日頃クレジットカードを利用する人なら、いつかはゴールドカードを持ちたい、または、そろそろゴールドカードを持ちたいと考える人も多いでしょう。

しかし初めてゴールドカードを保有する際に気になるのが、高額な年会費です。

ゴールドカードは、持つことでステータスを得ることができますし、何より一般カードにはない充実した優待サービスや特典が魅力です。

そんなゴールドカードを通常のゴールドに比べて安い年会費で持つことができるクレジットカードがあります。

しかもステータスだけでなく、信頼性も高い三井住友カードのゴールドです。

ここでは、年会費を抑えることができるのに充実した付帯サービスや特典がある「三井住友VISAゴールドカード」の特徴やメリット、デメリットなどを詳しく説明していきます。

ちなみに今なら、最大8,000円相当のポイントを貰えるキャンペーンもあるので、作るなら今がお得です。

気になる方は公式サイトを見てみてください。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

特徴と年会費・国際ブランド

mituisumitomovisagoldcard

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。

国際ブランドは

  • VISA
  • MasterCard

の2種類から選ぶことができますし、両方の国際ブランドで持つこともできます。

ただし、VISA、MasterCardの2種類で持つ際の年会費はプラス2,000円となります。

どちら選んでも、国内、海外ともに加盟店も多く困ることはありません。

好きなブランドや現在手持ちのカードの国際ブランドとのバランスを考えて、どちらか一方で保有したほうが年会費を抑えられるのでそちらの方が良いです。

年会費は10,000円だが簡単に半額以下にできる

三井住友VISAゴールドカードの年会費は初年度は無料で、次年度以降は10,000円(税抜)です。

10,000円となると高いように思いますが、ゴールドなので仕方ないという部分でもあります。

ゴールドカードとして知名度が高く人気もある「JCBゴールド」の年会費も10,000円(税抜)ですし、「シティゴールド」の年会費は12,000円(税抜)です。

そう考えると、信頼性もステータス性も高い三井住友VISAゴールドカードの年会費10,000円(税抜)も妥当な金額です。

しかし、このゴールドカードの年会費に関しては、簡単な条件をクリアするだけで年会費を半額以下にする事ができます。

年会費を半額以下にできる仕組みは、

  • マイ・ペイすリボに登録&年1回の利用:年会費5,000円割引で5,000円(税抜)
  • 年間利用額が300万円以上の翌年:年会費5,000円割引で5,000円(税抜)

これを見ると、年間利用額で年会費を半額にするには、年間300万円以上のカード利用が必要です。

簡単に年会費を半額以下にするには、

  • マイ・ペイすリボ登録(年1回の利用)
  • WEB明細書サービスに登録(年に6回の請求)

この2つを上手に利用すれば、合計で6,000円の割引がされ、ゴールドカードなのに、年会費4,000円で持てることになります。

マイ・ペイすリボ

※マイ・ペイすリボとは、支払い方法をリボ払いに設定するというサービスです。(仕組みはこちらを参考に。)

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボをわかりやすく解説

リボ払いとなると、気になるのがリボ払い手数料です。

しかし、この場合、設定を「全額払い」にしてしまえば、実質一括払いになるので、手数料をとられる心配はなくなります。

年会費がお得になるサービスや条件をまとめるとこのようになります。

利用サービスや条件 割引額(税抜)
WEB明細書+マイ・ペイすリボ 6000円
マイ・ペイすリボ 5,000円
WEB明細書 1,000円
100万円以上300万未満 2,000円
300万円以上 5,000円

年会費をなるべく抑えたいならこれらのサービスを上手に利用してみてください。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

