%e4%b8%89%e8%8f%b1%e6%9d%b1%e4%ba%ac%ef%bd%95%ef%bd%86%ef%bd%8a-visa%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88

クレジットカードを持つとお金を見ずに会計ができてしまうため、ついつい使いすぎて請求書を見て「ビックリ」ということがありませんか?

そんな使いすぎを防ぐ事ができ、それでいて現金いらずでスムーズな会計ができるデビットカードは、主婦の人や学生、新社会人の人にもおすすめです。

特にメリットが豊富な「三菱東京UFJ-VISAデビット」なら、大手銀行が発行するカードとあって、安心感や利便性も得られる優秀な1枚です。

ここでは、便利でお得で、日々の使いすぎも防ぐことができる三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴やメリット、デメリットをご紹介していきます。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

三菱東京UFJ-VISAデビットカード

三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカード

三菱東京UFJ-VISAデビットは、三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードです。

国内・海外のVisa加盟店で利用することができます。

まだクレジットカードの審査に通る自信の無い人や、専業主婦、学生でも持つことができるカードです。

デビットカードについて詳しくもっと知りたい方はこちらを参考にしてください。

誰でも持てる便利なデビットカードのメリット・デメリットまとめ
最近CMでもよく見かけるようになったデビットカード。今では、誰もが一度は聞いたことがあるというほどまでに浸透してきています。でも、デビットカードがどういうの...

年会費は1,000円だが簡単に無料にできる

三菱東京UFJ-VISAデビットの年会費は、初年度は年会費無料で2年目以降は1,000円(税抜)です。

「おいおい。クレジットカードでも年会費無料があるのに、デビットカードで年会費があるのかよ。」

って思うかもしれませんが、ご安心を。

ある条件を満たしていれば年会費が無料になります。

  • 15歳~23歳以下:年会費無料
  • 24歳以上:年間10万円以上のカード利用で翌年の年会費無料

23歳以下なら無条件で年会費が無料になり、24歳以上の人であっても月々8,000円ちょっとの利用があれば年会費を無料にすることができます。

8,000円だとそこまでハードルは高くはないはずです。

スマホ代(携帯代)だけで、8,000円使っているかたも多いと思うので、それだけクリアすることができますからね。

また、総務省の調べによると2015年時点で、2人以上の世帯の食費の平均72,150円となっています。

総務省統計局

もし、食費もほぼデビットカードで支払えば、2ヶ月で10万円なんて払うことができます。

年間10万円というと、ハードルが高そうですが、案外これくらいの金額であればハードルは低いんですよ。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

ポイントプログラムがないかわりに現金がキャッシュバックされる

三菱東京UFJ-VISAデビットには、クレジットカードのようなポイントが貯まっていくプログラムは用意されていません

しかし、毎月の利用額に応じて現金がキャッシュバックされるので、ポイントの貯まるシステムがなくても利用分に対してはしっかり還元されます。

キャッシュバックの還元率は最大で0.5%

キャッシュバックの還元率も様々な条件で変わります。

条件とキャッシュバック率は下記の通りです。

  • 基本(無条件):0.2%
  • 入会後3ヵ月間:+0.2%
  • 年間利用額20万円以上:翌年+0.05%
  • 年間利用額30万円以上:翌年+0.05%
  • 誕生月:+0.1%

最大で0.5%の還元率でキャッシュバックしてもらうことができます

デビットカードの中には、年間で50万円~100万円以上利用しないとこういった特典などを得ることができないものもありますが、年間利用額20万円からこのようなメリットがプラスされるのは珍しいです。

