テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。

リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることができて、人によっては便利な支払いです。

でも、本当に便利なだけ?

金利はどうなっているの?

損はしてない?

デメリットは?

でも、よくよく考えればリボ払いのことをあまりしらない人も多いのが現状です。

リボ払いは、知らないまま使ってしまうとかなり損をしてしまう支払いです。

このサイトでは、基本的にはリボ払いはおすすめしていません。

しかし、使い方によっては、リボ払いを使った方が生活の助けになることもあります。

ここでは、そんなリボ払いの仕組みを詳しくご紹介していきます。

クレジットカードのリボ払いの仕組みや特徴

リボ払い

リボ払いとは、毎月のカード会社への支払い額は一定額という支払い方法です。

クレジットカードを利用して月々どれくらいの金額を使おうが支払いは一緒になります。

例えば、リボ払いで設定を1万円と設定していたとします。

その場合、今月はカード利用で3万円使い、先月は5万円だったとしても、毎月の支払い額は変わらず1万円になります。

リボ払いにした方が毎月の金額が決まっているので、楽だと言われるのはこのためです。

リボ払いは4つの種類

また、このリボ払いを選択する方法は様々で、

  • 事前登録型リボ
  • 店頭選択リボ
  • 利用後変更型
  • リボ専用カード

この4つに別れています。

事前登録型リボ

事前登録型リボ」は、最初から支払い方法はリボ払いと決めて登録し、使ったお金は全てリボ払いになります。

一般的にリボ払いで使うのがこれになります。

この方法で利用限度額に設定しておけば、実質手数料がなしでリボ払いを使える場合もあります。

利用限度額に設定できる、リボ払いにすれば、リボ払いにするとお得になるクレジットカードがあるので、これを活用すればお得なサービスや特典を得ることができます。

JCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介

店頭選択リボ

店頭選択リボ」は、店頭での支払い時に、リボ払いを選択できるものです。

普通店での支払いでは、一括や分割しかできないことがほとんどです。

しかし、特定の店舗であれば、その場でリボ払いにできる店舗もあります。

大きな買い物をして、ショッピング枠を超えてしまった時などは、使える方法です。

ただし、毎月の支払いは楽にはなりますが、商品の残高がわからないというデメリットもあります。

利用後変更型

利用後変更型」は、一括支払いや分割払いにしていた支払いを、あとから変更することができるリボ払いです。

例えば、今月はどうしても3万円支払えないとなった場合、ネットか電話で利用後変更型のリボ払いの設定をすれば、その分はリボ払いとして設定することができます。

支払いの全額に対して、リボ払いを設定しなてくもいいので、手数料が若干やすく済む場合もあります。

突然の出費などで、お金を使ってしまった人にはおすすめの支払い方法です。

リボ払い専用カード

リボ専用カード」は、リボ払い限定のカードで、支払い方法は一貫してリボ払いになります。

一括支払いや分割での支払いには、対応していません。

こちらのカードはリボ払い専用カードになります。

P-one wizは年会費無料・高還元率カード!デメリット解消法を紹介

リボ払い専用カードは、リボ払い専用なので、当然手数料が毎月の支払いかかってきます。

なので、正直な話リボ払い専用カードはおすすめはしません。

しかし、

  • 5万円までは手数料無料
  • 初回リボ払いは手数料無料

などの、サービスを行っているクレジットカードもあります。

更に、一括払いと同じように支払うことができる設定ができるクレジットカードもあります。

リボ払い専用カードを選ぶなら、このようなクレジットカードから選ぶといいでしょう。

リボ払い専用カードは、他のカードよりも、かなりお得なクレジットカードがたくさんあります。

リボ払いの返済方式は大きく3つある

リボ払いの返済方式は大きく3つあります。

    • 定額リボビング方式
    • 定率リボビング方式
    • 残高スライド方法

この2つです。

定額リボビング方式

定額リボビング方式は、支払い残高に関係なく、毎月同じ額を支払う方式です。

毎月一定額の支払いになるので、楽な支払い方法です。

しかし、毎月支払い額は変わりませんが、返済するまでに時間がかかるのが、定額方式です。

更に、定額方式にも種類があり

  • 元金定額リボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

この2つに分かれています。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式は、毎月の支払い額を1万円に設定した場合に、1万円+手数料を支払う方法になります。

