三井住友ビジネスカード for Ownersとは、三井住友銀行から発行されているクレジットカードの一枚です。

法人向けのクレジットカードですが、個人事業主も発行することができます。

法人カードを発行するメリットはたくさんありますが、経費をクレカ払いできるのもポイントでしょう。

法人カードは三井住友ビジネスカード for Owners以外にもたくさんありますが、個人事業主や中小企業程の規模の法人なら三井住友ビジネスカード for Ownersがおすすめです。

この記事では、そんな三井住友ビジネスカード for Ownersのメリットやデメリット、審査を中心にまとめました。

三井住友ビジネスカード for Ownersの申し込みはコチラ

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

三井住友ビジネスカード for Ownersとは、三井住友銀行が発行しているクレジットカードのことです。

ただし、一般の人ではなく法人や個人事業主向けとなっています。

三井住友からは、ほかにもたくさんの法人カードが発行されていますが、

  • 個人事業主
  • 中小企業程度の規模の法人

これらに当てはまっているのであれば、このクレジットカードがおすすめです。

ちなみに、法人ともなると提出書類が増えますが、登記簿や決算書は不要なので書類を提出する必要はありません。

また、カードランクはゴールドカードなのでそれなりの特典も付帯されています。

年会費の1万円は払っても当たり前だと思えるくらいの特典だと思いますよ。

三井住友ビジネスカード for Ownersのポイントプログラム

もっとたくさんポイントを貯めるなら!いつものショップでポイント2~20倍!ポイントUPモール

三井住友ビジネスカード for Ownersで経費などを支払うと、ポイントが付与されます。

1,000円につき1ポイントなので、還元率に直すと0.5%です。

法人向けのクレジットカードの中では普通~高いほうに分類されます。

ひどい場合だと、ポイントが付与されないこともありますからね。

でも、もっとポイントがほしいのならショッピングモールを経由するのもおすすめですよ。

ポイントUPモールを経由する

カード会員だけが利用できる、ポイントUPモールというショッピングモールがあります。

法人ともなると、お中元やお歳暮などで購入するものも増えるでしょう。

なので、買い物するのであればポイントのためにもネットショッピングがおすすめですよ。

ほんの一部ですが、紹介します。

ショップ ポイント還元率
イトーヨーカドーネット通販 5倍
日本直販オンライン 9倍
東急ハンズ ネットストア 3倍
ヤマダモール 3倍
高島屋オンラインストア 5倍
京王百貨店ネットショップ 4倍
近鉄百貨店 インターネットショップ 5倍
阪神オンラインショッピング 4倍
NOREN NOREN/三越伊勢丹 3倍
ふるさと納税専門サイト「ふるなび」 2倍

百貨店系列のお店もたくさんあるので、わざわざ店まで足を運ぶ必要もありません。

また、このほかにもボーナス制度があるのでそちらもチェックしておきましょう。

ボーナス制度を利用する

三井住友ビジネスカード for Ownersを使って前年度のポイントの累計数が1,000を超えると、100ポイントボーナスポイントとしてもらうことができます。

法人はなにかと決済することが多いですから、1,000ポイントくらいなら簡単にいくんじゃないでしょうか。

ポイントを交換する

そして、貯まったポイントは景品などに交換することが可能です。

  • 景品に交換する
  • キャッシュバックする
  • 電子マネーに交換する

この3つのどれかに移行することができます。

景品に交換する

豪華景品に交換することもできます。

ポイントが有り余っているのであれば、景品に交換してみましょう。

景品 ポイント
 バカラ シャトーバカラ ワイングラス L 2客セット  5000ポイント
 ロイヤル コペンハーゲンブルーパルメッテ ブロッサム フラワーボウル  2000ポイント
 Bose サウンドタッチ 20 スピーカー  8800ポイント
 テンピュール® ユニバーサルピロー  1800ポイント
 パナソニックスモーク&ロースターけむらん亭 7000ポイント
ダイソン Dyson supersonic ヘアードライヤー 9000ポイント
パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ 6000ポイント
ティファールインジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット6 4000ポイント
siroca ハイブリッドオーブントースター 4400ポイント
ショトックスクリスタル ショットグラス スパイラル 1000ポイント

まだほかにもありますが、このような景品が用意されています。

ポイントをそのまま保有していても消滅してしまうだけですし、どうせなら豪華な景品と交換してしまうほうがいいと思いますよ。

キャッシュバックする

キャッシュバックは、主に以下の3つから選ぶことができます。

  • 現金
  • iD
  • 三井住友プリペイドチャージ

自分がよく使うものがあれば交換してみましょう。

レートは1ポイント=1円ではなく、それぞれ異なるので注意してください。

電子マネーに交換する

電子マネーにも交換することができます。

  • ANAマイレージ
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • 楽天Edy

このような電子マネーに交換が可能です。

ほかにもたくさんありますので、自分がよく使う電子マネーに移行しましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersのメリット

三井住友ビジネスカード for Ownersには、以下のようなメリットがあります。

  • 初年度の年会費が無料
  • ETCカードが条件付きで無料
  • 旅行傷害保険が付帯
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • カードに社名を記載してくれる
  • ICチップが搭載済み

では、解説していきます。

初年度の年会費が無料

三井住友ビジネスカード for Ownersは、年会費が10,000円+税ほどかかります。

ですが、初年度の年会費は無料なので1年間お試しとして使うことも可能です。

法人カードはたくさんありますが「法人カード比較ランキング!事業主向けのおすすめビジネスカードまとめ」実際は使ってみないとわからないことってたくさんありますからね。

