最近、キャッシュレスの会計を求める人が多くなり、それに合わせてプリペイドカードや電子マネーが急激に広まりました。

特にプリペイドカードは、簡単に手に入れることができ、さらにはプレゼントにも喜ばれるため需要は広がっています。

そんなプリペイドカードをエポスカードど一緒に持つことで、利便性やお得感が高まるのが「エポスvisaプリペイドカード」です。

ポイント付与はありませんが、毎月キャッシュバクという形でわかりやすい還元を受けることができるのが魅力な、エポスvisaプリペイドカードの特徴、メリット、デメリットをご紹介していきます。

ちなみに、エポスvisaプリペイドカードを作るにはエポスカード会員になる必要があります。

エポスカードは年会費無料で作ることができるので、金銭面のリスクはありません。

とりあえずエポスvisaプリペイドカードを考えている方は、まずはエポスカードを作ることをおすすめします。

ネット限定のキャンペーンなども行なっているので、かなりお得に作ることができますよ。

エポスカードの申し込み・詳細はこちら

エポスvisaプリペイドカードの年会費と特徴

エポスvisaプリペイドカードは、エポスカードを発行するエポスカード株式会社が提供するプリペイドカードです。

カラーはピンクとグレーがあり、好きな方を選ぶことができます。

年会費は永年無料

エポスvisaプリペイドカードは、発行手数料、年会費ともに無料です。

プリペイドカードの中には、発行手数料に200円~400円ほどかかるものも多々ありますが、エポスvisaプリペイドカードは、無料で発行できて維持費がかからないのが大きな特徴です。

自分で使って日々の買い物をお得にしたり、スムーズな会計のために1枚持ち合わせておくのもおすすめです。

家族に渡して、無駄遣いを防ぐのにもピッタリです。

エポスカード保有者のみ持てる

エポスvisaプリペイドカードは、エポスカードの保有者しか持つことができません

しかし、エポスカード保有者なら、インタ―ネットから簡単に申請することができるので、クレジットカードと一緒に持ち合わせる1枚として保有しておくと何かと便利です。

支払いは1回のみ

クレジットカードの場合は、1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払いなど支払い方法がいろいろありますが、エポスvisaプリペイドカードは原則「1回払いのみ」となっています。

基本的にエポスvisaプリペイドカードに限らず、プリペイドカードはカードに残っている分の金額しか使えないようになっています。

なので、もし金額が大きくなりチャージ以上に支払いたい場合は、現金かクレジットカード等のエポスカードなどで支払うしかないので、注意してください。

毎月0.5%のキャッシュバックがある

エポスvisaプリペイドカードは、クレジットカードのようなポイント付与サービスはありません。

しかし、その変わりに、利用すればするほどキャッシュバックを得ることができるので仕組みになっています。

キャッシュバック還元率は0.5%

エポスvisaプリペイドカードは、200円利用毎に1円のキャッシュバクがあります。

キャッシュバック率は0.5%です

クレジットカードの場合は、ポイント還元率が0.5%なら低い方に分類されますが、毎月利用額に応じて200円ごとに1円のキャッシュバックという直接的な還元なので0.5%でも、そこまで低いとは感じないはずです。

キャッシュバクは毎月中旬頃で手続き不要

キャッシュバックは、翌月の中旬頃にエポスvisaプリペイドカードに反映されます。

そのためクレジットカードで貯めたポイントのように、自分で手続きしたり申し込んだりする必要なく、自動的にキャッシュバックされるという形なのでとても便利で手間いらずです。

ちょっとした買い物をする時は、エポスvisaプリペイドカードを利用すれば、その分キャッシュバックされる分が増えるので、クレカでの支払いが苦手という人にはおすすめです。

エポスvisaプリぺイドカードの4つのメリット

エポスvisaプリペイドカードは、クレジットカードのような優待サービスなどはありませんが、保有メリットは豊富です。

発行手数料も年会費もかからないので、日々のちょっとした買い物や飲食用に持っておくのもおすすめです。

エポスvisaプリペイドカードのメリットは、

  • エポスカードのポイントをエポスvisaプリペイドカードに移行できる
  • エポスカードからチャージ可能で便利
  • 3,800万店舗以上のvisa加盟店や丸井で利用できる
  • 使い過ぎを防げる

これら4つです。

エポスカードのポイントをエポスvisaプリペイドカードに移行できる

eposu-puripeido-riyou

エポスvisaプリペイドカードは、スカードで貯めたポイントを1ポイント単位でエポスvisaプリペイドカードに移行することができます。

これは、このプリペイドカードを持つ最大のメリットと言っても良いでしょう。

エポスポイントの使用方法は優待券やギフト券への交換です。

しかも、一番お得で使い勝手の良いギフト券への交換となると1,000ポイントからでした。

また、少ないものでも500ポイントからの交換となり、なかなかポイントを消費できないという人もいたでしょう。

エポスカードに詳細についてはこちらで紹介しているので参考に。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...

