「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」

「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」

せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作りたいと考える方も多いでしょう。

昔は、ポイント還元率が0.5%前後という、クレジットカードはほとんどでした。

しかし、今では年会費無料でもポイント還元率が1%以上の高還元率のクレジットカードがたくさん出てきています。

ポイント還元率が1%以上になれば、ポイント還元率だけで比較すれば、年会費があるクレジットカードを比べても遜色はありません。

ただし、高還元率で年会費無料のクレジットカードもたくさんあるので、実際にどれを選んでいいかわからない方も多いと思います。

クレジットカードのポイント還元率の変動は激しいので、ポイント還元が良かったクレジットカードが、なくなるなんことも多々ありますからね。

そこでここでは、特にポイント還元率が高くてお得なクレジットカードを比較して紹介していきます。

ぜひ、これを参考にしてお得な高還元率のクレジットカードを選んでください。

年会費無料のクレジットカードのメリット

年会費無料ポイント還元率クレジットカード

クレジットカードを持ったことがない方などが、クレジットカードを選ぶポイントとしては、

「年会費無料」

「ポイント還元率が高い」

この2つが主な基準になると思います。

理由としては、ポイント還元率が高いクレジットカードを選べば、それだけお得にポイントを貯めることができるからです。

それに、年会費無料であれば使ったお金以外に、お金が請求されることはありません。

それを考えれば、ポイント還元率が高くて、年会費無料のクレジットカードは、魅力があるクレジットカードになります。

年会費無料のクレジットカードを選ぶ時の注意点

年会費無料なので、基本的にはお金をとられることはありません。

しかし、家族カード、ETCカードなどを作る場合は、別途お金がかかるクレジットカードもあります。

また、リボ払い専用になっていたり、初期設定がリボ払いになっていることもあるので注意が必要です。

基本的にはリボ払いは、手数料がとられるのでおすすめはしません

せっかく作ったのに、リボ払いになっていて、手数料を気づかないうちに支払っていては、せっかくポイント還元率が高くても意味がありませんので。

ただ、リボ払い専用でも一括で払えたり、あとで一括に変更することができる場合もあるので、その場合は問題ありません。

今回紹介するクレジットカードでいえば、JizileとP-one Wizはリボ払い専用のクレジットカードなので、自分で使えそうかどうかをまず確認してください。

それ以外には、ポイント還元率が良くても、結局使えるところが少なくても意味がありません。

共通ポイントが使える、クレジットカードであれば利便性もよくなり、効率的にポイントを使うことができるので、その辺りも1つ選ぶ際の注意点として覚えておいてください。

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

年会費無料で、ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードはこの7つです。

  • Orico Card THE POINT
  • REX CARD Lite
  • Yahoo!JAPANカード
  • リクルートカード
  • 楽天カード
  • P-one Wiz
  • DCカード Jizile(ジザイル)

もちろん、ポイント還元率だけでなく、優待サービスや特典なども入れれば、他のもおすすめのクレジットカードはたくさんあります。

ただ、あくまでも、今回は”年会費無料でポイント還元率”という点に絞って比較しています。

それでは紹介していきます。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、ポイント還元率が1%と今回紹介しているクレジットカードの中では、少し低い還元率になります。

そうとはいっても、年会費が完全に無料で1%以上のポイント還元率があれば、高還元率のクレジットカードの部類になるので、そこまで低いわけではないですけどね。

Yahoo!JAPANカードは、ETCにはお金がかかりますが、家族カードは無料で作ることができます。

そして、Yahoo!JAPANカードの一番の魅力はなんといっても、Tポイントがガンガン貯まることでしょう。

いくら、ポイントを貯めてもそのポイントをうまく使えなえれば、宝も持ち腐れになってしまいます。

Yahoo! JAPANカードは、Tポイントを貯めるには最強と言っても過言ではないくらい、ガンガン貯めることができます。

TポイントTポイントをめっちゃ貯める方法。使い方・お得なクレジットカードを徹底比較
Tポイントといえば、4大共通ポイントの中でも最も古株な共通ポイントだ。Tポイントを貯めることができる「Tカード」は、すぐに作ることができる。一番初めに、Tポイン...

