リクルートカードプラスといえば、業界最高基準の2%を誇る高還元率クレジットカード。

私も実は、主要クレジットカードの筆頭に使っています。

しかし、最近リクルートカードプラスが改悪してしまいました。

最近の改悪でいえば、ジャックス系のカードが、ポイント還元率が下がった上に、nanacoへのチャージ分のポイントが、ものすごく下がってしまったという改悪がありましたよね。

リクルートカードプラスの改悪はないと思っていましたが、やはり来てしまいました。

今回はそんな、リクルートカードプラスの改悪と変更になったポイントを紹介紹介していきます。

リクルートカードプラスがほしいのであれば、今しかない。

追記 2016年3月16日

リクルートカードプラスの新規発行は終了しました。

リクルートカードの種類と特徴

リクルートカードプラス

「リクルートカード」には、2つの種類があります。

年会費無料の「リクルートカード」と、年会費2000円(税抜)がかかる、「リクルートカードプラス」。

リクルートカードの方は、還元率が1.2%で、年会費は無料で使うことができます。

リクルートカードプラスは、ポイント還元率が2%で、高還元率クレジットカードの中でもダントツに高い還元率になっています。

年会費はかかりますが

  • 還元率2%
  • nanacoチャージでポイントが貯まる
  • 限度額がかなり上がる
  • リクルートサービスだと5%以上の還元率になることもある

など、かなり使い勝手よく、凄いカードでした。

ちなみにですが、リクルートカードに貯まった、ポイントはPontaと統合することができます。

今までは、リクルート系のサービスしかポイントは使うことができませんでした。

しかし、2015年11月24日より正式にリクルートポイントとPontaポイントが統合となりポイントの利便性も広がりました。

もう少しまとめると

  • リクルートポイントはPontaポイントに変更
  • リクルートカードに貯まるポイントは、そのままリクルートポイント
  • リクルートのサービスで貯まったポイントは、Pontaポイントに変更
  • リクルートポイントは、実はPonta加盟店では使えない
  • 基本は等価交換

などの、複雑な変更はあったものの、以前よりのかなりポイントが使いやすくなりました。

もっと詳しく知りたい人は、こちらを参考に。

リクルートポイント・Pontaポイントの複雑な交換の仕組みを紹介

正直なところ、Ponta加盟店のほうが遥かに、使い勝手がいいので、私はすべてPontaポイントに変えています。

リクルートポイント履歴

昨年は、27,000ポイントも貯めることができました。

このように、使い勝手がよくなってきたリクルートポイントですが、それを2%という還元率で提供していたのが、リクルートカードプラスでした。

年間40万以上使うならリクルートカードプラス

リクルートカードプラスは、2,000円(税抜)年会費がかかります。

しかし、年間に20万以上使えば、2,000ポイント貯まるので、その時点で十分に元は取れます。

年間20万程度だと、1.2%のリクルートカードとポイント数は変わりませんが、年間80万以上になると、約6,000円もの差がでます。

使用額(月額及び年額) リクルートカード リクルートカードプラス
1万円(12万円) 1,440 2,400
3万円(36万円) 4,320 7,200
5万円(60万円) 7,200 12,000
7万円(84万円) 10,080 16,800
10万円(120万円) 14,400 24,000
15万円(180万円) 21,600 36,000
20万円(240万円) 28,800 48,000
30万円(360万円) 43,200 72,000

※リクルートカードプラスの年会費は入れてません。

私は、年間に100万以上はクレジットカードで支払いをしています。

そうなると、無料のリクルートカードよりは、リクルートカードプラスのほうが、年会費を払ってでもお得になります。

だから、高還元率クレジットカードのリクルートプラスを使って、ザクザクポイントを貯めていたわけです。

年間で100万円使えば、単純に2万円分のポイントが貯まります。

リクルートのサービスを使えば、もっと還元率があがるキャンペーンなどを行なっているので、更に貯めることが出来ました。

リクルートカードプラスが新規申込み終了

しかし、2016年3月15日を持って、リクルートカードプラスの新規申込みが終了となってしまいました。

リクルートカードプラス改悪

これに合わせて、家族カードも2016年5月15日までで申込みすることが、できなくなりました。

本当に改悪すぎますよね。

ちょうど、1週間前に、嫁専用の家族カードを、作っていたところだったので、危ないところでした。

無事に届きました。

リクルートカードプラスを作ろうと思っている人や、家族カードを申込みする人は、本当に終了してしまうので、すぐに申込みしたほうがいいだろう。

年会費無料で使える、リクルートカードの方は継続して申込みすることが可能です。

リクルートカードプラスの改定の内容と変更点

新規申込みができなくなりましたが、すでに持っている人は、これからの内容の方はどうなったか気になりますよね?

