法人カードでおすすめのVISAカード比較。作るメリット・デメリット

法人カードでおすすめのVISAカード比較。作るメリット・デメリット

法人カードを作ろうと思った際には、最初にカードのブランドを決めなければなりません。

世界中には様々なブランドのクレジットカードがありますが、中には世界中で利用できる国際ブランドと呼ばれるカードも存在します。

その中でも圧倒的な知名度を誇っているのがVISAになるため、やはり法人カードもVISAにしようと考える方も多いはずです。

しかし、具体的に他の国際ブランドとVISAとでは、具体的にどのような点が異なるのでしょうか。

また、VISAカードにも様々な種類がありますが、どのVISAカードを利用すれば法人としてメリットが高いのでしょうか。

今回は、法人カードをVISAで作成するために、VISAカードのメリットやデメリット、他の国際ブランドとの違いなどを紹介させていただきます。

最後には法人向けのVISAカードも比較して紹介しているので参考になれば幸いです。

VISAと他の国際ブランドの違い

最初に、VISAと他の有名なクレジットカードとの違いを紹介させていただきます。

国際ブランドに対しても様々な考え方がありますが、代表的なものは

  • VISA
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB
  • アメリカンエクスプレス(アメックス)
  • ダイナースクラブ

の5つです。

VISA

クレジットカードと言えばVISAカードだという方も多いと思いますが、VISAは実際に現在世界中で18億人の会員数を誇る知名度が最も高いブランドです。

1958年にバンク・オブ・アメリカによって作られたクレジットカードになり、加盟店も世界で2400万店舗以上という圧倒的な数を誇ります。

そのため、国内はもちろん、海外に行っても利用できる店舗が多いですし、クレジットカードを作るといったら最初にVISAを作る方が多いです。

MasterCard(マスターカード)

マスターカードは、VISAとほぼ同等の加盟店を誇る、VISAに次いで知名度の高いクレジットカードです。

こちらもVISAと同じくアメリカの会社によって作られましたが、元々はドイツのユーロカードと合同によりスタートしました。

そのため、一時期はヨーロッパ方面での支払いに強いと言われていましたが、現在ではVISAとほぼ変わらず世界中どこででも利用できます

ただし、VISAと比べて会員数が約半数ほどになるため、知名度はやや劣ると言えます。

JCB

日本での高いシェアを誇るJCBですが、実は日本生まれの国際ブランドになるため、海外に出てみると案外シェアは少ないのが実情です。

ただ、国内での加盟店数はトップクラスであり、日本で生活をする分には手厚いサポートも受けられるカードになるため持っておいて損はありません。

また、韓国やハワイをはじめ、日本人観光客の多い海外での提携店舗数も増やしていますし、実際に少しずつ海外での知名度も上がってきています。

しかし、それでも海外ではまだまだ使えない店舗も多いことから、海外に行かれる方が多い方は上記の2つのカードの方が使い勝手が良いかもしれません。

サブカードとして持っておくのはおすすめです。

American Express(アメックス)

加盟店の数や会員の数は上述した国際ブランドに大きく負けていますが、アメックスはステータスの高いクレジットカードとして高い人気を誇っています。

実際にVISAやマスターカードと比べると、使用できない店舗も多く使い勝手が悪いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、ワンランク上の国際ブランドとして手厚いサービスやサポートがあるため、富裕層を中心に人気の高い国際ブランドです。

また、JCBとの提携により、特に国内では利用できる店舗も増えてきているため、今後も使い勝手は良くなっていくはずです。

ダイナースクラブ

アメックスと同じく、店舗数などではなく、ステータスの高い国際ブランドとして知られているクレジットカードです。

最もグレードの低いノーマルのカードであっても、他のカードのゴールドカード並みの収入などが求められることから、ひと昔前は高給の職業の方しか持てないと言われていました。

現在ではその審査基準も緩和されつつありますが、それでも世界で最高峰のクレジットカードという位置づけは変わっておらず、憧れを持つ方も少なくありません。

こちらもアメックス同様、JCBとの提携によってJCBが使える店舗のほとんどで利用することが可能ですし、アメリカではマスターカードとも提携しているため、使用範囲が広がってきています。

国際ブランドを比較

それでは、紹介した5つの国際ブランドをわかりやすく見ていきましょう。

国際ブランドシェア会員数国内加盟店海外加盟店
VISA58%18億800万人多い多い
マスターカード26%9億7500万人多い多い
JCB1%8000万人多い少ない
アメックス3%9100万人少ない少ない
ダイナース1%600万人少ない少ない

