数ある百貨店の中でも、「私は高島屋が好き」という人は多いのではないでしょうか。

そんな人がぜひ持っておきたいカードの1つが「タカシマヤセゾンカード」です。

年会費無料で持つことができるクレジットカードですが、なんと国際ブランドをAmerican Expressにすることもできて、無料でAMEXカードを持つことができる魅力の大きいカードです。

高島屋でのポイント還元絵率が高く、西友などでの買い物もいつでもお得です。

高島屋ファンにとってはかなりお得で便利なクレジットカードになります。

そんなタカシマヤセゾンカードの特徴やメリット、デメリットなどを詳しく説明していきます。

タカシマヤセゾンカードの国際ブランドと年会費

タカシマヤセゾンカードは、株式会社クレディセゾンと百貨店の高島屋が提携して発行するクレジットカードです。

国際ブランドは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express

の4つから選ぶ事ができます。

通常のクレジットカードであれば、おそらくほとんどがVISA、MasterCard、JCBの3つから選べません。

しかし、タカシマヤセゾンカードにおいては、国際的にも有名なアメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)を選ぶことができます。

3つのブランドは持っていて、年会費無料でAMEXブランドがほしいと思っていた方には、おすすめの1枚です。

年会費は永年無料でETCカードも無料

タカシマヤセゾンカードは年会費無料です。

通常のクレジットカードですと、「年会費初年度無料だけど、2年目以降は有料だよ!」とか「条件付きで無料にしてあげるよ~。」って場合が多いです。

しかし、タカシマヤセゾンカードの場合は永年無料です。

年会費無料でAMEXブランドのカードは、数がかなり限られてくるので、AMEXブランドを無料で保有できると一部では人気の高いカードになっています。

ただ「AMEXは国内で使える店舗が少ないじゃないの?」という心配をする人も多いですが、JCBと提携したことでAMEXブランドであってもJCBの加盟店で使用することができますので、安心です

家族カードはありませんが、ETCカードは無料で発行することができます。

タカシマヤセゾンカードは、年会費無料やAMEX以外にも、たくさんのメリットが豊富にあります。

タカシマヤセゾンカードの5つのメリット

タカシマヤセゾンカードは、高島屋での買い物の他にも1%の還元率でポイントが貯まりますし、クレディセゾンならではのお得なサービスも受けられます。

タカシマヤセゾンカードのメリットとしては、

  • 入会後3か月間で50,000円以上利用すれば3,000円のギフトカードがもらえる
  • 商品券や優待券の利用でもポイントが貯まる
  • 西友、リヴィンでの買い物がいつでもお得
  • 高島屋での催し物の入場料が半額になる
  • 国際ブランドをAMEXにすれば2つのAMEX優待が受けられる

