三井住友ビジネスゴールドカードの特徴。メリット・デメリットまとめ。

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友銀行グループである三井住友カード株式会社が発行するクレカです。

名前の通り、一般カードではなく法人向けのゴールドカードです。

したがって、法人以外の個人が持つことはできません。

付帯特典を見てみると、ビジネスに役に経ちそうなものが豊富なことがわかります。

福利厚生などにも役立つものがあるので、もう社員旅行などに頭を抱える心配はなくなりますよ。

今回は、そんな三井住友ビジネスゴールドカードについてご紹介します。

メリットだけでなくデメリット面なども踏まえてい、他の法人カードとも比較してみましたので、参考にしてみてください。

三井住友ビジネスゴールドカードの特徴

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友銀行が発行するクレジットカードです。

一般カードよりもランクの高いゴールドカードですが、法人限定となっています。

ただ、個人事業主でも発行できる三井住友ビジネスゴールドカードforOwnerというカードもあります。

なので、個人事業主の人は、こっちを作るといいですね。

年会費は10,000円となっており、使用者2名からは1人あたり2,000円かかります。

ビジネスカードを作ると、

  • 経費の管理が楽になる
  • 光熱費の支払いができる
  • 公私の支払いができる

こんなメリットが生まれます。

なので、ビジネスカードを作ろうと思っていた人は、三井住友ビジネスゴールドカードはどうでしょうか?

きっと気に入る特典も見つかるはずですよ。

ちなみに年会費が高いという人は三井住友ビジネスクラッシクカードというカードもあります。

三井住友ビジネスクラシックカードの特徴は?ゴールド・プラチナと比較!
三井住友カードといえば、銀行系クレジットカードとして信頼性が高く知名度もあります。様々なラインナップでライフスタイルに合わせたクレジットカードを保有すること...

まずはこちらのカードを使ってみて決めるのもありだと思いますよ。

三井住友ビジネスゴールドカードのポイントプログラム

もっとたくさんポイントを貯めるなら!いつものショップでポイント2~20倍!ポイントUPモール

三井住友ビジネスゴールドカードは、1,000円支払うごとに1ポイントもらえます。

1ポイント5円で計算されるので、ポイント還元率は0.5%です。

0.5%ではあまり高いとはいえませんね。

一般カードの中でも、1.0%を超えるものもありますから。

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

ただ、使いようによっては、0.5%以上もらえることもあるので、還元率だけで判断するのはちょっともったいないです。

ポイントモールを経由して貯める

三井住友ビジネスゴールドカードは、個人カードのように会員専用のショッピングモールが利用できます。

三井住友系のカード会員が使えるのは、「ポイントUPモール」というショッピングモールです。

ここを経由することで、普通に買い物するよりもポイントがたくさんもらえるようになります。

2~20倍のポイントがもらえるので、かなりお得ですよ。

その一部のショップを紹介します。

ショップポイント
Amazon2倍
楽天市場2倍
旅行のエクスペディア8倍
マカフィー・ストア20倍
Dell7倍
サントリーウエルネスオンライン20倍
三越オンラインストア6倍
じゃらんnet4倍
ユニクロ4倍
楽天トラベル4倍

時期によってもポイントは変動しますが、こんな感じでポイントがアップします。

なかなか知名度のあるお店も多いので、普通に買うよりポイントUPモールを経由したほうがお得なことがわかりますね。

そして、貯めたポイントは、豪華な景品と引き換えられます。

引き換えが可能なのは

  • マイル
  • 景品
  • キャッシュバック
  • 電子マネー

このような物やポイントと交換することができます。

マイル

マイルは、ANAマイルやクリスフライヤーなどに交換ができます。

  • ANA、クリスフライヤー 100ポイントから
  • クラブ・ミッレミリア 200ポイントから

よく使うものがあれば、交換してみましょう。

景品

やはり一番の目玉は景品です。

ポイントがあればあるほど、豪華なものと引き換えられますからね。

ネットから引き換えられるので、24時間いつでも手続きができますよ。

景品ポイント
パナソニック ヘアードライヤー2700ポイント
siroca ホームベーカリー2900ポイント
ハリスツイード トートバッグ2000ポイント
パナソニック 衣類スチーマー2200ポイント 
siroca 全自動コーヒーメーカー1900ポイント
オムロン クッションマッサージャー1600ポイント
パナソニック 布団乾燥機1800ポイント
パナソニック コードレススチームアイロン 1600ポイント
ウォール 電波クロック1200ポイント
con・te オーブントースター1000ポイント

一部ですが、このような景品が取り揃えられています。

少ないポイントでも、実用品と引き換えられるようです。

ポイントをたくさん使って1つの景品と交換するのもいいですが、少なめのポイント景品をいくつかゲットするのもいいですね。

欲しい景品があれば、ポイントが消滅する前に交換しちゃいましょう。

キャッシュバック

1ポイント3円換算でキャッシュバックができます。

200ポイント以上でネットから手続きができるので、特に欲しいものがなければお金に交換するのもありだと思いますよ。

ただし、iDバリューなどは交換レートが違うので、注意しましょう。

電子マネー

一律200ポイントから交換が可能です。

  • WAON
  • 楽天Edy
  • Suica
  • 楽天スーパーポイント
  • タリーズカード
  • スターバックス・コーヒーカード

これはほんの一部なので、引き換えたい電子マネーがあれば、ぜひ交換してみてください。

ボーナスポイントをもらう

BONUS POINT お買物累計金額に応じてボーナスポイントをプレゼント! 最大60%UP!