1万円にプラス手数料が加わるので、1万円よりも多く支払うことになります。

ただ、手数料は支払いをしていくごとに、減っていくので徐々に返済の額は減ります。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式は、毎月の支払い額を1万円に設定した場合に、利息分の手数料も含めて1万円で支払う方法です。

こちらの方式の場合は、月々の支払いが1万円で一定になるので、1万円以上支払うことはありません。

ただし、元金定額リボルビング方式よりも支払い期間が長くなるのと、支払う金額が多くなるのが、この方式です。

利息分の手数料も含めて、1万円にしたい場合などはこちらにした方がいいでしょう。

定率リボビング方式

この支払い方法は、あまりクレジットカードでは使われることがない方式です。

定率リボビング方式も、「元金定率」と「元利定率」に分かれています。

しかし、仕組みが複雑な上そこまで使われることがないので、そこまで覚えることはないと思います。

リボ払いの返済方法の1つにあるということだけを、覚えておくだけでいいです。

残高スライド方式

スライド方式は、例えば、支払い残高が10万円未満の場合は、月の支払い額は5000円、10万~15万円未満なら、月の支払い額は7500円などと変動します。

これは支払い残高の額によって、Aランク、Bランク、Cランクなどと決められていて、月々の支払い残高ランクによってその月の支払い額も変わっていくというものです。

 Aランク Bランク Cランク
10万円未満 10万円~15万円 15万円~20万円
5,000円 7,500円 1万円

そのため、月々の支払い額の予想がしやすい方法です。

簡単にいえば、上記の2つの支払いは方式を組み合わせた、支払い方式になります。

リボ払いは管理などは楽だけどおすすめはしない

リボ払いは、一見すると、毎月の支払額はほとんど一定で、ちょっと使いすぎてしまっ時の月でも、あらかじめ決めておいた支払い額で支払いをすることできます。

管理はとても楽です。

でも、金利や手数料の面から考えると、最終的にはおすすめはできません。

楽で得をするなら、全然いいですけど、楽で損するのは意味がありません。

リボ払いの金利手数料はどうるの?