やはり会員数は圧倒的にVISAが勝っており、国際的なシェアは半数を超えています。

日本で生活する分にはシェアが高いと感じるJCBも、世界的な目線で見るとシェアは1%と非常に低く、VISAに大きく劣ることがわかります。

ただ、国内ではVISAに負けない加盟店数を誇っているため、日本国内での使い勝手は悪くないはずです。

国際ブランドの特徴まとめ

国際ブランド特徴
VISA・世界中でシェア1位
・カード払いできる店舗でほぼ使える
・国内・海外関わらず使い勝手が良い
マスターカード・シェア2位
・VISAカードとほぼ同じくらい使える
・VISAカードよりもヨーロッパに強いと言われる
JCB・日本発の国際ブランド
・国内での加盟店数が多い
・アメックスやダイナースと業務提携している
アメックス・ステータスが高い
・ホテルや空港、レストランでの手厚い優待サービスがある
・JCBと提携しているためJCB加盟店のほとんどで利用可能
ダイナース・世界で最高峰と言われる国際ブランド
・利用金額に制限がない
・JCBやマスターカードと提携しているため利用範囲が広くなってきている

法人カードをVISAにするメリットとデメリット

それでは続いて、法人カードをVISAで作るメリットとデメリットについて見ていきましょう。

法人向けのVISAカードのメリット

VISAカードを使うことによって、

  • 世界中の国で使用可能
  • 利用者と加盟店舗数が多い

といったメリットを得ることができます。

世界中どこでも使える

日本でクレジットカードを利用する分には、「クレジットカード利用可能」と書かれている店舗であれば、基本的にはどの国際ブランドでも断られることは少ないはずです。

特に、日本国内で高いシェアを誇るJCBは、日本のどこに行っても使えるといった印象があります。

しかし海外に出てみると、カードが使えると記載されている店舗であっても、VISAとマスターカードしか使えないと言われることが多いというのが実情です。

逆に言えば、「VISAとマスターであれば世界中のどこででも使うことができる」ととらえることも可能です。

法人カードを作る際に、海外と全く関係のない事業をするのであれば別ですが、海外に行く可能性がある企業の場合はVISAかマスターで作ったほうが決済に戸惑うということなくなるので1枚は作成しておくことをおすすめします。

利用者と加盟店舗数が多い

上述したように、VISAカードは世界で最も利用されているクレジットカードであり、加盟店舗数も世界でトップです。

また、VISAカードはアメックスなどと比べると、審査が甘く比較的誰でも持ちやすいカードとなっていますし、今後も利用者数が増えることが予想されます。

それに伴ってVISAカードが利用できる店舗数も世界中で増え続けているため、例えアメックスやダイナースを持っていたとしても、法人でVISAカードは1枚持っておくと便利です。

付帯サービス目的でアメックスなどを持つなら他のカードはVISAを持っておきましょう。

VISAカードのデメリット

一方で、VISAカードのデメリットとして挙げられるのが、

  • 誰でも持つことができる
  • 特典やサービスが平均的

といった点です。

誰でも持っている

これは考え方によってはVISAカードのメリットともいえる部分になるのですが、誰でも持てるというのがデメリットになるケースもあります。

クレジットカードが人目に触れる場面では、やはりVISAよりもアメックスやダイナースの方が信頼度が上がりますし、一目置かれる存在になります

ステータスの高い国際ブランドを持つだけで、社会的な地位が高いと思われたり、収入が高いといった印象を持たせることができますが、VISAカードではそのように思われることはありません。

しかし、だからと言ってVISAカードがステータスの低いカードということにはならず、単純にステータスが高いと思われないというだけです。

例えば取引先の方により良い印象を与えたいのであれば、VISAよりもアメックスやダイナースの方が向いていると言えます。

特典やサービスも平均的

特にアメックスなどのステータスの高いクレジットカードをお持ちの方は、VISAカードのサービスが良くないと感じるかもしれません。

もちろん優待サービスはきちんとついているものが多いですし、カードのグレードによっては良い待遇を受けることも可能です。

特にプラチナカードになればサポートも充実はしています。

プラチナカード比較ランキング!おすすめのステータスカードを徹底検証!
プラチナカードは、最高級のランクのクレジットカード。 銀行系から流通系まで、いろいろな会社が発行していますが、手に入れるためには高いハードルを超えなければなりません。 プラチナカードは、その分年会費も高くつきますが、特典も豊富です。...

しかし、一般的なVISAカードは、アメックスやダイナースなどと比べると一般的なサービスが充実しているという印象があります。

そのため、クレジットカードを持つことによって得られる待遇などに重点を置きたいという方には、VISAカードは向いていないと言えるのかもしれません。

ただし、使い勝手が良いのは事実ですので、ステータスの高いカードの他にVISAカードを持っておいたほうが、日常生活でカードを利用できる機会が増えるはずです。

代表的な法人向けVISAカード

それでは最後に、VISAカードとして利用可能な代表的な法人カードを紹介させていただきます。

横にスクロールできます。

法人カード初年度年会費2年目以降年会費追加カードETCカード限度額ポイント還元率
三井住友ビジネスカード for Owners無料1,250円400円500円(利用したら翌年無料)80万円0.50%
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド10,000円10,000円2,000円500円(利用したら翌年無料)200万円0.50%
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード50,000円50,000円5000円500円(利用したら翌年無料)500万円0.50%
ライフカードビジネスライトスタンダード無料無料無料無料200万円0.00%
ライフカードビジネスライトゴールドカード無料10,000円無料無料200万円0.50%
楽天ビジネスカード2,000円2,000円なし500円(1枚目は無料)300万円1.00%
オリコ EX Gold for Biz0円2,000円無料無料300万円0.50%
ビジネクスト0円0円無料無料300万円0.25%
ビジネクストゴールド10,000円10,000円無料無料300万円0.50%
UCカード1250円1,250円無料無料300万円0.50%
UCカードゴールド10,000円10,000円2000円無料500万円0.50%

