singapore-243669_640

JCBの法人向けカードといえば、「JCB一般法人カード」「JCBゴールド法人カード」「JCBプラチナ法人カード」があります。

それぞれ、保有することでビジネスに特化した付帯サービスや充実の保険付帯で充実感を得られるカードです。

また、ゴールドとプラチナクラスになると、ビジネスに関わる付帯サービスもグレードアップし、さらにプライベートでも使えるような優雅な優待サービスなども増えます。

仕事もプライベートも充実させることのできる「JCBゴールド法人カード」と「JCBプラチナ法人カード」は、年会費は一般法人カードに比べるとかなりアップしますが、その分保有価値も上がります。

ここでは、そんなJCBの法人向けクレジットカードの中でも、一般法人カードより付帯サービスが格段に上がり、プラチナ法人カードより年会費が安いJCBゴールド法人カードの特徴やメリット、デメリットを説明していきいます。

ちなみに今なら期間限定で最大で7,000円分のポイントがキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

気になる方はまず公式ページを見てみてください。

▼キャンペーン詳細は下リンク先をクリック

JCBゴールド法人カードのお得なキャンペーン詳細

目次

特徴と年会費・国際ブランド

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードは、JCBが発行する法人向けクレジットカードです。

法人カードとありますが、JCB一般法人カード同様個人事業主の人でも申請することができます

なので、事業としてクレジットカードを利用するのであれば個人事業主でも、このようなビジネスカードを作っておいたほうが何かと便利です。

国際ブランドは、もちろんJCBです。

JCBは、海外では少々利用できる幅が狭くなってしまうと言われていますが、日本国内ではシェアNO.1なので国内で使う場合はかなり使い勝手が良いでしょう。

海外であっても、日本人に人気の海外観光地であれば問題なく使うことができます。

もし、海外に行く際に心配なのであればそのほかにサブカードとして、別の法人カードも作っておくと安心できるのでオススメです。

オススメの法人カードしては、EX Gold for Biz iD×QUICPayなら国際ブランドがVISAで年会費が2,000円程度で持つことができて、限度額も300万円あるのでメインカード、サブカードどちらにも使えるカードで人気があります。

EX Gold for Bizオリコカード「EX Gold for Biz 」は法人・個人事業主どちらも持てるビジネスカード
独立する人やフリーランスで仕事をする人が年々増えていますが、そんな起業の際にクレジットカードをどうするべきか迷う時はありませんか?小規模経営だから法人向けク...

もちろんJCBゴールド法人カードと同じように、法人でも個人事業主でも発行することができます。

2枚持ちを考えている方は参考にまでに。

年会費は10,000円、追加カードは3,000円

JCBゴールド法人カードの年会費は10,000円(税抜)です。

年会費1,250円のJCB一般法人カードに比べると、かなり高くなりますが、その分付帯サービスが充実しているのでそれを考慮すれば高額ということでもありません。

オンライン入会すれば、年会費初年度無料になります。

追加カードの年会費は本人カードの約3割の3,000円(税抜)で発行することができます。

追加カードは半額や同等の年会費がとられる場合もあるので、それらの法人カードに比べればかなり追加カードの年会費は抑えられています。

また本カードと同時に入会すれば、年会費初年度無料になります。

便利なETCスルーカードNは年会費無料

JCBゴールド法人カードのETCカードは、「ETCスルーカードN」です。

発行手数料、年会費ともに無料で、複数枚の発行が可能です。

複数枚のETCスルーカードN利用分も、本カードにまとめて請求されますので年会費無料で車の管理を一括ですることができとても便利です。

WEBサービスのE-co明細サービスでは、走行日や利用区間、利用料金なども、複数台の社用車の分をまとめてチェックすることができます。

頻繁に車で有料道路などをよく利用する予定があるなら、一緒に作ってしまった方がいいでしょう。

キャッシュバック型の「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」を選ぶ事もできる

 JCBビジネスプラスゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードは、還元率0.5%でポイントを貯めていくことができますが、ポイントは貯まらないがキャッシュバックを受けることができる「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」もあります。