通常は0.2%と考えればいいでしょう。

キャッシュバックは自動で手間いらず

三菱東京UFJ-VISAデビットの毎月のキャッシュバックは、ポイント交換のように自分で手続きしたり申し込んだりしないで済みます。

毎月の利用額にその時の還元率で計算された分が、自動で本人銀口座に振り込まれる形ですから手間いらずです。

使えば使っただけ現金で還元されて、しかも自動で振り込みというのは三菱東京UFJ-VISAデビットの大きな特徴です。

きっと毎月通帳をチェックしたくなるはずですよ。

三菱東京UFJ-VISAデビットの6つのメリット

三菱東京UFJ-VISAデビットは、クレジットカードではないので華々しい優待サービスや特典はありませんが、デビットカードだからこそのメリットが豊富です。

特に大手銀行である三菱東京UFJの発行するデビットカードなので安心感も大きいです。

三菱東京UFJ-VISAデビットのメリットとしては、

  • 使い過ぎをしっかり防げる
  • 高校生でも持てる
  • 面倒で細かい支払いもキャッシュレスでスムーズ
  • ATM手数料の支払いが減る
  • 海外ATMで現地通貨を引き出せる
  • ショッピング保険と不正利用時補償が付帯して安心

これら6つです。

使い過ぎをしっかり防げる

「使い過ぎを防げる」というのは、デビットカードである三菱東京UFJ-VISAデビットの大きなメリットでしょう。

デビットカードは、クレジットカードと違って後払い方式でカード発行会社に一時的に借金をしてあとから返すという支払方法ではありません。

三菱東京UFJ-VISAデビットを使って会計をした場合、すぐに申請した口座から引き落とされます

引き落としと同時に、メールが送られてきていくら使ったのかすぐに確認することもできます。

三菱東京UFJ-VISAデビットを利用すれば、

  • 口座の残高が限度額となる
  • 三菱東京UFJ-VISAデビットを使用するとすぐに引き落とされる
  • 引き落とされると即座にメールが来て確認できる

この3つのメリットで、使い過ぎを防ぐことができます。

例えば、指定の口座に5,000円しか入っていないのに、6,000円の買い物を三菱東京UFJ-VISAデビットで決済しようとしても残高不足で使用することができません。

残高が限度額となるので、常にお金の管理をしっかりすることができます。

もし、常日頃からお金を使いすぎてしまう方は、三菱東京UFJ-VISAデビット用に1つ口座を作って、そこに月々で使えるお小遣いを入れるのも1つの手段です。

こうすることで、使いすぎたということもなくなるはずです。

高校生で持つことができる

三菱東京UFJ-VISAデビットの申し込み資格は

  • 普通預金口座をお持ちの個人・個人事業主(屋号つき口座ではお申し込みいただくことはできません)
  • 15歳以上(中学生は除きます)
  • 日本国内に居住されているお客さま

このようになっているので、高校生でも作ることができます。

普通クレジットカードは、高校生は作ることができないので、高校生でもスムーズに買い物をしたいという方にはおすすめです。

クレジットカードのように、使いすぎてしまったということもデビットカードではほとんどないので、親御さんも安心です。

それに、カードを持っているというだけ注目を浴びるかもしれないので、注目されたい人にはおすすめかもしれませんよ!

