JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。

年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。

そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができるのが、JCB EITカードだ。

JCBカードの中では、比較的新しいカードにはなるが、他のJCBカードにはない特典が付いていて、人気があるクレジットカードだ。

サブカードで使っているという人も多いだろう。

そんなJCB EITだが、クレジットカード初心者は少し気をつけないといけないカードでもある。

それは、リボ払い専用のクレジットカードになっているのだ。

リボ払いをそもそも知らない人には、あまりおすすめはできないカードだ。

ある程度、リボ払いを理解していたり、持っているだけでも得られる特典がほしい人には、かなりおすすめのカードになっている。

リボ払い専用でも、手数料を無料にする方法はあるが、それらが面倒くさい人はその他のカードで決めてもいいだろう。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較

では、JCB EITの特徴やメリット・デメリットについて解説していく。

説明を聞かずに、特典がほしい人はこちら申し込みをすると特典を受けることができる。

▼▼こちらから特典が受けれます

JCB EITの特徴とメリット

JCB EIT

JCB EITは、JCBが独自で展開しているクレジットカードだ。

ちなみだが、JCBが展開しているクレジットカードだけでも、約150種類もある。

その中でも特に人気が高いカードが、JCB EITなのだ。

JCB EITの「エイト」は8つの価値があるカードという意味で付けれている。

その8つの価値はこちらだ。

  • 永年無料の年会費
  • Oki Dokiポイントが常に2倍
  • 海外損害保険が自動付帯で2,000万円
  • ショッピングガード保険で100万円まで補償
  • 初回手数料無料のショッピングリボ払い
  • ネットショッピングでも安心に利用できる「JCBでe安心」制度
  • 6つのデザインから好きなデザインを選ぶことができる
  • 個人情報をしっかりとガードする「MyJチェック」

正直ここまでの、価値が年会費無料で付くクレジットカードは中々ない。

それだけ、JCBが本気で作ったカードだということは分かる。

人気も出るのが頷ける。

永年無料の年会費

JCB EITは、全く使わなくても、永年お金が発生することはない。

完全無料のクレジットカードだ。

これだけの特典が付いていれば、利用額に応じて年会費が無料になるカードでもおかしくはない。

しかし、JCB EITに限っては使わない場合で、引き出しに入れておいても、お金を請求されることはないのだ。

これから紹介する特典は、持っているだけでも得をする特典ばかりだ。

メインカードを既に持っていても、JCB EITを作っておけば、メインの特典を更にパワーアップさせることができる。

使わずに持っておくだけでも、JCB EITはおすすめなのだ。

Oki Dokiポイントの還元率が常に2倍

JCB EITのポイントは、Oki Dokiポイントと呼ばれるポイントになる。

通常のポイントは、1円=1ポイントのところが多い。

しかし、Oki Dokiポイントの場合は1ポイント=5円になっている。

1,000円=200ポイントということになる。

ちょっとわかりづらいかもしれないが、すぐに慣れるだろう。

普通のJCBカードの場合だと、ほとんどが1,000円に対して1ポイント貯まる計算だ。

還元率でいうと0.5%になる。

JCB EITで決済した場合は、Oki Dokiポイントがすべてのショッピングで2倍貰える

還元率で言えば1%になるのだ。

しかも、どのショッピングで使ってもだ。

クレジットカードの中には、高い還元率のクレジットカードもある。

しかし、通常のショッピングではなく、特定のサービスやショップなどで還元率がよくなる場合がある。

JCB EITの場合はすべてのショッピングでの決済で、1%以上付くのでどんどんポイントを貯めることができるのだ。

それに、ポイントの有効期限も2年間とかなり長い。

1年のところがある中で、2年間有効期限があるのは、助かる特典のひとつだろう。

ステージによってポイント還元率が上がる

JCBが提供しているサービスの中に、「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」という、メンバーシップサービスがある。

