三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定の特典満載なカード!

大手銀行の中でも知名度の高い三井住友銀行。

そんな三井住友銀行が発行するカードの中に、三井住友VISAプライムゴールドカードというものがあります。

他社と違い、20代限定となっていますがコスパがよくサービス面も充実したカードになっています。

1枚ゴールドカードを持っているだけでステータスを上げることもできますから、今20代の人はとりあえず1枚作ってみることをおすすめします。

国内外の旅行傷害保険やショッピング補償もしっかりしていますから、これ1枚あるだけで安心して旅行をすることも可能ですよ。

今回は、そんな三井住友VISAプライムゴールドカードのメリットやデメリットについてご紹介して行きます。

20代でゴールドカードが欲しいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

また、今なら最大9,500円分がキャッシュバックされるキャンペーンも行っています。

気になる人は、公式ページを見てみてください。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

三井住友VISAプライムゴールドカードは、大手銀行でおなじみの三井住友銀行が発行しているカードです。

他社からもゴールドカードはたくさん発行されていますが、三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定となっています。

20代向けではなく、完全に20代限定となっているのが特徴的です。

今現在、20代の人でステータスの高いカードを持ちたいと思っているのなら、三井住友VISAプライムゴールドカードを検討してみませんか?

社会的な信用も高くなりますし、一般のクレジットカードでは利用できないサービスが受けられますよ。

初年度の年会費が無料

三井住友VISAプライムゴールドカードは、通常、5,400円(税込)の年会費がかかりますが、ネットから申し込むと初年度の年会費が無料になります。

なので、どんなカードなのか知りたいという人や、試しに使ってみたいという人にはピッタリのカードです。

もし1年間使ってみて、やっぱりいらないと思ったら解約すればいいだけですから。

年齢制限があるので、試すのは今のうちですよ。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

国際ブランドの2種類から選べる

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友が発行しているVISAのプロパーカードです。

なので、VISAしか選べないと思っている方も多いかもしれませんが、実はMasterCardを選ぶこともできます

今回始めてクレジットカードを作るのであれば、VISAで問題はありません。

しかし、すでに他のカードでVISAのブランドを持っているのであれば、MasterCardを選択してもいいでしょう。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードではVISAとMasterCardを2枚申し込みをすることができます。

その場合は、2枚目の年会費は1,080円で持つことができるので、1枚目と合わせても6,480円で持つことが可能です。

ただ、個人的には別に2枚とも同じカードにする必要はないと思っているので、サブカードは他の年会費が無料で高還元率のカードや

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

違う会社のゴールドカードなどを検討しますけどね。

ゴールドカード比較ランキング!目的別・人気のゴールドカードを徹底紹介!
昔はハードルが高かったゴールドカード。しかし、現在は以前より遥かにハードルが下がり、ゴールドカードを持つ人も増えてきました。すでに20代前半の方でも持っている...

その方が三井住友VISAプライムゴールドカードにはない、いろいろな特典やサービスを受けることができますから。

ポイント還元率やお得な使い方

三井住友VISAプライムゴールドカードで買い物をすると、1,000円につき1ポイントワールドプレゼントというポイントがもらえます。

1ポイントは5円相当なので、ポイント還元率でいえば0.5%です。

これは、他社と比較しても低いです。

1%のカードなんてたくさんありますからね。

ポイントの交換先

このポイントをたくさん貯めることによって景品や他社のポイントプログラムと交換することができます。

貯まったポイントを景品や他社のポイントプログラムと交換!