試験的に使ってみたい人は、ぜひ三井住友ビジネスカード for Ownersで試してみてください。

ETCカードが条件付きで無料

三井住友ビジネスカード for Ownersは、ETCカードを発行することが可能です。

年会費が540円かかりますが、こちらも初年度は無料です。

次年度以降は、1回使えば年会費が免除されるのでよく高速道路を利用する人は問題なく使えるかと思います。

旅行傷害保険が付帯

三井住友ビジネスカード for Ownersには、国内外の旅行傷害保険が付帯されています。

このカードの一つランクが下であるクラシックカードは、海外旅行傷害保険のみだったのでグレードアップされています。

なので、このカード一枚で国内外の出張はカバーできるかと思います。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高5,000万円(自動付帯→1,000万円)
治癒費用 300万円限度
疫病の賠償費用 300万円限度
賠償責任 5,000万円限度
携行品の損害 50万円限度
救援者費用等 500万円限度

国内旅行傷害保険(利用付帯、家族特約)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高5,000万円
入院費用補償 5,000円/日
通院費用補償 2,000円/日
手術費用 最高20万円

国内外、どちらも利用付帯のほうが大きいことがわかります。

  • 出国前に三井住友ビジネスカード for Ownersで交通費を支払っていること
  • ツアー代金を三井住友ビジネスカード for Ownersで支払っていること
  • 出国後に公共の交通機関を三井住友ビジネスカード for Ownersで支払っていること

このような条件を満たすことで初めて保険が適用されます。

ちょっとややこしいですが、いざという時のためにも満たしておきましょう。

空港ラウンジが無料で利用できる

三井住友ビジネスカード for Ownersは、空港ラウンジが無料で利用できます。

ゴールドカード以上の特典です。

主要な都市の空港を利用する際は、フライト時間まで空港ラウンジでくつろぎましょう。

カードに社名を記載してくれる

三井住友系のクレジットカードは、他社のカード会社にはないセキュリティ対策が行われています。

そして、三井住友ビジネスカード for Ownersには、社名が記載されています

なので、一目で法人カードだと主張することも可能です。

法人カードは経費などを支払うためのカードなので、第三者からの不正利用も若干は防げるのではないでしょうか。

ICチップが搭載済み

また、ICチップも搭載されています

とても高度な暗号技術が採用されているので、偽造や不正利用を防ぐことができます。

個人カードとは違って、一度に何万円ものお金が動くこともある法人カードはこれくらいセキュリティに優れていたほうが安心ですよね。

三井住友ビジネスカード for Ownersのデメリット

しかし、三井住友ビジネスカード for Ownersにもデメリットはあります。

  • 発行する枚数が増えるほど維持費がかかってしまう

この点です。

発行する枚数が増えるほど維持費がかかってしまう

三井住友ビジネスカード for Ownersは、従業員にもカードを発行することが可能です。

しかし、1枚につき2,000円の年会費がかかってしまいます。

10人に配れば2万円もかかってしまうことになりますから、かなりの維持費がかかることは一目瞭然です。

三井住友ビジネスカード for Ownersと三井住友ビジネスゴールドカードを比較

三井住友銀行からは、三井住友ビジネスゴールドカードという名前がよく似たカードが発行されています。

三井住友ビジネスクラシックカードの特徴は?ゴールド・プラチナと比較!
三井住友カードといえば、銀行系クレジットカードとして信頼性が高く知名度もあります。様々なラインナップでライフスタイルに合わせたクレジットカードを保有すること...

そこで、この2枚を比較してみました。

クレジットカード 三井住友ビジネスカード for Owners 三井住友ビジネスゴールドカード 
年会費 10,000円+税(初年度の年会費が無料) 10,000円+税
パートナーカード 2,000円+税 2,000円+税
ポイント還元率 0.5% 0.5%
付帯保険

国内外の旅行傷害保険

ショッピング補償

国内外の旅行傷害保険

ショッピング補償

セキュリティ ICチップが搭載
限度額 50~200万円 20~300万円
支払い方法 1回払い、分割払い、リボ払い 1回払いのみ
発行者 法人もしくは個人事業主 法人のみ

よく似ていますが、微妙に違っているところも多いです。

限度額が多いのは三井住友ビジネスゴールドカードですが、支払い方法が多いのは三井住友ビジネスカード for Ownersです。

使い勝手がいいと思ったほうを発行して使うようにしてみてください。

三井住友ビジネスカード for Ownersの審査基準

三井住友ビジネスカード for Ownersは誰しもが取得できるわけではありません。

  • 満20歳以上の法人代用者や個人事業主

この条件を満たした人だけが取得できます。

条件を見た限りではそこまで難しくないです。

実は、このカードは開業して間もない時期でも取得できるといわれているほど審査は甘めのようです。

なので、

  • ブラックリスト入りしていない
  • これから利益が見込める事業をしている

この条件なら審査には通りやすくなるかと思います。

ちなみに、間違って三井住友ビジネスカードに申し込んでしまったという人もいるようですが、こちらは提出書類が多く、審査も厳しいので間違わないように注意してくださいね。

実際に私も申し込みをしましたが、凄くめんどくさかったです。結局使えるまで3ヶ月くらいかかりましたから。

まとめ

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主や中小規模の法人におすすめのクレジットカードです。

法人カードに必要な決算書類や登記簿などを提出する必要もないので便利ですよね。

法人カードを探しているのであれば、ぜひ三井住友ビジネスカード for Ownersを検討してみてください。

セキュリティ面もしっかりしているので、安心できますよ。

三井住友ビジネスカード for Ownersの申し込みはコチラ