もちろん年会費や付帯サービスなどは、JCB一般法人カードと変わりません。

ポイントが貯まらない変わりに、利用額に応じてキャッシュバックされるという還元になります。

還元率は、1ヵ月間の利用額に応じてキャッシュバック率が決まり、そのキャッシュバック率と月の利用額でキャッシュバック額が決まります。

ただし、キャッシュバックの対象となるのは、

  • 国内の交通費
  • 国内の出張費

のみとなります。

出張先の宿泊料やタクシー料金、仕事中の電車利用、バス利用などの交通費などが対象ということです。

キャッシュバク率は、

月間利用額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円以上20万円未満 0.5%
20万円以上40万円未満 1.0%
40万円以上60万円未満 1.5%
60万円以上80万円未満 2.0%
80万円以上100万円未満 2.5%
100万円以上 3.0%

となっています。

交通費や出張費が毎月5万円に満たないという人は、キャッシュバック型よりポイント型を選んだを方が良いでしょう。

また、キャッシュバックの上限は15,000円となっているので、多く使えば良いというわけでもありません

月間利用額が20万円程度なら、それなりにキャッシュバックでお得になりますし、月間利用額が70万円程度であれば最大のキャッシュバック率2.0%を得ることができます。

どちらにするか迷っている人は、とりあえずどちらも1年間は年会費が無料で使えるので、それぞれ使ってみるのも1つの手段です。

▼キャンペーン詳細は下リンク先をクリック

JCBゴールド法人カードのお得なキャンペーン詳細

限度額は250万円まで

限度額は、利用者の収入や利用頻度によって変わってきますが、JCBゴールド法人カードは利用枠が50~250万円となっているので限度額は250万円までになっています。

ゴールドカードなら300万円くらいの限度額が普通なので、限度額に関しては少し低めの設定になっています。

なので、もし経費で250万円以上の利用をする場合は、サブカードで他のカードをもち2枚持ちにするか、限度額が高い法人カードに切り替えたほうがいいでしょう。

ビジネスで使う場合は、案外250万円などはあっという間ですからね。

同じゴールドカードでも年会費が比較的抑えられているゴールドカードもあるので、2枚持ちにする場合はそれらの法人カードを選ぶことをおすすめします。

オリコビジネスカードGoldなら年会費が2,000円程度持つことができ、限度額が1,000万円という法人カードです。

月に1,000万円あればほぼ経費なども収まるはずなので、限度額が気になる方はオリコビジネスカードGoldを検討してもいいでしょう。

オリコビジネスカードGoldは豊富な特典満載な法人カードゴールド
仕事上で掛かる経費は、個々の仕事や状況によって様々あります。あらかじめ予算が立っている場合もありますが、急な場合や、予算がつかない場合も多いものです。まず立...

また、少しステータスも備えたビジネスカードを検討しているなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードが人気があります。

限度額は最大で500万円までありますし、年会費も月に200万円以上使えば10,000円というプラチナカードのなかでは破格の安さになっています。

付帯しているサービスもプラチナの特典なので、他にはないサービスがたくさん付帯しています。

審査もそこまで厳しくはないので、プラチナカードの所持も検討していたという人は、セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードも候補の1つにしておいていいと思いますよ。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力まとめ
ビジネスカードを持つからには、ビジネスの面でも、プライベート面でも優遇される便利でステータスの高いクレジットカードであってほしいものです。かといって年会費が2...

まー、限度額が250万で収まる人は全然JCBゴールド法人カードで問題ありませんけどね。

通常のポイント還元率は0.5%

JCBゴールド法人カードのポイントプログラムは、一般法人カードと同じ「Oki Dokiポイント」で、1,000円利用毎に1ポイント貯まります。

1ポイント5円相当なので、還元率は0.5%となります。

還元率0.5%って凄く低いじゃん。って思う方もいるかもしれませんが、そもそも法人カードは、個人カードにようにポイント還元率が高いカードは少ないです。

個人だとこちらで紹介しているカードはすべて1%以上の還元率があるクレカですが、

ポイントが高還元率な年会費無料のクレジットカードを徹底比較
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

法人カードで通常で1%を超えるのは

  • 楽天ビジネスカード
  • EX Gold for Biz iD×QUICPay(条件月に200万円以上)