上記の記事でも詳しく書いていますが、Tポイントが使える店は、約440,000万店以上あります。

それに、Tポイントは昔からあるポイントなので、すでにTポイントを使っているという方も多いはずです。

そうなると、すでにTポイント使っている方にとっては、わざわざ他のクレジットカードにして、違うポイントを貯めるって結構めんどくさいですよね。

Tポイントに交換できるクレジットカードもありますが、それでも一手間必要になります。

Yahoo!JAPANカードなら、そのままTポイントとして貯まっていくので、交換する手間はなくなります。

更に、Yahoo!ショッピングとLOHACOで、Yahoo!JAPANカードを使うと3倍のポイントが付くので、3%の還元率になる特典が付帯しています

Amazonや楽天市場を使っている方も多いと思いますが、Yahoo!ショッピングも負けないくらいの品数は豊富にありますよ。

また、nanacoチャージで1%以上ポイントを、貯めることができるので、nanacoで税金や公共料金の支払をしている方などは、更にポイントを貯めることが可能です。

ナナコカードnanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討。
いつかは終わると、思っていましたが、まさか本当に終わるとは。クレジットカードの中で、ダントツの高還元率を誇っていた「リクルートカードプラス」が2016年3月16日を...

ちょっとデメリットとしては、ETCカードは年会費が500円取られますし、旅行保険はついてないので、その辺りがすこしデメリットにはなります。

ただし、今なら最大7,000円相当のTポイントが貰えるキャンペーンを実施しているので、ETCの年会費などは簡単にペイできますよ。

Yahoo! JAPANカード

▼Yahoo!JAPANカードの詳細・申込はこちら

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは現在使われている種類は

  • リクルートカード
  • リクルートカードプラス

2種類ありますが、年会費は有料ですが、2%以上の高還元率を誇っていた、リクルートカードプラスは新規申込みは終了したので、作ることはできません。

リクルートカードプラスリクルートカードプラスが改悪で新規申込み終了。改定で変更になったポイントは?
リクルートカードプラスといえば、業界最高基準の2%を誇る高還元率クレジットカード。私も実は、主要クレジットカードの筆頭に使っています。しかし、最近リクルートカ...

ただ、年会費無料のリクルートの方は、そのまま継続しているので、新規でも作ることが可能です。

リクルートカードは、いつでも1.2%のポイント還元率。

VISAとJCBの2つのブランドから選ぶことができます。

リクルートカードは、nanacoチャージをしてポイントを貯めることができますが、JCBしかできないので、nanacoチャージも考えているのであれば、JCBにした方がいいでしょう。

JCBであれば家族カード、ETCカードも無料になりますので。(VISAはETCの発行手数料が1,000円かかる)

また、以前はあまりポイントの使いみちがなかった、リクルートポイントですが、2015年11月からはリクルートのサービスでもPontaポイントが貯まるようになりました。

これにより、使える範囲が増えたので以前のリクルートポイントだけよりは利便性ががよくなりました。

リクルートポイントとPontaポイントに関しては、少し複雑な仕組みになっているので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

リクルートポイントとPontaポイントリクルートポイント・Pontaポイントの複雑な交換の仕組みを紹介
ポイント還元率がいい、リクルートカードを使っている人も多いでしょう。リクルートカードは、以前はポイントの使い道があまりよくなくて人気があまりありませんでした...