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

面倒で細かい支払いもキャッシュレスでスムーズ

買い物や飲食代を支払う際に、例えば「3,874円」や「2,650円」などの細かい代金を支払うのは、けっこうわずらわしいものです。

三菱東京UFJ-VISAデビットを使用すれば、カード1枚で細かな小銭などを出すこともなく支払いがスムーズに済みます

それでいて、口座からすぐに引き落とされるので翌月のカード利用の総額を気にするということもありません。

キャッシュレスでスムーズな会計をしながら、その都度いくら使ったのかメールで確認することもできるので便利です。

ATM手数料の支払いが減る

三菱東京UFJ銀行では、

  • 貯金残高が10万円以上
  • Eco通帳
  • MUFGグループクレジットカードの利用

この3つでない限り、ATM手数料が発生します。

ATM手数料は、月に何度も支払っていると、かなり大きな出費になります。

しかし、最近は多くの場所でデビットカードが使えるようになっていますので、三菱東京UFJ-VISAデビットで買い物などをすればお金をおろすことが減ります

そのため、無駄なATM手数料を支払うことも大幅に減ります。

三菱東京UFJ銀行では、銀行によって手数料が変わってきますが、最大で216円の手数料がかかる場合もあります。

手数料だけで1ヶ月に500円くらい使ってしまうことも多いという方がいるはずなので、それを年間で考えると、数千円~という金額になります。

この差は普段から節約している方にとっては大きな出費になっているはずです。

手数料が多いというだけの理由でも、三菱東京UFJ-VISAデビットを使う価値は十分にありますよ。

海外ATMで現地通貨を引き出せる

海外旅行に行く時にも三菱東京UFJ-VISAデビットを持っていけば、世界200以上の国と地域にある180万台以上のATM(VISAマーク、PLUSマークつき)で、現地通貨で貯金をおろすことができます。

とても便利です。

このATMは、主要な国際空港やショッピングセンターなどに設置されているので、ATMがなくて困ったということもほとんどありません。

円と外貨の交換は、Visaの定める為替レートに海外事務手数料の3.0%を上乗せしての交換となります。

ただし、海外ATM手数料は100円(税抜)かかるので注意してください。

ショッピング保険と不正利用時補償が付帯して安心

三菱東京UFJ-VISAデビットには、クレジットカードによく付帯してるサービスのショッピング保険も不正利用時補償も付帯しています。

クレジットカードと違うとっても、現金で支払うわけではないので、何かと怖いというかたも多いはずです。

この2つの補償がついてるだけでも、かなり安心して利用することができるはずですよ。

ショッピング保険

三菱東京UFJ-VISAデビットで購入した商品が破損や盗難にあった場合、購入日から60日間であればその損害を補償してもらえます。

年間100万円までの補償で、1回の事故では自己負担5,000円が発生します

不正利用時補償

偽装や盗難などによって、三菱東京UFJ-VISAデビットが万が一不正利用された場合も、届け出から60日間までさかのぼってその損害を補償してもらえます。

年間100万円までの補償があるので安心です

年会費1,000円(税抜)で、しかも年間10万円以上利用すれば無料になるのにこういった補償が付帯しているのは嬉しいサービスですよね。

三菱東京UFJ-VISAデビットの使い方

三菱東京UFJ-VISAデビットの使い方は至って簡単です。

  • 買い物の際に店員にカードを渡し「VISAカード」で答える
  • 支払い回数を聞かれたら「1回」と答える
  • 暗証番号やサインを求められたら入力やサインをする

これだけで、支払が完了します。

あとは、登録しているメールアドレスに利用明細がすぐに届くので、それを確認すれば終わりです。

基本的には、クレジットカードと同じ使い方なので、クレジットカードを使ったことがある方は、使い方に悩むということもないはずです。

電子マネーのように、専用の機器にかざして終わりというわけではないので、高校生などのクレジットカードを使ったことが無い方は、上記参考にして利用してみてください。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

三菱東京UFJ-VISAデビットのデメリット

三菱東京UFJ-VISAデビットは、便利に使えて且つお金の使い過ぎも防げる優秀な1枚です。

付帯サービスもあり、安心感も得られさらには利便性も増します。

ただ、デメリットを挙げるとすれば

  • 通常の還元率が低い
  • 旅行傷害保険等が付帯していない
  • 三菱東京UFJ銀行の口座のみ

この3つでしょう。

通常の還元率が0.2%と低い

いろいろな条件を満たせば還元率は0.5%になりますが、通常は0.2%の還元率なので、かなり低いです。

還元率だけで考えたら、クレジットカードに及びません。

しかし、ポイントではなく現金としてキャッシュバックされるので、使いみちに困るということはありません。

それに、ポイントのように有効期限など気にすることがないので、焦って使う必要もありません。

また、年間10万円以上の利用があれば年会費が無料になるので、年会費が無料になって毎月0.2%~0.5%のキャッシュバックがあるというのは、そこまでのデメリットではないですよ。