三井住友ビジネスゴールドカードは、ボーナスポイント制度があります。

法人の場合は、前年度の買い物で獲得したポイントが累計で1000ポイント貯まると、300ポイントもらえます

300ポイントもらえるのは、三井住友ビジネスゴールドカードと三井住友ビジネスプラチナカードのみです。

こういったところでも、ポイントはもらえるので還元率が低いからといって、ポイントを集めることを諦める必要はありませんよ。

7つのメリット・特典

三井住友ビジネスゴールドカードには、以下のような特徴があります。

  • 福利厚生代行サービスが付帯されている
  • 法人用のETCカードが発行できる
  • プラスEXサービスが付帯
  • 海外旅行損害保険が付帯されている
  • ショッピング補償が付帯
  • ビジネスをサポートしてくれるシステムが提供されている
  • ゴルフ国内エントリーサービスがある

大きく分けると7つですね。

では、順番に解説していきます。

福利厚生代行サービスが付帯されている

国内外にある1,000箇所の施設が割引価格で利用できるサービスです。

例えば

  • スポーツジム
  • 居酒屋などの飲食店
  • 映画

などの施設が利用できます。

月会費は324円/名と低コストで導入できます。

実際にこのシステムは

  • 三井住友カード
  • アスモ
  • 旭硝子
  • ソフトバンクグループ
  • パナソニック

などの大手企業が導入しているようです。

福利厚生を考えているのなら、こういったサービスを利用してみるのも一つの手ですよ。

法人用のETCカードが発行できる

高速道路をよく利用する人なら必ず持っておきたいのがETCカード。

三井住友ビジネスゴールドカードは、カード発行時に法人用のETCカードが発行できます。

法人用だと、利用状況に応じて割引してくれます。

通常は、500円の年会費がかかりますが、1度でも使っていると翌年度の年会費が無料になります。

高速を使って仕事をするのであれば、ETCカードは発行しておきましょう。現金より安くなりますから。

プラスEXサービスが付帯

プラスEXサービスとは、東京から新大阪間の新幹線のチケットをネットから予約したり、チケットレスサービスが利用できたりします。

予約はいつでもOKですし、予約の変更も購入日から3ヶ月以内の乗車なら手数料無しで可能です。

また、新幹線の座席も好きなところに指定できます。

1年中同じ価格で新幹線が利用できるところもありがたいですね。

よく新幹線に乗る人から見ると、便利なサービスです。

国内外の旅行傷害保険が付帯されている

三井住友ビジネスゴールドカードには、旅行損害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高5,000万円(自動付帯1,000万円+カード利用条件付帯4,000万円)
治癒費用300万円限度
疫病の賠償費用300万円限度
賠償責任最高5,000万円
携行品の損害50万円限度
救援者費用等500万円限度

国内旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償最高5,000万円(自動付帯1,000万円+カード利用条件付帯4,000万円)
入院費用補償5,000円/日
通院費用補償2,000円/日

国内外、どちらも死亡・後遺障害の金額は同じです。

ただ、カードを以下の条件のいずれかを利用しないと1,000万円になってしまいます。

  • 日本出国前に電車やバス、船などで三井住友ビジネスゴールドカードを利用した
  • 日本出国前にツアーなどの料金を三井住友ビジネスゴールドカード で支払った
  • 日本出国後に、公共交通機関の料金をはじめて三井住友ビジネスゴールドカードで支払った

国内の場合は、

  • 公共交通期間の料金を三井住友ビジネスゴールドカード で支払った
  • ホテルや旅館などの料金を三井住友ビジネスゴールドカードで支払った
  • ツアー料金を三井住友ビジネスゴールドカード で支払った

この条件を満たしておかないと、補償が適用されません。

そこまでハードルは高くありませんが、いろいろと条件をクリアしておかなければいけないのが、ちょっと面倒ですね。

無料のカードでも、保険が充実したカードはありますので、サブカードで補うのもありですよ。

クレジットカードの旅行損害保険でおすすめのカードを徹底比較
海外旅行に行く時、多くの人が共にするクレジットカード。クレジットカードを持っていれば、会計もスムーズ、現地通貨での引出しなどにも便利で海外でこそ手放せません...