リクルートカードプラスは、なくなってしまったものの、nanacoチャージでポイントがついて、ポイント還元率が1.2%以上なら、十分ポイントを貯めることはできるはずです。

リクルートカード

▼リクルートカードの詳細・申込はこちら

楽天カード

楽天カード

CMなどでも、有名な楽天カード

恐らく知らない人はいないでしょう。

年会費無料で還元率が1%。

還元率でいえば、他のクレジットカードに比べてもそこまで高くはありません。

しかし、楽天市場で楽天カードを使えば、常時4倍でポイント還元率4%という破格の還元率になります。

他にも、楽天トラベルでは2倍で2%のポイントが付きます。

楽天のサービスを常日頃から活用しているのであれば、絶対に楽天カードを使った方がガンガンポイントが貯まります。

また、以前は楽天のサービスでしか使うことができませんでしたが、「楽天カードポイント」が始まって、サークルK・サンクスや大丸、ミスタードーナツといったリアル店舗でも使えるようになりました。

まだまだ、TポイントやPontaが使える店舗には及びませんが、それでも楽天サービス以外に使えるようになったのは、これから楽天カードの入会を考えている方には大きなメリットでしょう。

nanacoに関しては、楽天カードも、JCBブランド限定ですが、nanacoチャージでポイントがつきます。しかもポイント還元率が1.0%。

リクルートカードに比べると劣りはしますが、1%以上あれば問題はないでしょう。

それと、楽天は常に何かしらのキャンペーンを行っているので、うまく活用すれば、ポイント還元率が10%以上になることもあります。

楽天市場、楽天サービスを使っているなら、楽天カードは間違いなく持って損はないですよ。

楽天カード

▼楽天カードの詳細・申込はこちら

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、通常1%の還元率。

さらに、Orico Card THE POINTは、カードの年会費無料なのは勿論ですが、家族カード、ETCカードも無料となっているカードです。

年会費無料の、クレジットカードの中には、家族カードやETCカードが無料じゃないクレジットカードもあるので、すべて無料なのは嬉しいですよね。

家族カード、ETCカードも同時に使いたいと考えている方には、おすすめの1枚になっています。

また、クレジットカードには、独自のショッピングモールで買うとお得になる制度がよくあります。

オリコでも、独自のショッピングモールがあり「オリコモール」というショッピングモールがあります。

このショッピングモールを経由して、特定のショップでOrico Card THE POINTを使うだけで、0.5%のポイントが上乗せさせられます

そうすると、オリコモールを経由すれば、ポイント還元率が1.5%になるわけです。

更に、オリコモールには、

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • ポンパレモール
  • ヤフーショッピング

などの大きな、ネット通販サイトがあるので、買い物に困ることはないでしょう。

また、特定のネット通販サイトではさらに、特別ポイントとして0.5%以上の還元されるボーナスがあるので、実質2%以上ポイントが還元率されます

オリコモール経由でアマゾンでの購入例

例えば、オリコモール経由でAmazonで購入した時のポイントの仕組みは、

基本1%+オリコモール0.5%+特別ポイント0.5%=2%

となり、ポイント還元率が2%以上になります。

Amazonにも、年会費が実質無料になる「Amazon MasterCardクラシック」がありますが、こちらは最大でも1.5%の還元率がMAXになります。

本家のカードよりも、Orico Card THE POINTの方が還元率が上ってやばいですよね。

よくAmazonを活用している方なら、Orico Card THE POINTにしちゃった方が確実にお得です。

また、Orico Card THE POINTは、入会後半年間は常にポイント還元率が2倍になる特典もあります

ということは、この半年の間にオリコモール経由でアマゾンで商品を買えば、実質3%はポイントが還元されます。

10万円以上の買い物をすれば、3,000円は戻ってくるので、ちょっとした安い居酒屋なら十分飲むことができますよ。

また、電子マネーである「ID」や「QUICPay」を使えるのも魅力の1つです。

223電子マネーはどれが一番お得?定番のスーパー・コンビニ・交通系を徹底比較
私は常日頃、小銭は持ち歩かないです。それは何故だと思います?単純に、小銭は邪魔だと思っているからです。むしろ、札さえも入っていない場合があります。昔ならあり...

