無印良品

家具や雑貨、衣類に食品、なんでも揃う無印良品は、コアなファンが多いです。

カフェも人気です。

そんな無印ユーザーなら絶対に持っていたいMUJI Card(MUJIカード)

無印良品での買い物がお得になったり、有効活用できるポイントも貯まっていきます。

その名前からして、無印良品に特化したクレジットカードかと思いきやそうでもありません。

確かに無印良品を普段利用しない人にとっては無意味なカードとはなりますが、無印ファンなら無印良品ならではの特典に加えて、クレディセゾンのお得なサービスも受けられる有意義なものとなります。

ここでは、そんなMUJI Cardの特徴やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

無印良品ユーザーなら持っておいて損はないカードの1枚ですよ。

MUJI Cardの国際ブランドと年会費

muji-card

MUJI Cardは、クレディセゾンと無印良品が提携して発行するクレジットカードです。

国際ブランドは、

  • VISA
  • American Express(AMEX)

の2つから選ぶことができます。

特に無印良品での買い物が便利でお得になるクレジットカードですが、クレディセゾン、VISA、American Expressなどの独自のサービスや優待を受けることができるので持っていて損はないです。

VISAとAmerican Expressで年会費が異なる

MUJI Cardの大きな特徴として、選ぶ国際ブランドによって年会費が異なります。

  • VISA:年会費永年無料
  • American Express:年会費3,000円(税抜)

となります。

ETCカードの年会費はどちらも無料です。

無印良品での利便性やお得感が良いカードですので、サブカードとして持つ人も多いでしょうから、その場合、国際ブランドは年会費無料のVISAがおすすめです。

しかしAMEXファンや、AMEX優待サービスを受けたい人は、VISAよりもちろんAMEXを選んだ方が良いでしょう。

ちなみに、AMEXなら、国内、海外の旅行傷害保険も付帯しています。

その分年会費が3,000円かかるわけです。

もし、どうしても年会費無料でAMEXブランドを持ちたいのであれば、

これらのカードは無料で作ることができます。

還元率は0.5%で有効期限は永久不滅

MUJI Cardで貯まるポイントはセゾンの「永久不滅ポイント」になります。

MUJI Cardは、永久不滅ポイントで、1,000円利用毎に1ポイント貯まり1ポイント5円相当ですから還元率は0.5%と普通です。普通というか少し低いですね。

しかし、MUJI Cardを利用して無印良品で買い物をした場合は、MUJIショッピングでポイントが1,000円利用毎に3ポイントが貯まります

還元率でいうと1.5%にまで跳ね上がります

有効期限のない永久不滅ポイントは、200ポイントでMUJIショッピングポイント1,200ポイントと交換することができます。

この場合もMUJIショッピングポイントは、10ポイント10円となりますから、還元率にすると1.8%ということになります。

この用に永久不滅ポイントとMUJIショッピングポイントをうまく利用すれば、無印良品での買い物時には還元率を1.8%まで上げることができます。

無印良品が大好きな人なら、貯まった永久不滅ポイントをMUJIショッピングポイントに交換して、無印良品での買い物に使えばとてもお得です。

MUJIショッピングポイントに交換する際は注意が必要

ただし、永久不滅ポイントはそのままであれば有効期限はありませんが、MUJIショッピングポイントに交換してしまうと、有効期限が6ヶ月と物凄く短くなってしまいます。

だからこそ還元率1.8%と高い水準があるのだと思いますけどね。

もし、使う予定がない場合はすぐに交換はしないで、ある程度貯まってから交換した方がいいでしょう。

永久不滅.comを経由すればポイントが最大30倍

永久不滅ポイントは、1,000円に1ポイント付き、1ポイントは5円相当ですから還元率は0.5%です。

しかし、永久不滅.comを経由すれば提携企業によって異なりますが、ポイントが数倍になります。

最大30倍になる提携企業もありますから、ぜひ、チェックしておきましょう。

永久不滅.com提携企業の一部をご紹介

  • 楽天市場
  • Amazon
  • 無印良品
  • ニトリ
  • DHC
  • ユニクロ
  • dinos
  • じゃらん
  • JAL
  • ORBIS
  • ビックカメラcom
  • ヤマダウェブコム
  • ドクターシーラボ