利用金額によって、ステージが上がっていき、ポイント還元率やボーナスポイントが貰える仕組みだ。

お持ちのカードのポイントプログラム名称が、

  • Oki Doki for ORIGINAL
  • Oki Dokiポイント CLASSIC
  • Oki Doki for Debit OS

の会員の方は、

  • スターePLUS
  • スターβPLUS
  • スターαPLUS
  • ロイヤルαPLUS

この4つのステージがある。

上記のポイントプログラムが記載されていない会員は

  • スターβ
  • スターα
  • ロイヤルα

この3つになる。

※ただし、ロイヤルα(アルファ)PLUSとロイヤルαは、通常のJCBカードではなれないのでここでは省略する。

JCBポイントプログラム確認

まずは、自分のポイントプログラムを確認してみるといいだろう。

プログラム名称が上記の3つの場合 プログラム名称の記載が内場合
メンバーランク ポイントアップ 条件 メンバーランク ポイントアップ 条件
スターαPLUS 50%アップ 100万円以上 スターα 20%アップ 100万円
スターβPLUS 20%アップ 50万円以上 スターβ 10%アップ 50万円
スターePLUS 10%アップ 30万円以上      

例えば、プログラム名称の記載がない場合、年間で50万円以上使ったとする。

その場合、今までのポイント還元率の1%が10%あがるので、1.1%の還元率になるのだ。

これが、100万円になれば、1.2%の還元率になる。

どんどん使えば使うほど、お得になるということだ。

適用期間は、2015年12月16日~2016年12月15日JCBカードご利用分の場合は、2017年2月~2018年1月お支払い分に適用されることになる、

ここはしっかりと確認しておこう。

海外損害保険が自動付帯で付いてくる

海外損害保険とは、万一海外で事故にあったり、病気になってしまった場合、または携行品の盗難や破損などをした場合も補償してくれるサービスだ。

海外旅行になれていればいいが、初めて海外にいく場合などは、かなり不安もあるだろう。

別に、保険に入っている人もいるが、実はクレジットカードには、この海外損害保険が無料で付いてくるカードがある。

JCB EITがその一つだ。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 100万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※補償対象期間90日間

難しい手続きや届け出なども一切必要なく、持っているだけで保険が適用される。

勿論、家族も全く同じ補償を受けられる。

海外損害保険が付いている、クレジットカードはあるが、年会費無料で自動付帯というのはほとんどない

カードを利用することで、保険が適用される楽天カードのようなクレジットカードはあるが、利用しないといけないので、少し面倒にはなる。

それを考えれば、自動付帯の海外損害保険が無料で付く、JCB EITはかなりお得なクレジットカードといえるだろう。

海外損害保険のためだけに持っている人も多いと聞く。

また、違うカードが会社が発行している、海外損害保険付きのクレジットカードを持っていたとしても、死亡・後遺障害以外の保険はすべて合算されるのだ。

例えば、JCB EITの傷害治療費は、1事故で100万しかでない。

しかし、同じく年会費無料で海外損害保険の自動付帯が付いているエスポカードでは、傷害治療費が、最大で200万円まででる。

エポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較

このふたつを持っていれが、治療費は合算されるので、300万までの治療費であれば、保険で補償することができるのだ。

海外では、医療費がものすごく高い地域もある。

そのような場所で、万が一入院にでもなったら、かなりの金額の費用を払うことになってしまう。

それを考えれば、保険の金額が多いに越したことはない。

このようなクレジットカードを数枚持っておくことは、海外に行った際に自分を守るためには必要なことだ。

個別で違う保険に入るのもいいが、年会費無料でもっているだけ、海外損害保険を受けれるクレジットカードを数枚持っておくのも一つの手だ。

家においておくだけでも、問題なく保険は適用されるので、JCB EITを作っておいて損は全くないだろう。

ショッピングガード保険で100万円まで補償

JCB EITには、ショッピングガード保険という特典も無料で付いてくる。

ショッピングガード保険とは、国内外問わず、JCB EITで支払いをした品物を90日間以内であれば、100万円まで補償してくれるサービスだ。

故意に壊したりした場合は、適用されないが、事故に巻きこまれた場合などは適用になる。

1回の事故に付き、

海外→10,000円

国内→3,000円

これらの自己負担がある。

また、補償対象外になる品物もあるので、確認しておこう。

  • 船舶
  • 航空機
  • 自動車
  • 原動機付自転車
  • 自転車
  • ハンググライダー
  • サーフボード
  • セーリングボード
  • 義歯・義肢
  • コンタクトレンズ
  • 動物及び植物
  • 現金
  • 手形
  • 小切手
  • その他有価証券
  • 印紙
  • 切手
  • 乗車券等
  • 稿本
  • 設計書
  • 図案
  • 帳簿
  • 自動車電話・携帯電話
  • 食料品

