日々、仕事関係の出費が多い人は、ぜひ一枚持っておきたいビジネスカード。

法人向けカードと言った方がわかる人も多いでしょうか。

ビジネスカードは、各カード会社などによって、上記のような「法人向けカード」「コーポレートカード」そして「ビジネスカード」など言い方は様々です。

以前は、個人事業主や企業の社長が持つというイメージのビジネスカードでしたが、最近では会社員の人などでも持てるものも増えビジネスシーンでの良きパートナーになるクレジットカードです。

ここでは、ビジネスカードの基礎知識やメリットや選び方をご紹介します。

ビジネスカードとは

ビジネスカードは、お気づきの通り会社向けに発行されるカードで、ビジネスの様々なシーンで活躍するクレジットカードです。

一般のカードは会社経費などの決済に利用することはできません。

もし、こういった事への利用が著しい場合は、カード会社から利用停止を求められることがあります。

ビジネスカードは各カード会社が法人向け専用に発行するカードなので、会社経費にバンバン使用することができます

例えば、出張費用や接待での飲食代などビジネスカードを利用して支払うことで、立て替え払いや仮払いなどの手間をはぶくことができます。

また、社長クラスでなくても社員に携帯させる事で、経費を誰がいつどこでどれだけ使ったのか明確になり経理業務の効率もかなり良くなります。

また、最近では個人でもこのビジネスカードを持つことができるので、プライベート用の一般カードと、ビジネスカードを1枚づつ持っておけば支出がわかりやすくなります。

ビジネスカードつのメリット

ビジネスカードは、自分には関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、個人事業主や企業の社長でなくても持ちやすくなったカードです。

メリットがたくさんあります。

経費の支払いがスムーズに!

仕事をしているとなにかと経費が出ていくものです。

必要なものを購入したり、取引先との飲食代、出張費用など、日々なにかと支払いが多くなります。

そのたびに、領収書をもらって後で清算というのは、けっこう面倒。 

そんな経費の支払いはビジネスカードが1枚あれば、いつでもどこでもカード決済できてポケットマネーで一時負担という事もなくなります。

もちろん領収書をもらわなくても良いというわけではありませんが、毎月カード会社から経理に明細が届くので細かい申請や請求も必要なくなります

その分経理業務を担当する人の仕事の効率もアップします。

経費の支払いが一目瞭然

ビジネスカードは、ビジネスシーンで活用できる専用のカードです。

経費を全てカード決済にすれば支払い履歴は全て残り、支払い明細でいつ、どこで、何に、いくら使ったのかが一目瞭然

「あの時の領収書は?」などと、わずらわしい作業も無くなります。

ビジネスカードを利用しての支払いは全て経費と理解することができます。

一度でも、自分で経理を行ったことがある人なら、この楽さがわかるはずですよ。

毎月の支払日が一定になる

現金払いによる立て替え払いなどは、その都度清算するために毎日の支出も増えるものです。

ビジネスカードでの経費支払いにすれば、毎月1回カード会社から引き落とされるだけです。

そのため、日々小口現金を用意しておかなければという面倒もなくなります。

付帯サービスの質も良い

ビジネス専用のカードですから、持つ人やその用途ははやりビジネスシーンがほとんどです。

そのため、ビジネスカードの付帯サービスは、質の良いものが多いです。

例えば、カード会社によっては空港ラウンジが無料になったり、出張の多いビジネスマンに嬉しい海外旅行保険が付くなどステータスの高さも魅力です。

仕事で飛び回る人や毎日様々な支払いや出費が多い人は、ぜひ、1枚持っていたいカードとなります。

また、上記に以外にも、従業員に持たせることできるので、そこでビジネスカードのETCカードなどを渡しておけば、交通費の管理も楽になります。

従業員の中には、プライベートと仕事の交通費も一緒にしている人がたまにいます。

それらのことを防ぐためにも、ビジネスカードでETCカードを作って渡しておけば、いつ使ったのかなどがわかります。

ETCカードは、ビジネスカードであれば複数持つことが可能なので、よく自動車移動している従業員にもたせておくといいでしょう。

ビジネスカードのデメリット

ビジネスカードは以前は、分割払いができないものがほとんどで、そこがデメリットでもありました。

ですが、最近では2回払いまでが可能なものが多く、またカードによっては分割払いなどができるものあり支払い方法は柔軟になりつつあります。

他のデメリットとしては、それは年会費が一般カードに比べて少々高いというところです。

ただ、年会費の安いビジネスカードは、せっかくのビジネスでありながら、大したサービスが受けられない可能性も十分にあるので、年会費の高さがデメリットとなるかどうかはメリットの充実度によるでしょう。

