マイルと貯めて旅行をする。

「マイルを貯める」なんて言葉が浸透しましたが、言葉自体は知っていても、内容やそのシステムに関してはイマイチなんて人もまだまだ多いと思います。

でも、仕事や旅行で飛行機を利用するなら、絶対にマイレージの会員になって、マイルを貯めたほうがお得です。

貯めずに飛行機を利用するなんてちょっともったいない。

でも、実際に活用しようと思っても仕組みや、使い方がわからないという方もいるでしょう。

ここでは、そんなマイルの基礎知識をご紹介していきます。

クレジットカードなどでよく聞くマイルとは

マイルの使い方や説明の前に、マイレージというものをがありまうす。

これは、各航空会社が提供するサービスプログラムのことで、たくさん利用してくれてたくさんポイントを貯めてくれたお客様に、無料航空券との交換搭乗クラスのアップグレードなどを、出来るようにしてくれるサービスです。

簡単に考えると、ドラッグストアなどのポイントカードなどと同じ様なものです。

たくさん買ってくれて、たくさんポイントを貯めた人に、割引サービスがあるような感じです。

ただ、これが航空会社のポイントサービスで、名前がマイレージというだけです。

頑張って、マイルを貯めれば念願のビジネスクラスにアップグレード!なんてことも可能ですし、無料航空券と交換してお得に旅行なんてこともできます。

だいたい15000マイル~20000マイル貯まれば、エコノミーの国際線の航空券などに変えることができます。

もちろん目的地によって、そのマイル数は異なり、例えばハワイなら40000マイル、ロサンゼルスなら50000マイルなどと上がっていきます。

マイルを貯めるほど、遠くにいけると期待しながら飛行機に乗ることができます。

だからマイルを貯める人が多いわけです。

また、このマイル数は各航空会社で異なるので、自分のお気に入りの各社をチェックすると良いです。

マイレージの会員になるには、入会金、年会費も無料なので、少なからずとも飛行機を利用するという人は、せっかくなら会員になってポイントを貯めていった方がお得です。

逆に、飛行機を利用しない人にとっては、あまり関係がないサービスだともいえます。

日本でよく使われるマイルは2種類

マイルといっても、各航空会社によっていろいろな種類のマイルが提供されています。

その中でも日本でよく使われているマイルは

  • JALマイレージバンク(JAL)
  • ANAマイレージクラブ(ANA)

この2つになります。

国内旅行を主にしているので、あればこの2つのどちからで貯めれば問題はありません。

もし、旅行は海外旅行にしかいかないという場合は、海外航空会社が提供している、マイレージを使うのも1つの手です。

  • スカイマイル(デルタ)
  • マイレージプラス(ユナイテッド)

この2つは、日本で人気があり使っている人も多いマイレージです。

それぞれのマイレージで、特徴が全然変わってくるので、自分にあうマイレージを見つけて貯めるようにしてください。

分散してしまうと、思うように貯めれないので。

マイルのお得な貯め方

マイルが欲しくて、マイレージの会員になった。

しかし、ポイントを貯め方がわからない。

実は、このような悩みを持っている人って多いんですよね。

マイルの貯め方としては

  • 飛行機に乗って貯める
  • クレジットカードで貯める
  • ホテルなどで貯める

この3つが主な貯め方になります。

飛行機に乗って貯める

基本的にマイルは、上記にもあるように飛行機を利用して、乗った分だけポイントを貯めることができます

自分が貯めたい航空会社の飛行機にたくさん乗って、乗れば乗るほどポイントが貯まっていきます。

ANAマイルを貯めるなら、全日本空輸、JALマイルなら日本航空といった感じで一筋で頑張っていけばどんどん貯まっていきます。

両方に分散してしまうと、効率が悪くなるので、しっかりと貯めるのであればどちらかに絞るようにしましょう。

また、日本航空や全日本空輸でもマイレージを提携している航空会社に、乗ればマイルを貯めることができます。

日本航空

中国東方航空、キャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空、北海道エアシステム、マレーシア航空、アメリカン航空、バンコクエアウェイズ、ラン航空、エア・ベルリン、イベリア航空、フィンエアー、エールフランス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、S7航空、カンタス航空、エミレーツ航空、ロイヤル・ヨルダン航空、カタール航空、ジェットスター・ジャパ

全日本空輸

アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、エア インディア、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航、エジプト航空、エチオピア航、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ ドイツ航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エア ラインズ、TAPポルトガル航空、ターキッシュ エアラインズ、ユナイテッド航空、タイ国際航空

これらの航空会社で乗ってもマイルは貯まります。

ただし、貯めることはできますが、各航空会社で使うことはできない場合もあるので注意してください。

クレジットカードでお得にためる

仕事で出張が多いわけでもないし、しょっちゅう旅行にいくわけでもないという人だってたくさんいますよね。

それでも、普段の生活の中でマイルを貯める事はできす。

それが各マイレージが提携するクレジットカードを、日々たくさん使って使うことで、マイルを貯めていくことができます。

クレジットカードによって貯まるマイル数はそれぞれですが、いいものなら100円毎に1~2マイルというクレジットカードもあります。

これなら、コンビニでのちょっとした買い物でも、コツコツ貯めて行く事ができますし、ちょっと大きな買い物をする時に、クレジットカードを使えばマイルもどんどん貯まります。

