三井住友VISAデビュープラスカード。

三井住友カードで発行しているクレジットカードだ。

三井住友VISAカードがあるが、あのカードよりもポイント還元率が高還元率で、様々なお得な特典が付いている。

今の時代、ネットが普及してきて学生でもクレジットカードを持つ時代だ。

そんな、学生や新社会におすすめなのが、三井住友VISAデビュープラスカードなのだ。

26歳未満と限定にはなってしまうが、その限定の分かなりお得なクレジットカードとなっている。

これから、初めてクレジットカードを持つ学生・新社会には是非持っておいて損はない1枚だ。

ここでは、三井住友VISAデビュープラスカードの特徴、使い方、貯め方、メリット・デメリットなどを紹介していく。

是非参考にしてほしい。

三井住友というブランドを持てるだけでも、周りからの印象も変わるかもしれない。

三井住友VISAデビュープラスカード特徴とメリット

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友カードが発行している若者限定のカードとなる。

「学生や新社会でも持てるクレジットカード」

というキャッチフレーズが印象的だが、18歳以上から26歳未満であれば誰でも申し込みをすることができる。

当然、未成年の場合は親権者の同意が必要にはなる。

国際ブランドはVISAのみだ。

VISAが使えれば特に問題はないだろう。

18歳から25歳までなので、約7年間の間に作れば、それ以降も三井住友VISAカードは継続して持つことができる。

しかし、26歳を超えてしまった場合は、もう作ることができないので、三井住友のブランドのクレジットカードがほしいのであれば、この期間の中で作ってしまった方がお得だ。

それに、三井住友ブランドなので、デビュープラスカードも流石といっていいほどデザインもクールでかっこいい。

これならデートなどにいってもかっこよく使うことができるだろう。

実質ほぼ年会費が無料

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費は無料となっているが、次年度からは1,250円の年会費がかかる。

しかし、1,250円の年会費も1回でも三井住友VISAデビュープラスカードを、利用すれば無料になるので実質無料で持つことができるのだ。

基本的にクレジットカードを作る理由は、ほとんどの場合クレジットカードを利用してみたいという理由で作るだろう。

年に1回だけ利用すればいいので、そこまでハードルが高いわけではない。

金額が決まっているわけでもないので、ちょっとした少額の支払いでも問題はないのだ。

なので、1回も使わないということはないはずだ。

もし、メインカードとして他のクレジットカードを使うようになって、年1回も使わないのであれば、解約すればいいだけだ。

年間で50万円以上使わないと、年会費が無料にならないカードなどもあるので、それに比べればかなりお得なカードだ。

家族カードとETCカード

三井住友VISAデビュープラスカードでは、家族カードとETCカードも作ることができる。

ETCカードは、三井住友VISAデビュープラスカードと同じく、初年度が無料で年に1回の利用すれば無料で使うことができる。

また、家族カードに関しては初年度が無料なのは同じだ。

しかし、年に1回ではなく3回の利用で無料になるのだ。

もし、利用しなかった場合は、家族カードは540円(税込)の年会費がかかる。

それに、2人目以降は利用にかかわらずに年会費がかかるので注意してほしい。

ポイント還元率が常に2倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、ポイント還元率が1,000円で2ポイント付く。

1ポイントが5円換算になるので、実質1%の還元率になる。

他の、三井住友VISAカードは基本的に0.5%の還元率なので、このカードは2倍の還元率になる。

かなり三井住友カードの中でも高還元率のクレジットカードになる。

その分25歳までの限定となっているのだろう。

入会後3ヶ月はポイントが5倍

三井住友VISAデビュープラスカードに入会後3ヶ月は、ポイントが5倍になる特典が付いてくる。

1,000円で5ポイントが付くので、実質2.5%の還元率になる。

還元率が高いリクルートカードプラスでさえ、2%の還元率だ。

入会後になるべくガッツリ使えば、それだけでかなりポイントを貯めることができるだろう。

ただし、ポイントを貯めることがに必死になって、いらない買い物をしてしまわないように。

それでは、本来転倒になってしまうので。

三井住友ブランドを持てて、この2.5%の還元率はまさに”激得”だ。

ランクアップでお得なボーナスポイントが貰える

三井住友カードには、前年度の利用金額によって、ステージが上がり、ボーナスポイントが貰えるサービスがある。

利用金額が多いほど、貰えるポイントも増えるという仕組みになっている。

ステージは、「V1」「V2」「V3」まであり、それぞれで貰えるポイントと還元率が変わってくる

ステージ 前年度利用額 ボーナスポイント(プライムゴールド以外)
V3 300万円以上 50万円で150ポイント以降10万円ごとに30ポイント
V2 100万円以上300万円未満 50万円で75ポイント以降10万円ごとに15ポイント
V1 50万円以上100万円未満 50万円で50ポイント以降10万円ごとに10ポイント
なし 50万円未満 なし