※すべて税抜き

もちろん他にも様々な法人カードが存在しますが、特に人気の高い法人向けのVISAカードはこれらになります。

この中で更におすすめできるのが、

  • 三井住友VISAビジネスカードfor Owners
  • オリコ EX Gold for Biz
  • 楽天ビジネスカード

の3つになります。

三井住友VISAビジネスカードfor Owners

カード会社三井住友カード
初年度年会費1,250円(税別)
2年目~年会費1,250円(税別)
追加カード400円(税別)
追加カード発行枚数制限20枚
ETCカード500円(税別)※初年度無料、年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額上限80万円
ポイント還元率0.50%
海外旅行障害保険最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険

最大の特徴としては、年会費が税別で1250円しかかからない低価格の法人カードという点。

年会費は安いですが、レストランをはじめとする優待サービスはしっかりとついていますし、ETCカードも利用すれば実質は無料です。

また、海外キャッシングもできますので、国内だけではなく海外にも出張に行く可能性のある経営者の方にはおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Ownersの6つの特徴と審査を徹底調査!
三井住友ビジネスカード for Ownersとは、三井住友銀行から発行されている法人カード。 法人向けのクレジットカードですが、個人事業主も発行することができます。 法人カードを発行するメリットはたくさんありますが、経費をクレカ払い...

オリコ EX Gold for Biz

カード会社オリエントコーポレーション
初年度年会費0円
2年目~年会費2,000円(税別)
追加カード0円
追加カード発行枚数制限3枚
ETCカード0円
ETCカード発行枚数制限3枚
ショッピング限度額上限300万円
ポイント還元率0.5~1.1%
海外旅行障害保険最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

オリエントコーポレーションが発行しており、初年度の年会費が無料で利用でき、ゴールドなのにもかかわらず2年目以降も年会費が税別2,000円というお得な法人カードです。

ゴールドカードということで、旅行傷害保険もきちんと付帯していますし、ショッピングの利用額も最大で300万円とやや高めの設定になっています。

それにポイント還元率も利用額に応じて最大1.1%まで引き上げることができるので、ガッツリポイントも貯めることが可能です。

また、ETCカードも無料で発行できるため、リーズナブルで良い待遇を受けたいという方にもおすすめです。

オリコカード「EX Gold for Biz 」は法人・個人事業主どちらも持てるビジネスカード
EX Gold for Biz (エグゼクティブゴールドフォービズ)は低価格の年会費なのに、充実したビジネスサポートサービスや、嬉しい特典、利便性などを兼ね揃えた優れものです。この記事では、そんなEX Gold for Bizの特徴やメリット、デメリットなどを詳しく解説しております。

楽天ビジネスカード

カード会社楽天ビジネスカード
初年度年会費2,000円(税別)
2年目~年会費2,000円(税別)
追加カード発行不可
ETCカード500円(税別)
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額上限300万円
ポイント還元率1.00%
海外旅行障害保険最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを発行することで追加として発行できるカードです。

年会費自体は2,000円(税別)ですが、楽天プレミアムカードが10,000円なので実質は12,000円(税別)。

上述した2つの法人カードと比べると年会費が割高だと感じる方も多いかもしれませんが、ポイント還元率が1.0%と高いため、カードで決済する機会が多い方にはおすすめ

法人カードの還元率は0.5%あたりが一般的なので非常に高い数値と言えますし、旅行傷害保険もきちんとついているため使い勝手は良いはずです。

ただし、年会費が高い割にはステータスが高いカードとは言えませんし、追加カードを発行できないという点がデメリットと言えるでしょう。

楽天ビジネスカードは低価格で発行可能なポイントが貯まる法人カード!
ビジネスカードを保有していると、経費の削減や管理の一元化などができるメリットがあります。 また、ビジネスカードと一緒にETCカードを発行することで、社用車の管理もしやすくなります。 しかし、ビジネスカードとなると気になるのが、審査の...

まとめ

人によって法人カードを利用する場面は異なりますし、何を基準にカードを選ぶかによって、好みは大きくわかれるはずです。

しかし、VISAが世界で最も知名度が高く、世界中で最も利用されているクレジットカードという事実は変わりません。

中には、ステータスを考えてアメックスやダイナースを利用するという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん社会的な信用をカードの種類で得るというのも重要ですが、日常的な使い勝手は圧倒的にVISAが勝っています。

2枚目の法人カードとしても十分に活躍する国際ブランドですので、1枚は所有しておくことをおすすめいたします。