リボ払いの金利手数料は、どのカード発行会社であってもだいたい15%前後です。

多いところでは、法律上取っても良い金利手数料のいっぱいいっぱいである18%なんてところもあります。

18%も支払うのであれば、低金利のカードローンの方が安くて済みます。

低金利で借りれるカードローンはこちら

リボ払いを選択した場合は、これだけの金利手数料が毎月とられることになります。。

また、リボ払いと同じ様に支払いを、何度かにわけておこなう分割払いも、手数料をとられることになりますが、その仕組みはリボ払いと分割払いとでは少々違います。

リボ払いと分割支払いは違う

分割支払いの場合は、例えば10万円の商品を金利手数料15%として、10回の分割払いで購入した場合。

商品代金10万円+金利手数料3500円を10回にわけて支払っていくことになります。

この場合、総支払額は103500円ですね。

この商品に関しては、103500円を10回にわけて支払っていけば終了です。

103,500円÷10回=10,350円

毎月10,350円を支払うことになります。

一方、リボ払いの場合は、毎月の支払い額は一定額です。

例えば、毎月の支払い額が5千円と決まっていれば、10万円の商品を購入した場合、商品代金10万円+金利手数料15%になります。

それを5千円で支払いをしていくので、トータルでは20回以上支払って行く事になります。

その分長く手数料を取られ続けることになってしまいます。

すると、同じ10万円の商品+金利手数料だとしても、リボ払いの方が結果的に総支払い額が増えてしまうってわけです。

支払いやすい月々の額を重視するか、それぞれの総支払い額を重視するか人それぞれです。

  • 支払いやすさは重視するなら、リボ払い
  • 総支払い額を重視するなら、分割払い

このように分けて考えるといいでしょう。

勿論、一括支払いができる場合は、それが1番です。

リボ払いのメリット

上記のように、金利手数料の面から見ると、リボ払いはおすすめできません。

しかし、それでも、このリボ払いを利用している人はとても多いです。

そんなリボ払いのメリットはやはり、毎月の支払い額が一定であるということが人気の理由です。

この毎月の支払い額も3000円から設定することができるので、自分の毎月の支出によって計画的に決めらる事ができます。

また、少々使いすぎてしまった月でも、その月の支払い額が跳ね上がることもないので、「今月は大変だ!」なんて事にもなりません。

それでもやはり気になるのが、金利手数料です。

その月に多く使ってしまえばしまうほど支払期間は長くなり、そのぶん金利手数料を多く支払わなければいけなくなります。

でも、そんな時はリボ払いの繰り上げ返済を利用できるというメリットもあります。

今月は、無駄な出費もなく余裕があるなんて時は、繰り上げ返済をして少しでも残高を減らせば、その分支払い期間を短くなって金利手数料も減らすことができます。

リボ払いは、うまく利用すれば無理のない出費で、おさえることのできる便利な支払い方法でもありますが、利用する際は十分に気をつけてください。

手数料は本当に痛いですから。

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットといえば、やはり金利手数料でしょう。

ただ、この金利手数料がデメリットなんだと、気づきづらいのが一番のデメリットかもしれません。

周りの環境や麻痺する感覚です。

リボ払いは、最近様々なCMでキレイで爽やかな女優さんや、可愛いキャラくクターなんかが、とっても健全なイメージで勧めています。

また、大手のカード発行会社や銀行がすすめることもあり、安心安全というイメージも定着しつつあります。

ですが、リボ払いはうまく利用しなければ、金利手数料を延々と支払い続けることになる、借金地獄のような一面もあります。

毎月の支払い額が増えてしまう事がないから、なににいくら使っても今月も1万円、来月も1万円、どうせ再来月だって1万円という気持ちから、どんどんリボ払いを利用してお金を使ってしまえば、支払い期間は伸びるばかりです。

そうやって金利手数料が増えていきます。

もちろんお金を使い続ければ金利手数料のみならず、元金だって増えていきますから、いつのまにか「枠いっぱいいっぱいに!」なんて事にもなりかねません。

いくら定額で安心といえるリボ払いでも、危険性は十分に含んでいます。

だからこそ、リボ払いの仕組みをしらない人には、リボ払いはおすすめしません。

リボ払いが一括返済できるカードもある

リボ払いには、メリットもありますが、気を付けなければ、返済に苦しんでしまうというデメリットがあります。

そんな危険を防ぐためにも、リボ払い一括払返済という支払い方法ができるクレジットカードを選ぶのもポイントです。

支払い残高が一度に払えるような残高になった時や、お金に余裕ができた時などは、一括返済でいったん全て支払ってしまえば金利手数料も取られ続けることもありません。

クレジットカードによっては、設定できないカードもあるので、もし一括返済を活用する場合は、一度確認した方がいいでしょう。

リボ払いは、気を付けていないと「気づいた時には借金が膨らんでしまった」なんて様な状態になってしまう事もあります。

そうならないためにも、一括返済も頭に入れておいてください。

まとめ

リボ払いは、上手に利用すればとても便利な支払い方法で毎月のお金の管理もしやすくなります。

また、多くの人が利用をしていて人気があるのも確かです。

ただ、定額という安心から計画なしに利用してしまうと、本当に危険です。

リボ払いのメリットやデメリットを知って使うなら、問題はありません。

しかし、何も知らないまま、勧められたからと言ってリボ払い設定にはしない方がいいです。

一度、楽だとわかって使い続けると、本当に後悔することになります。

別にリボ払いにしなくても、お得にポイント貯めて節約できるクレジットカードもあるので。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較