※これ以外もあります。

nanacoやTポイントなどの様々ポイントへ交換可能

Oki Dokiポイントは、様々なポイントや商品と交換することができる。

せっかくポイントを貯めても、使い道がなければ意味がない。

Oki Dokiポイントは、本当に多岐にわたって、ポイントを交換することができるので、利便性がものすごくいい。

レートが等価にならない、ポイントもあるので、注意が必要だが、それでも交換できる、ポイントは多い方がいいだろう。

下記に、Oki Dokiポイントを交換できるポイント名と還元率を載せておく。

提供サービス  交換できるポイント名 還元率  申し込み可能ポイント
セブン・カードサービス nanacoポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
Tポイント Tポイント 0.8% 500ポイント以上100ポイント単位
NTTドコモ dポイント 0.8% 200ポイント以上1ポイント単位 
au WALLETポイント 0.8% 200ポイント以上1ポイント単位
ビックカメラ ビックポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
ビックカメラ.com ビックネットポイント 1%  200ポイント以上1ポイント単位
ベルメゾン ベルメゾン・ポイント 1%  200ポイント以上1ポイント単位
Joshin ジョーシンポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
楽天 楽天スーパーポイント 0.8% 200ポイント以上1ポイント単位
セシール セシールスマイルポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
JTBグループ JTBトラベルポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
NTTスマートトレード ちょいコムポイント 1% 200ポイント以上1ポイント単位
楽天 楽天Edy 0.6% 200ポイント以上1ポイント単位
全国のカエトクカード利用加盟店 カエトクカード 0.8% 200ポイント以上1ポイント単位
スターバックス店舗 スターバックスカードチャージ 1% 200ポイント以上1ポイント単位
ニッセン ニッセンお買い物券 1.2% 200ポイント以上1ポイント単位
JALグループ JALマイレージバンク(JMB) 0.6% 500ポイント以上1ポイント単位
ANA ANAマイレージクラブ【マイル】 0.6% 500ポイント以上1ポイント単位
ANA SKY WEB ANAマイレージクラブ【ANA SKY コイン】 0.6% 500ポイント以上1ポイント単位
デルタ航空便やスカイチーム加盟航空会社 デルタ航空 スカイマイル 0.6% 500ポイント以上1ポイント単位

nanacoに関しては、1ポイントを5ポイントで交換することができる。

同じく利便性が高いTポイントに関しては1ポイントを4ポイントで交換になってしまうので、還元率が下がってしまう。

しかし、「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」を利用すれば、等価でポイントを交換できるのだ。

コースは3つあり、

  • らくらく自動移行コース→1ポイントを5Tポイントと交換
  • 好きなときコース→1ポイントを4.5Tポイントと交換
  • スピード移行コース→1ポイントを4Tポイントと交換

それぞれのコースによって、ポイント交換の還元率も変わってくる。

それぞれの特徴をまとめたので、参考にしてほしい。

  らくらく自動移行コース 好きなときコース スピード移行コース
特徴 毎月自動的にすべてのOki DokiポイントがTポイントに移行 任意のタイミングでOki DokiポイントをTポイントに移行 任意のタイミングでOki DokiポイントをTポイントに移行
対象 Oki Dokiポイントプログラム対象の方 Oki Dokiポイントプログラム対象の方全員 Oki Dokiポイントプログラム対象の方全員
交換単位 1ポイント以上1ポイント単位 200ポイント以上100ポイント単位 500ポイント以上100ポイント単位
交換レート 1ポイント→5 Tポイント 1ポイント→4.5 Tポイント 1ポイント→4 Tポイント
移行手続き 不要 必要 必要
他のOki Dokiポイントプログラム商品への申し込み