 

その点、エポスvisaプリペイドを保有すれば、エポスポイントで貯めたポイントを1ポイント単位でエポスvisaプリペイドに移行できるので無駄なく使うことができます。

エポスカードを保有している人は、ポイント消費のためにエポスvisaプリペイドカードを持ってもいいくらいです

それくらいこのエポスvisaプリペイドカードとエポスカードの2枚持ちは相性がいいです。

エポスポイントの移行方法は簡単

エポスポイントをエポスvisaプリペイドカードに移行する方法はとても簡単です。

  • 1、エポスNetにログイン
  • 2、「各種手続き、照会」を選択
  • 3、「エポスポイントを移行する」を選択
  • 4、移行ポイント数とエポスカードセキュリティコードを入力

この手順で移行完了です。

1ポイント単位で移行できるので、いつでも好きな時に移行することができます。

もちろん、移行の際の手数料などは一切とられることはありません。

エポスカードからチャージ可能で便利

エポスvisaプリペイドカードへのチャージ(入金)は、とても簡単です。

専用のATMなどでの操作などもなく、インターネットからいつでも簡単におこなうことができます。

しかも、残高を気にしないで済むオートチャージもできるので、本当に便利です。

チャージ方法はとても簡単

エポスvisaプリペイドカードへのチャージ方法はとても簡単です。

インターネットからいつでもおこなうことができます。

  • 1、エポスNetにログイン
  • 2、「各種手続き、照会」を選択
  • 3、「エポスカードから入金する」を選択
  • 4、チャージ金額とエポスカードのセキュリティコードを入力

この手順でチャージ完了です。

ただし、カード残高の上限の金額は、エポスポイントの移行とエポスカードからの入金を合わせて最大で10万円までとなっています。

オートチャージ設定もとても簡単

チャージする際に、わざわざ手動でチャージするのがめんどくさい人もいるでしょう。

エポスvisaプリペイドカードならオートチャージ設定も簡単にすることができます。

オートチャージの設定方法は、

  • 1、エポスNetにログイン
  • 2、「各種手続き、照会」を選択
  • 3、「オートチャージの設定、変更、解除」を選択
  • 4、「プリペイド残高設定額」と「オートチャージ設定額」を入力後、エポスカードのセキュリティコードを入力

この手順で完了です。

これで、もう残高を気にせず利用することができます。

3,800万店舗以上のvisa加盟店や丸井で利用できる

エポスvisaプリペイドカードなら、国内外の3,800万店舗以上のvisa加盟店や丸井で利用することができます。

プリペイドカードは、使える店舗が限られるものも多い中、visa加盟店ならどこでも使えるというのはとても便利です。

使える店舗が多ければ多いほど、使用する頻度も増えその分キャッシュバックも増えるのでお得です。

使い過ぎを防げる

クレジットカードのように、使った分は翌月まとめて口座から引き落とされるというシステムだと、ついつい使い過ぎになりがちで利用明細を見てビックリということもあるでしょう。

しかし、エポスvisaプリペイドカードの場合、自分があらかじめ入金しておいた額以上は利用することができないので、使い過ぎて翌月に焦る必要がありません。

また、オートチャージにする場合でも、一定の残高以下になった時に自動でチャージされる額を低く設定しておけば、大きく使ってしまうことはありません。

このように使い過ぎを防げるというのは、プリペイドカードの大きなメリットです。

エポスvisaプリペイドカードのデメリット

エポスvisaプリペイドカードは、キャッシュバックもあり使い過ぎも防ぐことができ、さらにエポスカードのポイントを1ポイント単位で移行することができる便利でお得な1枚です。

しかし、デメリットをひとつ挙げるとしたら、大きな買い物ができないということです。

エポスvisaプリペイドカードへのチャージは最大10万円です。

そのため、10万円以上の買い物は、このカードではできないということです。

ただ、10万円以上の買い物をする時は、クレジットカードのエポスカードを使えば問題ありません。

エポスvisaプリペイドカードは、日々のちょっとした買い物や飲食などに使うととても便利で、エポスカードのポイントを無駄なく使うためのカードとして保有するだけでも十分メリットが得られます。

なので、この点はそこまで大きなデメリットととらえる必要もないでしょう。

エポスカードを持つなら併用した方が便利

エポスvisaプリペイドカードは、エポスカードのポイントを1ポイントから無駄なく使える点や使い過ぎを防ぐことができるというメリットのあるプリペイドカードです。

エポスカードからチャージもできてとても便利です。

発行手数料も年会費も無料なので、エポスカードを持っている人はエポスvisaプリペイドカードも一緒に持っていた方が、エポスカードの保有価値もあがりますよ。

エポスvisaプリペイドカードは、エポスカードを持っていないと発行できないので、マルイなどを利用する頻度が多い方は、まずエポスカードから作ってみてください。

最悪使わなくても、年会費無料なので持っているだけで旅行保険等の付帯サービスが適用になるお得なカードなので、作っておいて損はないですよ。

エポスカードの申し込み・詳細はこちら