MUFGカード・プラチナ・アメックスは、三菱東京UFJ銀行の系列店である、MUFGが発行しているカードです。

アメリカン・エキスプレス社と提携しているので、かなりステータスの高いプラチナカードとなっています。

一昔前は、アメックスの審査は難しいと言われていましが、今はかなりハードルが下がったので、昔に比べると作るのは簡単になってきました。

それでもステータスは変わらないので、持っているだけで自慢できますよ。

今回は、そんなアメックスブランドでもステータスが高い、MUFGカード・プラチナ・アメックスについてご紹介します。

メリットやデメリット面などにも踏み込んでいるので、プラチナカードを探している人はぜひ参考にしてみてください。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの特徴

MUFGカード・プラチナ・アメックスとは、三菱UFJ銀行とアメリカン・エキスプレスが提携して発行しているカードです。

国際ブランドはアメックスです。

かなりシックでかっこいいデザインとなっています。

銀行系のカードですから、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

年会費は20,000円で、オンラインから申し込むと最短3営業日内に発行してもらえます。

年会費20,000円というのは、プラチナカードの中では安い方に分類されます。

30,000円以上するカードもザラにありますからね。

20,000円はちょっと…と思う人もいるかもしれませんが、特典が豊富に付帯されているので納得できるはずです。

MUFGカード・プラチナ・アメックスのポイントプログラム

MUFGカード・プラチナ・アメックスでカードショッピングをすると、ポイントが貯まります。

1,000円ごとに4ポイントもらえるので、還元率に直すと0.4%です。

これは、かなり低いレートです。

還元率が低いといわれている0.5%よりも下ですしね。

ただ、使い方によってはこの低いレートを補うことができます。

なので、効果的に使ってみましょう。

ボーナスポイントがもらえる

WEBでカンタン 500ポイントから 1ポイント→4円

MUFGカード・プラチナ・アメックスには、「アメリカン・エキスプレスボーナスポイントプログラム」制度があります。

期間中に、MUFGカード・プラチナ・アメックスを利用すると、もらえるポイントが2倍から10倍になるという仕組みです。

自動でキャッシュバックしてもらえる

貯まったポイントは、年に1度だけキャッシュバックしてもらえます。

1ポイント1円換算されるので、たくさん貯まっているとその分キャッシュバックされる金額も大きくなります。

下手に別のものに変えてしまうより、そのままにしておいたほうがいいこともあります。

消滅する前にポイントに変わってくれるところも便利です。

また、自動でキャッシュバックする他に、WEB上から自動でキャッシュバックする方法もあります。

  • 500ポイントからキャッシュバック可能
  • 1ポイント=4円換算

手動でキャッシュバックすると、翌月の請求分からその金額が差し引かれます。

例えば、3,000ポイントキャッシュバックすると、3,000×4=12,000円となるので、12,000円分得することになります。

これは便利な仕組みですよね。

ちょっと得したいときは、WEBからキャッシュバックしてみましょう。

商品と引き換えられる

MUFGカード・プラチナ・アメックスでポイントを貯めると、商品と交換できます。

WEBカタログから、お好みの商品が選べます。

そこで、一部の商品をご紹介します。

商品名 ポイント
アイロボット ルンバ 10,400ポイント
アイロボット ブラーバ 8,800ポイント
レミパンプラス 2,150ポイント
レイコップLITE 4,500ポイント
シャープ ヘルシオグリエ 8,450ポイント
オムロン ネックマッサージャー 1,600ポイント
レコチョク 2,000円分 650ポイント
MOSCARD 650ポイント
Amazonギフト券 1,000円分 350ポイント
富士急ハイランド チケット 2,450ポイント

ほんの一部ですが、このようなものに引き換えられます。

実用的なものから、お出かけようのものまで様々ですので、カタログを見るのも楽しめそうですね。

他にも、ギフト券などに引き換えられますので、お好みに応じて好きな商品に引き換えてみましょう。

8つのメリット・特典

MUFGカード・プラチナ・アメックスには、メリットや特典があります。

  • 家族カードが割安で取得できる
  • 24時間健康・介護相談サービスが利用できる
  • プラチナ・コンシェルジュサービスが利用可能
  • プライオリティパスが無料で取得できる
  • ホテルやダイニングが優待価格で使える
  • アメックスの会員だけが利用できるサービスが豊富
  • 旅行傷害保険が付帯されている
  • FPに無料で相談が可能

