Tポイントといえば、4大共通ポイントの中でも最も古株な共通ポイントだ。

Tポイントを貯めることができる「Tカード」は、すぐに作ることができる。

一番初めに、Tポイントを作ったいう人も多いだろう。

私もその一人だ。

Tカードと提携している店舗は、国内最大級だ。

全国に440,000店舗以上もある。

これだけの店舗があれば、家の近くや会社の近くにTカードを使うことができる、店舗はあるだろう。

もし、ケータイはソフトバンクを使っていて、Yahoo!のサービスも使って、近くにTSUTAYAがあれば、問答無用でTポイントを貯めたほうが絶対にお得だ。

そんなTポイントだが、ただ何も知らずに、Tカードにポイントとして、貯めていては勿体無い。

そこで、ここではTポイントを効率よく、めっちゃくちゃ貯める方法、使い方、Tポイントを貯めるのにお得なクレジットカードを紹介する。

貯めたポイントで、自分にご褒美をあげよう。

Tポイントを効率よくめちゃくちゃ貯める方法

Tポイント

Tポイントは、提携している店舗やサービスが多いので、貯め方次第では、ものすごくポイントを貯めることが可能だ。

すでに、Tポイントを活用しているので、あればこれから紹介する方法を知っておくだけでも、効率よく貯めることができるだろう。

ぜひ参考にしてほしい。

Tポイントが貯まる・使える提携のサービスや店舗を知る

Tポイントを貯めるといっても、まずはTポイントが貯まる・使える、提携のサービスや店舗を、知らなくては貯めることができない。

同じ買い物をするにしても、Tポイントが付く店舗とTポイントが付かない店舗で買うのでは、それだけで損してしまう。

まず、今自分が使っているサービスや、リアル店舗でTカードが使えて、Tポイントが貯まって使えるどうかを知ることが、まずは大事だ。

外食をするときなどでも、予めリサーチをしておかないと、失敗してしまう可能性が高くなる。

これと同じで、まずはどんな店舗やサービスで、Tポイントが使えて貯めれるのかを大体でいいので、把握しておくことをすすめる。

これが、Tポイントを効率よく、貯めるポイントになることの一つだ。

この下に、すべてではないが、主に使いそうな店舗やサービスを一覧で載せておく。

  Tポイント
コンビニ ファミリーマート、スリーエフ
スーパー・デパート  マルエツ、東武ストア、マミーマート、富士シティオ、レッドキャベツ、プラッセ&だいわ、ヤオマサ、ハピナハ、伊勢丹*1など
飲食店 ガスト、吉野家、ドトール、ロッテリア、牛角、ジョナサン、夢庵ゆめあん食堂、バーミヤン、ドトールコーヒーショップなど
ドラッグストア ウエルシア、ハックドラッグ、ドラッグイレブン、ドラッグストアmac、金光薬品など
映像・音楽・書店 TSUTAYA、蔦屋書店、Honya Club Withなど
家電量販店・カメラ エディオン 、日立チェーンストール、カメラのキタムラ、スタジオアリス
車関係  ENEOS、三井のリパーク、ニッポンレンタカー、オートバックスグループ、沖縄トヨペットなど
旅行サービス Yahoo!トラベル、Tトラベルなど
携帯電話 ソフトバンク 、トーンモバイルなど
ファッション 洋服の青山、THE SUIT COMPANY、キャラジャ、NEXT BLUE、ミフトなど
ネット通販  Yahoo!ショッピング、ニッセン、LOHACO、ネットオフなど 
ネットサービス  食べログなど