この2つしかありません。

なので、個人カードと比較すると還元率が0.5%というのは低いと感じてしまうかもしれませんが、法人カードの場合はこれが普通なので、そこまで気にする必要はないかと思います。

それに0.5%の還元率は低いですが、カード利用額に応じて還元率が上がったり、Oki Dokiポイントの加盟店での利用ならポイントが数倍になるなどのポイントアップサービスもあるので、そこまで貯めづらいということもありません。

海外での利用時はポイント2倍

法人カードなので、海外出張などに持参して利用する機会も多くなるでしょう。

そんな時のために、紙の明細書を止めて、WEBで明細チェックすることのできるサービス「MyJチェック」に登録しておけば、海外での利用時はポイントが2倍で貯まります。

還元率1.0%になりますし、WEBで明細をチェックできるのは何かと便利なので、MyJチェックへの登録は必ずしておきましょう。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーでポイント2~3倍

JCB ORIGINAL SERIESパートナーとは、Oki Dokiポイントが貯まる加盟店となりますが、この加盟店でのカード利用時は店舗や施設によって異なりますがポイントが2~3倍にアップします。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの一部とポイントの倍率をご紹介

  • 昭和シェル石油:ポイント2倍
  • オリックスレンタカー:ポイント6倍
  • Right-on:ポイント3倍
  • 福田屋百貨店:ポイント3倍
  • バリューゴルフショップ:ポイント5倍
  • Mammy’s:ポイント3倍

などがあります。

他にも、ネットショップやネット予約などで様々なショップ、施設などのポイントがアップします。

JCB STAR MEMBERSで還元率アップ

JCBカードでは、JCB STAR MEMBERSという制度があり、年間利用額に応じて翌年のポイント還元率がアップします。

年間利用額に応じたランクステージとポイントの付与率をまとめた表がこちらです。

年間利用額 ランクステージ 翌年の獲得ポイント付与率
30万円以上 スターePLUS 10%アップ(還元率0.55%)
50万円以上 スターβPLUS 20%アップ(還元率0.6%)
100万円以上 スターαPLUS 50%アップ(還元率0.75%)
300万円以上 ロイヤルαPLUS* 60%アップ(還元率0.80%)

通常還元率は0.5%と低いですが、利用額によっては還元率0.8%まで上げることができます。

年間300万円となるとかなりハードルが高くなりますが、出張費や移動のためのタクシー代、他交通費、消耗品の購入などで積極的にJCBゴールド法人カードを使っていけばわりとすぐだったりもします。

年間300万円は、月額にして250,000円ですので会社の様々な経費となればそう届かない額ではないはずですよ。

Oki Dokiランド経由でポイントアップ

Oki Dokiランド

ネット通販を利用する際は、ポイントアップサイトの「Oki Dokiランド」を経由すれば、ショップによって異なりますがポイントがアップします。

少しでも多くポイントを貯めることができるので、おすすめです。

Oki Dokiランド経由でいけるショップとポイントの倍率の一部をご紹介

ショップ ポイント
Amazon ポイント2倍
楽天市場 ポイント2倍
Yahoo!ショッピング ポイント2倍
LOHACO ポイント2倍
DHCオンラインショップ ポイント4倍
SEIYUドットコム ポイント2倍
ニッセン ポイント4倍
楽天ネットスーパー ポイント2倍
ヤマダ電機 WEB.COM ポイント2倍
楽天ブックス ポイント2倍
ビックカメラ.com ポイント3倍
JCBトラベル ポイント2倍
近畿日本ツーリスト ポイント2倍

などがあります。

他にも、ファッション、本、CD、クーポンなどのジャンルから多数のショップがあります。

経費で落とすことができる範囲は決まっているので、個人のクレカみたいにはガンガン利用することはできませんが、上手に活用できればポイントは貯まっていくので、1度チェックだけはしておくといいでしょう。