具体的にはこのような感じですね。

では、順番に見ていきましょう。

家族カードが割安で取得できる

MUFGカード・プラチナ・アメックスは、家族カードが取得できます。

1枚目は無料で、2枚目以降は年会費が3,000円かかります。

本カードは、年会費が20,000円のステータスカードです。

そう考えると、家族カードは比較的割安で取得できますね。

家族カードが欲しい人は、MUFGカード・プラチナ・アメックスの家族カードも視野に入れてみてください。

24時間健康・介護相談サービスが利用できる

健康や医療に対して不安を持っている人も多いでしょう。

そんな人は、このサービスを利用してみましょう。

健康や医療、介護の相談に乗ってもらえたり、医療機関や介護施設の情報を提供してもらえたりします。

今は元気でも、なにが起こるかわかりませんからね。

備えあれば憂い無しという言葉もありますから、いろいろと情報を集めておくのも悪くないですよ。

24時間、電話一本で相談に乗ってもらえる便利なサービスです。

プラチナ・コンシェルジュサービスが利用可能

MUFGカード・プラチナ・アメックスにはプラチナ・コンシェルジュが付帯されています。

ここに電話をかけると、国内外のホテルやレストランの予約、買いたい商品の探索や購入をしてもらえます。

また、緊急時には病院の手配や通訳サービス、弁護士の派遣なども行ってくれるとか。

プライベートなことから、ビジネスなことまでなんでも相談に乗ってもらえるのは便利ですね。

ちなみに、24時間無料で電話がかけられるので、なにかわからないことがあれば、とりあえず電話をするのもよさそうです。

プライオリティパスが無料で利用できる

プライオリティパスとは、世界最大の空港ラウンジサービスのことです。

このカードを持っていると、世界の空港ラウンジが利用できます。

まあ、使えるのはプライオリティパスと提携しているところだけなんですけどね。

通常は有料ですが、MUFGカード・プラチナ・アメックス会員は無料で利用可能です。

フライト前にラウンジで優雅に過ごするのが好きな人は、取得しておいて損はないと思いますよ。

ホテルやダイニングが優待価格で使える

Relux for Platinumというサービスが付帯されています。

これは、一流のホテルや旅館を予約してくれるサービスのReluxと提携しているサービスです。

Reluxは、限られた会員しか使えないので、かなり特別感があります。

MUFGカード・プラチナ・アメックスと提携を結んだことによって、5%OFFされた価格で宿泊できます。

また、宿泊すると5%のReluxポイントが還元されます。

よくReluxを経由して宿泊するという人にとっては、使い勝手のいいサービスでしょう。

アメックスの会員だけが利用できるサービスが豊富

MUFGカード・プラチナ・アメックスは、アメリカン・エキスプレス会員のみが利用できるサービスが充実しています。

  • アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • LUXA(ルクサ)
  • アメリカン・エキスプレス・ボーナスポイントプログラム
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・ネットワーク

この4つですね。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメックスカードを持っている会員が、優待特典やキャンペーンが利用できるサイトのことです。

いろいろなキャンペーンなどの情報が、掲載されます。

スマホ、タブレット、PCなどの端末から見れるので、アメックス会員は見ておいて損はないサイトでしょう。

LUXA(ルクサ)

LUXAとは、プレミアムチケットを格安でゲットできるサイトのことです。

MUFGカード・プラチナ・アメックス会員だと、会員専用のサイトを見ることができます。

お高いレストランのチケットやコスメ、家電などがリーズナブルに手に入りますよ。

アメリカン・エキスプレス・ボーナスポイントプログラム

アメックス会員専用のポイントプログラムのことです。

先程説明したように、ボーナスポイントがもらえます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・ネットワーク

世界140箇所以上の国の旅行をサポートしてくれるサービスのことです。

旅行の手配や案内などを行ってくれます。

旅行傷害保険が付帯されている

MUFGカード・プラチナ・アメックスには、国内外の旅行傷害保険が付帯されています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円
治癒費用 200万円限度
疫病の賠償費用 200万円限度
賠償責任 3,000万円
携行品の損害 50万円限度
救援者費用等 200万円限度

国内旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高5,000万円
入院費用補償 5,000円/日
通院費用補償 2,000円/日