ただし、ポイントの有効期限が1年なので、それを過ぎてしまうとポイントが消滅してしまうので、そこだけは注意してください。

P-one Wiz

P-one Wiz

P-one Wizは、いつでもどこでも年会費無料で、1.5%のポイント還元率を誇るクレジットカードです。

※1%は現金還元で0.5%はポイント還元

今まで紹介してきた、クレジットカードの中でも群を抜いて高いポイント還元率になります。

ポイントは上手に使えれば、問題はないですが、利便性が悪いと、結局つかえないこともあります。

しかし、P-one Wizはクレジットカード支払いの段階で1%が現金還元される仕組みになっていて他にはありません。

基本的にポイント還元率を高く設定できるのは、独自のポイントにするからできることです。

本来なら、使用する側からしたら現金還元してもらった方が、楽だし迷うこともありません。

でも何故他のクレジットカード会社がやらないのかというと、メリットないからです。

リクルートカードプラスが、2%のポイント還元率があったのは、そのポイントがリクルート系のサービスでしか、使うことができなかったから。

会社からしたら、貯まったポイントを、自分の会社のサービスで使って貰えれば、ポイント分は戻ってくることになります。

だから2%という破格の還元率でリクルートカードプラスをできていたわけです。(今は新規申込はやってません)

これは、楽天などでも同じです。

今でこそリアル店舗でも使えるようにはなりましたが、ちょっと前までは楽天のサービスでしか使うことができませでした。

だから、高還元率のキャンペーンなどもどんどん提供できて、還元したように見せていたわけです。

結局そのポイント自体も、自社の売り上げになるから、ポイント制度っていうのは本当に上手にできている仕組みです。

これを考えれば、現金値引きをすることがいかにお得なのかがわかりますよね?

P-one Wizは、残りの0.5%はポイントになりますが、Tポイントへの交換をすることもできるので、Tポイントを使っている人にもおすすめの1枚です。

ただし、P-one Wizはリボ払い専用のクレジットカードなので、リボの仕組みなどをよく知らない方は注意してください。

P-one WizP-one wizは年会費無料・高還元率カード!デメリット解消法を紹介
P-one といえば、ポケットカード。そんなポケットカードから、年会費無料で高還元率のカードが出だ。P-one wiz。年会費無料でここまでの還元率は、無料クレカの中では今...

DCカード Jizile(ジザイル)

ジザイル

DCカード Jizile(ジザイル)は、P-one Wizと同じで年会費無料で1.5%のポイント還元率を誇るクレジットカードです。

また、海外旅行保険が自動付帯していたり、ショッピング保険が付帯しているクレジットカードなので、持っているだけでも得をするカードになります。

年会費無料では、旅行保険が付かないクレジットカードも多いですから。。

完全に年会費無料でここまでの、サービスや特典はあまりありません。

また、家族カード、ETCカードも年会費無料で持つことができます。(発行手数料に1,000円はかかる)

これだけ見れば、メインカードとしても使えるおすすめのクレジットカードなのですが、実はデメリットがあります。

それはJizileは、P-one Wizと同じでリボ専用のクレジットカードになります。

ジザイルカードDCカード Jizile(ジザイル)は還元率が1.5%以上!特徴・注意点まとめ。
DCカード Jizile(ジザイル)は、年会費無料でポイント還元率が1.5%と、高還元率のクレジットカードに比べても、特に高還元率なカードとして、人気があるクレジットカー...

リボ専用でも、一括で支払いができるリボなら問題はないのですが、Jizileの場合は月間5万円以上にはリボ手数料がかかってしまうというデメリットがあります。

月間5万円以下に抑えば、手数料がとられることがないので、月額5万円以下ならDCカード Jizile(ジザイル)はおすすめです。

もし月間5万円以上使うのであれば、いくら還元率が高くても意味がなくってしまうので、別のクレジットカードをメインにするといいでしょう。

保険等の特典は、ガチでお得ですのでサブカードとしては最強の1枚といってもいいでしょう。

REX CARD Lite(レックスカードLite)

