小田急沿線に住んでいるなら、持っておいて損はない小田急ポイントカード。

そして、そんな小田急ポイントカードよりも更に、お得にポイントが貯めることができるのがOPクレジットカードだ。

小田急沿線に住んでいて、常に小田急沿線近くの店舗で買い物をしている人で、活用していない人は本当に損をしている。

また、小田急ポイントカードは活用しているけど、OPクレジットカードは活用していない。

こんな人も実は、ポイントをガンガンお得に貯めるには損をしてしまっているのだ。

小田急沿線の人や、普段から買い物は小田急百貨店を利用している人。

これらの人には、本当におすすめの1枚だ。

むしろ必須といってもいいだろう。

ここでは、OPクレジットカードの特徴、ポイントのお得な貯め方、使い方、デメリットなどを紹介していく。

是非参考にしていただきたい。

OPクレジットカードの特徴

OPクレジットカード

OPクレジットカードは、小田急電鉄株式会社が発行する、小田急グループでお得に使うことができるクレジットカードだ。

OPクレジットカードと同じく小田急グループでポイントが貯まる、小田急ポイントカードもある。

小田急グループを利用している人なら、小田急ポイントカードを持っている人がほとんどだろう。

それは、本当に小田急グループで使うには、お得なポイントカードになっているからだ。

それくらい、小田急グループではこれらのカードに力をいれている。

そんな小田急ポイントカードにクレジットカード機能が付いた、OPクレジットカードだが、ブランドは3つだ。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