これらの手続きは全てオンライン上から行えます。

なので、いつでも操作ができます。

この他社のポイントプログラムというのは、電子マネーなどに交換できるということです。

具体的にどんなものに交換できるのかみてみましょう。

交換先交換レート
ANAマイル100ポイント~
クリスフライヤー100ポイント~
クラブ・ミッレミリア200ポイント~
WAON200ポイント~
楽天Edy200ポイント~
nanacoポイント200ポイント~
Suicaポイント200ポイント~
Tポイント200ポイント~

他にもまだたくさんありますが、主要なものに交換できるようになっています。

自分のよく使うものに交換することで、ポイントをもてあますようなこともありません。

ポイント以外の景品は

  • バカラの食器 2300ポイント~
  • ロイヤルコペンハーゲンの食器 2000ポイント~
  • テンピュールの寝具 3100ポイント~
  • ルンバ 10000ポイント
  • ダイソンのモーターヘッド 9000ポイント
  • レイコップ 4000ポイント
  • パナソニック 空気清浄機 3500ポイント

などがあります。

ゴールドカードの景品だけあってかなり豪華です。

欲しいものがある人はポイントをがっつり貯めて大物景品を狙うのもありですよ。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

ポイントUPモールで買い物するとよりお得

ネットショッピングでポイントUPモール経由で買い物すればポイント最大20倍!

三井住友VISAプライムゴールドカードには、独自のショッピングモールがあります。

それがポイントUPモール

三井住友系のカード会員のみが買い物できるモールで、ここを経由すると最大で20倍のポイントをもらうことができます。

つまり、ネットショッピングする前にこのモールにアクセスし、そこからショッピングをすればよりたくさんのポイントがもらえるという仕組みになっています。

ショップポイント
ユニクロ4倍
Amazon2倍
Amazonファッション9倍
ニッセンオンライン6倍
イトーヨーカドーネット通販5倍
adidas ONLINE SHOP7倍
セシール オンラインショップ3倍
Apple公式サイト2倍

ほんの一部ですが、このようなショップがあります。

一目見るだけで、モールを通して買い物したほうがポイントをたくさんもらえることがわかりますよね。

貯めたポイントで商品と引き換えたり、電子マネーに交換したりしましょう。

ただし、ポイントの有効期限は4年間と決まっています。

かなり長めではありますが、それを過ぎてしまうと消滅してしまうので早めに使うようにしましょう。

10の特典サービス・メリット

三井住友VISAプライムゴールドカードには、以下のようなメリットや特典があります。

  • 全国28箇所の空港ラウンジが利用できる
  • 旅行傷害保険が付帯されている
  • 家族カードの発行料が安い
  • ショッピング保証の金額が高めに設定されている
  • 限度額が高い
  • 年会費が安い
  • 24時間年中無休のサポートが受けられる
  • カード発行までがスピーディー
  • 追加できる電子マネーの数が多い
  • ボーナスポイントがもらえる

順番に見ていきましょう。

全国28箇所の空港ラウンジが利用できる

空港のご案内 イメージ

三井住友VISAプライムゴールドカードは、空港ラウンジが無料で利用できるサービスが付帯されています。

通常は、空港のロビーでフライト時間を待つことになるのですが、ちょっと退屈ですよね。

ですが、空港ラウンジではかなり待遇のいいサービスが受けられます。

ソフトドリンクやアルコールが飲めたり、ビュッフェ形式の料理が食べられたりします。

もちろん、これらの代金は無料です。

他にも、PCが快適に利用できるサービスが利用できたり、シャワーが浴びられたりするスペースがあります。

通常、空港ラウンジはビジネスクラスファーストクラスを利用する人が無料で利用できるサービスです。

つまり、1回利用するためには数万円支払わないと利用できないんですね。

それが、三井住友VISAプライムゴールドカードと航空券を提示するだけで利用できるなんて、太っ腹だと思いませんか?