実際に、飛行機になんて普通の人であれば、頻繁に乗ることはありません。

それを考えれば、クレジットカードで貯めている人の方が多いです。

ホテルなどで貯める

日本航空や全日本と提携している、ホテルを使うことでもマイルを貯めることができます。

日本航空であれば、世界に15,000軒以上のホテルと提携しているので、海外に行った際も、提携先のホテルに泊まれば、マイルを貯めることができます。

また、ホテルでお得なマイルに関するキャンペーンなどは頻繁に行われています。

WEBプラススマイル

こちらの宿泊施設では、期間限定で予約すれば、200マイルのところ2倍の400マイルになるキャンペーンです。

アウトトリガー

こちらも泊まれば1,000マイルが獲得できるキャンペーンです。

このように、提携先のホテルを活用することでも、マイルは貯めることができます。

各ホテルでお得なキャンペーンを行っているので、是非チェックしておいてくださいね。

貯まったマイルの使い方

マイルを貯めて一定のマイル数になれば、各社が用意する様々なサービスを受けることができたり、航空券とポイントを交換して無料で飛行機に乗ることができます

また、いつものエコノミーからビジネスに座席をアップグレードする事だってできるから魅力的です。

そのためには、より多くマイルを貯める必要がありますけどね。

マイルの交換先は、上記のような飛行機に関するものだけではありません。

電子マネーに交換することもできます。

電子マネーにも交換ができる

例えば、JALならsuicaやWAONに、ANAなら楽天EdyTポイントにといった風にすることもできます。

ただこれは、マイルの交換先としてはとっても人気が低いと言われています。

それは、レート換算が低くなってしまうからです。

電子マネーなどに交換してしまうと、1マイルだいたい1円です。

航空券や座席のアップグレードなら、1マイル1.5円~2円などになりますので、やはりこちらの方がお得ですよね。

電子マネーなどへの交換は、マイルの有効期限が差し迫った時に苦肉の策として利用する人が多いようです。

こんな時は、各社が用意するアイテムリストから気に入った商品選んで変えることもできるので、電子マネーかグルメや生活用品、どちらにするかより良い選択をすると損はしません。

貯まったマイルに有効期限

せっかく貯めたマイルにも残念ながら有効期限があります。

海外の航空会社では、マイルの期限は無期限ということもありますが、JALとANAのマイル有効期限は36ヶ月

3年間は有効です。

3年間なら長く感じますが、頻繁に飛行機を利用しない人には、ちょっと短いかもしれません。

マイルと貯めるとなると、かなりの金額を使うようになるので、あまり普段からマイルを貯めていない人は、中々貯まりません。

また、これは獲得してからの期限ですので、例えば、2015年3月に獲得したマイルは、2018年3月31日に失効します。

その間、2016年4月に獲得したマイルは、2019年4月30日に失効。

こんな風に、マイルは日々失効してしまうので、たくさん貯まっていると思っていても、いつのまにか失効してしまうマイルもあるわけですから、常にチェックしながら失効が近いマイルからどんどん消費していきましょう。

でも、たまに乗る飛行機で貯めるマイルと、日々のショッピングなどで貯めるマイルを合わせれば、3年間ならなんとか消費できそうではないですか?

貯まるマイル数の計算方法

マイレージに入会して旅行に行く場合、今回の旅行でいくらマイルが貯まるのか、やはり気になりますよね。

そんな時は、あらかじめマイル数を確認しておくと計算もし易いです。

そうすれば、マイル利用の予定なども前もって立てやすくなります。

マイル数は、飛行距離×運賃別積算率で出すことができます。

この運賃別積算率というのは、どういう待遇の運賃なのかで変わってきます。

運賃別積算率

例えばANAで見てみると、ビジネスきっぷ、身体障碍者割引運賃、各種アイキップ、ビジネスリピートなどの場合、運賃別積算率は100%

乗継特割、乗継旅割、一緒にマイル割、スカイメイト割引などは、75%

個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、シニア空割などは、50%

といった感じで、それぞれ積算率が変わってきます。

マイルの貯まり方

では、実際に計算してみます。

ANAを利用して飛行距離5700マイルで運賃別積算率が乗継旅割の75%だった場合は、

5700×75%=4275

この時貯まるマイルは4275マイルということになります。

こんな風にして貯まるマイル数を出していくので、自分が利用する運賃別積算率が重要になってきますし、これは各社で異なりますので確認しておく必要があります。

飛行距離が長ければ長いほどマイルは多く貯まっていく計算になります。

マイレージの会員になれば、旅行の楽しみプラス、マイルが貯まる楽しみも増えます。

マイルを貯めるにはクレジットカードは必須

基本的にマイルを貯めるには、

  • 飛行機に乗ってマイルを貯める
  • クレジットカードを使ってポイントを貯めて、マイレージに移行する

この2つが基本になります。

飛行機に乗ってもマイルは貯まりますが、年中飛行機に乗っている人はほぼいないので、そこまで貯まることはありません。

お金持ちとかは別ですけどね。

そうなると、マイルをお得に貯めるには、クレジットカードでポイントを貯めて、マイレージに移行するのが1番です

マイルがお得に貯まるクレジットカードはたくさんあるので、その中から私生活で愛称がいいクレジットカードを選ぶといいでしょう。

マイルの還元率だけ考えて、普段ではあまり使えなかったでは意味がありませんので。

簡単に、貯めることはできませんが、それでも普段から意識してマイルを貯めていると、いつの間にかかなり貯まっていたということもあります。

そのためにも、マイルをお得に貯めることができるクレジットカードを活用していきましょう

まとめ

普段からよく飛行機を利用している人は、マイレージの会員になってマイルを貯めているなんて当たり前かもしれません。

しかし、そんなに利用しないという人も会員になるだけでもいいと思います。

年に2回、1回の旅行で利用する飛行機でもマイルは貯まっていくので、普段のクレジットカード決済でたまるマイルと合わせれば、無料航空券だってそう遠いものではないです。

マイルなんて関係ないなんて思っていた人でも、無料会員登録をおこなって、身近なものにしてみてはいかがですか?

夢が膨らんで旅が増えるはずですよ?