クレジットカードの中には、VISAしか選べなかったり、JCBしか選べなかったりする場合がある。

日本に住んでいれば、この3つのブランドでほぼ大丈夫だ。

しかし、もしも海外で使うとなった場合は、JCBが使えない場合もある。

私は以前タイに旅行にいったのだが、少し田舎の方のショップセンターになると、VISAかMasterCardしか使えなかったことがあった。

今は、徐々に海外でもJCBが使える店舗は多くはなってきたが、海外も考えているのであれば、VISAかMasterCardにしておけば問題はない。

クレジットカード中には、JCBしか選べないクレジットカードも多々あるのだ。

それを考えればOPクレジットカードは、3つから選ぶことができるので、選択の幅が広がるのはいいことだろう。

OPクレジットカードの年会費

OPクレジットカードの年会費は、初年度は無料となっている。

初年度無料ということは、次年度からは年会費がかかる。

500円(税抜)だ。

しかし、安心してほしい。

年に1回でも利用があれば、無条件で次年度も年会費は無料になるのだ。

金額は関係なく、利用すればいいのだ。

ちょっとした食品や雑貨、日用品でもなんでもいい。

それを考えれば、年に1回の利用は実質年会費無料と同じくらいに考えてもいい。

それにOPクレジットカードは、小田急グループを利用している人のためのカードだ。

OPクレジットカードを作る時点で、買い物をしてポイントを貯めることを前提で作っていると思う。

もし、引っ越しなどで小田急沿線を離れたり、サービスを使わなくなって、OPクレジットカードを使わない場合は、解約すれば年会費はかからない。

また、OPクレジットカードには、家族カード、ETCカードもある。

家族カードも、初年度は年会費が無料だが、次年度からは100円(税抜)の年会費がかかる。

これも、本人カードと一緒で年に1回でも利用すれば、無料になる。

ETCカードに関しては、年会費は無料で使うことができる。

ETCカードは有料というクレジットカード会社も多い。

それを考えれば無料で作ることができるのは、OPクレジットカードドのメリットだろう。

還元率・ポイントの貯め方

-shared-img-thumb-PASONAZ160306170I9A2357_TP_V

OPクレジットカードの還元率は、200円(税込)で1ポイントだ。

還元率でいえば、0.5%になる。

1%以上の高還元率のクレジットカードに比べるとやや低い。

小田急以外でも買い物をしているなら、メインカードにするにはちょっと心もとない。

しかし、その分小田急グループで買い物をするときに使えば、かなりお得になっている。

また、OPクレジットカードは、税込に対してポイントが付く。

これも一つの特徴だ。

例えば、10,000円(税抜)の買い物をしたとしよう。

その場合、税込では10,800円になる。

税抜でポイントが付くクレジットカードの場合は、10,000円に対してポイントが付く。

しかし、OPクレジットカードであれば、10,800円に対してポイントが付くのだ。

仮に、同じ還元率が0.5%のクレジットカードの場合で比較すると。

10,000円→50ポイント

10,000円→54ポイント

このように、10,000円で4ポイントも違うのだ。

税込と税抜では、かなりポイントの貯まり方が変わってくる。

税込と税抜の場合でどれくらい差がでるか比較してみたので、参考にしていただきたい。

年間利用額 税抜(ポイント) 税込(ポイント) 差額(ポイント)
20万円 1000ポイント 1080ポイント 80ポイント
30万円 1500ポイント 1620ポイント 120ポイント
50万円 2500ポイント 2700ポイント 200ポイント
100万円 5000ポイント 5400ポイント 400ポイント

※同じ還元率が0.5%のクレジットカードの場合(消費税8%で計算)

50万円使っても、200ポイントの差がでるのだ。

これから消費税が上がれば、更にポイントに差がでる。

それを考えれば、ポイントの付き方も税込と税抜では大きく変わってくるのだ。

小田急ポイントサービス加盟店

小田急ポイントサービスを行っている加盟店は、現時点で97の店舗やサービスがある。※2016年3月末現在

ジャンル ポイントサービス加盟店
ショッピング 小田急百貨店(各店舗)、Odakyu OX ストア、ジロー 鶴川駅前店、ミロード(各店舗)、新宿西口ハルク、Flags(フラッグス)、経堂コルティ、ビナウォーク、HOKUO
ホテル ハイアット リージェンシー 東京、小田急ホテルセンチュリーサザンタワー、小田急ステーションホテル本厚木、山のホテル、ホテルはつはな、箱根路 開雲
飲食 茶屋本陣 畔屋、小田急あしのこ茶屋、カフェ・サンモリッツ、箱根カフェ、大涌谷 駅食堂、トラットリア ペッシェドーロ 新宿店、マンマパスタ 狛江店
観光・レジャー 小田急藤沢ゴルフクラブ、大山ケーブルカー、箱根湯寮、箱根強羅公園、小田急ヨットクラブ、小田急山中湖フォレストコテージ、
交通 小田急交通、小田急交通南多摩、小田急ロマンスカー、神奈中ハイヤー、相模中央交通
生活・その他 小田急ハウジング、小田急不動産、経堂スポーツクラブビル、東海綜合警備保障、かなスマイル(家事代行サービス)、横浜銀行

一部なので、これ以外も多数ある。

詳しく知りたい場合はこちらを参照してほしい。

どんどん、新着で新しい加盟店が増えている。

これから更に増えていくのは間違いないだろう。

また、OPクレジットカードであれば、自分の選んだブランド

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

これらの店舗であれば、どこでも使うことができるが、上記のサービス加盟店で使えば、ポイントを最大10倍貯めることも可能だ。

通常のポイント還元率が0.5%と少し低いので、ガンガンポイントを貯めるなら上記のサービスや店舗を上手に活用していこう

OPクレジットカードなら二重取り

OPクレジットカードでは、小田急ポイントカードと違いポイントを二重取りすることができる。

小田急ポイントカードを使っている人は、現金での支払だと思う。

現金で支払いをしたとしても、ポイントの還元率はOPクレジットカードと同じく0.5%だ。

しかし、OPクレジットカードでクレジット支払いをすれば、更に0.5%分のポイントが還元されるのだ。

なので、実質ポイントが倍になるのだ。

しかも、小田急ポイントカードは税抜でポイントが付くが、OPクレジットカードは税込でポイントが付く。

先ほどの場合で今度は、小田急ポイントカードと比較してみよう。

例えば200円で0.5%の小田急ポイントが付く店舗があるとする。

そこで10,000円(税抜)の買い物をしたとしよう。

それぞれのポイントの付き方は

小田急ポイントカードの場合(現金)