*1春頃から予定

この他にも、まだまだ提携しているサービスや店舗はある。

「dポイント」が参入してきたこともあるので、遅らくこれから更に店舗数や、サービスは増えていくだろう。

この中で、よく使うといえば、コンビニなら「ファミマ」。

レンタルや書籍なら「TSUTAYA」。

飲食関連であれば、「ガスト」「吉野家

ネットを使っているのであれば、「Yahoo!ショッピング」「ニッセン」。

旅行関係なら「Yahoo!トラベル

このあたりの、店舗やサービスは結構使っている人も多いだろう。

私は、息子がアンパンマンが大好きなので、ガストなどにはよく行く。

また、旅行に行く際も、Yahoo!トラベル、じゃらん、楽天トラベルなどを比較して選ぶこともある。

それに、ファミマのスイーツはかなり美味しいので、新作が出るたびに買ったりしている。

これだけでも、すでに3つのサービスや店舗を使っている。

これなら、Tポイントを効率よく貯めたほうがお得だ。

反対に、あまり活用していない店舗やサービスばかりなら、違う共通ポイントや電子マネー、クレジットカードで、貯めたほうがお得になる。

共通ポイント「Ponta・楽天カードポイント・Tポイント・dポイント」コンビニで使える4つ徹底比較!

電子マネーはどれが一番お得?定番.スーパー・コンビニ.交通系を徹底比較

まずは、上記の店舗を、ざっと見てみていくつか、普段の生活で活用しているのであれば、Tポイントを貯めるたほうが、いいだろう。

では、次からポイントを効率よく貯める方法を紹介する。

ポイントサービスデーや期間限定を活用する

Tポイントは、上記のサービスや店舗であれば、どこでも貯めることができる。

その時に、活用したいのが、店舗などで独自に行なっている「ポイントサービスデー」だ。

例えば、ドラッグイレブンでは毎月5と6gは付く日は、ポイントが5倍になるサービスデーを設けている。

Yahoo!ショッピングでも、毎月不定期ではあるが、最大ポイントが11倍付くサービスデーもある。

記念撮影で有名な「スタジオアリス」では、行事ある月には、Tポイントが5倍になる期間限定サービスを行うこともある。

予め、このサービスデーなどを知っていれば、その時に買い物をすれば、還元率10%以上になることもある。

Tカードは、基本的に0.5%と考えれば、かなりお得に貯めることができるのがわかると思う。

ポイントが貯まる商品をかう(キャンペーンポイント)

ポイントの仕組みとしては、買った商品の支払額に基本的には、ポイントが付く。

1,0000円の商品を買えば、Tポイントであれば50ポイント付く。

しかし、商品の中には、買うだけで50ポイントがついたり、100ポイントがついたりする、お得な商品がある。

よく、コンビニのファミマでは、これを行っている。

金額が小さい商品だと、0.5%ではポイントが付かない場合がある。

それを、このキャンペーンポイントを活用すれば、200円の飲料水に20ポイントなどポイントが付くのだ。

200円に対して20ポイントなので、還元率は10%だ。

中には400円の商品にたいして、60ポイントがもらえる場合もある。

還元率がなんと24%だ。どれだけお得かわかると思う。

このようなキャンペーンポイントは、常に行っているので、もしその中に自分がほしい商品があれば、迷わず買うべきだ。

そうすれば、ポイントをどんどん貯めることができる。

例えば、今すぐに使わなくても、いずれ使う商品であれば、その時に買っておくのもいいだろう。

だだし、賞味期限があるものや、自分がほしいも以外を買うことはちょっと避けたほうがいい。

あくまでも、ポイントはポイントだ。

ポイントを貯めることに、必死になって現金が減っていっては本来転倒だ。

そこだけは、注意してうまく活用してほしい。

口コミ・Tポイントのアプリを使いこなす

口コミでやアプリを使ってもTポイントは貯めることができる。

ネットの大手口コミサイト、「食べログ」はTポイントと提携している。

食事をする際に、食べログを使う人も多いだろう。

そんな食べログでは、対象店舗への口コミを200文字以上書くことで、Tポイントが20ポイント獲得することができる。

さらに、まだ食べログに紹介されていないお店を紹介するだけで、10ポイントがプレゼントされるのだ。

200文字など、5分もあればかける。

週に5回、ランチに通っている人であれば、そこのお店の口コミを書くだけで、週に100ポイント貯まるのだ。

1ヶ月だと400ポイント貯まる。

これは、かなりお得だろう。

別にまずかったと、正直に書いても問題はないわけだ。

外食をよく活用するのであれば、口コミを書いてどんどんポイントを貯めてしてほしい。

また、スマホのアプリを使ってもTポイントを貯めることができるのだ。

スマホのアプリに「ポイタク」という、タクシーを呼ぶだけでポイントが貯まるアプリがある。

配車を依頼するだけで、20ポイント貯まる

実質、毎回乗るタクシー代が20円引きになるのだ。

そのほかにも、チラシをみるだけで1枚1ポイントが貯まる「Tポイント×Shufoo!」や、ガチャを回すだけでTポイントが当たるかもしれない「Tモールガチャ」などがある。