家族カード年会費は1,000円、ETCカードは条件付きで無料

家族カードの年会費は、1枚目は無料ですが2枚目以降は1,000円(税抜)です。

国際ブランドを2種類で保有する際は2,000円(税抜)になります。

ETCカードの年会費は500円(税抜)ですが、初年度は無料です。

ただし、年に1回でもETCカードの利用があれば年会費は無料になります。

ETCを利用する目的であれば、実質年会費は無料と考えてもいいでしょう。

限度額は200万円まで

三井住友VISAゴールドカードの限度額は、利用者の収入や利用頻度によって変わってきますが、最大200万円までとなっています。

ゴールドカードなのに、200万円というのは少し低めの設定になっていますし、総利用枠も50万円~とこちらも低めの設定です。

似た年会費のゴールドカードの

  • Orico Card THE WORLD
  • 楽天プレミアムカード

この2つのゴールドカードは、限度額は300万円なので、月に200万円以上を考えているのであれば、違うゴールドカードを検討した方がいいです。

まー、年間200万円ならなんとなくわかりますが、月間で200万円ですからね。

恐らく普通の方であれば、月に200万円も利用しないと思うのですが、一応200万円以上利用する場合は三井住友VISAゴールドカードでは対応しきれませんのでご注意を。

最短3営業日で発行

通常のクレジットカードを作る際は、審査がありそこから発行するまでにも時間がかかります

特にゴールドカードに関してはかなり遅れる場合もあります。

しかし、三井住友VISAゴールドカードであれば、査がすぐに完了すれば最短3営業日でスピード発行してくれるサービスがあります。

エポスカードやJCB一般カードなどもスピード発行を行っていますが、どちらも一般カードなので、ゴールドカードで3営業日発行というのは本当に珍しいサービスです。

営業日というは月曜日~金曜日のことなので、例えば、月曜日に申込みをして審査に問題がなければ水曜日にはカードが発行されます。

営業日は平日なので、なるべく早くほしい人は金曜日以外の平日に申込みをした方がいいでしょう。

それでも、他のゴールドカードではありえないスピード発行なので、時間が惜しい人にもおすすめのサービスです。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

三井住友VISAゴールドカードのポイント還元率は通常0.5%

三井住友VISAゴールドのポイントプログラムは、「ワールドプレゼント」で、1,000円利用毎に1ポイント貯まります。

1ポイントは5円相当なので還元率は0.5%です。

けして高いとは言えない還元率ですが、ボーナスポイントなどで還元率を上げていくこともできます。

年間利用額に応じてボーナスポイントが貰える

三井住友VISAゴールドカードのポイントプログラムでは、年間利用額に応じてメンバーランクが上がり、メンバーランクに応じたボーナスポイントが貰えるシステムが用意されています。

このポイントプログラムは一般カード用とゴールドカードやプラチナカード用に分かれていて、ゴールドカードなら貰えるポイントが2倍になります。

ステージ 前年度利用額 ボーナスポイント(プライムゴールド以外)
V3 300万円以上 50万円で300ポイント以降10万円ごとに60ポイント
V2 100万円以上300万円未満 50万円で150ポイント以降10万円ごとに30イント
V1 50万円以上100万円未満 50万円で100ポイント以降10万円ごとに20ポイント