例えば、ステージが「V3」になれば、50万円で150ポイント。それ以降が10万円毎に30ポイント

100万円使ったとすれば、300ポイント

1ポイントが5円相当なので、300ポイント=1,500円

これが、ボーナスポイントをして貰えることになる。

さらに、プライムゴールドカードになると倍のポイントが貰えるので、年間利用が100万円で3,000円

結構お得なボーナスポイントだろう。

流石に、学生でV3のステージは難しいかもしれないが、年間50万円くらいであれば、家賃、光熱費、通信料などを合算すればすぐにいく。

まずはV1を目指してボーナスポイントをゲットしてみよう。

ゴールドカードに自動アップグレード

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、25歳までの限定のクレジットカードだ。

では、26歳以降はどうなるのか。

実は、三井住友VISAデビュープラスカードをそのまま持っていれば、自動的にワンランク上の三井住友VISAプライムゴールドカード に自動でランクアップするのだ。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20歳から30歳未満までの限定のゴールドカードになる。

ゴールドカードなのに、割と年間費も安く、しっかりと空港ラウンジが使えたり、海外・国内旅行損害保険などが付いてくる。

それに、自動でランクアップした時に、「継続サンクスポイント」が貰える特典もある。

また、そのまま30歳まで継続すれが、その上のランクの三井住友VISAゴールドカード を持つことができるだ。

三井住友VISAゴールドカードは、本当に審査が厳しく個人事業主やフリーランスの人では、中々審査が通らないことが多い。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードからずっと持っていれば、自動的に三井住友VISAゴールドカードが持つことができるだ。

もし、年会費がかかるゴールドカードがいらない場合は、26歳の時に三井住友VISAクラシックカード に変更することも可能だ。

三井住友VISAクラシックカードであれば、年会費が1,250円で済む。

年会費がかかるのが嫌であれば、最悪26歳の時に解約をしても問題はない。

このあたりは自由がきくので、その時の自分のステータス合わせた判断をするといいだろう。

私なら、持ち続けるが。

ショッピング保険が自動付帯で付いてくる

ショッピング付帯

三井住友VISAデビュープラスカードには、90日間の間だが自動で最高100万円まで、ショッピング保険が付いている。

100万円までなので、ほとんどの品物で何かあった場合は、この金額で収まるだろう。

実質年会費無料で、ショッピング保険が付くクレジットカードはあまりない。

それを考えるとかなり三井住友VISAデビュープラスカードは、お得な1枚だろう。

学生であれば、卒業旅行で海外に行くことも多い。

ショッピング保険は、海外でも適用されるので、安心だ。

国内で適用になるのが、リボ払いか分割払い(3回以上)での購入になるのでそこは注意が必要だ。

ちなみにだが、リボ払いにしても、利用金額全額払いにすれば、リボ払いの手数料はとられることはない。

ただ、リボ払いがよくわからない人は、なるべくリボ払いにしないで、分割払いなどで対応しよう。

iDなどの電子マネーが機能が使える

三井住友VISAデビュープラスカードは、

  • iD
  • WAON
  • PiTaPa

これらの電子マネーと紐付けすることができる。

特におすすめはiDだ。

iDは3つのタイプがある

iDは電子マネーの中でも、かなり有名な電子マネーだが、三井住友VISAデビュープラスカードでは3つのタイプから選ぶことができる。

  • 三井住友カード iD(専用カード)
  • 三井住友カード iD(クレジット一体型)
  • 三井住友カード iD(携帯)