10,000円(税抜)×0.5%=50ポイント

OPクレジットカードの場合(支払い)

10,000円(税抜)×0.5%+10,800円(税込)×0.5%=104ポイント

54ポイントの差がでるのだ。

年間利用額 小田急ポイントカード(ポイント) OPクレジットカード(ポイント) 差額(ポイント)
20万円 1000ポイント 2080ポイント 1080ポイント
30万円 1500ポイント 3120ポイント 1620ポイント
50万円 2500ポイント 5200ポイント 2700ポイント
100万円 5000ポイント 10400ポイント 5400ポイント

※小田急ポイントが貯まる店舗(還元率が200円(税抜)で1ポイント)

小田急ポイントカードと、OPクレジットカードでこれだけの差がでる。

どちらがお得にポイントが貯めることができるかは、一目瞭然だろう。

このように、OPクレジットカードでクレジット支払いにすれば、二重取りができるので、実質倍以上ポイントの差額が付くのだ。

小田急百貨店と小田急オンラインショップが熱くてお得

小田急百貨店

小田急ポイントサービス加盟店では、利用で1%を還元している店舗も多くある。

その中でも、異質を放っているのが、小田急百貨店小田急オンラインショップだ。

小田急百貨店

小田急百貨店では、OPクレジットカードの利用で、普通品の本体価格から5~10%ものポイントが付くのだ。

小田急ポイントカードでも、3~10%のポイントが付く。

年間のお買い上げ額(税抜) OPクレジットカード 小田急ポイントカード
10万円未満 5% 3%
10~50万円未満 7% 5%
50~80万円未満 8% 6%
80~100万円未満 10% 8%
100万円以上 10%

これは破格の還元率がだろう。

還元率は、年間のお買い上げ額によってきまる。

しかも、OPクレジットカードは、それとは別にポイントが0.5%分付くのだ。

ということは、OPクレジットカードなら、80万円以上使えば翌年は常に10.5%分ポイントが付く。

マジでお得だ。

小田急ポイントカードでも、10%まではあるが、100万円以上になる。

すべて、OPクレジットカードよりも2%還元率が低くなっている。

これを考えれば、小田急ポイントカードではなく、OPクレジットカードを持たない損をすることがわかると思う。

小田急オンラインショップ

小田急オンラインショップ

小田急オンラインショップは、小田急百貨店のネットショップになっている。

小田急百貨店のものをこちらで購入することがある(一部対象外あり)

そんな、小田急オンラインショップだが、こちらはOPクレジットカードの利用に限り、同じく5~10%のポイントが付くのだ。

現金で支払っても、小田急ポイントカードにはポイントがつかないのだ。(年間のお買い上げ金額には合算される)