Oki Dokiランド経由がめんどくさいならここからランド

ポイントモールは、利用すればポイントがアップするので、お得なサービスなのですが、わざわざ経由しないといけないという手間も発生します。

これって地味にめんどくさい作業ですよね。

私なんかたまにめんどくさくなって直接Amazonとかで買い物をすることがありますからね。

そんなめんどくさいポイントモールへの経由を「ここからランド」というツールバーを使えば解決できます。

パソコンのブラウザにインストールするだけで、お気に入りのショップへと直接移動することができます。

毎回ログインをしなくて済むので、すぐにショッピングを始めることができます。

インストールの仕方などはこちらをに詳しくかいてあります。

いつも同じショップを利用しているのであれば、ここからランドはかなり使えるツールなので、手間を省きたい人はこちらを利用してみてください。

利用できるブラウザは、Windows限定で

  • Internet Explorer 11
  • Fire Fox 46.0

この2つのブラウザとなっています。

個人的にはChromeを利用しているのでChromeで使えるようになってほしい。

ポイントの使い道には困らない

JCBゴールド法人カードで貯まったポイントは、交換先が豊富なので使い道に困ることはありません。

  • キャッシュバク
  • 他ポイント
  • 各種ギフト券
  • 景品

など、各ジャンルから豊富にありますので貯まったポイントを持て余してしまうこともないでしょう。

有効期限も2年と、そこそこ長いのでじっくり貯めてガッツリ使うのもおすすめです。

ポイント交換先の一部をご紹介

交換先 ポイント等 交換ポイント
キャッシュバック 1,500円分 500ポイント
nanaco ポイント 1,000ポイント分 200ポイント
楽天スーパーポイント 800ポイント分 200ポイント
dポイント 800ポイント分 200ポイント
ビックポイント 1,000ポイント分 200ポイント
JCBギフトカード 5,000円分 1,050ポイント
JCBギフトカード 10,000円分 2,050ポイント
nanacoカード 2,000円分 500ポイント
Suicaポイント 2,250ポイント分 500ポイント
スターバックス カード 2,000円分 650ポイント

などがあります。

キャッシュバックにしてしまうと還元率が0.3%になってしまうので、あまりオススメはしません。

nanacoポイントやビックポイントなら還元率のレートが0.5%になるので、これらのポイントを利用しているのならこちらへ交換した方がお得です。

上手に交換先を選んで損をしないようにしてくださいね。

▼キャンペーン詳細は下リンク先をクリック

JCBゴールド法人カードのお得なキャンペーン詳細

4つのお得な優待サービスと特典・メリット

JCBゴールド法人カードは、ビジネスでもプライベートでも使える充実した優待サービスや特典が豊富です。

JCBゴールド法人カードのメリットとしては、

  • 国内、海外の旅行や出張に特化した優待サービスが充実している
  • JR東海プラスEXサービスが利用できる
  • 健康に関わるサービスも充実している
  • 付帯保険が手厚い
  • JCBゴールド優待サービスが利用できる

これら5つです。

国内、海外の旅行や出張に特化した優待サービスが充実している

ビジネスカードとして使えるJCBゴールド法人カードでは、国内、海外問わず旅行や出張に便利でお得なサービスが充実しいています。

空港ラウンジサービス

出張などで飛行機に乗る前は、空港の騒がしさから一旦離れてリラックスしたいものですよね。

そんな時、便利なのが空港ラウンジです。

JCBゴールド法人カード会員なら、国内主要空港とハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港の空港ラウンジが無料で利用することができます。

手荷物無料宅配券(片道)サービス

海外パッケージツアーをJCBトラベルデスク経由で申し込み、尚且つ「JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス」の対象ツアー5万円以上であるという条件付きにはなりますが、手荷物無料宅配券(片道)サービスを受けることができます。

空港から自宅までの手荷物を無料で配送してもらえるので、重い荷物を持つことなく身軽で空港からでることができるので、かなり楽になります。

このサービスを利用している人も多いのでめちゃくちゃ混んでいる場合もあります。

それだけ人気のサービスだってことですけどね。

そのサービスを無料で利用できるのは、本当にお得です。

JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス

国内、海外パッケージツアーをJCBトラベルデスクから申し込み、JCBゴールド法人カードで支払いをすればポイントが3~7倍になります。

出張などの申し込みでポイントがアップできるのはお得です。

主な対象パッケージと旅行会社は、

  • ルックJTB:JTB
  • ホリデイ:近畿日本ツーリスト
  • JALパック:JALツアーズ
  • ANAスカイホリデー:ANAセールス
  • 赤い風船:日本旅行