年間利用額に応じて、ボーナスポイントで貰えるポイントが変わってきます。

流石にV3は300万円などでハードルがめちゃくちゃ上がりますが、V1なら50万円以上のなので、かなりハードルが下がります。

年間で50万円は月に換算すると41,666円になります。

食費や携帯代、光熱費等をなるべく三井住友VISAゴールドカードで支払えば、41,666円はあっという間に達成できるばずです。

V1 だとポイントが100ポイントですが、100ポイントでも5円で1ポイントの価値があるので、実質500円分は得をすることになります。

利用する金額が大きくなればなるほど、貰えるポイントも増えるので、後々ボディーブローのように効いてきます。

どうせゴールドカードを持つなら、年間50万円以上目指しちゃいましょう。

リボ払い手数料発生時はポイント2倍

マイ・ペイすリボに登録していて、リボ払い手数料が発生した月は、その月のポイントが2倍になります。

還元率は1%になります。2倍になるので大きいですよね。

ただ、リボ払い手数料を取られる方がもったいないと考える人もいるでしょう。

上記でも少し書きましたが、マイ・ペイすリボの設定金額や支払い金額をうまく調整できれば、手数料よりもらえるポイントの方が多くなるということもあります。

ただし、そのためには毎回マイ・ペイすリボの設定金額を変更して、利用額も細かく把握しなければならないという面倒差もあります。

毎月しっかりと家計簿をつけていて、管理している人は利用した方がお得ですが、私みたいな面倒くさがり屋さんは、ここでのポイント2倍はあまりメリットとは言えません

メンバーランクを上げる他に、確実にポイント還元率を上げるなら、下記で紹介するポイントアップサイトを積極的に利用することをおすすめします。

ネット通販はポイントUPモールを経由すればポイント2倍以上になる

三井住友VISAゴールドカードを保有していれば、様々なネットショップなどでポイントアップができる「ポイントUPモール」を利用できます。

これは、ポイントUPモールを経由して目当てのネットショップに行き買い物することで、各ショップによって異なりますがポイントが2倍以上になり還元率1.0%以上にすることができるサービスです。

ポイントUPモールの主な提携店とポイントの倍率(&還元率)は、

ショップ ポイント 還元率
Amazon ポイント2倍 1.0%
楽天市場 ポイント2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング ポイント2倍 1.0%
LOHACO ポイント3倍 1.5%
セブンネットショッピング ポイント4倍 2.0%
SEIYUドットコム ポイント4倍 2%
ニッセン ポイント3倍 1.5%
楽天ネットスーパー ポイント2倍 1.0%
爽快ドラッグ ポイント5倍 2.5%
BookLive! ポイント11倍 5.5%
ビックカメラ.com ポイント3倍 1.5%
エクスペディア ポイント6倍 3.0%
JTB ポイント3倍 1.5%

などがあります。(2016年11月時点)

これは、ほんの一部で、まだまだ他にも、クーポン、本、ファッション、化粧品などのジャンルなどから様々なショップがありますので、きっと使えるショップが見つかるはずです。

期間によってポイントの還元率等も変わってるで、自分が使うショップなどは毎月チェックするといいでしょう。

また、ネットショップのみならず地上店舗での買い物でもポイントでお得感が得られるサービス「ココイコ」もおすすめです。

kokoiko

ココイコは、事前に三井住友VISAゴールドカードを登録して対象の地上店舗で買い物すれば、最低でも2倍以上のポイントアップをさせることができるサービスです。

また、ポイントアップとキャッシュバックのどちらか好きな方を選ぶ事ができる店舗もあります。

ココイコでポイントアップできる地上店舗の一部をご紹介します。

ショップ ポイント キャッシュバック
大丸 ポイント3倍 1.0%
松坂屋 ポイント3倍 1.0%
東急百貨店 ポイント3倍 1.0%
京王百貨店 ポイント3倍 1.0%
ビッグエコー ポイント3倍 0.5%
東急ハンズ ポイント3倍
伊達の牛たん本舗 ポイント2倍 0.5%
コナカ ポイント3倍 0.5%
洋服の青山 ポイント6倍 2.5%
三井アウトレットパーク ポイント3倍 1.0%

三井住友VISAゴールドカードは、通常還元率が0.5%と低いので「ココイコ」に登録して、少しでも高還元率でポイントを貯められるチャンスを増やしておくことをおすすめします。

ポイントの使い道は豊富で困ることはない

三井住友VISAゴールドカードで貯めたポイントは、景品やマイル、他ポイントなどと交換できるので使い道に困ることはありません。

ポイントの交換先の一部をご紹介

ポイントプログラム ポイント(1p辺り)
WAONポイント 5 WAONポイント 
nanaco ポイント 3 nanaco ポイント
suicaポイント 3 suicaポイント
dポイント 5 dポイント
Tポイント 4.5 Tポイント
Ponta ポイント 4.5Ponta ポイント
キャッシュバック 3円
ANAマイル 3マイル

その他にも日常に密着した家電、雑貨etcなど、ポイントの交換先は豊富なので、使い道に困ってポイントを持て余してしまうことはありません。

WAONポイントやdポイントなら、等価交換することができるので、おすすめです。

有効期限は3年

三井住友VISAゴールドカードのポイント有効期限は3年です。

三井住友VISAカードの場合、有効期限は2年なので、1年間長いです。

3年間あれば、じっくりポイントを貯めたい人でもガッツリポイントを貯めることができるはずなので、ここらへんでもゴールドカードが優遇されていることがわかります。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