上記はほんの一部で、まだまだ多くの企業と提携していますから、きっとよく利用するショップなどがあるはずです。

永久不滅.com経由しなくてもポイントが貯まるツール

実は、ある程度買い物する店舗がきまっているのであれば、「永久不滅.com」を経由をしなくても、永久不滅ポイントを貯めることができます。

それが、永久不滅ポイントが貯まるツールです。

永久不滅ポイントツール

詳しい使い方などは、こちらを参考にしてください。

永久不滅.com便利ツール

これがあれば、わざわざ「永久不滅.com」を経由しなくてもポイントを貯めることが可能になります。

ただし、

  • Internet Explorer
  • Chrome
  • Firefox

これ以外のブラウザ(iPhoneでSafari)などを使っている人は使うことができませんので、その場合はやはり永久不滅.comを経由することになります。

その点は注意してください。

MUJI Cardの6つのメリット

MUJI Cardは、その特徴からして十分に魅力のあるカードですが、メリットもまだまだ豊富にあります。

MUJI Cardのメリットとしては、

  • 無印良品で使える1,500円相当のポイントが毎年貰える
  • 無印良品週間なら10%オフで買い物ができる
  • MUJI passportに登録しておけばさらに便利
  • クレディセゾンならではのサービスがある
  • VISAのサービスが受けられる(国際ブランドをVISAにした場合)
  • AMEXの優待が受けられる(国際ブランドをAMEXにした場合)

これら6つがあります。

無印良品で使える1,500円相当のポイントが毎年貰える

これは、MUJI Cardならではの特徴です。

MUJI Cardを保有していれば、毎年5月と12月に500ポイントずつ貰うことができます

また、お誕生日月に利用すれば、その翌月にさらに500ポイント貰うことができるので、年間1,500ポイント貰うことができます。

この時貰えるポイントはMUJIショッピングポイントとなり、10ポイント10円で使うことができます。

毎年1,500円相当のポイントが貰えるので、無印良品での買い物や、Cafe&Meal MUJIでの食事やお茶に使えば有意義です。

無印良品週間なら10%オフで買い物ができる

無印良品は、年に数回「無印良品週間」というセールをおこないます。

MUJI Cardを利用すれば、この期間中は無印良品での買い物が10%オフになります。

無印良品のメルマガを購読すれば、このセールがいつ頃開催されるのかわかります。

過去5年間を調べてみると、年に5回も開催されています。

必ずチェックして、ぜひ利用してくださいね。

MUJI passportアプリに登録しておけばさらに便利

muji-passport

スマホアプリのMUJI passportアプリにあらかじめ、自分のMUJI Card会員情報とMUJI.netメンバー情報を登録しておけば、無印良品の店舗とネットストアで貯まった両方のポイントを合算することができます。

また、MUJI passportアプリに登録することで、毎年MUJIマイルを貰うことができます。

それに、無印良品でMUJI Cardを提示するだけでも、1円に付きMUJIマイルを1マイル貰うことができます

MUJIマイルは、そのままMUJIショッピングポイントに交換することができます。

これにより、更にMUJIショッピングポイントが貯めやすくなります。

さらに、お誕生日月に獲得したMUJIマイルは通常の2倍貯まります。

交換レートはこちらになります。

ステージ 必要なMUJIマイル数 MUJIショッピングポイント
シルバー 2万以上 200ポイント
ゴールド 5万以上 300ポイント
プラチナ 10万以上 500ポイント
ダイヤモンド 20万以上 1000ポイント

ダイヤモンド以降はずっと1,000ポイントになります。

また、アプリに登録しているだけで、毎年3月に3,000マイル貰うことができる特典もありますし、今あるポイント数なども確認することもできますので、是非このアプリは登録することをおすすめします。

MUJI Cardは、無印良品とクレディセゾンが提携するクレジットカードですから、クレディセゾンの提供するお得なサービスが受けられます。クレディセゾンならではのサービスがある