もし、小田急百貨店にいけなくて、オンラインショップで買う場合は、OPクレジットカードで支払わないと、損をすることになる。

小田急百貨店だけではなく、オンラインショップも活用しているのであれば、OPクレジットカードは必須のカードだ。

ランクアップは、上記の小田急百貨店と同じなので、上記を参考にしてほしい。

ただし、小田急百貨店も、オンラインショップも、ご奉仕品・食料品・一部売場商品、レストラン・喫茶の利用金額の1なので注意してほしい。

PASMOにオートチャージしてポイントが貯まる

PASMOといえば、交通の電子マネーで有名なので、使っている人も多いだろう。

Suicaが使える店舗では、PASMOでも使えるようになったので、ますます利便性がよくなった。

そんなPASMOにオートチャージできるのが、OPクレジットカードだ。

還元率は同じく0.5%。

PASMOへの、オートチャージはネットからでも、京王線・井の頭線などからでも申し込みすることができる。

小田急乗車や電子マネーでポイントがつく

上記のPASMOへのオートチャージにしている人限定だが、小田急乗車で利用に応じて最大7%のポイントが貯まるのだ。

月間の運賃総額 0円~ 1,360円~ 5,000円~ 10,000円~ 15,000円~ 20,000円
ポイント還元率 0% 1% 2% 3% 5% 7%

最終的な乗車ポイントは、

月間の運賃総額×ポイント還元率=乗車ポイント

となる。

乗車ポイントは、翌月の12日以降にOPクレジットカードに自動で貯まる仕組みになっている。

電子マネーで貯まる

小田急電子マネーポイント

PASMOにオートチャージしていれば、このステッカーが貼っている店舗やサービスで、PASMOを使うと利用金額合計に1%にポイントが付く。

その場でポイントが付くのではなく、あくまでも月の合計金額に対してポイントが付くのだ。

例えば、A店で500円、B店で500円、C店で1000円を使った場合は、合計の2,000円に対して1%分のポイントが付くのだ。

そしてポイントは、翌月の12日以降に自動で貯まるようになっている。

PASMO電子マネーが使えて、ポイントが貯まる店舗はこのような店舗で使うことができる。

ほんの一部だが紹介しておこう。

店舗
新宿 Odakyu SHOP、箱根そば本陣、ゴントラン・シェリエ、cafe Lu-Le、ロマンスカーカフェ、オアシスステーション、Q´s café、ゴディバ、おだむすび、AZUR新宿西口店、WORKSなど
代々木上原 Odakyu SHOP、LITTLE MARMAID、STARBUCKS COFFEE、鎌倉パスタ、牛たん料理 大黒や、KALDI COFFEE FARM、Odakyu OXなど
町田 BURGERKING、Odakyu SHOP、箱根そば、タリーズコーヒー、サンマルクカフェ、とんかつ工房、天丼てんや、フィッツミー、QBハウス、飲料自動販売機など
小田急永山 ヴィ・ド・フランス、FORESTY COFFEE、日高屋、いい菜&ゼスト、ミスタードーナツ、スーパークリシマ、ミネドラッグ、駐輪場など