このカードさえあれば、席はエコノミークラスでも構いませんから。

それだけステータスの高いカードだということがよくわかりますね。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

旅行傷害保険が付帯されている

三井住友VISAプライムゴールドカードには、国内外問わず旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高5,000万円(4,000万円は利用付帯)
治癒費用300万円限度
疫病の賠償費用300万円限度
賠償責任5,000万円限度
携行品の損害50万円限度
救援者費用等500万円限度

国内旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高5,000万円(4,000万円は利用付帯)
入院費用補償5,000円/日
通院費用補償2,000円/日
手術保険金最高20万円

また、家族特約も充実しています。

    • 19歳未満の同居の親族
    • 19歳未満の別居の未婚の子

であれば、補償してもらうことが可能です。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償最高1,000万円
治癒費用200万円限度
疫病の賠償費用200万円限度
賠償責任2,000万円限度
携行品の損害50万円限度
救援者費用等200万円限度

補償金額もかなり高めに設定されていますから、安心して旅行へ行けるでしょう。

しかし、

  • 会員に過度の過失がある
  • 自殺
  • 脳疾患・疾病・心神喪失状態

だった場合は保険金が支払われません。

これは国内外共通です。

必ずしも全てのケースに保険金が支払われるわけではありませんので、ご注意ください。

家族カードの年会費が安い

三井住友VISAプライムゴールドカードは、家族カードが発行できます。

年会費は1人目は無料、2人目からは1,000円となっています。

有料ではありますが、1,000円はかなり安い部類に入る金額でしょう。

ステータスも高いカードですし、持っていて損はないカードかと。

家族カードは審査も緩めですし、どうしても欲しいという人は家族カードを作ってみましょう。

ただし、クレヒスは育成できないので育成したい人は別のカードを持ちましょう。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

ショッピング補償の金額が高めに設定されている

三井住友VISAプライムゴールドカードには、ショッピング補償が付帯されています。

ショッピング保証とは、カードを使って買った商品が90日以内に破損や盗難被害に遭った場合に補償してもらえるというサービスです。

他社にも同じようなサービスはありますが、名前は異なっていることも多いです。

金額も最大300万円に設定されていますから、大抵のものを購入できるでしょう。

ただし、

  • 故意に商品を傷つけた(保険目的)
  • 楽器の音色や音質の変化
  • ねずみやサビ、虫害
  • 製品の瑕疵や製作の欠陥によるもの(不良品)

などはサービスの対象外に指定されています。

変色やサビができないようにしっかり守ったり、虫の被害に遭わないように保管したりしましょう。

限度額が高い

三井住友VISAプライムゴールドカードは、50~200万円までと利用可能額が決まっています。

もちろん、申し込んだ会員の状況によって限度額は異なるのですが、最初からかなり高めに設定されていますね。

これなら、思う存分支払いにクレジットカードを使えるのではないでしょうか。

いつも限度額が低くて嘆いていたという人は必見ですよ。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

年会費が安い

三井住友VISAプライムゴールドカードは、初年度は無料ということは先ほどご紹介しましたね。

次年度以降は年会費が5,000円となっています。

他社にも格安のゴールドカードはありますが、安くても10,000円くらいが相場となっていますから、かなり格安であることがわかります。

また、

コース別年会費プライムゴールド年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコース税抜1,500円+税
マイ・ペイすリボコース税抜2,500円+税
WEB明細書コース税抜4,000円+税
いずれも指定なし税抜5,000円+税

支払いコースによって、このように年会費も大きく変動してきます。

WEB明細書コースとは、月々の請求金額を紙の書面ではなくEメールで送ってもらうコースのこと。

マイ・ペイすリボコースとは、毎月の支払いを自分で設定するというコースです。

三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボをわかりやすく解説
クレジットカード会社では、独自にリボ払いの設定を行うサービスを展開しています。三井住友VISAカード系列では、「マイ・ペイすリボ」。JCB系列では「支払い名人」。こ...

要するにリボ払いということですね。

こちらは10,000円から設定することが可能です。

ここまで安くなると考えるとかなりお得ではないでしょうか。

しかし、リボ払いはあまりおすすめできません。

分割払いとは違い、決済するたびに手数料がかかってしまうので、実際の購入金額よりも高い金額を支払うことになります

便利ではありますが、買い物をすればするほど損をしてしまうんですよね。

こちらで詳しくリボ払いについては説明しているので、しっかりと読んで理解できた人だけリボ払いにするようにしてください。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることがで...