この3つだ。

基本的には、クレジット一体型の方が枚数も多くならないし、一番使い勝手はいいだろう。

おサイフケータイの機能がある、スマホや携帯を持っていれば、そちらでもいいと思う。

専用カードは、2枚持ちになってしまうので、個人的にはおすすめはしない。

どのタイプも発行手数料や年会費などは一切にかからず無料なので、iDをよく使う人は、紐付けしておいてもいいだろう。

WAONカードに付属

WAONカードにも紐付けすることができるが、こちらは別途WAONカードが必要になる。

WAONカードの維持費自体はかからないが、発行手数料で300(税込)かかる。

正直WAONカードを作るのであれば、イオンカードセレクトにした方がお得だ。

イオンカードセレクトまとめ!得なポイントの貯め方を徹底紹介

三井住友VISAデビュープラスカードでは、チャージしてもポイントが付かないのだ。

イオンカードセレクトなら、ポイントの三重取りもできるし、ガンガンWAONポイントを貯めることができる。

また、カードが別途必要なので、2枚持ちになってしまう。

どうせ2枚持つのであれば、イオンカードセレクトは年会費も無料で持つことが可能なので、そちらをサブカードとして持てばいいだろう。

PiTaPaにも紐付けが可能

PiTaPaにも、紐付けができてチャージ不要で使うことができる。

入会費や年会費は基本的に無料で使うことができる。

しかし、1度の利用もないと別途1,000円(税抜)が必要になる。

常日頃から、PiTaPaを利用していれば、作っておいてもいいが、こちらもカードが別途必要になるので、注意してほしい。

また、これ以外にも、nanaco、楽天Edy・モバイルSuica、JR西日本スマートICOCA、WAONなどもチャージをすることができるが、基本的にはポイントがつかない。

使っている電子マネーにポイントを付けたい場合は、他のクレジットカードをサブカードとして使うのも検討するといい。

nanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討

楽天Edyをガンガン使いこなす!お得なクレジットカードも紹介

お得なポイントの使いみちや貯め方

三井住友VISAデビュープラスカードで貯めたポイントには、いろいろは使いみちがある。

基本的に三井住友VISAデビュープラスカードで貯めたポイントは、「ワールドプレゼント」というポイントプログラムで使うようになる。

ポイントの有効期限は2年間になっている。

1年間などの有効期限があるクレジットカードもあるので、それに比べれば2年間あるのは嬉しい。

ポイントの確認に関しては、Vpass(インターネット)上で確認することができる。

ポイントが失効しないようになるべく、ポイントは使いきってしまうおう。

マイ・ペイすリポでポイントアップ

マイ・ペイすリボ

三井住友VISAデビュープラスカードで、「マイ・ペイすリボ」に登録して利用すると、リボ払い手数料請求がある月には0.5%のポイントが加算されるサービスがある。

リボ払いにしないといけないので、少しハードルがあがるが、やり方が分かればかなり安くリボ払い手数料を抑えることできる。

基本的に1円でも手数料がかかっていればいいわけだ。

例えば、月の利用額が11,000円だった場合。

11,000円の内10,000円をマイ・ペイすリボで設定すれば、残りの1,000円に手数料がかかることになる。

しかし、11,000円で得られるポイントの方が大きくなるので、実質は手数料を引いてもお得にポイントを貯めることができるだ。

ただ、慣れれば楽なのだが、慣れるまでが少し時間がかかる。

還元率が1.5%に跳ね上がるのは魅力的だが、手間がかかるのが嫌な人は、別にこだわることはない。

ワールドプレゼントで交換

ワールドプレゼントでは様々サービスや景品に交換がすることができる。

景品交換にも、ポイントを使うことができるが、あまりレートがよくない。

できれば、電子マネーやポイントサービスなどに交換した方がお得に使うことができるだろう。

また、移行手数が無料でANAなどのマイレージプログラムにも、1ポイント=3マイルで移行することができる。

ANA、シンガポール航空なら100ポイントで300ポイント

アリタリア航空なら200ポイントで600ポイント

それぞれ交換することができる。

せっかく貯めたポイントをレートを悪くしてまで、使う必要は全くないので、どれに交換したらいいのかをしっかりと考えて交換しよう。

主なポイント交換は先はこちら

ジャンル ポイント移行先 交換レート  交換単位
電子マネー        WAON(三井住友) 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
nanaco 1ポイント→3ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
楽天Edy 1ポイント→3ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
Suica 1ポイント→3ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
ショップdeポイント 1ポイント→50ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
カエトクカードへチャージ 1ポイント→4円分チャージ 200ポイント以上100ポイント単位
タリーズカード 1ポイント→4円分 200ポイント以上100ポイント単位
スターバックスカード 1ポイント→4円分 200ポイント以上100ポイント単位
 通販  ベルメゾン 1ポイント→5.5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
楽天スーパーポイント 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
 携帯キャリア  dポイント 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
au WALLET 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
 家電   ビックポイントサービス 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
ジョーシンポイント 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
ゴールドポイント 1ポイント→5ポイント  200ポイント以上100ポイント単位
 ポイントサービス   Tポイント 1ポイント→4.5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
Pontaポイント 1ポイント→4.5ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
Gポイント 1ポイント→4.95ポイント 200ポイント以上100ポイント単位
 キャッシュバック 現金 1ポイント→3円 200ポイント以上1ポイント単位
iDバリュー iD 1ポイント→5円 200ポイント以上100ポイント単位