リクルートカード改定

実はすでに、リクルートカードプラスを持っている人は、継続して使うことができます。

今まで通りポイント還元率は2%で変わりません。

年会費も2,000円(税別)。

しかし、今までは「nanaco」や「モバイルSuica」にチャージしていた分は、ポイントとして貯まっていましたよね?

それが、2016年9月16日でポイント加算の対象外になってしまう変更がありました。

これは非常に痛い。

ここで、nanacoチャージでの裏技を知らない人に少し説明しますね。

普段でも、税金や公共料金などを支払う時に、nanacoを使って支払いをすることができます。

この時に、現金からチャージしても、普通であればポイントつきません。

しかし、リクルートカードプラスなどの、ある一部のクレジットカードでは、nanacoにチャージすることにより、クレジットカードにポイントが加算されるのです。

nanacoポイントではなく、クレジットカードのポイントにはなりますが、それでも税金や公共料金をすべて、nanacoで支払っている人は、かなりのポイントを貯めることができます。

リクルートカードプラスも、この裏ワザは使えていました。

それが、2016年9月16日で終了してしまうのです。

私は、ガンガンチャージに使っていたので、相当の痛手です。

リクルートカードプラス以外だと、漢方スタイルクラブカードなども、nanacoチャージに使えます。

しかし、漢方スタイルクラブカードも2015年に1.75%から0.25%大幅に変わりました。

その改悪もあって、リクルートカードプラスに乗り換えた人も多くいました。

それが、今回リクルートカードプラスでは、ポイントそのものが、加算されません。

年間に何十万も、車の税金や公共料金を、リクルートカードプラスでnanacoにチャージをして支払っていた人には、相当な痛手ですよね。

リクルートカードプラスの変更点や、改悪をまとめるとこのようになります。

    • 2016年3月15日でリクルートカードプラスの新規申込みが終了
    • 2016年5月15日までで家族カードも申込みが完了
    • 2016年9月16日以降はnanacoへのチャージにポイントがつかなくなる

これからの展開を考える

nanacoチャージが使えなくなったのは相当痛です。

では、そのままリクルートカードは辞めて、他の高還元率カードに移る。

それも一つの手段です。

しかし、年会費無料のリクルートカードの場合は、そのまま変わらないということなので、nanacoへのチャージ分も加算されます。

こう考えると、一番は2枚持ちがいいかもしれません。

リクルートカードでnanacoにチャージして、それ以外は普段通り、リクルートカードプラスで支払う。

この方法であれば、お得にポイントを貯めることができます。

もしくは、リクルートポイントやPontaポイントを諦めて、Tポイント最強のYahoo! JAPANカードや、楽天を使っているのであれば、楽天カードに移行していまう手もありですね。

Tポイント貯める人必見!Yahoo!JAPANカードが最強な理由を解説

楽天カードの特徴を網羅!お得にポイントを貯める方法を解説

どうしてもリクルートカードプラスがほしいなら、今だ。

そもそもリクルートカードプラスの、新規申込み自体が終わってしまうので、年間に何十万もクレジット払いしているのであれば、今のクレジットカードの中では、一番リクルートカードプラスが、ポイントは貯まる。

リクルートカードプラスを、検討しているのであれば、2016年3月15日までなので、急いだほうがいい。

完全に新規発行は終わってしまったので、Pontaポイントやリクルートポイントをお得に貯めるクレジットカードは、リクルートカードが最強です。

人気のリクルートカードは高還元率。得する使い方・貯め方を伝授

まとめ

クレジットカードは、本当頻繁に改変や改悪があります。

もしかしたら、無料のリクルートカードも何かしらこれから改変があるかもしれません。

年会費無料で還元率が、1.2%のクレジットカードは中々ないですからね。

そうなった場合にも、出来れば複数のクレジットカードを持っていたほうが、対処もしやすいです。

私は、リクルートカードプラス以外に、Yahoo! JAPANカード 楽天カード も同時に持っています。

ちなみに、上記のカードはすべて無料で持つことができるカードです。

一切お金はかかりません。

いつ何があるかわからないのが、クレジットカードです。

リスク分散のためにも、複数持つことで回避していきましょう。

こちらで、年会費無料で持つことができる高還元率のカードを比較しています。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較