dポイントカード。

2015年12月から始まったばかりの新しい”第4の共通ポイントサービス”だ。

今までは、「Ponta、Tポイント、楽天ポイントカード」の3つが大きな共通ポイントサービスだった。

それに、割り込む形で、ドコモから発表されたのが、「dポイント」。

同時に専用の「dポイントカード」も一緒に発表されている。

共通ポイントが3つの時ですら、どれにするか迷う人も多かったのに、4つ目が出たことで、更に困惑する人も増えることだろう。

そんな、dポイントカードだが、まだ始まったばかりのサービスだ。

そのため、まだまだ他の共通ポイントサービスに比べれると少し、提携店舗数などが少ない。

しかし、これから先どんどん提携先も増える予定となっている。

今までの、3つの共通ポイントにどう食いこむか、気になるところだ。

今回は、そんな「dポイントカード」の発行から登録までの流れ。

本当にお得なポイントの貯め方について、紹介したいと思う。

是非参考にしてほしい。

dポイントカードを作る前に特徴や仕組みを知る

dポイントカード

dポイントカードを発行する前に、まずdポイントカードの特徴や、仕組みを知っておくこといいだろう。

いきなり、何もわからずに発行しても、ポイントカードだけが増えて、財布がパンパンになるだけだ。

まずは、dポイントカードの特徴や仕組みを知って、本当に自分に必要かどうかを確認することをすすめする。

dポイントカードができる前はで使いにくかった

dポイントカードは、ドコモが展開している共通ポイントサービスだ。

以前は、「ドコモポイント」という、独自のポイントサービスを行なっていた。

しかし、正直いって使いみちが良くなかった。

ドコモ運営のショッピングモールである「dショッピング」、ドコモのファッションサイト「dファッション」などはあったが、すべてネット。

リアル店舗で使えないのは、ユーザーからしたらかなり痛い。

その他とはいえば、携帯代や携帯付属品と交換するといった使い道。

特にネット使えない、高齢者などにとっては、ポイントがせっかく貯まっても、どう使っていいかわからない。

というユーザも多く、無駄にポイントのみ貯まっていたユーザーも多かったのだ。

そんなこともあり、今回リアル店舗でも使えるようにと、出たサービスが「dポイント」というわけだ。

dポイントカードの特徴

そんな新しくできた”第4の共通ポイント”の「dポイント」。

特徴としては、dポイントカードは入会金・年会費は完全に無料だということだ。

dポイントカードを作って、ポイントを貯めたり、使ったりするぶんには、持っていてもお金をとられることはない。

Tポイントの場合だと、入会金で300円程度かかる(店舗によって変わる)また、1年に1回更新料もとられるのだ。

それを考えると、dポイントカードは完全に無料なので、その分はお得になる。

また、dポイントカードは、提示するだけで、100円で1P ためる事ができる。

還元率に換算すると1%だ。これは、中々嬉しい。

今時1%は珍しいわけではないが、それでも0.5%のポイントサービスもあると考えると、お得だろう。

まだ、始まったばかりの共通ポイントサービスだが、細かいところでは、他と違うところが特徴だ。

dポイントの店舗数は?