スマホを使っているので、あればこのようなアプリを効率活用すれば、更にポイントを貯めることが可能だ。

電子マネー「楽天Edy」貯める

電子マネーもたくさんあるが、その中でも最大級の店舗で利用できる「楽天Edy」がある。

この楽天Edyで支払いをすることにより、Tポイントが貯まるのだ。

基本的に、200円で1ポイント貯まる

還元率なら0.5%だ。

そこまで、高くはないが普段から楽天Edyを使っているのであれば、おすすめだ。

注意点としては、利用してから3~5日以降にポイントが反映されることだ。

すぐには使えない。

また、おサイフケータイが必須なので、iPhoneなどを使っている場合は、少し難しい。

このあたりは注意してほしい。

電子マネーについては、こちらで詳しくかいてあるので、参考にしてほしい。

電子マネーはどれが一番お得?定番.スーパー・コンビニ.交通系を徹底比較

ゲームやCM動画を見てで貯める

TサイトやTモールでは、ポイントが貯まるゲームを毎日行っている。

スロット、すごろく、ビンゴゲーム、ロト、などの面白いゲームがたくさんある。

基本的にゲームをやること自体は、無料で行うことができる。

Yahoo!JAPAN IDなどが必要になる場合もあるので、そこは簡単に登録することができるので、登録しておこう。

また、CM動画を見て簡単なアンケートに応えるだけでも、Tポイントを貯めることができる。

電車の中などで、暇な時に見るといいだろう。

アンケート、クイズ、資料請求で貯める

簡単なクイズやアンケート、また資料請求をするだけも、Tポイントを貯めることができる。

このような形で、クイズに応えるだけでポイントが貯めれる。

また、見積もりや、口座開設、ブランド品などの見積もりをするだけで、1,000ポイント~3,000ポイント以上貯めることできる。

気になる資料などがあれば、無料なので活用してほしい。

このように、Tポイントをお得に貯める方法はたくさんある。

隙間時間を使ってやれば、1日に数百ポイントを貯めることも可能だろう。

Tポイントを貯めるなら、ぜひ使ってみてくれ。

次はTポイントがお得にたまるクレジットカードを比較していく。

Tポイントを最も特に貯めたいのであれば、Tポイントと提携しているクレジットカードは必須になる。

Tポイントがお得に貯まるクレジットカード比較

Tポイントが貯まるクレジットカードは、結構多い。

年会費無料と年会費がかかる、クレジットカードがある。

そこまで、クレジットカードをつかないのであれば、年会費無料で十分だ。

しかし、クレジットカードの利用が多かったり、更に効率よくポイントを貯めるのであれば、年会費がかかるクレジットカードも検討してもいいだろう。

その中でも、特におすすめなクレジットカードを比較する。それがこの5枚だ。

  • Extreme Card
  • P-one WIz
  • Yahoo!JAPANカード
  • ファミマTカード
  • DCカードJizile 

この他にも、TSUTAYAカードなどもあるが、これらのクレジットカードよりは、やはり劣るので、比較対象外にした。

この中から選ぶといいだろう。

  Extreme Card(エクストリームカード) P-one WIz Yahoo!JAPANカード ファミマTカード DCカードJizile 
年会費 3,000円(初年度無料・次年度30万以上で無料) 無料
実質還元率 1.5%  1% 0.5% 1.35% 
貯まるポイント Extreme Cardポイント(Gポイント)

キャッシュバック(1%)

ポイント(0.5%)

