ビジネスカードを持つからには、ビジネスの面でも、プライベート面でも優遇される便利でステータスの高いクレジットカードであってほしいものです。

かといって年会費が25,000円も30,000円、もしくはそれ以上もしてしまうでようでは、経費がかさんでします。

そんな風に考える人におすすめの「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス」は、使い方次第では年会費を抑えることもでき、それでいてステータスの高い優待サービスや特典が魅力のビジネスカードです。

有効期限のない永久日滅ポイントを貯めていくこともできますし、秘書がおこなうような業務を代行してくれるコンシェルジュサービスも付帯し、世界各国の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスも付帯しています。

そんなセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴やメリット、デメリットなどを説明していきます。

特徴と年会費・国際ブランド

saison-platinum-business-amex

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行するクレジットカードです。

ビジネス・カードとなりますので、ビジネスに特化した優待サービスや特典が豊富です。

クレディセゾンが発行するビジネスカードはその他にも

  • UC法人カード
  • UCコーポレートカード
この2つのビジネスカードを発行しています。

国際ブランドはAMEX

国際ブランドは、その名の通りアメリカン・エキスプレス(アメックス)になります。

国際ブランドがアメックスだと、

「日本ではあまり利用できる場所がないのでは?」

と思う方もいるかもしれせんが、それは問題ありません。

アメックスはJCBと提携しているので、実はJCBが使える店舗やショップであれば利用することができるのです

JCBは日本発行の国際ブランドなので、日本でならほぼ利用することができます。

なので、アメックスを持っていても使うことができない。ということはほんとんどありません。

ただし、それでも不安な方は別途違う法人カードをサブカードで持ってもいいでしょう。

法人カードおすすめランキング!事業主向けのビジネスカードを比較!
事業用の経費などの支払いに便利なクレジットカードとしてオススメなのが個人事業主・法人向けのビジネスカード。個人用のカードと事業用のカードでわけて使った方が何...

また、名称にアメリカン・エキスプレス・カードと入りますが、発行元はクレディセゾンなので、審査もクレディセゾンがおこなうため「プラチナ・ビジネス」であっても他社の同等のカードより比較的保有しやすいです。

年会費は20,000円だが半額にすることもできる

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は20,000円(税抜)です。

一応、プラチナカードになるので、通常で考えたら年会費は高く感じると思いますが、充実したセゾンの付帯サービスとアメックスの特典などを考えれば、妥当、もしくはそれ以上と言ってもいいでしょう。

コストパフォーマンスは十分に良いビジネスカードとなります。

また、この20,000円の年会費も、年間のカード利用が200万円以上であれば翌年は半額の10,000円(税抜)になります。

年間200万円の利用となると、少々ハードルが高いように思いますが、ビジネスカードなので、会社の消耗品や接待費、出張費用などで積極的にカード利用すればわりとすぐです。

なので、場合によっては充実の付帯サービスがあるアメックスブランドのビジネスカードを10,000円の年会費で保有できることになります。

昔では1万円でプラチナカードなんてありえませんでしたが、1万円でプラチナカードを持てる時代になったのは本当に驚きです。

追加カードは年会費3,000円で4枚まで発行可能

追加カードの年会費は3,000円(税抜)です。

この追加カードは、18歳以上の社員に持たせることはもちろんのこと、生計をともにする18歳以上の家族に持たせ家族カードとして保有することが可能です。

家族が持った場合も、社員が持った場合も、本カードとまとめて請求、引きと落としとなるので、経費の管理もしやすくなります。

追加カードの申し込みは、本人カードの申し込みの際に申し込みをすることもできますし、それ以降でも電話で連絡すれば、すぐに登録申込書を送ってもらうことができます。

あとは、その登録申込書を返信用封筒で返送するだけなので、簡単に発行することができます。

ただし、4枚までの発行になるので社員が4名以上いる場合は注意が必要です。

また、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、ETCカードも発行することができ、年会費、発行手数料ともに無料です。

有料道路などでは、ETCカードを利用した方が金額も割安になるので、よく有料道路を利用する人は同時に作ってしまうことをオススメします。

ポイントは永久不滅ポイントで還元率は0.5%

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントは、クレディセゾンが提供する永久不滅ポイントになります。