こちらの記事でも、書いたが

dポイントカードの提携店舗数は、2016年3月の段階ではまだ少ない。

約11,100店舗だ。

国内最大級の店舗数を誇る、Tポイントだと約490,000店舗もある

40倍以上も違う。

これだけ見ると、正直物足りない感じもするだろう。

しかし、2016年春からは徐々に提携する店舗も増えていく予定だ。

あの、百貨店大手の”高島屋”も夏頃から、dポイントカードが使えるようになることがわかっている。

店舗数が多いことにこしたことない。

しかし、自分で使う店舗が多いかどうかというのも大事だ。

いくら店舗数が多くても、自分が買い物をしない店舗が多くあっても意味がないのだ

それなら、少し店舗数が少なくても、自分が普段買い物をする店舗があったほうがいい。

例えば、

「普段から多くの買い物を高島屋している。」

という人であれば、別に店舗数が少ない、dポイントカードでもお得に使えるはずだ。

ただ、これからdポイントカードが使える、提携店舗もかなり増えてくると思う。

まずは、自分で使う店舗があるかどうかを、確認してみて発行するかを決めてほしい。

ここまで、dポイントカードの特徴を見てきた。

ここまでみて、とりあえず作ってもいいと思った人は、発行〜登録の手順を紹介するので、参考にしてほしい。

dポイントの発行〜登録のやり方

まずは、dポイントを使うためには、dポイントカードを発行しなくてはいけない。

dポイントカードを発行できる場所は、

  • ローソン
  • マクドナルド
  • ドコモショップ

などがある。

ドコモショップ

ちなみに、私はドコモショップで発行してきた。

ドコモショップにいけば、店頭においてあるので、すぐに定員言えばもらうことができる。

店頭

このように、たくさんのdポイントカードが置いてあるのだ。

d

あとは、家に帰ってネットで登録するだけだ。

もし、面倒くさいのであれば、ドコモショップでもやってくれるだろう。

私は、時間がなかったため、自宅で登録することにした。

ローソン

ちなみだが、ローソンにも置いてある。

おさいふPontaと同じくならんでいるはずだ。

ローソンでは、Loppiを使えば登録をすることができる。

面倒くさい人は、ネットから簡単に登録をすることができるので、ネットから登録をしよう。

では、次に登録の流れを説明する。

まずは、dポイントカードがなければ、カードを登録することが出来ないので、近くのドコモショップかローソン、マクドナルドなどで発行してこよう。

ローソンやドコモショップは、確実に置いてあるが、マクドナルドは都内だけなので注意が必要だ。

dポイントカードの登録

dポイントカードを発行しただけでは、まだ使うことができない。

サイトに登録が必要なのだ。

登録する方法は主に3つ。

  • ネットを使う
  • 店頭で行う(ドコモショップ)
  • 電話を使う

どれで行なってもいいが、ここではインターネットで登録する方法を紹介する。

dポイント

まずは発行してきた、dポイントカードを準備しておこう。

準備できたら、dポイントカード利用登録で登録を行う。

dポイントカード利用登録

ここで、dポイントカードなら上で、dカードであれば、下から登録することができる。

 

dポイントカードを登録して使うには、「d POINT CLUB」にdアカウントを作る必要がある。

携帯にドコモを使っている人と、使っていない人では登録場所違うので、注意してほしい。

私は、ドコモではないので、下になる。

また

  • Yahoo!JAPAN
  • Google+
  • facebook
  • mixi

この4つの内、1つでもアカウントを持っていれば、そのアカウントからも登録が可能だ。

今回は、上記のアカウントを使わないで登録した。

ここでは、メールアドレスの登録などをする。

ドコモのメールアドレス以外も、アドレスを登録しよう。

またパスワードは、英数字を混ぜて作ろう。なくしてしまうと、ログインできなくなるので、メモしておくように。

あとは、このまま進めばdアカウント発行の登録完了になる。

このような形で、登録したメールアドレスに届くはずだ。

ここまで、来たら次は先程の、dポイントカードを登録をしていくことになる。

時間的にいえば、数分で終わる作業だ。

スムーズ登録するためにも、メールアドレスとパスワードは準備しておこう。

すでに、先ほどの登録でIDは取得済みなので、先ほどのメールアドレスとパスワードを入力する。

すると、このように利用者情報を登録する手続きに入る。

登録する内容は(必須のもの)

  • dポイントカードの番号
  • セキュリティーコード
  • 店舗コード(書いてなければ0000)
  • 利用者情報
  • 氏名(カナ、漢字)
  • 性別
  • 連絡先電話番号
  • 生年月日
  • 住所
  • ご就業
  • 配偶者
  • 注意事項の同意
  • dポイントCLUBの特約