ちなみに、リボ払いにしなくても前年度のカード利用額が

  • 100万円以上300万円未満→次年度の年会費が20%割引
  • 300万円以上→次年度の年会費が半額

このように割り引いてもらえます。

これらのサービスは、一番割引率が高いものが適用されることになります。

いずれにせよ、使えば使うほどお得になることは間違いありません。

300万円以上使うのは無理!という人でも、別のサービスで割り引きは可能です。

なにを使えば得で、損をするのかよく考えて設定してみてください。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

24時間年中無休のサポートが受けられる

クレジットカードは、ある日不正利用されてしまうことがあるかもしれません。

特に海外で財布を取られてしまい、そこからカードが不正に利用されると考えるとおそろしいですよね。

カードはとてもサイズが小さいですから、どこかに紛れてしまいそのまま無くしてしまうという可能性もあります。

そんなことが起きてしまったら、サポート事務局に電話する必要がありますが、受付時間外だとサポートしてもらえません。

国内ならすぐに電話することもできるかもしれませんが、時差の関係で昼夜逆転しているとなかなか電話をかけるのも難しくなってしまうでしょう。

しかし、三井住友VISAプライムゴールドカードは電話受付が365日24時間対応されていますので、なにかあればすぐに電話をしてカードを止めてもらえます。

これは心強い味方ですね。

もちろん国内外問わず対応してもらえますので、安心して旅行が楽しめるでしょう。

カード発行までがスピーディー

三井住友VISAプライムゴールドカードですが、ネットから申し込むと最短3営業日で発行してもらうことができます。

1週間程度で手元にカードが届くので、かなりスピーディーです。

口座引き落としも、ネットから手続きができるので、面倒な署名や印鑑の捺印をする必要はありません。

ネットから全ての手続きをしたいという人にぴったりな申し込み方です。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

追加できる電子マネーの数が多い

コンビニやスーパーにかざすだけで買い物ができるICカード。

わざわざ小銭を取り出さなくてもいいので、世間からはとても便利だと評価されています。

電子マネーはどれが一番お得?定番のスーパー・コンビニ・交通系を徹底比較
私は常日頃、小銭は持ち歩かないです。それは何故だと思います?単純に、小銭は邪魔だと思っているからです。むしろ、札さえも入っていない場合があります。昔ならあり...

そんなICカードですが、たくさんの種類があります。

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、その中から知名度が高く便利なカードを一体型にできます。

  • 三井住友カードiD
  • バーチャルカード
  • Apple Pay
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード
  • 三井住友カード Visa payWave

とても豊富ですね。

カードと一体化させることで、財布の中がカードでパンパンになるということもありません。

カードも余計に増えないので、たくさんカードを持ち歩きたくないという人はICカードと一体型を選びましょう。

プリペイド型のICカードの場合は、クレジットカードと違い、その場でチャージした分のお金が引き落とされるので、ついつい使い過ぎるということもありません。

コンビニやスーパーくらいなら、ICカードでも事足るので、つけておいて損をすることはありません。

また、このほかにETCカードも搭載することが可能です(別途年会費はかかります)。

ボーナスポイントがもらえる

お買物金額累計期間とポイント優遇期間 イメージ

三井住友VISAプライムゴールドカードで買い物をすると、基本的には0.5%のポイントが還元されます。

それとは別に、前年度の買い物金額の累計額によって、ステージが定められ、今年度の支払いの合計額によって付与されるボーナスポイントの金額が決まります。

もらえるボーナスポイントはこんな感じです。

前年度の支払い累計額ステージボーナスポイント
300万円以上V350万円で300ポイント 以降10万円ごとに60ポイント
100万円以上300万円未満V250万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント
50万円以上100万円未満V150万円で100ポイント 以降20万円ごとに30ポイント