不可

可能 可能

初回手数料無料のショッピングリボ払い

JCB EITは、冒頭でも話したが、リボ払い専用のクレジットカードになる。

リボ払いは、毎月の支払い額を同じに設定できるので、使っている人も多い。

しかし、リボ払いに設定すると、手数料が取られてしまい、支払い額が多くなってしまう。

私は、あまりリボ払いをおすすめはしていないが、リボ払いにすることでのメリットもあるのも事実だ。

JCB EITでは、このリボ払いの初回の手数料が無料になる特典が付いている。

JCB カードでは、リボ払い手数料が実質年率で約8%~18%かかる。

この手数料が初回だが無料になるのだ。

ネットショッピングでも安心に利用できる「JCBでe安心」制度

ネットショッピングを活用していて、知らない請求があったなんて経験はないだろうか?

JCB EITでは「JCBでe安心」という制度ついている。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

この3つ業種に限定はされるが、60日以内にJCB所定の書類を提出して、不正使用が認められれば、請求が取り消される

もし、買ってもいない商品の請求があった場合は、すぐにカードの裏に書いてある、サポートセンターに連絡をしよう。

そうすれば、すぐに対応してくれるだろう。

QUICPayが搭載されている

JCB EITには、後払い式のポストベイ型の電子マネーである「QUICPay」が搭載されている。

同じ電子マネーである、nanacoや楽天Edyは事前にチャージが必要となる、プリペイド式の電子マネーだ。

ポストベイ型であれば、事前にチャージをする必要はないので、その分の手間が楽になる。

QUICPayは使える店舗も多くなってきて、コンビニなどではほぼ使うことができる。

JCB加盟店であれば、JCB EITをそのまま使ってもいいが、電子マネーのほうが支払いがスピーディーなので、少額の金額の場合などは、電子マネーを使うといいだろう。

主なQUICPayが使える加盟店はこちらだ。

ジャンル  ショップ
 コンビニ セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ポプラ、ローソンマート、セイコーマートなど
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油、エクスプレスなど
ショッピング イトーヨーカドー、近鉄百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、イオングループ、コナカなど
家電 エディオン、ヨドバシカメラなど
ドラッグストア ツルハドラッグ、金光薬品、くすりのレディ、ウォンツ、ココカラファインなど
食事 すき家、ロイヤルホスト、サガミグループ、響など
レジャー 東京タワー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、富士急ハイランドなど