これらの情報を登録することとなる。

普段から登録になれていない場合は少し、面倒くさいかもしれないが、登録しないことにはdポイントカードを使えないので、頑張って登録してほしい。

あとは内容などを、確認すれば手続きが完了となる。

これでdポイントカードを使うことが可能だ。

登録後は早速使ってみるといい。

いろいろなキャンペーンが、期間限定で行なっているからだ。

是非活用してほしい。

ネットがどうしても苦手であれば、こちらの電話からも登録することができる。

0120-208-360

dポイントクラブのステージ

dポイントカードを、お得に貯めるのに欠かせないのが、dポイントクラブステージという制度だ。

  ゴールド シルバー ブロンズ レギュラー
dポイント獲得数(6か月) 10,000p以上 3,000p以上 600p以上 600p未満
ドコモ継続利用期間 継続15年以上 継続10年以上
dカード/DCMX契約 dカード/DCMX GOLD dカード/DCMX
ドコモ携帯利用(1,000円) 100p 10p 10p 10p
主なクーポン

イオンシネマ1,800円⇨1,300円

新江ノ島水族館 2,100円⇨1,575円

 
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブロンズ
  • レギュラー

この4つのステージに分かれている。

表をみてもらうとわかるが、やはりドコモユーザーは優遇されている。

継続年数が15年以上であれば、利用に関係なくシルバーになることができる

シルバーになるためには、100円で1ポイントなので、1000円で10pだ。

3,000ポイントを貯めるとなると、300,000円分が必要になる。

これを、6か月で獲得することになるので、1か月で50,000円が必要だ。

50,000円利用するのは、結構大変だろう。

それが、ドコモユーザーで継続15年以上なら、ポイント獲得はいらない。

これは、お得だろう。

また、ステージが上がるごとに、お得なクーポンが付いてくる。

ドコモユーザーであれば、携帯代の利用額からも、ポイントがつくので本当にお得だ

ドコモユーザー以外は、そこまで優遇されるわけではないが、仕組みだけでも知っておくといいだろう。

次は、お得にdポイント貯める方法を紹介しよう。

dポイントカードでお得にポイントを貯める

dポイントカードでお得にポイントを貯める前に、まずdポイントカードの種類を確認してほしい。

dカードの種類

dポイントカードにも種類があり、

  • ポイント機能のみ⇨dポイントカード
  • ポイント機能+クレジットカード⇨dカード
  • ポイント機能+電子マネーiD⇨dカードmini

この3つの種類に分かれている。

ポイント機能のみで完結させたい場合は、dポイントカードの選択。

もし、支払いにもポイントを加算させ、ザクザクとポイントを貯めたいのであれば、「dカード」か「dカード  mini」どちらかの選択になる。

ちなみだが、「dカード mini」はカードの形態ではない。

支払いは、携帯料金で払うことになっている。

dカードについては、また別に詳しく説明するが、ドコモユーザーでdポイントカードを使うのであれば、絶対に「dカード」にしたほうがお得だ。

dカードは、dカードとdカードGOLDの2種類があり、どちらも年会費がかかる。

dカードの場合は、初年度は無料になり、翌年も一度でも使えば無料になるので、実質無料だ

dカードGOLDの場合は、10,000円(税抜)でかかる。

しかし、ポイント機能のみのdポイントカードや、dカードminiよりも、ポイントが多くつくのだ。

例えば、1,000円の買い物をしたとしよう。

その時、dポイントカードであれば10P貯まる。

dカード miniでは、1%に支払いで更に0.5%のポイントがつくので、実質1.5%分が加算され15p貯まる。

dカードの場合だと、1%に支払いで更にこっちは1%のポイントつくので、実質2%が加算され20p貯まる

しかも、ローソンなどの特定の店舗では、dカードを使うと更に30円オフになる。

合計50円もお得になるのだ。還元率だと5%になる

これをみても、dカードにしたほうが、お得なるかわかるだろう。

dカード GOLDは年会費が必ずかかるが、dカードは一度でも使えば無料だ

お得にどんどんポイントを、貯めるのであれば「dカード」の選択も考えたほうがいいだろう。

  dポイントカード dカード dカードGOLD dカード mini
年会費 無料 1250円(初年度無料)*2 10,000円 無料
カードへのポイント付与 100円で1ポイント なし(カードではないため)
支払いでのポイント付与 なし 100円で1ポイント   200円で1ポイント
ポイントを使う 1ポイントで1円
3%オフ*1 なし あり あり あり
dカードポイントカード機能 あり あり あり あり
クレジットカード機能 なし あり なし なし
電子マネー「iD」機能 なし あり なし あり

