いつも西武鉄道の定期券を購入している人や西武グループをよく利用するという人は多いのではないでしょうか。

西武線を利用して埼玉方面から都心へ通勤する人や、プリンスホテルを利用する人、としまえんが好きという人などなど。

そんな人たちが持っていて、お得で便利な「SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン」。

定期券購入時にポイントが貯まったり、西武グループの様々な施設で割引などもあるので、使うごとにちょっとした節約につながる嬉しいクレジットカードです。

2種類のポイントが貯まっていくというメリットもあるので、有効活用すればお得感も大きいです。

ここではそんな、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの特徴やメリット、デメリットなどを詳しく説明していきます。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの国際ブランドと年会費

seibu-prince-club%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、株式会社クレディセゾンが西武グループと提携して発行するクレジットカードです。

西武グループの施設での割引などが嬉しいカードで、ポイントも貯まっていくので、日頃西武鉄道や西武グループをよく利用する人にとっては、とてもお得になるカードです。

国際ブランドは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express

の4つから選ぶことができます。

国際ブランドは、クレジットカードには珍しいAMEXを選ぶことも可能です。

日本だけで使うのであれば、どれを選んでもそれほど違いはありません。

年会費は永年無料で家族カードとETCカードを作れる

年会費は、国際ブランドをVISA、MasterCard、JCBのいずれかにした場合は、永年無料です。

主に西武グループでの割引などに特化したクレジットカードなので、上記の3つから選んで年会費無料でサブカード的に持つのも良いでしょう。

家族カードも年会費無料です。

American Expressの場合は、年会費3,000円(税抜)です。

この場合は、AMWXの優待サービスを受けることなどもできます。

家族カードの年会費は、1枚につき1,000円です。

ETCカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express全て無料で作る事ができます。

AMEXは年会費がかかってしまうので、年会費が嫌な方はAMEX以外の国際ブランドを選べば年会費はかかりません。

もし、AMEXを年会費無料で持ちたい場合は、

これらのカードは無料で作ることができますよ。

ポイント還元率と有効期限

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、2つのポイントが同時に貯まるという珍しいカードです。

西武グループが提供する「プリンスポイント」とクレディセゾンが提供する「永久不滅ポイント」の2種類が貯まります。

西武鉄道の定期券購入時やプリンスポイント加盟店で利用した場合は、プリンスポイントが貯まり、それ以外で利用した場合は永久不滅ポイントが貯まります。

それぞれのポイント還元率

プリンスポイントは、108円利用毎に1ポイント貯まり、還元率は1.0%です。

永久不滅ポイントは、1,000円利用毎に1ポイント貯まり、1ポイントが5円相当なので還元率は0.5%です。

プリンスポイントはプリンスポイント加盟店でしか貯まりませんが、永久不滅ポイントはクレジットカードを利用するごとに貯まっていきますので、定期券の購入時やプリンスポイント加盟店で利用すればポイントの2重取りが可能になります。

その場合、ポイント還元率は1.5%となりますので高還元率といっても良いでしょう。

プリンスポイントの使い方

貯まったプリンスポイントは、プリンスホテルの宿泊料や食事に使う事ができる他、西武グループ施設のチケットなどと交換することができます。

  • 500ポイント:グランドプリンスホテル広島、箱根仙石原プリンスホテル、軽井沢千ヶ滝温泉、富良野温泉 紫彩の湯などの日帰り入浴券
  • 700ポイント:箱根園 水族館、伊豆、三津シーパラダイスの入場券1名分
  • 1,500ポイント:西武園遊園地ワンデーフリーチケット大人1名分(子供のチケットは、1名分1,000ポイント)
  • 5,000ポイント:品川プリンスホテル リュクス ダイニング ハプナディナー券1名分
  • 7,000ポイント:川奈ホテルゴルフコース 大島コース平日1Rゴルフプレー券1名分
  • 15,000ポイント:ハワイプリンスホテルワイキキ、オーシャンフロントマリーナ ツインORダブル宿泊券

魅力的な交換先が豊富です。

有効期限は最長2年ですので、失効してしまう前に使ってしまいましょう。

永久不滅ポイントの使い方

支払い額に使用したり、電子マネーと交換したり、通販サイトの商品券などとも交換できます。

また、永久不滅ポイントをプリンスポイントに交換することもできます。

  • 支払いに使用する場合:200ポイントで900円(還元率0.45%)
  • Amazonギフト券:200ポイントで1,000円分(還元率0.5%)
  • Tポイントに交換:100ポイントで450ポイント(還元率0.45%)
  • UCギフトカード:500ポイントで2,000円分(還元率0.4%)
  • nanacoポイント:200ポイントで920ポイント(還元率0.46%)
  • ベルメゾン・ポイント:200ポイントで1,000ポイント(還元率0.5%)
  • ANAマイル:200ポイントで600マイル(還元率0.3%)

欲しいものと交換するのも良いですが、還元率のより高いものと交換してお得感を得るというのも良いでしょう。

永久不滅ポイントは、有効期限がありませんから目標を決めてコツコツ貯めていくのもおすすめです。

有効期限のない永久不滅ポイントをプリンスポイントに交換する事も出来るので、プリンスポイント重視の人には嬉しいカードです

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、西武グループに特化したクレジットカードとなりますが、使えば使うほど永久不滅ポイントも貯まっていくので、プリンスポイントと合わせてポイント数を稼いで行く事ができます。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンの5つのメリット