などがあります。

海外ホテルオンライン予約

JCBトラベル提携のオンライン予約サービスで、JHCの海外ホテルを予約し、さらにJCBゴールド法人カードで支払いをした場合にポイントが12倍になります。

ポイント12倍はかなり大きいので、ホテル予約をする際はぜひ利用したいサービスです。

国内宿泊オンライン予約

JCBトラベルと提携しているオンラインサービス「国内宿泊オンライン予約(JTB)」を経由して、国内の宿泊施設を予約し、JCBゴールド法人カードで支払った場合ポイントが5倍になります。

ゴルフエントリーサービス

全国に1,200ヶ所以上もあるゴルフ場の予約をおこなってくれます。

また、JCBゴールド会員限定の優待サービスなどもありますので、接待やプライベートでゴルフをする人にとっては最適なサービスです。

JR東海プラスEXサービスが利用できる

東海道新幹線

東海道新幹線をよく利用する人には最適なサービスです。

国内の出張のため利用する人も多いのではないでしょうか?

JR東海プラスEXサービスは、年会費が500円(税抜)かかってしいまいすが、この500円などすぐに元がとれてしまうくらいのメリットがあります。

メリットとしては、

  • 利用代金は全てJCBゴールド法人カードへ請求
  • スマホやパソコンから簡単に予約可能
  • 座席指定も簡単にできる
  • 予約の変更はいつでも簡単に手数料なしで何度でもできる
  • ICカードでスムーズな乗車が可能
  • 365日いつでも会員価格で利用できる

この6つがあります。

また、JR東海プラスEXサービスを利用すれば、東京~新大阪間:通常14,450円のところが

  • 東京~新大阪間:ICサービスプラスきっぷ→13,940円(510円お得)
  • 東京~新大阪間:IC特急(プラス)→12,340円(2,110円もお得)

になるので、とてもお得で経費削減にも最適です。

健康に関わるサービスも充実している

日頃忙しくてなかなか病院に行く事の出来ない人でも、JCBゴールド法人カード会員では健康に関わるサービスが受けられるので何かあった時も安心です。

ドクターダイレクト24(国内)

医師や看護師などが、24時間365日無料で、健康や福祉、育児などに関わる様々なことの相談に応えてくれます。

病気ではないけれど不調が続いている時など、まずは相談してみることができるのも安心です。

健康チェックサービス

痰を指定機関に郵送すると、医師からの健康アドバイスを受けることができます。

また、医療機関の紹介などもおこなってくれるので、時間がなくてなかなか検査などに行けないという忙しい人に最適なサービスです。

人間ドックサービス

JCBが提携する医療機関での人間ドッグを会員優待価格で受けることができます。

ビジネスを頑張るのはいいことですが、それ以前に健康でなくては意味がありません。

もしもの為にも、このようなサービスがJCBゴールド法人カードを持っているだけで受けられるのは、大きなメリットの1つだと思いますよ。

付帯保険が充実している

JCBゴールド法人カードは付帯保険も充実しています。

旅行傷害保険は最高1億円の補償

国内、海外の出張などが多い人も安心の国内、海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険の内容(自動付帯、利用付帯)

傷害の種類 補償金額
死亡・後遺障害補償 1億円(自動付帯5,000万円)
傷害治療費用 300万円
疾病治療補償 300万円
賠償責任 1億円
携行品の損害 20万円
救援者費用等 400万円

国内旅行傷害保険の内容(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 5,000万円
入院補償 5,000円/1日
手術費用補償 20万円
通院補償 2,000円/1日

海外旅行傷害保険に関しては、かなりの手厚い補償内容となっています。

特に利用頻度が多いと言われる傷害治療費用補償が300万円というのは、さすがゴールドですし、死亡、後遺障害補償のみならず賠償責任費用補償も1億円というのも十分すぎます。

この他にも、年間500万円まで補償されるショッピング保険や紛失・盗難時の保険、ネット不正利用の保険も付帯していますので、安心感は二重三重です。

ランクが下のJCB一般法人カードはここまで補償は付かないので、補償だけでも年会費等の元は取れていると思いますよ!