三井住友VISAゴールドカードの8つのお得な付帯サービスや特典

三井住友VISAゴールドカードは、ゴールドならではの優待サービスや特典が豊富です。

条件をクリアして、年会費4,000円(税抜)で保有する場合のコストパフォーマンスはかなり高くなります。

三井住友VISAゴールドカードのお得な優待サービスや特典としては、

  • 新規入会で8,000円相当のプレゼントがある
  • 空港ラウンジサービスが利用できる
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯
  • ショッピング補償が300万円
  • Reluxサービスで一流ホテルや旅館がさらにお得に
  • 健康相談ができるドクターコール24が利用できる
  • 3種類の電子マネーを紐付けできる
  • Apple Payにも対応

これら8つです。

新規入会で8,000円相当のプレゼントがある

kyanpen

三井住友VISAゴールドカードでは、期間限定で新規入会で8,000相当円のプレゼントがもらえるという太っ腹なメリットでまずは迎えてくれます。

条件としては

  • 新規入会&利用:1,000円キャッシュバック
  • バーチャルカード同時入会:1,000円キャッシュバック
  • 家族カード同時入会:1,000円キャッシュバク
  • マイ・ペイすリボ登録&利用:1,000円キャッシュバック
  • 三井住友カードID同時入会&利用:2,000円キャッシュバク
  • 三井住友カードID入会&キャンペーンエントリー&利用:2,000円分のID

この条件はあるものの、入会後6,000円のキャッシュバックや2,000円分のIDが貰えるのは嬉しい特典です。

家族カードは、1人目は年会費無料で作ることができますし、バーチャルカードも初年度は無料でも持つことができますので、ハードルがそこまで高くないですよ。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

空港ラウンジサービスが利用できる

やはりゴールドカードを持つからには、空港ラウンジサービスは利用したいですよね。

三井住友VISAゴールドカードの場合、国内の28空港のラウンジを利用することができます。

結構、空港って混むことが多いので、待っているだけで疲れちゃうんですよね。ストレスも貯まりますし。

ラウンジなら無料のソフトドリンクサービスもありますし、新聞や雑誌、電源コンセントなどが用意されているのでスマホなどを充電しながらゆっくりくつろげます。

ラウンジが利用できるだけでも、相当ストレスも貯まらないはずですよ。

出発前に静かに一息つけるので、三井住友VISAゴールドカードを作った際は是非利用してください。

最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯

三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険は、自動付帯、利用付帯両方の枠があります。

死亡、後遺障害補償なら両枠合計で5,000万円の補償が付きます。

家族特約もあり、さすがゴールドカードの付帯保険といった感じです。

海外旅行傷害保険の内容(自動付帯・利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人) 補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償 5,000万円億円(自動付帯1,000万円)  1,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療補償 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 4,000万円
携行品の損害 50万円 50万円
救援者費用等 500万円 200万円

国内旅行傷害保険の内容(自動付帯・利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 5,000万円(自動付帯1,000万円)
入院補償 5,000円/1日
手術費用補償 20万円
通院補償 2,000円/1日

※家族特約なし

三井住友VISAゴールドカードは年会費を抑えれば4,000円でで持てるゴールドカードですが、補償内容はかなり充実しています。

特に、傷害治療と疫病治癒で300万円と救援者費用で500万円というのはかなり高い金額です

海外旅行傷害保険では、家族特約も付いているので手厚い補償といえるでしょう。

ショッピング補償が300万円

ショッピング保険も付帯しています。

しかも補償額は300万円です。

三井住友VISAゴールドカードで購入した商品が万が一破損、盗難などの被害にあった場合、購入日から90日間最大で300万円まで補償されます

また、海外利用、国内利用ともに適用されるので安心です。

Reluxサービスで一流ホテルや旅館がさらにお得に

三井住友カードでは、厳選された一流ホテルや旅館などを優待価格で利用できる「Relux」というサービスがあります。

Reluxに選ばれている宿泊施設なら、他どこから予約するよりも安く利用することができる「最低価格の保障」があります。

この「最低価格」から、三井住友VISAゴールドカード会員の場合は、さらに3,000円割引した価格で利用することができます。

大切な人との特別な時間などに使えば、株もあがるし密かにお得感も得られます。

健康相談ができるドクターコール24が利用できる

三井住友VISAゴールドカードに付帯する「ドクターコール24」は、24時間365日いつでも医師や看護士、保健師に、体調の相談や怪我や不調の緊急時などの相談をすることができます。

