リクルートカードと言えば、年会費無料で高還元率のカード。

メインカードとしても十分使えるので、メインカードとして作ろうか悩んでいる人もいるでしょう。

そこで、気になるのが年会費無料で高還元率カードだけに、審査基準が甘いのか厳しいのかでしょうか?

せっかくクレジットカードを作ろうと思っても、審査に通らなければ作ることはできません。

クレジットカードによって、審査基準は変わってきます。

ここでは、リクルートカードの審査基準や抑えるべきポイントについてわかりやすく解説していきます。

リクルートカードを、申込みする前に1度はみることをおすすめします。

リクルートカードの基本的な申込み資格

リクルートカード審査

リクルートカードにまず申込みをするには、

18歳以上(高校は不可)で本人または、配偶者に安定的な収入がある人

が対象になっています。

まずはこの申込み以外の人は、申込みをすることができないので注意が必要です。

基本的に、クレジットカードは18歳未満の人は持つことができません。

これは、家族カードでも同じです。

学生や専業主婦でも持てる

配偶者に安定的な収入があれば、作ることができるので、専業主婦の人でも作ることができます。

また、高校生はダメですが、大学生や短大生などの学生であれば作ることも可能です。

学生がダメなクレジットカードもあるので、学生で年会費無料の高還元率カードを持ちたい人にはおすすめの一枚です。

もちろん、リクルートカードのメリットである

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.2%
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険

などのサービスも同じで使うことができます。

それに、学生に安心な限度額設定で、キャッシングなしでも選ぶことが可能です。

ただ、他にクレジットカードでは学生に特化したクレジットカードもあるので、学生ならそちらを参考にしもいいでしょう。

学生・新社会人必見!三井住友VISAデビュープラスカード完全ガイド

審査に申込みをする際に必要な書類

リクルートカードを申込みをすると際は、以下の書類が必要になります。

  • リクルートID
  • メールアドレス
  • 本人の住所、電話番号、生年月日などの情報
  • 勤め先の会社名、郵便番号、所在地、電話番号が分かるもの(名刺など)
  • 運転免許証(免許証をお持ちの方のみ)
  • カード代金の引落口座となる金融機関口座
  • オンラインバンクへのログイン情報(VISAのみ) ※1

リクルートIDは、すぐに登録することができます。

その際には、メールアドレスの必要。

パソコンでも携帯電話のメールアドレスどちらもでいいので、用意しておきましょう。

個人的には、フリーメールを一つ取得しておくと、何かと便利です。

GmailやYahoo!メールなどですね。

また、申込みをする際はVISAかJCBを選択することになります。

VISAの方が、リクルートカードでは、何かと優遇されているのでVISAにしていれば、間違いはないかと。

リクルートカードの上級、リクルートカードプラスはJCBです。

リクルートカードプラスは2016年3月に改悪をして、新規発行が終了してしまいました。

これを考えると少し、JCBでもいいですが、ちょっと最近は怖いです。

それに、VISAを選べばVISAカード限定で、お得なキャンペーンも実地している。

審査の結果までの期間は遅い?早い?

リクルートカードの審査のかかる期間は、7日~14日前後を目安にするといいでしょう。

私の妻もリクルートを作りましたが、その時に審査にかかった時間は10日です。

リクルートカード入会時期

2016年2月14日に申込みをした。

リクルートカード審査完了

そして、審査完了が来たのが、10日後の2月24日

実際には、次の日に発行されたのが、カードが手元に届いたは12日後。

恐らく普通に会社で働いていれば、これくらいの審査期間で発行されるはずかと。

7日くらいで審査が通った人もいるので、リクルートカードはそこまで審査期間に関しては遅くはありません。

他のカードであれば30日くらいかかるクレジットカードもあるので。

本人確認は電話でくる場合がある

リクルートカードを作ると、本人確認として電話で確認の電話がきます。

もし、出れなかった場合は、会社に電話がいく場合もあります。

会社に知られたくない場合は、なるべく電話を見逃さないようにしましょう。

実際に、私の妻は電話に出れなくて、会社に電話がかかってきました。

聞かれる内容は

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所

などが聞かれます。

本当に確認だけの電話なので、2分もあれば終わります。

そこまで深くは聞かれないので安心してください。

審査基準は甘い?厳しい?

リクルートカードの審査基準は、学生も申込みできる点を考えると、そこまで審査は厳しくないと思います。

当然誰でも申込みをして、審査に通ることはないですが。

クレジットカードは、個人信用情報センターのJICCICなどで、使っているクレジットカードの利用やキャッシング情報などを調べます。

その時に、以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、当然厳しくはなります。

記憶がある人は、ちょっと審査が厳しくなるのは覚悟の上で申込みをしてください。

リクルートカードの場合だと、学生も申込みができる点を見れば、そこまで収入に関してはうるさくないと、考えられます。

収入で決まるのであれば、所得が低い学生は申込みができないはずです。

それを考えれば、リクルートカードは収入よりも今までの過去の履歴が重要になるはずです。

ただし、社会人になっていて無職の場合はハードルがあがるとは思います。

リクルートカードの審査の評判や口コミ




審査自体は通った人の方が、確実に多いです。

しかし、中には実際に落ちた人もいます。



100人中100人が審査に通るわけではないので、そこは注意してください。

無職になって落ちた人もいるので、できれば無職中はさけた方がいいかもしれません。

まとめ

リクルートカードは、年会費無料で高還元率カードの割には作りやすいカードです。

1.2%の還元率で、しかも年会費無料のカードは中々ありません。

ポイントの交換先もPontaポイントなどが増えて、ますます利便性はよくなっています。

リクルートカードプラスの方が、2.0%で還元率が最強でしたが、今はなくなってしまいました。

しかし、年会費無料ではなかったので、年会費無料で持ちたいのであれば、リクルートカードでも問題ありません。

リクルートカードに、旅行傷害保険やショッピング保険もついてます。

これ目的で作ってしまってもいいでしょう。

リクルートカードの特徴などについてはこちらで説明しているので、参考にしてください。

人気のリクルートカードは高還元率。得する使い方・貯め方を伝授