1,000円利用毎に1ポイント貯まり、1ポイント5円相当ですので還元率は0.5%になります。

還元率は低いですが、ボーナスポイントが貰えたり、一部店舗で還元率1.5%になるなど、ポイントがアップするサービスが多数あります。

ボーナスポイントパートナーズでポイントアップ

%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%ba

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを、プログラムに参加する特約店で利用することでポイントが普段より多くもらうことができます。

この特約店は「ボーナスポイントパートナーズ」といって、グルメ、ホテル、ショッピングなどのジャンルで多くの店舗や施設が参加しています。

特に事前登録などをする必要がないので、カードを作ればすぐに参加できるプログラムになります。

期間限定でポイントアップしている店舗もあるので、よく利用する店舗などはチェックしておくといいでしょう。

セブンイレブン、イトーヨーカドーで還元率1.5%

nanacoカードを利用している人のみの特典となりますが、手持ちのnanacoカードを会員サイトの「Netアンサー」に事前登録すれば、セブンイレブンとイト―ヨーカドーでのポイントが1.5%の還元率で貯まります。

内訳としては、

  • 通常の永久不滅ポイント0.5%
  • nanacoポイント1.0%

というようになります。

低い還元率を上げて、少しでもポイントを多く貯めるには面倒でも登録しておけばお得になります。

永久不滅.comを経由すれば還元率がアップ
eikyuu-fumetu

ネット通販を利用する際に、目的のショップに行く前にポイントアップサイトの永久不滅.comを経由すれば、ポイント還元率がアップしてポイントを貯めることができます。

永久不滅.comを経由していけるショップは、豊富なので使いやすいポイントアップサイトになります。

永久不滅.comを経由して行ける主なショップと還元率は、

ショップ 還元率
Amazon 1.0%
楽天市場 1.0%
Yahoo!ショッピング 1.0%
LOHACO 1.5%
セブンネットショッピング 2.5%
SEIYUドットコム 1.0%
ニッセン 1.5%
ヤマダウェブコム 1.0%
爽快ドラッグ 2.5%
無印良品ネットストア 1.5%
ビックカメラ.com 1.5%
じゃらん 1.5%

などがあります。

他にも、本、CD、ファッション、などのジャンルで多数のショップがあります。

永久不滅.com経由しなくてもポイントが貯まるツール

ポイントモールはポイントを貯めるためには、かなりお得なサービスなのですが、

  • わざわざサイトを経由をするのがめんどくさい
  • よく経由をわすれてしまう

という人も多いと思います。

そんな方のために、実はある程度買い物する店舗がきまっているのであれば、「永久不滅.com」を経由をしなくても、永久不滅ポイントを貯めることができます。

それが、永久不滅ポイントが貯まるツールです。

永久不滅ポイントツール

詳しい使い方などは、こちらを参考にしてください。

永久不滅.com便利ツール

これがあれば、わざわざ「永久不滅.com」を経由しなくてもポイントを貯めることが可能になります。

ただし、

  • Internet Explorer
  • Chrome
  • Firefox

これ以外のブラウザ(iPhoneでSafari)などを使っている人は使うことができませんので、その場合はやはり永久不滅.comを経由することになります。

その点は注意してください。

SAISON MILE CLUB入会でJALマイルが貯められる

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを保有することで、本来なら年会費4,000円(税抜)がかかる「SAISON MILE CLUB」の「ショッピングマイルプラン」に無料で登録できます。

このサービスは、永久不滅ポイントのポイントプログラムがなくなり、代わりに1,000円利用毎に10JALマイルが貯まるというサービスです。

家族カードなどを追加で作っていれば、その利用分も合算されてマイルが貯まっていきます。

ただし、登録期間は1年間で上限は150,000マイルまでとなっています。

永久不滅ポイントのプログラムはなくなってはしまいますが「SAISON MILE CLUB優遇サービス」として、マイルを貯めながら2,000円利用毎ではありますが、永久不滅ポイントも1ポイント貯まります。

saison-mile-club

出張や旅行によく行くのであれば、永久不滅ポイントを貯めていくよりも「ショッピングマイルプラン」でJALマイルを貯めていく方がお得です。

6つのお得な優待サービスと特典

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、マイルを直接貯めることができたり、または有効期限のない永久不滅ポイントを貯めることもできるお得な面もあるクレジットカードです。