西友、リヴィン、サニーでの買い物が毎日3%オフ

MUJI Cardを利用して、西友、リヴィン、サニーで買い物をすれば、いつでも3%オフになります

毎日の食材や消耗品などを購入できるこれらのストアが近くある方は、いつでも3%になるというのはちょっとした節約につなげることができるので上手に活用してください。

しかも、毎月5日と20日は、3%オフではなく5%オフになります。

人気チケットの先行予約ができ優待価格もあり

これは、クレディセゾンが提携するe+(イープラス)のサービスになりますが、人気のチケットの先行予約ができて、優待価格で手に入れることもできます。

さらに、購入するチケットによっては優待特典がある場合もあるので、ぜひ利用したいサービスです。

演劇、ミュージカル、コンサート、バレエ、ダンス、スポーツ、お笑いなどのチケットが対象ですから、きっと手に入れたいチケットが見つかるはずです。

他のセゾン系カードで貯めた永久不滅ポイントを合算できる

クレディセゾンが提供する永久不滅ポイントは、MUJI Card以外のセゾン系クレジットカードで貯めた永久不滅ポイントと合算することができます。  

大の無印良品好きなら、合算した永久不滅ポイントをMUJIショッピングポイントに交換すれば、無印良品での買い物をポイントを上手に活用すればお得に購入することもできるはずです。

別のセゾン系カードを持っているのであれば、ポイントは1枚にまとめてしまいましょう。

VISAのサービスが受けられる(国際ブランドをVISAにした場合)

国際ブランドをVISAにすれば、VISAが提供するサービスを受けることもできます。

セゾンカウンターで様々なサポートをしてもらえる

全国160か所にあり、スタッフ1,000人体制でサポートしてくれる「セゾンカウンター」のサービスを受けることができます。

これは、MUJI Card会員の場合は、

  • 優待情報の案内
  • キャンペーン情報の案内
  • 様々な手続きのサポート
  • 各種入金などの承り

などを受けることができます。

VISA海外優待プログラムが受けられる

これは、海外旅行によく行く人にとっては、大きなメリットです。

海外でのショッピングや宿泊などが優待価格で利用することができる様々な特典が用意されています。

優待サービスの詳細は、VISAパスポートブックでチェックすることができます。

AMEXの優待が受けられる(国際ブランドをAMEXにした場合)

国際ブランドをAMEXにすれば、2つの優待サービスを受けることができ、旅行傷害保険も付帯されます。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

こちらは、ホテル、ダイニング、ショッピングの3つのシーンで優待を受けることができるちょっと贅沢なサービスです。

ホテルの優待サービス

  • シェラトンホテル&リゾート
  • マリオットインターナショナル
  • ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ
  • 川奈ホテル
  • おもてなしホテルズ
  • オークラホテルズ&リゾート

上記は一部ですが、これらのホテルに優待価格で宿泊することができます。

ダイニングの優待サービス

  • 第一ホテル東京内「一寿し」:飲食代10%オフ
  • 第一ホテル東京内鉄板焼き「一徹」:飲食代10%オフ
  • 第一ホテル東京内フレンチ「アンシャンテ」:飲食代10%オフ
  • ザ・キャピトルホテル東急内中国料理「星ヶ岡」:飲食代10%オフ
  • ウェスティンホテル大阪内日本料理「ははの」:飲食代10%オフ
  • ハイアットリージェンシー大阪内「ベイラウンジン&バー」:飲食代20%オフ
  • ハイアットリージェンシー大阪内日本料理「彩」:飲食代20%オフ
  • ハイアット リージェンシー 京都内「東山」:飲食代20%オフ

ショッピングの優待サービス

エストネーション銀座での買い物が30,000円以上+消費税の場合5%オフになります。

ホテルやダイニングでの優待サービスは、大切な人との特別な日などにぜひ、利用したいサービスです。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス

AMEXの世界14ヶ国のネットワークを駆使して、快適で安心の旅を提供してくれるサービスです。

主なサービスは、

  • 旅の相談全般
  • 航空券の予約発券
  • 各種ツアーの案内や手配
  • ホテルやレンタカーの予約から確認、変更まで
  • パスポートの紛失、盗難時のサポート
  • アメリカン・エキスプレスのトラベラーズ・チェックの販売や現地通貨への両替、紛失等の再発行

などがあります。

MUJI Cardでこれだけの快適と安心を与えてくれる旅を提供してもらえるのは嬉しい特典でしょう。

国内、海外旅行傷害保険が付帯

国内傷害保険(利用付帯)