いずれにせよ、50万円に到達することによってもらえるという認識は、どのステージでも同じことです。

1か月に約4万円ほど使うと1年で到達することが可能です。

ちょっと、難しいと思うかもしれませんが、毎月の食費や家賃などを支払うと4万円は案外簡単にクリアできる金額ですから。

ボーナスポイントが欲しい人は頑張ってみてください。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

三井住友VISAプライムゴールドカードと三井住友VISAゴールドカードを比較

三井住友銀行では、三井住友VISAプライムゴールドカードと、三井住友VISAゴールドカードを発行しています。

どちらも同じゴールドカードですが、なにか違いはあるのでしょうか。

そこでこの2枚を比較してみました。

 三井住友VISAプライムゴールドカード三井住友VISAゴールドカード
年会費初年度無料、次年度以降5,000円初年度無料、次年度以降10,000円
家族カード1枚目は無料、2枚目移行1,000円1枚目は無料、2枚目移行1,000円
ポイント還元率0.5%0.5%
付帯保険国内外旅行障害保険、ショッピング補償国内外旅行障害保険、ショッピング補償
特典
  • 条件下で年会費の割引が可能
  • 条件下で年会費の割引が可能
  • 顔写真入りICカードが選べる

三井住友VISAゴールドカードは、満30歳以上の人が持てるゴールドカードです。

三井住友VISAゴールドカードはコスパ最強で安心のステータスカード
日頃クレジットカードを利用する人なら、いつかはゴールドカードを持ちたい、または、そろそろゴールドカードを持ちたいと考える人も多いでしょう。しかし初めてゴール...

三井住友VISAプライムゴールドカードをパワーアップさせたカードなので、ショッピング補償の最高額が500万円になったりと、少々グレードアップされています。

また、顔写真入りICカードを発行することができるので、クレジットカードの不正利用をぐっと下げることが可能になります

とりあえず、20代のうちは若干年会費が安い三井住友VISAプライムゴールドカードを使い、30代になったら三井住友VISAゴールドカードに移行するのがいいかと。

満30歳になったら更新時に三井住友VISAゴールドカードに切り替えてくれるみたいですし。

もしもカードがいらないというのなら、他社のカードに切り替えても問題ありませんからー。

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

しかし、三井住友VISAプライムゴールドカードにはデメリットもあります。

  • 30代になると使えなくなる

この1点です。

30代になると使えなくなる

三井住友VISAゴールドカードは、20代の人しか持てません。

年会費もリーズナブルですし、保険もしっかり付帯されているのでずっと使い続けたいと思う人はいるでしょう。

しかし、どんなに気に入っていても30代に突入したら利用できなくなってしまいます

強制的にもう1枚のゴールドカードに切り替えられてしまうので、ちょっと残念ですよね。

特に今20代後半の人なんかはどうしようか迷ってしまうのではないでしょうか?

中途半端になってしまう年齢の人にはあまりおすすめできないカードです。

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査基準

三井住友VISAプライムゴールドカードに入会するためには

  • 満20歳以上30歳未満で、安定継続収入のある人

が条件です。

銀行系のカードではありますが、審査はあまり難しくないようですね。

また、一般会員でも案内が来るということから、集客も積極的に行っているようです。

収入があって、過去に金融事故を起こしていない人なら問題なく通るはずですよ。

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる

まとめ

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代向けの高コスパゴールドカードです。

このカードを1枚持っているだけで三井住友ブランドというステータスも手に入れられますから、社会的な価値が欲しい人にはおすすめのカードです。

他にもゴールドカード更新時に

  • 継続サンクスポイントのプレゼント
  • プレミアムグルメクーポンのプレゼント

というサービスを受け取ることもできます。

とにかく20代の人にとってはメリットが多いゴールドカードなので、20代の人は今の内に上手に特典を利用してみてください。

1年間は年会費も無料ですから、とりあえず気になった人は1枚申し込んで使ってみては?

三井住友VISAプライムゴールドの公式ページを見てみる