ショッピング補償が付帯

ショッピング補償とは、商品を購入してから90日以内に破損や盗難被害に遭った際に補償してくれる保険のことです。

国内外で300万円までが補償対象となっています。

法人なら、特に高価な備品などを買うことが多いでしょう。

返品すればいいじゃん!と思うかもしれませんが、数日経ってから故障されると、返品しても代金が返ってこない場合があります。

修理するのにもお金がかかりますしね。そんな時にこの保険があれば安心です。

ただ、一部補償してくれない故障などもあるので、その辺は理解しておきましょう。

ビジネスをサポートしてくれるシステムが提供されている

三井住友ビジネスゴールドカードには、ビジネスをサポートしれくれるシステムがあります。

  • アスクルサービス
  • DHLエクスプレス
  • 日産レンタカー/タイムズ カー レンタル
  • アート引越センター

具体的には、この4つです。

こういったサービスに三井住友ビジネスゴールドカード で支払うと、優待価格で利用できます。

経費は、できるだけ安いほうがうれしいですからね。

アスクルサービス

コピー用紙やボールペンなど、業務で必要な文房具を発注できる会社です。

ネットから注文すると、会社まで届けてもらえるのでとても便利です。

1,000円以上注文することで、送料が無料になります。

DHLエクスプレス

荷物を輸送してくれるサービスの会社です。

世界220箇所以上の国に配達が可能なので、グローバルな会社でも対応可能です。

また、荷物の状況は24時間オンラインから確認できるので、万一輸送事故があった場合にも、動きやすくなります。

日産レンタカー/タイムズ カー レンタル

全国に店舗を構えるレンタカー会社です。

リーズナブルな価格で営業者がレンタルできます。

小規模の会社などでは、有意義に利用できそうです。

アート引越センター

転勤する社員やオフィスの移転時に利用できるサービスです。

三井住友ビジネスゴールドカードで支払うと、料金が20%OFFになります。

また、引っ越しに必要なダンボールも30箱までサービスでもらえます

ただし、国内の引っ越しに限り適用されるので、海外転勤などの社員には利用しても割り引かれません。

ゴルフ国内エントリーサービスがある

ゴルフ国内エントリーサービスとは、国内のゴルフ場でゴルフができる特典です。

国内にあるゴルフ場での平日プレーの予約を代行してくれます。

忙しい人でも、予約を入れられるのでいつでもゴルフをしに行けますよ。

三井住友ビジネスゴールドカード のデメリット

三井住友ビジネスゴールドカードには、当然デメリット面もあります。

  • 法人しか発行できない

この点ですね。

法人しか発行できない

三井住友ビジネスゴールドカードはたくさんの特典が付帯されています。

ビジネス系の特典もあるので、便利だと感じるでしょう。

しかし、法人しか発行できないので個人事業主は発行できません

特に規模が大きいほど、惜しいと思うはず。

そういう人は、さっきも言ったように個人事業主向けのカードか三井住友ビジネスカード forOwnersを発行するのをおすすめします。

他の法人カードなどはこちらで比較してますので、参考までに。

法人カードおすすめランキング!事業主向けのビジネスカードを比較!
事業用の経費などの支払いに便利なクレジットカードとしてオススメなのが個人事業主・法人向けのビジネスカード。個人用のカードと事業用のカードでわけて使った方が何...

三井住友ビジネスゴールドカードとJCB法人ゴールドカードを比較

三井住友ビジネスゴールドカードの他にも、ビジネスゴールドカードはあります。

今回は、JCB法人ゴールドカードと比べてみました。

クレジットカード三井住友ビジネスゴールドカード JCB法人ゴールドカード
年会費 10,000円 10,000円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
国際ブランド VISA、Mastercard JCB
付帯保険

国内外の旅行傷害保険

航空便遅延保険

お買い物安心保険

国内外の旅行傷害保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)

出航遅延費用等保険金(食事代)

寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)

寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)

特典

 

空港ラウンジ

ビジネスのサポートサービス

プラスEXサービス

法人用ETCカード

 

ゴルフエントリーサービス

空港ラウンジ

チケットレス国内出張サービス

福利厚生サービス

年会費やポイント還元率は同じですが、付帯保険や特典が若干違います。

なので、付帯保険や特典をじっくり見比べて比較するのがおすすめです。

どちらのカードも初年度から年会費がかかってしまうので、とりあえず作るという方法も使えませんしね。

人によっては、便利だと思えないサービスがついていることもあるので、メリットやデメリットなども考えて作りましょう。

三井住友ビジネスゴールドカードの審査基準

三井住友ビジネスゴールドカードは

  • 法人のみ(カード使用者は20名以下が目安)

を対象としています。

審査基準も、この一文しか書かれていません。

一般カードよりも、ゴールドカードのほうが少し審査が厳しいです。

ただ、しっかり業績があるのなら審査にも通ると思いますよ。

起業したばかりだとか、赤字が続いているとかだと、難しいかもしれませんが。

まとめ

三井住友ビジネスゴールドカードは、ランクの高いビジネスカードです。

ビジネス面で使える特典が豊富なので、利用価値は大いにあると思います。

年会費も、これだけ特典がついているわりには低めなので、法人カードとしては持っていても悪くないと思います。

法人向けのゴールドカードを探しているのなら、三井住友ビジネスゴールドカードがおすすめです!