▼キャンペーン詳細は下リンク先をクリック

JCBゴールド法人カードのお得なキャンペーン詳細

JCBゴールドグルメ優待サービスが受けら得る

JCBゴールドグルメ優待サービスは、JCBカードの中でも、

  • JCBザ・クラス
  • プラチナ
  • ゴールド・ザ・プレミアム
  • ゴールド
  • ネクサス

これらの会員しか受けることのできない優待サービスです。

全国の240余りの対象店にて、飲食代金の10%~20%割引優待特典が受けられるサービスです。

また、特選コースやワンドリンクサービスなどもありゴールドらしいグルメ優待となります。

JCBゴールド法人カードのデメリット

JCBゴールド法人カードは、付帯サービスの充実性からして年会費10,000円(税抜)というのは、けっして高額ではありませんし保険付帯も万全です。

そのため、大きなデメリットはありませんが、デメリットとしては

  • 追加カードで3,000円かかる
  • ポイント還元率が低い

この2つです。

追加カードに3,000円の年会費がかかる

追加カードにも年会費がかかるのは、地味に痛い出費ではあります。

ただし、JCBゴールド法人カードは元の年会費が10,000円と比較的高いので、それなりに追加カードも高いのはしょうがいないかと思います。

それに、ETCスルーカ―ドNなどの便利な機能もあるので、管理するのがとても楽になります。

また、法人カードとして使うので、年会費等はすべて経費として計上できますので、そこまでのデメリットではないはずです。

ポイント還元率が低い

JCBゴールド法人カードは、上記でも少し書きましたが、通常のポイント還元率は0.5%なので決して高くはありません。

無料で持つことができるクレジットカードでも1%以上の還元率のクレジットカードはたくさんありますから。

それらのカードと比較しちゃうと、かなり低く感じてしまうかもしれません。

ただし、個人で作るカードは、社員用としてのカードを別途作ることはできません

1人で仕事をしている場合は問題ありませんが、社員が増えてくれば個人用のカードでは厳しくなってきます。

それに、そもそも法人カードのポイント還元率は高くはありません。

法人カードの種類 ポイント還元率
JCB一般法人カード 0.5%
EX Gold for Biz×QUICPay(オリコ) 0.6~1.1%
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 0.5%
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード 0.5%(海外1%)
三井住友ビジネスカード 0.5%
オリコビジネスカードGOLD
楽天ビジネスカード 1%

このように、人気がある法人カードを比較してみても、1番高い還元率はオリコカード EX Gold for Biz×QUICPayになります。

1.1%の還元率になるには、年間で200万円の利用すればいいので、法人カードの中では、破格のポイント還元率です。

もし、ポイント還元率が気になる場合は、キャッシュ型のJCBビジネスプラス法人カードにするか、還元率が高いオリコカード EX Gold for Biz×QUICPayを検討するのもいいでしょう。

▼EX Gold for Biz iD×QUICPayの申込・詳細はこちら

EX Gold for Biz iD×QUICPayの公式ページを見る

また、楽天ビジネスカード(2,000円)も通常のポイント還元率は1%あるので、楽天を利用しているなら候補の1つにしてもいい法人カードです。

ただ、楽天ビジネスかードを発行する場合は、同時に楽天プレミアムカード(10,000円)も発行しないといけないので、合計の年会費が12,000円と少し高くなってしまいます。

それに

  • 楽天プレミアムカードは個人口座
  • 楽天ビジネスカードは法人口座

という使い分けをしないといけないので、2枚持ちが面倒な方にはあまりオススメはできません。

それでもポイント還元率は高いですし、審査もそこまで厳しくないので、すでに楽天グループを活用している方は楽天ビジネスカードにしてもいいかもしれませんね。

ポイントの還元率だけで考えちゃうとJCBゴールド法人カード少し微妙ですが、それ以上にお得な特典が満載なので、個人的にはポイント還元率はあまり考えなくてもいいかと。