その他の店舗はこちらを参考にしてほしい。

キャンペーン

OPクレジットカードを持っていると、様々キャンペーンにエントリーすることができる。

どれも期間限定で、OPクレジットカードを持っていないと参加することができないキャンペーンだ。

小田急エンジョイキャンペーン

このキャンペーンは、OPクレジットカードで2万円以上を一口として応募すると、箱根旅行が当たるキャンペーンだ。

こちらは、いくらでも申し込みすることができるので、常にOPクレジットカードを使っている人にはおすすめのキャンペーンだ。

もっと経堂キャンペーン

経堂に入っている店舗でOPクレジットカードを提示すだけで、お得な特典がもらえ、更に5,000円以上の利用で更に、景品があたるキャンペーンもある。

このように、期間限定であるが、OPクレジットカードを持っているだけで受けることができる、キャンペーンがある。

OPクレジットカードを作ったら、是非参加してお得な特典などを頂こう。

OPクレジットカード優待サービス

OPクレジットカードには、優待サービスがあり、提示やクレジットの支払いで割引などが受けれるサービスがある。

世田谷美術館では、提示しただけで団体割引料金で入場することができる。

また、引っ越しで有名なアート引越センターでは、引っ越しの基本料金から20%OFFなるサービスなどもある。

そこまで数は多くはないが、提示するだけやクレジットの利用で、このような優待を受けれるのはかなりお得だろう。

小田急ポイントカードでは、これらの優待サービスは受けることができない。

それを考えれば、OPクレジットカードにしたほうが、いろいろと特典やお得なサービスを受けることができる。

ポイントの使い方

OPクレジットカードで貯まったポイントは、小田急ポイントサービス加盟店として、1ポイント=1円で使うことができる。

ポイントを利用する際は、利用時に一言定員に

「ポイントを利用します」

といえば、あとは勝手あちらで対応してくれる。

店舗によっては、ポイントと現金を一緒に使える店舗もある。

ポイントで支払う分は、ポイントしか使えないと、何かと不便だが、そのような店舗だとポイントを使う利便性もよくなる。

ポイントサービス加盟店では商品交換

ポイントサービス加盟店では、商品を安くポイントと交換してくれるサービスがある店舗もある。

例えば、小田急百貨店の新宿店では

小田急ポイントサービス企画

ケーキが2,000円のところ1,800円になったり、

小田急ワイン

ワインが6,480円が6,000円になったりと、かなりお得に商品が交換できるのだ。

これらのサービスを使えば、クレジットなどで支払いをするよりも、もっとお得に購入することができる。

いろいろな商品があるので、お得な商品があれば是非ポイントを使って購入してみてほしい。

家族で使える

OPクレジットカードでは、家族カードを作ることができる。

その家族カードと、本人が持っているOPクレジットカードに貯まっているポイントを、合算して使うことができるのだ。

例えば、家族で10,000円分のポイントを貯めたとする。

普通であれば、クレジットカードを持っている人のカードでしかポイントを使うことができない。

しかし、OPクレジットカードの場合は、家族カードであれば誰でもそのポイントを使うことが可能なのだ。

これは地味に嬉しいポイントの使い方だろう。

家族カードの発行限度枚数は4枚までになっている。

5人家族までなら、対応が可能だ。

更に、家族カードでもPASMOにオートチャージをすることができる。

学生などは、頻繁にバスや電車を使うだろう。

それをPASMOでオートチャージにしてしまえば、どんどんポイントが貯まっていくのだ。

いつの間にか、子供に使われていた。

ってことにだけは注意すれば、ポイントを上手に使うことができるはずだ。

チャージでポイントが貯まる電子マネー

ナナコカード

OPクレジットカードは、基本的に電子マネーであれば、PASMOを使った方がお得にポイントを貯めることができる。

しかし、PASMO以外にもチャージして、ポイントが付く電子マネーがある。

ブランドによってすこし違うのだが、

ブランド チャージでポイントが付く電子マネー
JCB nanaco
VISA 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
MasterCard 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、au WALLET