しかし、このクレジットカードの本来の魅力は、ビジネスに特化した付帯サービスや、ステータスの高い優待サービス、充実した旅行傷害保険などにあります。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットはたくさんありますが、その中でも特にオススメな特典や優待サービスは

  • ビジネスに特化した付帯サービスが充実している
  • プライオリティパスが無料
  • セゾンプラチナビジネスのみに付帯するサービスがある
  • 旅行傷害保険が充実している
  • インビテーションなしで保有できる
  • ビジネスカードだけど個人でも持てる

これら6つです。

ビジネスに特化した付帯サービスが充実している

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ステータスの高いビジネスカードになっているので、ビジネスに特化した付帯サービスが充実しています。

保有するだけで、ビジネスがスムーズに運ぶようなサービスもあるので年会費の14,000円も低価格と感じることもできます。

コンシェルジュサービス

このサービスは、会社であればまるで秘書がおこなってくれるような業務をコンシェルジュサービスの担当者が、365日24時間対応してくれるものです。

「プラチナメンバー専用デスク」となります。

主なサービスは、

  • 空港券や特急券の手配
  • 国内、海外の宿泊施設の案内から手配
  • 国内のレストランの案内や予約
  • 会議室などの紹介
  • 国内、海外問わず、出張や旅行のプランの提案
  • 花やギフトなどの提案から案内、手配
  • 海外出発前の渡航先情報の案内、情報提供など

などのサポートを受けることができるので、出張もプライベートの旅行も便利で安心です。

また、国内での大切な人との時間や、重要な接待などの場面でも役立つ花やギフトの手配では、色々な意味で株を挙げることができます。

利用明細データ ダウンロードサービス

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員専用の「Netアンサー」というインターネットサービスに登録しておけば、直近3ヶ月のカードの利用明細をダウンロードすることができるサービスです。

いつ、どこで、何に、いくら使ったのかなど、3ヵ月間にさかのぼってチェックすることができるので、経理でなにかおかしな点があった場合や誰といつ会ったのかなど再度確認したい時などにとても便利です。

ビジネスアドバンテージ

会社で使う消耗品の購入や宅配便代金などの経費などは、積み重なるとかなりの額になるので、大量発注する時や定期的に利用するものなどは価格の交渉をして、少しでも経費を抑えたいところです。

そんな時、ビジネスアドバンテージなら、交渉なしで常に消耗品や宅配便などの料金が優待価格になり、さらにビジネス誌の年間購読料が割引になったり、レンタカー(ハーツレンタカー)の利用料も割引になります。

こういった部分を交渉いらずで、経費削減できるというのはビジネスにおいてはかなりのメリットとなります。

リーガルプロテクト

会社経営などでは様々な問題を抱えることも多く、顧問弁護士を雇いたいところですが顧問料がかなり高くなってしまいます。

しかし、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードならベリーベスト法律事務所が提供する「リーガルプロテクト」という法人向け顧問弁護士サービスが優待価格で受けることができます。

リーガルプロテクトは、本来 3,686円(税抜)ですが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員は、3,223円(税抜)で利用することができます。

500円オフです。

このようにビジネスに特化したサービスがとても充実しています。

プライオリティパスが無料

プライオリティパスは、航空会社、搭乗クラスに関係なく、世界120ヶ国の地域、400以上の都市の900ヶ所以上の空港のラウンジが無料で利用できるサービスです。

このサービスを受けるには通常399米ドルの年会費がかかりますが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード会員は無料でこのプライオリティパスが利用できます。

さすがプラチナ・ビジネスの付帯サービスです。

ラウンジを利用する際は、登録して1週間で届く「プライオリティパス」の会員カードと、塔乗券を提示するだけで利用することができます。

出張はもちろん海外旅行の際に、空港の騒がしさから一時離れ、ゆったりとくつろげる時間が世界の様々な場所の空港で作ることができるので、海外旅行が多い方はこれだけの目的で作っても損はないサービスですよ。