金額はこうなります。

ただ、死亡・後遺障害補償の金額以外は少々低いようです。

特に海外旅行障害保険の治癒費用が顕著ですね。

まあ、そこまで大怪我することもないのかもしれませんが、もっと金額が高いカードはいくらでもあります。

プラチナカードにしては、ちょっと残念ですね。

ただ、

  • 国内外渡航遅延保険
  • ショッピング保険
  • 犯罪被害障害保険

これだけの保険が付帯しているのはありがたいことです。

特に最後の犯罪被害障害保険は、国内外で第三者によって被害に遭った時に補償される保険です。

最高で1,000万円補償されるので、なにげに使い勝手はいいかもしれませんね。

FPに無料で相談が可能

MUFGカード・プラチナ・アメックスには、ファイナンシャルプランナーに無料で相談できるサービスが付帯されています。

ファイナンシャルプランナーとは、お金のプロのようなものです。

なので、家系の節約から、保険不動産のことなどわからないことがあれば、なんでも相談できます。

また、ライフプランナーにも同じように無料で相談ができるようになっています。

ライフプランナーは保険の外交員のこと。

MUFGカード・プラチナ・アメックスがマナーや知識、バランス感覚などに優れた人員を派遣しているので、相談していて嫌な気持ちになることはまずなさそうです。

なにか不安なことがあれば、相談してみるのもいいと思いますよ。

MUFGカード・プラチナ・アメックスのデメリット

MUFGカード・プラチナ・アメックスには、メリットだけでなくデメリットもあります。

  • アメックスが使えない店がある

この点ですね。

アメックスが使えない店がある

国際ブランドでメジャーなのは、VISAやMastercard、JCBです。

アメックスも有名ではありますが、一部のお店では使えないこともあります。

アメックスが使えないと、買いたいものが買えないなんてケースも出てきてしまいますしね。

そうならないためにも、別のブランドのサブカードを別で用意するのが無難です。

または、デュアルスタイルを利用するのがいいかと思います。

プラチナカードとは別途でゴールドカードを発行して、2枚1組で使うことです。

デュアルスタイルにすると、年会費がお得になったり、ポイント還元率が高くなったりします。

ただ、年会費が無料になることはありませんし、財布の中にカードが増えるので、それが嫌な人にはあまりおすすめできません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスとSBIプラチナカードを比較

MUFGカード・プラチナ・アメックスとSBIプラチナカードは、どちらも銀行系のプラチナカードです。

そこで、この2枚を比較してみました。

クレジットカード MUFGカード・プラチナ・アメックス SBIプラチナカード
年会費 20,000円 20,000円
国際ブランド アメックス Mastercard
家族カード 1名まで無料、2枚目移行3,000円 1枚目まで無料、2枚目移行5,000円
ポイント還元率 0.4% 0.6%、最大で1%
付帯保険
  • 旅行障害保険
  • 国内外渡航遅延保険
  • ショッピング保険
  • 犯罪被害障害保険
  • 旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • 紛失・盗難保険
特典
  • アメリカン・エキスプレス系のサービスが使える
  • Relux for Platinum
  • MasterCard®優待サービスが使える
  • MasterCard® コンシェルジュがある

MUFGカード・プラチナ・アメックスは、アメックス系のサービスが。

SBIプラチナカードは、Mastercard系のサービスが使えるようになっています。

SBIプラチナカードはお得な特典・メリットまとめ。付帯保険が充実のカード!
SBIプラチナカードは銀行や証券でおなじみの住信SBIネット銀行のクレジットカードです。ランク的には、ゴールドカードよりも更に高い位置付けになります。なので、ゴー...

どちらも年会費は同じですので、保険や特典で選ぶといいと思いますよ。

また、SBIプラチナカードは、キャッシュバックができるようになっています。

ポイントを現金に変えられるので、そのまま年会費に充てることも可能です。

最大で10,000円までしか換金できませんが、このタイミングで換金すると1ポイント1円で計算することができます。

年会費を少しでも安くしたいという人はSBIプラチナカードを選択してみましょう。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの審査基準

MUFGカード・プラチナ・アメックスの審査基準は

  • 20歳以上で安定した収入がある人

となっています。

ただ、プラチナカードは収入が安定していて、カードをたくさん使ってほしい人に向けて作られています。

なので、多少の社会的地位も必要になってきます。

一般カードやゴールドカードとは審査基準が変わってくるので、かなり審査はシビアになっています。

ただ、勤続年数が長い人や、収入が高い人はあまり苦労せず審査に合格すると思います。

アルバイト生活の人は、ちょっと厳しいかもしれません。

まとめ

MUFGカード・プラチナ・アメックスは、銀行系のステータスカードです。

国際ブランドも、ステータスの高いものなので、手に入れると最高の1枚になることは間違いありません。

年会費は20,000円かかってしまいますが、その分特典などは豊富です。

年会費を取るか特典を取るかでまた選択肢も変わってくるはずです。

プラチナカードを探している人は、ぜひMUFGカード・プラチナ・アメックスも参考にしてみてください。