JCBは、他のブランドよりもチャージできる電子マネーは少ないが、税金を払うことができるnanacoへチャージすることができる。

ただ、nanacoにチャージするのであれば、リクルートカードなどの方が還元率がいいので、そちらでチャージした方がお得だ。

nanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討。

楽天Edyも使える店舗数が多くおすすめの電子マネーだ。

楽天Edyのお得な貯め方などはこちらで紹介しているので、参考にしてほしい。

楽天Edyをガンガン使いこなす!お得なクレジットカードも紹介

OPクレジットカードのデメリット

OPクレジットカードのデメリットは、やはり小田急グループを使わない人にはあまり得をしないカードになる。

通常のポイント還元率も0.5%と他の高還元率のクレジットカードに比べてしまうと、低い。

また、海外旅行の際の保険や、ショッピングなどに対する保険なども付帯していない。

これらの保険がほしい場合も、OPクレジットカードはおすすめできない。

しかし、今は無料のクレジットカードでも、海外旅行の保険などが自動で付帯するクレジットカードもある。

OPクレジットカードは、小田急でガンガンポイントを貯める専用にして、サブカードでそれらのカードを持つといいだろう。

JCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介

エポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較

上記のJCB EITエスポカードの2つは、自動で海外損害保険が付く。

しかも年会費が無料でだ。

楽天カードにも、利用付帯ではあるが、海外損害保険が付く。

楽天カードの特徴を網羅!お得にポイントを貯める方法を解説

海外旅行やショッピングの保険を考えているのなら、これらのカードを参考して選ぶといいだろう。

OPクレジットゴールドカード

OPクレジットゴールド

OPクレジットカードの上級のカードで、OPクレジットゴールドカードがある。

ポイントの還元率などは、普通のOPクレジットカードと変わらない。

それにブランドも

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

の3つだ。

特典としては、OPクレジットゴールドカードには、ラウンジが使えたり、海外旅行などの保険が付帯している。

OPクレジットゴールドカードは、JCBとVISA&MasterCardで少し、特典が違う。

下の表を参考してほしい。

カードの種類 OPクレジットゴールドカード(JCB) OPクレジットゴールドカード(VISA/MasterCard)
年会費 10,000円(税抜)
海外旅行保険 1億円(内5,000万円は利用付帯) 5,000万円(自動付帯)
国内旅行保険 5,000万円(自動付帯) 5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 300万円
家族カード 1人目無料、2人目より1,000円

OPクレジットゴールドカードは、このように保険が充実しているが、年会費が10,000円かかってしまう。

200万円以上つけば、年会費は無料になるが、200万円以上の利用は結構厳しいだろう。

通常のポイントなどは、変わらないので、もし上記のような保険がほしいのであれば、別のクレジットカードをサブカードとして、持つのもおすすめだ。

有効期限や確認方法など

OPクレジットカードで貯めたポイントの有効期限は、3ヶ月~1年3ヶ月だ。

他のクレジットカードのポイントよりも、少し期間は短めだ。

1年間は積立期間があり、そこで使いきれなかった場合は、更に3ヶ月後までは使える仕組みなっている。

できれば、ポイントを使わないでいるよりも、どんどん使ってしまった方がいいだろう。

また、ポイントの確認は、「OPカードWEBサービス」で確認することができる。

OPカードWEBサービスは、AM1時~AM6時まで利用することができない。

そのあたりはしっかりと注意してほしい。

また、住所変更や解約に関しては、小田急カード専用デスクがあるので、そちらから手続きすることができる。

支払い締め日と引き落とし日

OPクレジットカードの支払締め日は、毎月15日が締め日になっている。

引き落とし日は、翌月の10日だ。

支払い日を変更できるクレジットカードもあるが、OPクレジットカードでは、基本的にはできない。

小田急ポイントカードとOPクレジットカードどっちがお得?

小田急百貨店1

小田急ポイントカードとOPクレジットカード。

ガンガン小田急ポイントを貯めるのであれば、絶対にOPクレジットカードだろう。

まず、小田急ポイントカードは小田急ポイントサービスで買い物をした場合、金額に対して0.5%のポイントが付く。

しかし、OPクレジットカードなら、それにプラス0.5%が上乗せさせられるのだ。

実質2倍の還元率になる。

2倍もポイントが違うと、最終的に貯まるポイントも相当変わってくる。

それにPASMOへオートチャージできて、オートチャージ分でもポイントが付くのだ。

オートチャージにすると、面倒な手続きがいらなくなるので、本当に楽になる。

また、年会費がかかるといっても、たった1回の支払いで無料になるので、そんなにデメリットではない。

小田急ポイントカードも、発行手数料で100円とられるのだ。

どちらにしても、そこまで変わらないだろう。

それに、優待を受けられたり、提示するだけ特典やサービスを受けれることもある。

これらを考えれば、小田急ポイントカードよりもOPクレジットカードにした方が確実にお得なのだ。

まとめ

OPクレジットカードは、小田急グループを利用している人のクレジットカードといってもいい。

それくらい、小田急グループで使えば、大きな特典やサービスを受けることができる。

小田急百貨店などで、最大10.5%のポイントが付くなど普通でありえない還元率だ。

しかも、今ならOPクレジットカードへ新規入会で最大5,000ポイントが貰えるキャンペーンを行っている。

5,000ポイントを貯めようと思ったら、100万円以上は使わないといけない。

それが、2016年5月31日(火)だが、5,000円がプレゼントされるお得なキャンペーンを行っているのだ。

今まで、小田急ポイントカードを使っていたり、これから引っ越しで小田急線沿線付近に住むようになる人などは、この機会に作ってみてはどうだろうか?

▼こちらからキャンペーンに申し込みできます▼