セゾンプラチナビジネスのみに付帯するサービスがある

セゾンカードには、プラチナカード以外にも様々な種類のクレジットカードがあります。

例えば、

  • セゾン・パールアメリカン・エキスプレスカード:年会費1,000円(税抜)
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費3,000円(税抜)
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費10,000円(税抜)

などがあります。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードや上記の3つのセゾンカードには充実した内容のセゾンの共通サービスがあります。

例えば、

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス
  • 高級タイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」優待
  • 美容室「Ash(アッシュ」が優待価格で利用できる
  • 海外でのWiFi・携帯電話 レンタルサービス
  • ハーツレンタカー割引
  • アメリカン・エキスプレス・セレクトの利用ができる
  • 空港ラウンジサービス
  • コナミスポーツクラブの優待サービス
  • 海外アシスタンスデスクの利用
  • ワールドおみやげサービス

などなど、他にも様々な面で優待を受けることができます。

この充実した付帯サービスに加えて、セゾンカードのプラチナランクにのみ付帯するサービスがあります。

上記でもご紹介したコンシェルジュサービスや、ビジネスアドバンテージ、リーガルプロテクト、利用明細データ ダウンロードサービスの他にも、プラチナ専用の付帯サービスが豊富です。

例えば、

  • 選べる引き落とし口座サービス(本人名義、法人名義が選べます)
  • ハイヤー送迎サービスが優待価格で利用できる
  • スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド優待
  • セゾンフラワーサービス
  • Dramatic Time!(一流ホテルや高級レストランへの招待)
  • などがあります。

ビジネスでもプライベートでも使える贅沢なサービスもあるのでプラチナ会員のみの高いステータスを得ることができます。

旅行傷害保険が充実している

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナ会員だけあって、旅行傷害保険の内容もかなり充実しています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円
治癒費用 300万円限度
疫病の賠償費用 300万円限度
賠償責任 5,000万円限度
携行品の損害 50万円限度
救援者費用等 300万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高5,000万円
手術費用補償 20万円
入院費用補償 5000円/日
通院費用補償 3000円/日

死亡、後遺障害補償が最高1億円ですし、疾病治療費用補償が300万円というのもかなりの手厚さです。

この旅行保険の他にも、最高で300万円の補償がされるショッピング保険ネット不正利用保険、紛失、盗難保険も付帯しています。

インビテーションなしで保有できる

プラチナクラスのクレジットカードとなると、普通は、同じ系列の他カードをキレイに使っていくことでカード発行会社からインビテーション(招待)が届き、ランクアップして保有するということがほとんどです。

そのため、プラチナクラスのクレジットカードは手が届きにくいという面がありますが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはインビテーションなしで申請することができます。

なので、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査条件をクリアできる最低限の基準に達してさえいれば申請や保有をすることができます。

これだけ、充実したプラチナ・ビジネス・カードをインビテーションなしで持てるというのは、大きなメリットです。

ビジネスカードだけど個人でも持てる

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスカードは、名前はビジネスカードとなっていますが、実は事業主以外の個人の方でも申し込みをして普通に使うことができるビジネスカードになっています。

公式ページにも申し込み資格は

学生・未成年を除く電話連絡が可能な方で、 当社の提携する金融機関に決済口座をお持ちの方に限りお申込みいただけます。 

お申込み内容等をご自宅・お勤め先へお電話にて確認させていただきますので、あらかじめご了承ください。

このように記載してあるので、法人や事業主問わず申し込みをすることができます。

提携でいる主な金融機関はこちらです。

  • 全都市銀行→左記金融機関は全て取扱可能
  • 全地方銀行→左記金融機関は全て取扱可能
  • 全第二地銀→左記金融機関は全て取扱可能
  • 全信用金庫→左記金融機関は全て取扱可能
  • 全労働金庫→左記金融機関は全て取扱可能
  • 商工組合中央金庫→左記金融機関は全て取扱可能
  • 信託銀行→一部取扱い不可
  • 信用組合→一部取扱い不可
  • 農協→47都道府県すべて(非オンライン農協を除く)
  • 漁協→静岡県漁連、北海道漁連、愛知県漁連、広島県漁連、大分県漁連、富山県漁連、千葉県漁連
  • 証券会社→マネックス証券
  • その他→ゆうちょ銀行、あおぞら銀行、新生銀行、シティバンク銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、じぶん銀行