REX CARD Lite

REX CARD Lite(レックスカードLite)は、ジャックスが発行しているクレジットカードになります。

このREX CARD Liteの上位に、REX CARDと漢方スタイルクラブカードという年会費が有料の、高還元率のクレジットカードがあります。

2015年に、どちも改悪でポイント還元率が下がってしまいましたが、それでも1.5%以上はあるので、クレジットカードで使う金額が多ければ、そちらを検討するもの有りかと。

ただ、年会費無料でもREX CARD Liteは1.25%以上はあるクレジットカードなので、1度ご自分の利用金額ある程度確認してからの方がいいかもしれません。

REX CARD Liteのデメリットとしては、価格.comでの支払いに、REX CARD Liteを使うと0.5%を上乗せすることができる特典があるので、経由すればポイント還元率が1.5%に上昇します。

でも実は、これには裏があり、安心取引料という手数料が1.9%取られてしまいます。

せっかく還元率1.5%なのに、最終的に手数料が1.9%取られては、いくら還元率が1.5%になっても意味がないです。

また、上位に当たるクレジットカードがそれぞれ改悪があったので、そこの辺りも少し負担要素ではあります。

それでも、ポイント還元率が1.2%なのは魅力だし、有効期限が2年と少し長いので、ポイントも貯めやすいです

REX CARDがほしいけど、年会費無料がほしいなら、REX CARD Liteも有りだと思います。

それぞれの主な項目を比較

還元率や家族カードの金額、旅行傷害保険などの簡単にまとめました。

  実質還元率

家族カード・ETC

旅行傷害保険
Orico Card THE POINT 1.0%  無料 なし
REX CARD Lite 1.25% 無料 あり
Yahoo!JAPANカード  1%  無料/200円  なし
リクルートカード  1.2% 無料 あり
楽天カード 1.o%  無料/540円 あり
P-one Wiz 1.5% 200円/1,000円 なし
DCカード Jizile(ジザイル) 1.5% 無料/1,000円 あり

年会費が有料でも人によってはお得

例えば、年会費が2000円がかかるクレジットカードがあるとします。

年会費だけを、取り戻そうとした時、ポイント還元率が1%のクレジットカードの場合、年間20万円以上は使わないと年会費分の元はとれません。

月々なら、約1.6万円以上をクレジットカード使わなければ、年会費を取り戻すことができません。

逆に20万円以上使わないなら、赤字になってしまうので、年会費無料のクレジットカードを持った方が損はありません。

ただし、年会費が有料のクレジットカードでも、優待サービスや特典などは充実しているカードもあります。

特にゴールドカードなどは、年会費が高いですが、空港ラウンジが無料で使えたり、旅行保険がかなり充実しています

なので、一概に年会費が有料のクレジットカードがダメなわけではありません。

今はなくなってしまいまいしたが、リクルートカードプラスは年会費が2,000円ですが、還元率が2.0%あるので、ガンガンポイントを貯めることができましたからね。

このように年会費が有料でも、年会費分以上にお得クレジットカードはあります。

ただ、まだクレジットカードを持っていない方や、クレジットカードをとりあえず使ってみたいと思っている人なら、まずは年会費無料のクレジットカードでも問題はありません

そして、クレジットカードについて徐々にわかってきたら、そのまま年会費無料のクレジットカードを使ってもいいですし、年会費が有料でも自分に合ったクレジットカードがあれば、そちらを選べばいいだけです。

まとめ

今は、年会費無料でもメインカードに、成り得るクレジットカードはたくさんあります。

それくらいポイント還元率が高いクレジットカードが多くなってきているからです。

まずクレジットカードを決めるときは、どのポイントが自分には必要なのかを、しっかりと判断して決めると失敗はしません

上記以外にも魅力的なクレジットカードはたくさんありますが、まずは年会費無料で、しかも高還元率のクレジットカードがほしい方は、上記のクレジットカードから選んでみてください。

年会費無料ですから、お金は一切かかりませんので。