※上記以外にもあります。

JCB EITで電子マネーにチャージできるのは、QUICPayだけになる。

nanacoや楽天Edyにはチャージはできない。

もし、nanacoや楽天Edyにチャージしたいのであれば、別にクレジットカードを使うことをおすすめする。

nanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討。

どうしても、面倒くさいのであれば、nanacoにはQUICPayが搭載されているので、nanacoカードでQUICPayを使ってもいいだろう。

QUICPayは、後払いのポストベイ型の電子マネーだ。

後日、支払いはQUICPayに登録してある、クレジットカードから引き落としされることになる。

nanacoカードでQUICPayで支払えば、200円で1ポイントが付く。還元率は0.5%だ。

JCB EITから、支払いをするようにしておけば、JCB EITの1%とQUICPayの0.5%で合計1.5%分のポイントを手に入れることができる。

かなりお得にポイントを貯めることができるのだ。

QUICPayとJCB EITを組み合わせて使えば、かなり利便性は上がるだろう。

6つのデザインから好きなデザインを選ぶことができる

JCB EITカードデザイン

クレジットカードの場合、デザインが少なくて、選べないということもあるだろう。

しかし、JCB EITの場合は、6つのデザインから好きなデザインを選ぶことができるのだ。

勿論無料でだ。

女性なら、チェックやステッチなどがおすすめだ。

ただし、どれも選ぶことができるが、「チェック」と「ドット」と「ロゴ」のデザインには、電子マネーのQUICPay機能が使うことができない。

「ストライプ」「ブラック」「ステッチ」であれば、QUICPayが搭載している。

もし、電子マネーも一緒に使いたい場合は、「ストライプ」「ブラック」「ステッチ」から選ぶといいだろう。

電子マネーはとりあえず使わないのであれば、6つのデザインから選ぶことができるので、どれを選んでも構わない。

また、1度決めてしまってあとからは、変更はできないので、そこも注意して決めてほしい。

個人情報をしっかりとガードする「MyJチェック」

昔は、クレジットカードの明細書が郵送で送られてきたが、今はほとんどがWEB上で確認できるようになった。

JCBにも、「MyJチェック」というサービスがある。

これは、利用明細書の送付を停止して、毎月振替の内容が決まった段階で、メールが届くようになっている。

明細書の場合だと、届くまでにロスがあるので、内容を知るまでに時間がかかってしまう。

それが、web上で確認できるので、かなり時間が短縮されるのだ。

更に、自分で明細書を処分する必要もないので、個人情報をしっかりと守ることができるのだ。

myjチェック

「MyJチェック」の登録や解除は簡単に、MyJCBの画面で操作することができる。

どうしても、明細書がほしい場合は。「MyJチェック」を解除すれば、自動的に明細書が届くようになる。

お得なキャンペーン

JCB EITでは、お得なキャンペーンを期間限定で行っている。

いつくつかおすすめのお得なキャンペーンを紹介しょう。

いつものお買い物で最大10万円!キャッシュバックキャンペーン

JCBカードいつでも10万円キャッシュバック

期間中に、JCBカードを対象の店舗やサービスで利用して、決済すると合計金額1万円を1口として、抽選でキャッシュバックされるキャンペーンを行っている。

更に、ハズレた場合でも電子マネーのQUICPayの利用500円分で再挑戦することができる。

当たれば、抽選で300名に1,000円がキャッシュバックされる。

期間は、2016年3月16日(水)~2016年9月15日(木)となっている。

対象の店舗は、全国のコンビニエンスストアや、百貨店、スーパーマーケット、ショッピングセンターなどだ。

ギフト券などは一部取り扱いができない場合もあるが、食品などであれば問題はない。

地域 店舗
全国 アピタ・ピアゴ、イオン、イズミヤ、伊勢丹、イトーヨーカドー、近鉄百貨店、グルメシティ、西武百貨店、西友、そごう、ダイエー、大丸、高島屋、東急百貨店、阪急百貨店、マックスバリュ、松坂屋、三越
北海道 いちまる、コープさっぽろ、スーパーアークス、スーパー魚長、ダイイチ、東光ストア、ビッグハウス、フレッティ、北雄ラッキー、ホクレンショップ、丸井今井、ラフィラ、ラルズストア、ラルズマート
東日本 いちい、伊徳、いなげや、ウオロク、エコス、オギノ、オーケー、Odakyu OX、カスミ、クィーンズ伊勢丹、サミットストア、ザ・モール、ジャパンミート、スーパーバリュー、スポット、成城石井、相鉄ローゼン、たいらや、タカヤナギ、つるかめランド、東急ストア、東武ストア、ナルス、原信、ピーコックストア、ビブレ、ベイシア、ベルプラス、マスダ、マルエツ、明治屋、ヤオコー、ヨークベニマル、ヨークマート、吉池、与野フードセンター、ライフ、ワイズマート
中部 アップルランド、ザ・モール、静鉄ストア、成城石井、津松菱、ツルヤ、パレマルシェ、バロー、ビブレ、マツヤ、丸榮、マルヤス、名鉄百貨店
西日本 アル・プラザ、イズミ(ゆめタウン・ゆめマート)、京阪ザストア、京阪百貨店、近商ストア、サニーマート、サボイ、ザ・モール、山陽百貨店、下関大丸、成城石井梅田店、デイリーカナート、天満屋、ハーベス、阪急オアシス、阪神百貨店、パントリー、ピーコックストア、ビブレ、福屋、フジ、藤井大丸、フレスタ、フレンドマート、平和堂、マダムジョイ、丸久、ライフ、ラッキー
九州 井筒屋(小倉店・黒崎店)、岩田屋、ザ・モール、玉屋(佐世保・伊万里)、トキハ(大分本店・別府店・わさだタウン)、トキハインダストリー、ビブレ、マキイ、マミーズ、山形屋(鹿児島・国分・川内・宮崎・日南)、りうぼう