Tポイント Tポイント  独自ポイント
特典 なし 入会から6ヶ月間はポイント3倍(還元率は2.5%) Yahoo!ショッピング、LOHACOでは2%プラス 毎週火・土曜日はポイントが5倍 なし 
電子マネー モバイルSuicaなど なし モバイルsuica、nanacoなど モバイルsuican、nanacoなど  モバイルsuicanなど
家族カード料 400円 無料
旅行傷害保険

国内1000万円(利用)

海外2000万円(自動)

なし 海外1000万円(自動) 
デメリット  年会費がかかる 初期設定がリボ払い 特になし ファミマ以外が少し活用しずらい リボ払い専用 

Extreme Card(エクストリームカード)

Extreme Card(エクストリームカード)は、ジャックスが発行している、年会費が3000円かかるクレジットカードだ。

年会費がかかるのは、抵抗がある人もいるだろう。

しかし、初年度の年会費は無料の上に、年間30万円以上使えば、無料で使うことができるのだ。

エクストリームカードは、様々なポイントに交換ができることで有名だ。

エクストリームカードで貯まったポイントを、Tポイントへ交換するにはまずは「Gポイント」にへ交換しなくてはいけない。

しかし、「Gポイント」へ交換すると、5,000ポイントが7,500ポイントに交換ができる。

還元率が1.5%なのだ。

これをTポイントに等価交換することができるので、実質Tポイントへの還元率1.5%になる。

これは、Tポイントを貯めることができる、クレジットカードでは一番だ。

年会費が3,000円かかるが、年間に30万以上使っているのであれば、おすすめの一つだ。

ただし、初期設定がリボ払いになっているので、そこは注意が必要だ。

P-one WIz

P-one WIzは、年会費無料ながらも通常のポイントが1.5%付く。

年会費無料で1.5%の還元率は、トップクラスの還元率だ。

毎回の利用料金から1%が、自動的にオフになり、残りの0.5%にポイントがつくと仕組みが少し、他のクレジットカードとは違う。

しかし、貯まったポイントは等価で、Tポイントに交換することが可能だ。

あまり、Yahoo!サービスを使わないので、あればP-one WIzもおすすめだ。

デメリットとしてP-one WIzは、初期設定がリボ払いになっている。

だだし、設定で「全額払い」に設定しておけば、問題はない。

変更はネットから簡単にできるので、リボ払いしたくない人は、必ず設定しておこう。

リボ払いなどの設定はあるものの、年会費無料で還元率が1.5%は、今の年会費無料クレジットカードでは一番なので、還元率を考えれば、候補にしてもいいだろう。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは、通常の還元率が1%もある。

100円で1%付くのだ。

年会費無料で、これだけの還元率はかなりお得だ。

Tポイントも提携先で若干、ポイントは変わるが、Yahoo!ショッピングとLOHACOで、Yahoo!JAPANカードを使えば、常時3%のポイントがつく。

また、Yahoo!JAPANカードは、JCBブランドにするとnanacoへチャージして、ポイントを貯めることができる。

nanacoチャージ出来るクレジットカードを比較。リクルートカードプラス終了につき検討。

1%のポイントが付く。

Yahoo!ショッピングやLOHACOを活用しているのであれば、Tポイントを効率よく貯めるには、絶対に必須のクレジットカードだ。

使い方によっては、メインカードとしても使えるはずだ。

ファミマTカード

そして、ファミマートが独自に出している、「ファミマTカード」もメインには難しいが、サブカードにするなら十分利用価値ありだ。

還元率は0.5%と、Yahoo!JAPANカードやP-one WIzには遠く及ばない。

しかし、毎週火・土曜日にファミマで、このファミマTカードを使うとなんと、ポイントが5倍貯まる。

よく、ファミマを使っているのであれば、ファミマの支払いだけはこのファミマTカードを使うのも一つの手だ。

DCカードJizile (ジザイルカード)

DCカードJizile (ジザイルカード)は、年会費無料で三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードだ。

年会費無料なのに、P-one WIzと同じ還元率が1.5%だ。

Tポイントの還元率は、若干低くなって1.35%となってしまうが、それでも他のクレジットカードに比べれば高い還元率だ。

それに、家族カード、ETCカードも年会費無料で使うことができる。(ETC発行料1,000円)