やはり、キャッシュバックなどは、レートがかなり悪くなる。

dポイントやau WALLETでは等価なので、そちらの交換してもいいだろう、

au WALLETであれば、MasterCard加盟店であればどこでも使うことが可能だ。

au WALLETでお得にポイントを貯める方法・使い方を解説

ポイントモールでポイントが最大20倍貯まる

三井住友VISAカードが展開しているポイントモールで「ポイントUPモール」がある。

三井住友VISAデビュープラスカード会員は、このポイントUPモールを利用することができるのだ。

このポイントモールを経由すれば、最大で20倍のポイントを貯めることもできる。

ポイントUPモール

Amazon、楽天市場、ポンパレなどのネットショップでは、2~20倍までのポイントUPがあり、

東急百貨店

実際にリアル店舗に行くことでポイントがUPするサービスもある。

期間限定でポイントUPを行っている、店舗やサービスがあるので、なるべくチェックしておくようにしよう。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットとしては

  • 旅行保険が付帯しない
  • 25歳限定なので26歳からは申し込みできない
  • キャッシング利用額が学生は5万円まで

この3つがデメリットになる。

旅行保険が付かない

今では、年会費が無料のクレジットカードでも、海外損害保険などが普通に付いているクレジットカードがある。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードは、これらの旅行保険が付いてこない。

三井住友VISAクラシックカードになれば、国内外の旅行保険が付帯するが、三井住友VISAデビュープラスカードに関してはつかないのだ。

もし、旅行保険がほしいのであれば、JCB EITエスポカードであれば、自動付帯で保険が付く。

JCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介

エポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較

利用付帯でもいいのでれば、人気がある楽天カードにも付帯しているので、楽天カードを選んでもいいだろう。

楽天カードの特徴を網羅!お得にポイントを貯める方法を解説

年会費無料で自動付帯であれば、持っているだけで保険が適用されるので、サブカードとして持っておくのもおすすめだ。

25歳限定なので26歳からは申し込みできない

三井住友VISAデビュープラスカードの一番のデメリットといっていいのが、25歳までしか作ることができないことだろう。

しかし、25歳までの限定だから、ポイント還元率が2倍になったり、お得なキャンペーンを行えるわけだ。

そのまま持っているだけで、ゴールドカードにもなる、三井住友VISAデビュープラスカード。

年齢制限は大きなデメリットではあるが、逆に今ドンピシャで18歳~25歳の年齢であれば作っておいても損はしないカードだ。

三井住友ブランドはもっているだけでも、やはりステータスが高い。

キャッシング利用額が学生は5万円まで

普段は基本的に使わないと思うが、急な出費などの時に、キャッシングを使う人もいると思う。

しかし、学生が三井住友VISAデビュープラスカードを作る場合は、キャッシングは5万円までしか利用できない。

学生以外であれば、最大でキャッシング利用額も80万円までは利用できるようになる。

使い方次第では、キャッシングも上手く活用できる。

しかし、キャッシングについては、しっかりとキャッシングの仕組みなどを知っていればいいが、知らずに借りるのはあまりおすすめはしない。

特に学生などは注意が必要だ。

その他の疑問や抑えるべきポイントなど

抑えるべきポイント

ここでは、三井住友VISAデビュープラスカードの口コミや評判、抑えるべきポイントなどを紹介していく。

評判や口コミ





実際に、初めてクレジットカードが三井住友VISAデビュープラスカードという人も多くいた。

それに、やっぱり楽天カードなどの高還元率のカードと悩んでいる人もいた。

三井住友VISAデビュープラスカードも、1回の利用で実質年会費は無料だ。

楽天カードは人気はあるが、やはりステータス的には三井住友ブランド。

正直楽天カードも無料なので、どっちも作って使ってみるのがおすすめだ。

それで使いやすい方をメインカードにするなどすればいいのだ。

口座は三井住友銀行だけ?