また、ビジネスカードの中には、ポイントがたまらないというカードもあります。

クレジットカードでガンガンポイントを貯めたい人は、ポイントが貯まるビジネスカードを作るようにしましょう。

ビジネスカードの審査基準

ビジネスカードは、付帯サービスの良さや、利用する側の額が大きくなることから審査はやや厳しいといえます。

また、その審査でもっとも大きなポイントとなるのが「会社の安定性」や「代表者のステータス」です。

カード会社としては、カード保有者の利用額が大きくなることから、もしも会社が赤字や倒産などに陥って回収ができなくなることが一番の問題です。

そのため、この会社の運営状況は安定しいているか、黒字なのかというところが重要になります。

そこを測るためにひとつの基準となるのが会社設立からの年数です。

一般的には3年以上が良いとされています。

また、カードの契約をすることになる代表者のこれまでのカード利用履歴で、個人のステータスを主に見ることになります。

トラブルはなかったか、支払い態度はどうだったかなどが重要になってきますので、この辺りはまっさらに越したことはありません。

以前よりは審査も緩くなりつつあるビジネスカード

とはいえ、「会社設立間もない時期にビジネスカードを持つことができた」いうような話も耳にします。

実は、カード会社によっては特に審査の規定は設けていないと明かすころもありますし、外資系なら審査に通りやすいという話も聞きます。

なので、最近は多くの人が持ちやすくなったビジネスカード、会社設立から3年も経過していなくても申請にトライしてみるのも良いのでは?

ただ、この時 気を付けるべきことは申請書を上質のものにするということです。

近年、個人事業主は増え、ビルのテナントに入らなくてもマンションの一室をオフィスとして構える人も多いです。

ですが、このオフィス情報を少しでもあげるために、マンションの号数をしっかり記入、任意記入欄もしっかり埋めて会社の情報量を増やしましょう。

また、重要なのが固定電話をひくということです

スマホの普及が広まる近年ですが、ビジネスとなると固定電話はまだまだその重要性は下がっていません。

設立間もない会社であっても、申請書類を十分なものにして ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスカードを選ぶ3つのポイント!

ビジネスカードを選ぶ時、どこを重視すればいいの?って悩むのではないでしょうか。

そんな時のために、ビジネスカードを選ぶポイントをご紹介します。

ビジネスなら利便性を重視!

一般カードと違って、ビジネスシーンで利用するビジネスカードはやはり利便性の良さがポイントです。

経費の計算がいかに楽になるか、経費の支出がいかにわかりやすいかなど、現金払いでの手間や面倒をどれほどカットできているかを、重要視すればビジネスシーンで使い勝手の良いカードに出会えるはずです。

付帯サービス、ステータスの高さをチェック!

仕事での利用が専用となれば、様々な高いサービスがあれば良いビジネスにつなげることができます。

そのために、どんなサービスが付いてくるのかは重要です。

また、ビジネスカードは年会費が一般カードより高めに設定してありますから、その金額に見合うものかどうかしっかりチェックしておきたいです!

国産ブランドで細やかなサービスも重視したい!

ビジネスで利用するカードは、トラブルなどにも強いカードが必要です。

アフターサービスの良さや、経費削減にどれほどのメリットがあるのかなど考えた時、やはり国産ブランドのビジネスカードをチェックしてみるとさすが行き届いたサービスのものがあります。

ビジネスカードは、会社の風潮にあうもので選ぶのも良いですが、やはり重視する点は利便性やサービスの良さが重要です。

まとめ

仕事に関連する様々なシーンで活用できるビジネスカードは、一枚持っていれば経費の削減や面倒な手間をはぶくなど 時間やお金の幅を広げてくれます。

これから起業する人も、もうすでに会社を持っている人もぜひ、ビジネスパートナーとして所持してみてはいかがでしょうか。

ビジネスカードを持っているだけで、仕事がデキる人!だと思われるはずですよ!