もちろん無料で利用することができます。

救急車を呼ぶほどではないが心配な状態、もしくは救急車を呼んだほうがいいのかなどの相談もできますし、小さなお子さんの緊急時にも対応してくれます。

実際に私には2歳になる子供いますが、このドクタートール24が利用できるのは、かなり安心できます。

子供も場合は、体調が悪くても自分で話すことができないので、いつなにがあるかわからないので、こういったサービスは本当に助かります。

3種類の電子マネーを紐付けできる

三井住友VISAゴールドカードには、ストレスフリーの会計ができる便利な3種類の電子マネーを紐付けすることができます。

  • iD
  • WAON
  • PiTaPa

この3つです。

iDは後払い決済で楽ちん

IDは

  • クレジットカードとの一体型
  • 別持ちができるID専用カード型
  • スマホで便利に使うことができるおサイフケータイ型

の3種類があります。

年会費も発行手数料も無料ですし、クレジットカードの入会と同時にIDにも入会しておけば新規入会プレゼントの「1,000円キャッシュバック」の対象となります。

iDは他の2つの電子マネーと違い、後払い決済なので事前にチャージなどをする必要がないので、使うにはかなり楽な電子マネーなのでおすすめです。

それに、iDで買い物すれば、iDとiDを利用した分のカードの決済でポイントを二重取りすることができます。

同じ買い物でiDが使える店舗ならiDで支払った方がお得です。

WAON

WAONは、クレジットカードとは別にもう1枚WAON専用カードを持つことになります。

毎月5日、20日のイオンのお客様感謝デーでは、買い物代金が5%オフになりますし、5日、15日、25日はポイント2倍になります。

ただし、年会費は無料ですが発行手数料に300円(税抜)がかかります。

個人的には、WAONを使うなら、年会費無料のイオンカードセレクトを作ってしまったほうがお得だと感じています。

イオンカードセレクトなら、ポイントの三重取りが可能ですし、いずれゴールドカードが届くこともあります。

イオン系列での買い物でよくWAONを使うなら、イオンカードセレクトをサブカードとして使うことをおすすめします。

イオンカードセレクトまとめ!得なポイントの貯め方を徹底紹介

PiTaPa

PiTaPaも、クレジットカードとは別にもう1枚PiTaPa専用カードを持つことになります。

年会費、発行手数料無料ですが、1年間に1度も利用しなかった場合は、維持管理費の1,000円(税抜)をとられてしまいます

自分がよく利用する店舗や特に貯めているポイントなどによっては、WAONやPiTaPaを紐付けしておくのもいいですが、やはりお得になって便利なのはIDです。

Apple Payにも対応

apple_pay_logo-svg

iPhone6から搭載されるようになった便利な「Apple Pay」ですが、日本では、iPhone7から利用できるようになっています。

おサイフケータイ機能が使えず歯がゆい思いをしてきたiPhoneユーザーでも、これからはおサイフケータイよりも便利なApple Payでクレジットカードや、プリペイドカードの一括管理と利用が自由自在になります。

この「Apple Pay」に三井住友カードもいち早く対応していますから、三井住友VISAゴールドカードも例外なく使えます。

iPhone7のiSight カメラでスキャン(撮影)するだけで、カードの機能や情報が取り込まれるので、その後は自由に使うことができます。

ゴールドカードをiPhone7で使いこなせば、ステータスもアップします。

Apple Payに関しては、まだあまり詳しくわからない人もいると思うので、いずれ利用するのを考えてる方はこちらを参考にしてください。

Apple payが日本上陸!詳細・使い方・クレカ対応企業を紹介!

