,000マイルを獲得できるキャンペーンを行っています。

通常は5,000マイルのみしかボーナスポイントを貰うことができないので、作るなら今がチャンスですよ。

キャンペーンの詳細はこちらからご覧にいただけますので、気になる方は見てみてください。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式ページ