それでもポイントが貯まるのは嬉しいんですけどねー。

JCBゴールド法人カードとJCB一般法人カードとの違いと比較

JCBゴールド法人カードの下のランクのビジネスカードとしてJCB一般法人カードがあります。

限度額や補償内容などをあまり気にしないのであれば、最初はJCB一般法人カードを選んでもいいかもしれません。

JCB一般法人カードと比較

JCB一般法人カードは年会費が1,250円(税抜)なので、年会費だけで比較しちゃうとJCBゴールド法人カードはちょっと高いと思うかもしれません、

しかし、JCBゴールド法人カードは、年会費は高いですが、その分JCB一般法人カードよりも限度額や付帯サービス、特典などが充実しています。

まず、利用限度額がJCB一般法人カードは、最大100万円なのに対して、JCBゴールド法人カードは250万円まで限度額を上げることができます。

事業が徐々に大きくなれば月に使う金額も大きくなってくると思うので、100万円を超えるならJCBゴールド法人カードを検討した方がいいでしょう。

また、海外・国内旅行傷害保険等も利用付帯ではなく、自動付帯なので持っているだけで保険が適用になります

その他にも、航空機遅延保険が付帯していたり、空港ラウンジが利用できるサービスなどがあり、特典に関してはJCB一般法人カードよりもかなり充実しています。

年会費だけで考えると、高いですが、特典や付帯サービスを考えれば10,000円の価値は十分にあるクレジットカードです。

いきなり、ゴールドカードは難しいという方は、まずはJCB一般法人カードを利用して、物足りなくなったらゴールドカードに切り替えを考えるのも1つです。

それに、JCBゴールド法人カードも初年度は年会費が無料で利用できるので、一年使ってみて継続を考えるというもおすすめですよ

JCB一般法人カードについてはこちらで更に詳しく書いていますので、参考までに。

JCB法人カードJCB一般法人カードは法人・個人事業主どちらも持てる人気ビジネスカード
事業者や個人事業主として保有するクレジットカードは、一般カードとは別の機能が多く求められます。ポイントが貯まりやすいサービスも欲しいですが、それ以上に経費削...

JCB一般法人カードとJCBビジネスプラス法人カード比較

内容 JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード
年会費 1,250円(税抜) 10,000円(税抜)
還元率 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯) 最高1億円(自動付帯5千万円)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高100万円(海外) 最高500万円(国内・海外)
航空機遅延保険
限度額 100万円 250万円
空港ラウンジ

JCBゴールド法人カードの審査基準

JCBの法人向けカードは、一般、ゴールド、プラチナとあります。

一般法人カードの場合は、それなりの厳しい審査がもちろんありますが他2つの法人カードに比べると比較的審査に通りやすくなっています。

カードランクが上がるたびに審査が厳しくなるのは当然で、ゴールドとなるとやはり一般法人カードよりも厳格な審査になります。

また、JCBの法人カードは申請者のこれまでのJCBカードの利用実績をもとに審査する部分が大きいと言われています。

そのため、これまでJCBのオリジナルカードをトラブルなくキレイに使ってきた人は、JCBゴールド法人カードであっても比較的審査に通りやすくなることもあります。

逆にこれまでJCBのカードを持ったことがないという人が、このJCBゴールド法人カードに申請しても審査に通るのは厳しいかもしれないので、まずは、JCB一般法人カードへの申請の方が無難かもです。

JCB一般法人カードをトラブルなくキレイに使ったのち、ゴールドにランクアップしてみるのも良いでしょう。

一般であっても、ゴールドであっても、

  • 半年以内に発行された登記簿謄本
  • 本人確認書類

この2点が申請の際に必要になります。

まとめ

JCBゴールド法人カードの年会費10,000円(税抜)は、ステータスの高い他ビジネスカードの年会費に比べると低価格といっても良いです。

それでいて、充実した付帯サービスや優待特典が豊富でビジネスにおいて満足のいく使い方のできる1枚です。

ETCカードや追加カードで、会社の経費を一括管理できるのも便利ですし、出張、旅行、食事、交通、健康等、様々な面で優遇されますので、保有メリットは大きいです。

高額な年会費には躊躇するけれど、多くの付帯サービスを受けられる法人カードを持ちたいという人にはオススメの法人のクレジットカードですよ。

▼キャンペーン詳細は下リンク先をクリック

JCBゴールド法人カードのお得なキャンペーン詳細