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、その特徴からしてすでに魅力的な1枚ですが、メリットもまた豊富です。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのメリットとしては、

  • PASMOにオートチャージ可能
  • 定期券購入でもポイントが貯まる
  • 西武グループ施設での割引がある
  • 毎月20日は「ぺぺ」が5%オフなる
  • 西友、リヴィン、サニーでの買い物が毎日お得

これら5つです。

PASMOにオートチャージ可能

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンには、電子マネーなどの機能は搭載されていませんが、モバイルSuicaやPASMOにチャージすることができます

中でも通勤や通学に利用する人も多いPASMOにはオートチャージすることができます。

オートチャージは、残高が一定以下になった時、自動的に指定の額がチャージされるので残高不足で改札に引っかかってしまうという心配もなくなります。

ちょっとした買い物をPASMOを利用してする時も、残高を心配する必要もなくなります。

また、オートチャージされる際は、永久不滅ポイントも同時に貯まるので、便利でお得になります。

定期券購入ではポイントの2重取りができる

西武鉄道の定期券を購入する時でもポイントが貯まります。

定期券は、額も多きくなるので、その分ポイントもたくさん貯まります。

社会人の人であればその額は会社がほぼ負担してくれることが多いと思うので、自分の出費なしにポイントをガッツリ貯めることができる良いチャンスです。

しかも、プリンスポイント、永久不滅ポイントの両方が貯まるのでかなりお得です。

西武鉄道の定期券を購入する目的だけでも、作っても損はないカードでしょう。

西武グループ施設での割引がある

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、その名の通り西武でお得に使えるクレジットカードです。

西武グループの様々な施設で割引があるので、作った際は是非活用してくだしさい。

西武グループの割引対象施設は、

  • としまえん:乗り物1日券、プール入場券、キッズ1日券が大人もこどもも400円割引
  • 西武園ゆうえんち:入場料誰でも200円割引、ワンデーフリーチケットが大人300円割引、こども200円割引、入園+プール誰でも200円割引
  • 西武トラベル:取扱いのパッケージツアーが3~5%オフ
  • 西武グループのゴルフ場:特別料金で利用可
  • 伊豆、三津シーパラダイス:入場料が大人400円、こども200円割引
  • 豊島園 庭の湯:平日入館料が300円割引

などがありますので、利用頻度が高い施設や、行きたかった施設で割引してもらえる大きなメリットです。

毎月20日は「ぺぺ」が5%オフなる

ショッピングセンター「ぺぺ」での買い物が、毎月20日は5%オフになります。

食料品から生活雑貨、ファッション、書籍など、生活に密着した買い物ができのがぺぺの魅力なので、毎月1度5%オフになるというのは嬉しい特典の1つです。

ぺぺ割引対象店舗は、

  • 西武新宿ペペ
  • 西武本川越ペペ
  • 西武飯能ペペ
  • 西武入間ペペ
  • 新横浜プリンスペペ

この6店舗になります。

西友、リヴィン、サニーでの買い物は毎日お得

西友、リヴィン、サニーでの買い物が、毎日3%オフになります。

さらに、毎月5日と20日は5%オフです。

こちらも、食料品や生活雑貨、衣料品など、毎日の生活に必要なものの多くが揃うショッピングセンターなので、日々のちょっとした節約につなげることもできます。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのメリットは、とにかく色々なところでの割引です。

西武グループをよく利用する人は、年会費無料の国際ブランドを選べば、お得感満載で全く損のないクレジットカードとなります。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのデメリット

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンのデメリットは、

  • 西武グループ以外の利用ではポイント還元率が0.5%と低い
  • 旅行傷害保険が付帯していない

この2つです。

西武グループ以外の利用ではポイント還元率が0.5%と低い

西武グループ以外の利用時は、永久不滅ポイントが貯まり還元率は0.5%です。

これだけだと還元率が低くデメリットとなりますが、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは西武鉄道の定期券の購入時や、プリンスポイント加盟店での利用時はプリンスポイントと永久不滅ポイントの両方が貯まります。

還元率に換算すると1.5%です。

1.5%という高還元率のクレジットカードはあまりないので、西武グループを使うサブカードとして持って置いてもアリでしょう。

旅行傷害保険が付帯していない

もう一つのデメリットとして、旅行傷害保険は付帯していないというのがあります。

もし、保険はほしいという方は、エポスカードとJCB EITなら年会費無料のクレジットカードで自動付帯で保険がついてきます。

それらのカードは使わなくても旅行保険が付帯してるので、持っているだけで一切お金はかかりません。(海外旅行保険)

このようなお得なクレジットカードを複数持っていると、旅行に行く際も安心できるので、おすすめですよー。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...
JCB EITJCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介
JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができる...

まとめ

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンは、西武鉄道の定期券を必ず購入する人や西武グループをよく利用する人なら、年会費無料の国際ブランドを選んで保有すれば、メリットしかありません。

永久不滅ポイントの還元率は高いとは言えませんが、プリンスポイント加盟店で利用することでポイントの2重取りも可能になります。

メインカードとしては使うには少し難しいかもしれませんが、西武鉄道の定期券やオートチャージをするためのサブカードとしては十分なカードなので、当てはまるなら持っておいて損はありませんよ。