※2015年9月時点

携帯電話・公共料金のお支払いでキャッシュバックキャンペーン

携帯料金公共料金キャッシュバック

期間中に、JCB EITカードでスマホなどの携帯料金や公共料金を支払うと、利用金額の5,000円を1口として、抽選を行うことができます。

1~3等まであり、

  • 1等→10万円キャッシュバック(10名)
  • 2等→1万円キャッシュバック(50名)
  • 3等→1,000円キャッシュバック(940名)

となっている。

キャンペーンに参加の上、5,000円以上利用しているのであれば、誰でも応募することができる。

仮に2万円使っていても、1等が当たれば8万円分がプラスになるのだ。

中々1等は難しいかもしれないが、3等なら940名分なので、当たる確率も高いだろう。

期間は2016年3月15日(火)~2016年9月15日(木)となっている。

また、対応となる料金は下記の携帯料金や公共料金だ。

  • 携帯電話・PHS
  • プロバイダー
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 新聞
  • 放送
  • 固定電話

それ以外にも、新規入会限定キャンペーンで、最大3,200円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンも行っている。

あくまでも新規入会限定なので、すでに、JCB EITを持っている人は、対象外だが、これから作る人にとっては、お得なキャンペーンになっている。

完全に年会費は無料なので、上記で紹介した、海外損害保険の自動付帯のためだけに持っておいても、かなりお得なはずだ。

Okidokiランドでポイントがお得に貯まる

Oki Doki ランド

Oki Doki ランド は、JCBが運営するJCB会員の専用のポイントサイトだ。

Oki Doki ランドを経由して、商品を買うと最大で20倍のポイントを貯めることが可能になる。

Oki Doki ランドには、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの大手ネット通販を筆頭に、400店以上が参加している。

通常のJCBカードは、ポイント還元率が0.5%になる。

JCB EITは、どこで使っても常にポイントが2倍なので、還元率が1%だ。

ということは、Oki Dokiランドで、JCB EITカードを使って決済すれば、通常が2倍のポイント還元でも、1倍分プラスされるのだ。

Oki Dokiポイント仕組み

更に、楽天市場やYahoo!ショッピングでは、独自で展開しているポイントも付くので、ポイントも二重取りできる。

ETCが無料で使える

JCB EITでは、ETCカードも無料で作ることが可能だ。

高速道路をよく使う人にとっては、ETCカードは必須になる。

料金所でわざわざ現金を払う手間を考えたら、絶対にETCカードで支払いをした方が簡単だ。

ETCお得キャンペーン

それに、ETC限定で様々なキャンペーンを行っている。

ETCカードにして、支払いをすればJCB EITにもポイントが付く。

年会費無料のクレジットカードの中に、ETCは有料のカードもある。

メインカードで使っているETCカードが無料なので、あれば問題はないが、もし有料の場合は、JCB EITで作るのも一つの手だろう。

ちなみに、イオンカードセレクトに無料でつけることができるETCカードには、ETCゲート車両損傷でお見舞金制度も付帯しているのおすすめだ。

イオンカードセレクトまとめ!得なポイントの貯め方を徹底紹介

JCB EITのデメリット

JCB EITのデメリットといえば、やはりリボ払い専用になっていることだろう。

リボ払いなどをあまり使わない人、知らない人にとっては、そこまでおすすめしないカードだ。

しかし、リボ払いのことをしっかりと、理解出来ているのであればこれ以上のカードはない。

それに、リボ払い専用でも手数料がかからない方法も実はあるのだ。

それは、リボ払いとして使う場合も、クレジットカードの利用上限をリボ払いに設定すればいいのだ。

一括払いにすれば、手数料がかからないので、実質普通に1回払いのクレジットカードにするのと同じになる。

設定自体もそこまで難しくはない。

それに、リボ払い専用でも、使わないのであればお金がかかることは一切ない。

海外損害保険が自動付帯になっているメリットはかなり大きい。

金額を一括で支払う設定方法(手数料無料)