ただし、デメリットとしてジザイルカードは、リボ払い専用なのだ。

月に5万円までは、一括が払うことができるが、それ以上になるとリボ払いになってしまう。

リボ払いでは、手数料が取られてしまう。

基本的には、一括払いにすることが多いだろう。

その時は、リボ払いの設定で月に5万円までと決めれば、大丈夫だ。

リボ払いといっても、5万円までは使うことができるので、サブカードとしてはジザイルカードもおすすめだ。

ここまで、Tポイントを貯めるにおすすめのクレジットカードを紹介した。

年会費はかかるものの、エクストリームカードはTポイント還元率は1.5%と、今のクレジットカードで一番だ。

また、Yahoo系のサービスをよく使うのであれば、Yahoo!JAPANカードもありだ。

自分でどれくらい、年間にクレジットカードで支払いするのかを、まずは確認して選んでほしい。

Tポイントを使って損する場合がある

実は、Tポイントを使っても損をする場合がある。

例えば、1,000円の買い物をして、そのうち300円を、Tポイントで支払い、残りは現金で払ったとする。

普通ならば、1,000円の買い物をしているので、1,000円に対して、ポイントが付くはずだ。

しかし、TSUTAYA、ENEOS、ガストなどでは、「値引き後」にポイントが付く。

値引き後というのは、上記なら700円に対してポイントが付くのだ。

もし、還元率1%のカードを使った場合では、10ポイントと7ポイントで3ポイントも変わる

同じ商品を買う場合で、金額が同じなのであれば絶対に「値引き前」の金額ポイントが付くほうがお得だ。

主に値引き前の金額に、ポイントがつくのは、Yahoo!ショッピング、ファミリーマート、ニッセンなどだ。

もし、気になるのであれば、購入する前に、一度店員さんに聞くことをおすすめする。

そうすることで、値引き前なのか、値引き後なのかわかるだろう。

ソフトバンクユーザーはソフトバンクカードで貯める

ソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンクカードを使うより効率よくお得に貯めることができる。

ソフトバンクには「ソフトバンクカード」というプリペードカードがある。

これはVIZA加盟店使えることができて、無料で使うことができるカードだ。

プリペードカードなので、チャージが必要になる。

しかし、ソフトバンクカードには「おまかせチャージ」というサービスがある。

これを使えば、クレジットカードと同じように使うことが可能だ。

それに、おまかせチャージにすることで、通常0.5%の還元率が1%になる。

還元率が1%でも、それなりに高還元率だ。

しかし、「ソフトバンクまとめて支払い」にしたほうが実は、お得になることがある。

ソフトバンクまとめて支払いは、還元率が0.5%だ。

しかし、これを他のクレジットカードで支払えば、そのクレジットカードのポイントがつく。

Tポイントを貯めるのにおすすめの、Yahoo!JAPANカードは還元率が1%だ。

Yahoo!JAPANカードで、支払えば還元率が1.5%になる

そうなると「おまかせチャージ」よりも還元率があがる。

もっと、還元率が高いクレジットカードにすれば、もっと還元率が高くなる。

ソフトバンクカード単体で使うよりは、先ほどの、Yahoo!JAPANカードやP-one WIzなどと、ひも付けしたほうが実はお得なのだ。

キャリア携帯はよくお得なキャンペーンなどを行っているので、ソフトバンクユーザーであれば、ソフトバンクカードをもっておいても損はないだろう。

Tポイントの貯め方・クレジットカードの比較まとめ

Tポイントを貯めるには、どんな店舗やサービスで使えるのか、クレジットカードならどれくらいポイントが付くのか。

これらを確認することが大事だ。

ただ、Tカードにポイントを貯めていても、効率よく貯めることはできない。

年会費無料のYahoo!JAPANカードやP-one WIz、ファミマTカードなどであれば、持っているだけはリスクはない。

ぜひこのような、お得なクレジットカードも利用しつつ、上手にポイントを貯めてほしい。