三井住友VISAカードなので、口座は三井住友銀行だけだと思っている人もいる。

しかし、引き落としは別に三井住友銀行じゃなくても可能だ。

下記にまとめておくので、その中の銀行などであれば、どこでも引き落としは可能だ・

地域・サービス 銀行名
都市銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行
ゆうちょ・インターネット等 ゆうちょ銀行、イオン銀行
北海道・東北 北海道銀行、北都銀行、東北銀行、青森銀行、荘内銀行、七十七銀行、みちのく銀行、山形銀行、東邦銀行、秋田銀行、岩手銀行、北洋銀行
関東 群馬銀行、武蔵野銀行、横浜銀行、足利銀行、千葉銀行、栃木銀行、常陽銀行、千葉興業銀行、京葉銀行、筑波銀行、東京都民銀行
甲信越 第四銀行、北陸銀行、北越銀行、富山銀行、山梨中央銀行、北國銀行、八十二銀行
中部 静岡銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行
近畿 滋賀銀行、紀陽銀行、京都銀行、但馬銀行、近畿大阪銀行、池田泉州銀行
中国・四国 山陰合同銀行、百十四銀行、広島銀行、伊予銀行、山口銀行、四国銀行、阿波銀行
九州 福岡銀行、大分銀行、北九州銀行、佐賀銀行、宮崎銀行、十八銀行、鹿児島銀行、親和銀行、西日本シティ銀行

三井住友VISAデビュープラスカードの審査

三井住友VISAデビュープラスカードの審査は、学生や新社会のために作られたカードなので、そこまで審査は厳しくはない。

もしも、審査が厳しかったら、学生などでは中々クレジットカードを作ることができなくなってしまう。

三井住友VISAデビュープラスカードは、あくまでも学生や新社会がターゲットなのだ。

審査は緩いといってもいいと思う。

しかし、審査が緩い分、学生が申し込みをすると、利用限度額が30万円までとなっている。

学生以外であれば80万円までは、限度額が上がるが、それでも初めは20万円~30万円だ。

ただ、学生が月に30万円もカードを利用するかというと、正直ないだろう。

中には、使える人もいるかもしれないが、アルバイトなどでの所得なんては、そこまでないはずだ。

それを考えれば、30万円が利用限度額でも問題ないかもしれない。

また、もし未成年であれば親権者の同意が必要になる。

当然そうなると、親の信用情報も大事になってくる。

親が以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、当然厳しくはなると思う。

もし、審査に落ちてしまった場合は、親の信用情報が少し影響していると考えた方がいいかもしれない。

あくまでも未成年の場合で、クレジットカードを作る場合だが。

三井住友VISAデビュープラスカードのお得なキャンペーン

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生や初めてクレジットカードを持つ新社会には、おすすめの1枚だ。

実質年会費無料で、信頼があり、知名度もあり、実績もある三井住友ブランドを持つことができるのは大きなメリットだろう。

それに、25歳までに入会すれば、有効期限までは三井住友VISAデビュープラスカードをそのまま使うこともできる。

有効期限は年齢により若干変わるが、3~5年はある。

もし、その有効期限が過ぎてしまって、ランクアップしたくなければそこで解約してもいいのだ。

それまでは、実質年会費無料で高還元率で使い倒せるのだ。

25歳以下の人が羨ましい。

また、今ならネット入会限定の期間限定で最大4,000円分がキャッシュバックされるk三井住友VISAデビュープラスカードでは、様々なキャンペーンを行っている。

  • 新規入会&利用で1,000円
  • 「マイ・ペイすリボ」設定&ご利用で、1,000円
  • 「三井住友カードiD」の同時ご入会&「iD」ご利用で、1,000円
  • 「三井住友カードiD」ご入会&キャンペーンエントリーで、「iD」ご利用代金1,000円

これらの条件を満たせば4,000円がキャッシュバックされるのだ。

それ以外にも、期間限定で

三井住友VISAデビュープラスカード限定 最大10万円キャッシュバック!

三井住友VISAデビュープラスカードの新規入会と利用で、最大10万円がキャッシュバックされるキャンペーンも行っている。

特典としては

  • 1等賞 : 10万円キャッシュバック × 5名
  • 2等賞 : 1万円キャッシュバック × 50名
  • 3等賞 : 1,000円キャッシュバック × 500名

このようになっている。

このような特典やキャンペーンは、いつも期間限定だ。

迷っていたらキャンペーンが終わっていたなんてことも考えられる。

三井住友VISAデビュープラスカードは、1枚目のクレジットカードではステータスも手に入るし、高還元率で年会費無料なので、本当におすすめできるカードだ。

25歳以下の諸君。

作るなら今しかない。

是非この機会に三井住友ブランドを手に入れよう。

▼こちらからの入会でキャンペーンが適用されます▼