ポイントなどがガンガン貯めたいなら、クレジットカードには敵いませんので。

高還元率の年会費無料のクレジットカードはこちらにまとめています。

ポイントが高還元率な年会費無料のクレジットカードを徹底比較
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

旅行傷害保険等が付帯していない

三菱東京UFJ-VISAデビットには、よくクレジットカードなどに付帯してる旅行保険などが付帯していません。

三菱東京UFJ-VISAデビットに限らず基本的にデビットカードには、このような旅行保険は付帯していないことが多いです。

もし、海外によく旅行にいく方などは、旅行保険はあった方が絶対に安心なので、その場合はエスポカードやJCB EITのような年会費無料で海外の保険が自動付帯しているカードと2枚持つことをおすすめします。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...
JCB EITJCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介
JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができる...

サブカードとしてはかなり優秀な二枚です。

利用するには三菱東京UFJ銀行の口座が必要

クレジットカードの場合は、提携している金融機関が多いので、新たに口座を作るということをしなくていい場合がほとんどです。

しかし、三菱東京UFJ-VISAデビットの場合は使える口座は、三菱東京UFJ銀行のみとなっています。

すでに、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば問題はありませんが、まだ持っていない方は別途作る必要があります。

これは地味にめんどくさいですよね。

ただ、今は昔と違いスマホなどのアプリで簡単に口座を開設することができます。

こちらの専用のアプリを使えば、運転免許証か個人カードがあれば簡単に口座を開設できます。

印鑑などの届け出も必要ないので、時間がかかることもありません。

また、スマートフォンを持っていない方でも、テレビ窓口というATMを使ったサービスもあります。

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e7%aa%93%e5%8f%a3

開設の流れも簡単です。

その他にも

  • 店頭窓口
  • 郵送

などでも、口座を開設することができます。

新たに開設となるとめんどくさいかもしれません、アプリなどを使えば、時間を短縮することもできるので、この機会にメガバンクを1つ開設しておいても損はないはずですよ。

三菱東京UFJ銀行なら、ほとんど銀行でやりとりが可能ですので。

三菱東京UFJ-VISAデビットの審査基準は厳しくない

カードとなると、やはり審査が気になるところです。

しかし、カードはカードでも、三菱東京UFJ-VISAデビットはクレジットカードではありません。

限度額は、口座の残高となりカード会社に借金をするわけではありませんから、厳しい審査はありません。

三菱東京UFJ-VISAデビットは、上記でもサラッと書きましたが

  • 日本国内に住んでいる人
  • 三菱東京UFJ銀行に口座を持っている人
  • 15歳以上(中学生は除く)

この3つの条件を満たしていれば、ほとんどの人が保有することができます。

特に、職業や年収などを厳しく審査されることはありません。

15歳以上から持てるということは、高校生でも持つことができます。

クレジットカードなら高校生は無理なので、それを考えても審査に通らないということはほとんどないでしょう。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

まとめ

三菱東京UFJ-VISAデビットは、会計の際の面倒をほとんどを省き、さらに使い過ぎを防ぐ事ができる安心で便利なデビットカードです。

還元率は若干低いですが、毎月キャッシュバックという形で還元される嬉しい特典もあります。

ショッピング保険や不正利用時補償なども付帯しているので、買い物の時も安心して保有することができます。

  • クレジットカードには抵抗があるけれど、わずらわしい現金での会計は避けたいという人
  • 日頃から、クレジットカードの使い過ぎなどに不安を抱いている人

これらにあてはまる人は、三菱東京UFJ-VISAデビットに申請して、実際に使ってみると使いやすさなどがわかるはずですよー。

また、今なら新規入会キャンペーンで最大1,500円貰えるキャンペーンも実施しています。

気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードの公式ページはこちら

三菱東京UFJ-VISAデビットカード