傷害の種類 補償金額
死亡 最高3,000万円(家族1,000万円)
入院費 5000円/日
通院費 3000円/日

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円(家族は1,000万円)
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任費用 最高3,000万円
救援者費用等 最高200万円
携行品費用 最高30万円

充実の補償内容になっているので、これだけで年会費の3,000円(税抜)は、チャラと考えても良さそうです。

他にも最高100万円まで補償してくれるショッピング保険も付帯していますので、安心です。

MUJI Cardには、このように大きなメリットが詰まっています。

これらのメリットの他にも、電子マネーへのチャージが可能であったり、人気のau WALLETへのチャージもできます。

国際ブランドをVISAにすれば、保険付帯はなくなるものの年会費無料でかなり充実したカードを保有できることになります。

MUJI Cardのデメリット

MUJI Cardのデメリットとしては

  • 通常の還元率が高くはない
  • VISAは旅行傷害保険が付帯していない

この2つでしょう。

通常の還元率が高くはない

MUJI Cardでは、通常の還元率が0.5%なので、高還元率のカードと比べるとそこまで高くはありません。

しかし、名前を見ればわかると思いますが、MUJI Cardなので、無印良品を買うのに特化したクレジットカードです。

だからこそ、無印良品をMUJI Cardで支払えば還元率が3倍の1.5%にまで跳ね上がりますし、MUJI Cardショッピングポイントへの還元率も1.8%と高水準です。

メインカードとしては、少し心もとないカードですが、無印良品をよく買うというかたには、サブカードとしては持っておいたほうがいいお得なカードです。

無印ファンなら持つべきカードといっても過言ではありませんよ。本当に。

VISAは旅行傷害保険が付帯していない

AMEXを選べば、国内旅行なら利用付帯で海外旅行であれば自動付帯で傷害保険がついています。

しかし、AMEXの場合は年会費に3,000円(税抜)がかかってしまいます。

よく旅行に行く方であれば、年会費が3,000円かかっても傷害保険だけでも、ペイできるはずですが、あまり旅行にいかない方は、
この年会費は大きな出費なはずです。

もし、あまり旅行にいかないけど、ちょっと保険はほしいという方は、エポスカードとJCB EITなら年会費無料のクレジットカードで自動付帯で保険がついてきます。

それらのカードは使わなくても旅行保険が付帯してるので、持っているだけで一切お金はかかりません。(海外旅行保険)

このようなお得なクレジットカードを複数持っていると、旅行に行く際も安心できるので、おすすめですよー。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...
JCB EITJCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介
JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができる...

MUJI Cardの審査は?

いざ、MUJI Cardを作ろうと思っても、気になるのは審査ですよね。

審査が厳しすぎて落ちてしまっては意味がありません。

特に専業主婦の方などで、よく西友で買い物をする方は、1枚は自分で持ちたい方もいるでしょう。

MUJI Cardの審査資格は

18歳以上(高校生は除く)で、電話連絡可能な方なら、どなたでもお申し込みいただけます。

ということなので、大学生でも専業主婦の方でも申し込みすることが可能です。

今の時代、携帯電話を持っていない人はいないと思いますので。

そう考えると、MUJI Cardは、他のクレジットカードに比べても、そこまで審査は厳しくはないと思います。

ただし、それでも、以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、当然厳しくはなりますの、注意が必要です。

まとめ

MUJI Cardは、無印良品での買い物がお得で便利になるだけでなく、西友、リヴィン、サニーでの買い物までお得になる優秀なカードです。

ただし、無印良品は買わないけど、西友はよく使うならウォルマートカード セゾンの方が、年会費無料でAMEXブランドを持つことができるので、そちらのカードの方がおすすめかもしれません。

ということで、MUJI Cardは無印良品ユーザーのためのカードといっても過言ではありません。

むしろ、無印良品で買い物するのにMUJI Cardを持ってないってかなり損してね?っていうくらい損してますからね。

無印良品が好きでよく買うならサブカードとして絶対に持っておいて損はないクレジットカードでしょう。

VISAにすれば、永年年会費は無料ですから、金銭面ではなんのリスクもありません。

それに毎月1,500ポイントが無料で貰えるので、VISAにしてしまえば、1,500円分はプラスになるわけですから、かなりお得です。

1,500円ならちょっとしたランチもできますよね。

このようなクレジットカードを上手にガンガン活用して、お得に暮らしていきましょう。