リボ払いを一括で支払う設定にすれば、手数料がかかることはない。

リボ払い専用のクレジットカードでも、普通のクレジットカードと同じに使うことができる。

そのやり方を紹介しておく。

ただし、あくまでも手数料がかからないが、JCB EITはリボ払い専用だということは頭に入れておいてほしい。

JCB支払い方法

まずは、MyJCBへ行き、左側にある「支払い方法の変更・照会」を開く。

毎月の支払い額変更

そうすると下の方に、「毎月のお支払い金額変更」というところがあるので、そちらをクリックする。

利用金額の上限設定

さらに進むと、現在の契約内容と、変更後の契約内容が確認できる画面がある。

そこの、変更後の契約内容の部分、毎月のお支払い金額のところを「利用金額の上限」に設定する。

これだけで、支払いが一括になるので、利用金額まで使っても手数料は全く取られないのだ。

設定するだけなら、2分もかからずにできるだろう。

JCB EITをメインカードとして、使いたいけど、リボ払いで手数料がとられるのがイヤなのであれば、この設定方法をおすすめする。

そうすれば、通常どこでも還元率が1%で、海外損害保険の自動付帯で付いてくる、かなりお得なカードとして使えるだろう。

評判口コミ

やはり、メインカードではなく、サブカードとして使う人が多いみたいだ。

本体のカードは勿論、ETCカード、海外損害保険、ショッピングガード保険なども無償で付いてくるので、それを目当てで作っている人もいる。

リボ払い専用でも、上記の設定をすれば通常と同じく、手数料がかからずに使うことができる。

しかも、審査のスピードもかなり

メインカードとして使う分には、ポイント還元率でいえば、リクルートカードなどの方が高いし、Yahoo! JAPANカード楽天カードの特典なども考えるとちょっと、メインには弱い。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較

しかし、サブカードとして持つのであれば、かなりおすすめの1枚になっているのは確かだ。

JCB EITの審査

JCB EITの審査は、通常のJCBカードなどよりも、審査がそこまで厳しくないと私は思っている。

上記の特典などをみても、どちらかというと若者をターゲットにしているサービスが多い。

6つのデザインを選ぶことができるのも、若者の層を取り入れたいからだろう。

若者をターゲットとしているのに、審査を厳しくしてしまっては、誰も作らなくなってしまう。

そうなると、比較的JCB EITカードの審査は緩くはなっていると思う。(あくまでも個人的意見)

また、審査のスピードもかなり早いので、最短でその日に審査結果がきたいう人も少なくない。

オンラインと入会申込書の2種類の方法があるが、

  • オンライン申込→JCBに入会申込書到着後1週間前後
  • 入会申込書→JCBに入会申込書到着後1ヵ月前後

このようになっているので、すぐに作りたい人は、オンラインでの申込をおすすめする。

ただ、審査はだれでも受かるわけではないので、以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、当然厳しくはなる。

それに、原則18歳以上で、高校生は作ることができない

あくまでも、他のカードよりは作りやすいくらいに思っておけばいいだろう。

限度額や締め日

JCB EITの利用限度額は、実は初期の段階では10万円程度しかない場合がある。

恐らく、上記の特典や若者をターゲットにしているので、初期の利用限度額が低めに設定されているのだろう。

クレジットカードは、しっかりと使って遅延・滞納・延滞などがなければ、徐々に限度額は上がっていく。

当然、給料が高い人も、利用限度額が高くなる。

いくらまで限度額があがるのかは、公式ページなどでも公表していないことなので、わからない。

もし、気になるのであれば直接聞いた方がいいだろう。

また、JCB EITの締め日は、毎月15日で、支払いが10日となっている。

原則変更をすることができないので注意してほしい。

まとめ

JCB EITは、リボ払い専用ではあるが、支払い方法を設定すれば、手数料を無料にして使うことができる。

それに、年会費や発行手数料・維持費・その他費用に関しても、完全無料で持つことができるカードだ。

海外損害保険が自動付帯でついていて、更にショッピングガード保険が付いているのは、本当に大きなメリットだろう。

審査もそこまで厳しくはないので、仮にJCB EITを使わないとしても、持っているだけでも十分に価値があるカードだ。

メインカードとして使うには、少し還元率で考えると弱いが、サブカードで考えればかなりおすすめのカードになる。

今なら新規入会限定で、最大3,200円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンも行っている。

是非サブカード選びの参考にしてほしい。

▼▼こちらからキャンペーンが適用になります