オリコのEX Gold for Biz M iD×QUICPayなんかは、事業主以外は基本的に作ることできないので、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスカードは本当に珍しいビジネスカードです。

特典や付帯サービスを見ても個人で所持していても得する内容のものばかりなので、個人で作っても損はないはずですよ。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ステータスの高い優待サービスが豊富で、ビジネスカードなだけあって、ビジネスに特化したサービスはレベルも高いです。

しかし、デメリットとして、

  • 年会費が高い
  • ポイント還元率が低い

という2点があります。

年会費が高い

年会費20,000円(税抜)というのは、高額です。

年会費数千円程度のビジネスカードでもそれなりの利便性とお得感を兼ね揃えているものもありますので、そういったカードと比べるとセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは少々高いと感じてしまいます。

しかし、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カ―ドの場合、年間利用額200万円以上になれば翌年の年会費を半額の10,000円にすることもできます。

なにより、付帯する優待サービスや特典、保険などの内容を考えると、通常の年会費20,000円であってもコストパフォーマンスは良いと考えてもいいくらいです。

特にプライオリティパスを利用するなら、それだけで年会費分は簡単にペイできる金額なので、上記の付帯サービスなどをよく活用するなら年会費20,000円は高くはないでしょう。

まー、法人用や事業用で作ればすべて年会費なども経費することができますから、実は年会費はそこまでのデメリットではないかもですね。

ポイント還元率が低い

1.0%以上あるクレジットカードに比べれると、ポイント還元率は0.5%で高くはありません。

1,000円利用毎に1ポイントなので、ポイントがザクザク貯まっていくというお得感は一切ないです。

ただ、様々なポイントアップシステムを利用することでこのデメリットは多少カバーできます。

また、ポイントではなく、JALマイルを貯めていくコースにすれば、カードの利用ごとにマイルが貯まっていくので、出張や海外旅行の多い人はこちらの方がお得感は得られるでしょう。

そもそもプラチナカードで、ポイントをガッツリ貯めようと思っている人はあまりいないと思いますけどね。

あくまでも、付帯サービスやステータス目的で作る人がほとんどですので。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カ―ドの審査基準

ビジネスカードで、しかもプラチナとなると審査が厳しいのでは?と思ってしまいますよね?

確かに、付帯サービスの充実性やビジネスに特化した特典などを見てみると、会社経営者としてそれなりに実績がなければ審査に通らないのではないか?と不安になります。

しかし、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カ―ドの申請資格を見てみると、

  • 18歳以上の人
  • 当社が指定する金融機関に決済口座を持っている人

この2つしか具体的なものがありません。

上記でも簡単に紹介しましたが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カ―ドは、ビジネスカードではありますが、会社経営者はもちろんのこと、1人法人や個人経営者、フリーランス、サラリーマンの人でも申請することができます。

また、会社を立ち上げてまだ間もないという人でも申請できます。

ただ、こういった場合は、スマホが普及する昨今でも、信用問題をクリアするために、会社専用の固定電話があると良いと言われています。

登記簿謄本などの提出は不要です。

もちろん、それなりの審査はありますが、他のステータスの高いビジネスカードの審査よりはそこまで厳しくないでしょう。

だからといって、以前にクレジットカードやキャッシングなどの遅延・滞納・延滞があった場合は、より厳しくはなりますので、注意してくださいね。

まとめ

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カ―ドは、条件によっては年会費10,000円(税抜)で持てるビジネスカードです。

それでいて、ステータスの高い優待サービスや特典が付帯し、ビジネスに特化したサービスも高レベルです。

インビテーション不要で申請する事ができるので、プラチナクラスのビジネスカードをこれから持ちたいという人が申請するには最適な1枚です。

優待サービスだけをみても、年会費以上の元はとれますし、なんといっても「プラチナカードを所持している」という社会的ステータスにもなります。

事業主の方はもちろんのこと、よく海外旅行にいく個人の方は、所持していて損はないカードですよ。