※1︰店舗によって異なる

※2:年間に1度でも使えば無料

dケータイ払いプラス加盟店で決済する

dケータイ払いプラス」とは、dケータイ払いプラス対応のサイトであれば、dポイントが貯まるサービスだ。

支払い金額の1%分のポイントが貯まり、更に貯まったポイントは、そのまま1ポイント1円として使うことが可能だ。

支払いに関しては、月々のケータイ料金と、一緒の支払いになっているので簡単だ。

また、ドコモユーザーではない場合は、先ほどのdアカウントを持っていれば使うことができる。

ただし、支払いはクレジットカード支払いのみなるので、注意が必要だ。

クレジットカードは、dカードは勿論、他のクレジットカードでも使うことができる。

すでにリクルートカードなどの、高還元率のクレジットカードなどを、持っているのであれば、それを使ってもいいだろう。

主にdケータイ払いプラスが使える加盟店はこちらだ。

ショッピング

ABC Cooking Market

オンライン「CombiSHOP」

DHCオンラインショップ

らでぃっしゅぼーや

ソニーストアなど。

ファッション・雑貨

神戸レタス

salus

SHOPLISTなど

音楽・映画

mu-moショップ

Neowing

松竹マルチプレックスシスターズなど

ゲーム GAMECITY オンラインショッピングなど
サービス

ABC 体験レッスン予約サイト

TOLOTなど

※2016年3月現在

dマーケットやJALなどの他社ポイントで貯める

dマーケット」とは、ドコモが独自で展開しているサービスだ。

ショッピング、ゲーム、ブック、トラベル、ミュージックなど様々なサービスがある。

以前の「ドコモポイント」の際も使うことができたサービスだ。

dポイントカードができたことにより、更に利用者は増えるだろう。

また、JALやPonta、マツモトキヨシなどでは、ポイントを交換することができるのだ。

JALであれば、1マイル=1ポイントできる。(10,000マイル以上から)

Pontaでも、Ponta1ポイント⇨dポイント1ポイントで、交換することが可能だ。

このように、他社ポイントやdマーケットを活用すれば、またお得にポイントを貯めり、使ったりすることができるはずだ。

他社ポイント交換の注意点とデメリット

他社ポイント交換の際に実は、いくつか注意点がある。

Pontaからdポイントカードへのポイントは100ポイントから、交換することが可能。

しかし、dポイントカードからPontaポイントへ交換となると、5000ポイントからの交換になる。

しかも、3回目以降の場合は、1ポイント⇨0.5ポイントになってしまうのだ

半分になってしまっては、交換した意味がなくなってしまう。

そうなると、dポイントカードからPontaへの移行はあまり得策ではない。

せっかく貯めたポイントが、減ってしまうので、十分注意してほしい。

また、他社ポイント交換を使えるのは、ドコモユーザーだけというのもデメリットだろう。

この辺りは、今後の見なおして貰いたい部分だ。

まとめ

dポイントは、まだ始まったばかりの共通ポイントサービスだ。

他の共通ポイントサービスに、劣る部分はまだまだたくさんある。

しかし、ドコモユーザーで継続年数が長かったり、dカードなどを使えばお得に貯めたり、使うことはできる。

新しく始まったということで、様々なキャンペーンも多い。

dポイントカードを、発行して登録したら是非キャンペーンなどにも、参加してどんどんポイントを貯めてほしいと思う。

今後の”第4の共通ポイント”としての展開に、注目だ。