Apple Payにおすすめのカードについてもまとめているので、興味がある方はどうぞ。

Apple Pay(アップルペイ)で使えるおすすめクレジットカードを徹底比較

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

三井住友VISAゴールドカードは、低価格で持てるゴールドカードで優待サービスや特典も充実していますし、IDなどの電子マネーを紐付けしてさらにApple Payで使いこなせば利便性も一気に上がります。

しかし、デメリットとしてポイント還元率が低いという点があります。

還元率が1%や1.5%のクレジットカードが多くある中、0.5%というのは正直低いです。

還元率をアップするには、年間利用額を上げなければならないですし、年間利用額を300万円以上にしても還元率0.8%と微妙です。

ただ、ポイントアップサービスである「ポイントUPモール」や「ココイコ」などを積極的に利用すれば還元率は最低でも1%にすることができます。

年会費を4,000円に抑えることができるゴールドカードで充実した付帯サービスがあるので、通常還元率の低さは優待サービスと特典でカバーすると考えて使った方がいいでしょう。

むしろ、三井住友VISAゴールドカードというステータスを考えば、あまりポイント還元率などは考えなくてもいいと私は思います。

ポイント還元率だけで考えば、年会費無料でも高還元率のカードはたくさんありますので。

ポイントが高還元率な年会費無料のクレジットカードを徹底比較

どうしても、ポイント還元率が高いゴールドカードを持ちたいなら、オリコカード・ザ・ ワールドがおすすめです。

Orico Card THE WORLDは海外利用でお得な高還元率カード!

三井住友VISAゴールドカードの審査基準

ゴールドカードとなると、やはり審査がかなり厳しいのでは?と心配してしまいますよね。

確かに、三井住友VISAゴールドカードの審査は甘くはありません。

申請資格を見てみると、

  • 30歳以上の人
  • 安定した継続収入のある人

となっています。

そもそも20代の方は作ることができないので、これだけでもハードルがあがります。

つまりは、それなりの勤続年数があり、安定した年収があるかが大きなポイントになりますし、クレジットヒストリーもキレイであることが大切です。

クレジットヒストリーとは、過去にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞などがないかどうかです。

これがあると、一気に審査を通りづらいくなってしまうので、注意が必要です。

まだちょっと自信がないという人は、無理をせずゴールドよりも申請しやすい「三井住友VISAクラシックカード」から始め、そこからゴールドカードへステップアップするというのもありです。

20代でも三井住友のステータスのゴールドカードがほしい!って方は、ヤングゴールドカードである「三井住友VISAプライムゴールドカード」もおすすめです。

三井住友VISAヤングゴールドカードを公式サイトで見てみる

年会費も三井住友VISAゴールドカードやりも半額で済みますし、付帯サービスや特典などもほとんど変わりません。

こちらを30歳まで利用していれば、三井住友VISAゴールドカードへのインビテーション(招待)が届くはずなので、スムーズに三井住友VISAゴールドカードへの移行をすることができます。

審査が少し怖い方やまだ20代の方は、この三井住友VISAゴールドカードを申込みする前に、この2つのカードをまず使ってみるというもアリだと思いますよ。

やはり三井住友VISAゴールドカードは、それなり審査は厳しいので。

三井住友VISAゴールドカードを公式サイトで見てみる

ステータス性がほしいなら三井住友VISAゴールドカード!

三井住友VISAゴールドカードは、簡単な条件を満たすだけで年会費を4,000円(税抜)にして保有することのできるゴールドカードです。

それでいて、空港ラウンジサービスや充実の旅行傷害保険付帯などゴールドとしての機能や特典は劣りません。

初めてゴールドカードを持とうと考えている人や充実したサービスのあるゴールドカードを低価格で持ちたいと考えている人にはおすすめの1枚となっています。

また、今なら2016年12月31日までの期間限定で最大8,000円分相当が貰えるキャンペーンも行っているので、お得に作ることができますよ。

とりあえず、初年度は無料で試せますので、気軽に申込みをしてみてください。

クレジットカードは使ってみないとわからないことも多いですから。

三井住友VISAゴールドカードの入会・申込みはこちら