これら5つです。

入会後3か月間で50,000円以上利用すれば3,000円のギフトカードがもらえる

タカシマヤカードの大きな特徴でもありますが、入会後3ヵ月間で50,000円以上のカード利用があれば3,000円分のタカシマヤギフトカードがプレゼントされます

入会後、もし大きな買い物があるのがわかっているのであれば(例えば、誰かの誕生日祝いなど)それに合わせて作ってしまうのも1つの手です。

また、あくまでも総額なのでクレジットカードを利用する日が多くなるかもしれないという月に作るのもおすすめです。

ただし、このギフトカードが送られてくるのは、入会の6か月後となるので、すぐには届かいなので注意を。

商品券や優待券の利用でもポイントが貯まる

商品券や優待券をもらう機会はけっこう多いものです。

それらを利用して買い物をするだけでも嬉しいものですが、タカシマヤセゾンカードを保有していれば商品券や優待券での買い物にもポイントが付きます。

ポイント付与が対象となる商品券、優待券は下記の通りです。

  • 高島屋商品券
  • 全国百貨店共通商品券
  • タカシマヤギフトカード
  • 百貨店ギフトカード

商品券などは、まとまった額を使う場合も多いですから、ポイントをたくさん貯めるチャンスでもあります。

西友、リヴィンでの買い物がいつでもお得

タカシマヤセゾンカードですから、クレディセゾンの特典も有効です。

西友やリヴィンでの買い物が、いつでも3%オフ。

しかも毎月5日と20日は、5%オフになります。

日々の食材や消耗品の買い物で、コツコツ節約することができるので嬉しい特典の1つです。

高島屋での催し物の入場料が半額になる

高島屋は常に、様々な催し物が開催されます。

興味深い美術展や文化展が目白押しです。

タカシマヤセゾンカードを保有していれば、これらの催し物の入場料が半額になります。

貴重な美術展などを半額で観覧できるというのは、嬉しいメリットとなります。

国際ブランドをAMEXにすれば2つのAMEX優待が受けられる

American Express(AMEX)の中でも、年会費無料のクレジットカードというのは、数少ないです。

年会費無料で持てるタカシマヤセゾンカードの国際ブランドをAMEXにすれば、AMEXの2つの優待を受けることができます。

アメリカン・エキスプレスセレクト

アメリカン・エキスプレス・セレクトは、ホテル、ダイニング、ショッピングと3つのカテゴリーで様々な優待を受けることができるサービスです。

ホテル
  • シェラトンホテル&リゾート
  • マリオットインターナショナル
  • ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ
  • 川奈ホテル
  • おもてなしホテルズ
  • オークラホテルズ&リゾート

などのホテルを優待宿泊料金で利用できます。

また、スイートルームが半額になるスイートルームプランや、多くのホテルが参加するウェディングプランなどもあります。

ダイニング

高級すし店や有名中華料理店、一流フランチレストランなどを含むレストランやラウンジ、バーなどでの利用料が割引になります。

対象店は、かなり豊富にありますが、その一部をご紹介します。

  • 第一ホテル東京内「一寿し」:飲食代10%オフ
  • 第一ホテル東京内鉄板焼き「一徹」:飲食代10%オフ
  • 第一ホテル東京内フレンチ「アンシャンテ」:飲食代10%オフ
  • ザ・キャピトルホテル東急内中国料理「星ヶ岡」:飲食代10%オフ
  • ウェスティンホテル大阪内日本料理「ははの」:飲食代10%オフ
  • ハイアットリージェンシー大阪内「ベイラウンジン&バー」:飲食代20%オフ
  • ハイアットリージェンシー大阪内日本料理「彩」:飲食代20%オフ
  • ハイアット リージェンシー 京都内「東山」:飲食代20%オフ

などがありますので、大切な人との素敵な時間を過ごす際に、利用してみるのも良いでしょう。

ショッピング

エストネーション銀座店での買い物で、30,000円以上のお買いもの+消費税で5%オフになります。

アメリカン・エキスプレス・トラベルサービスオフィス

世界14か国のネットワークを駆使して、快適な旅を提供してくれるサービスです。

主なサービス内容は、

  • 旅の相談全般
  • 航空券の予約発券
  • 各種ツアーの案内や手配
  • ホテルやレンタカーの予約から確認、変更まで
  • パスポートの紛失、盗難時のサポート
  • アメリカン・エキスプレスのトラベラーズ・チェックの販売や現地通貨への両替、紛失等の再発行

などがあります。

国際ブランドをAmerican Expressにすれば、旅の安心や利便性までついてくる大きなメリットとなります。

タカシマヤセゾンカードは、タカシマヤならではの特典とクレディセゾンならではのメリットがあり、とても有意義です。

また、国際ブランドをAmerican Expressにすれば、食事のシーンや旅でも余裕を感じられる様な優待を受けることもでき、日頃のちょっとした宿泊もお得になります。

個人的には、タカシマヤセゾンカードならAMEXにするのが1番いいと思いますよ。

ポイント還元率は最低でも1%で有効期限は1年と4ヶ月

タカシマヤセゾンカードのポイントは、

  • タカシマヤでの利用:100円利用毎に2ポイントで還元率2%
  • タカシマヤ以外での利用:100円毎に1ポイントで還元率1%

となっていて、還元率に関しては他の高還元率カードと比較しても、全然問題ありません。

その他にも、ポイント優待やポイント還元がありますので、うまく利用すればポイントをしっかり貯めていくことができます。

高島屋での利用なら還元率2%、それ以外では1%ですが、他クレジットカ―ドの中には還元率0.5%というものもありますから、還元率は高いと言って良いでしょう。

有効期限は1年4ヶ月

ただし、注意してほしいのが、タカシマヤセゾンカードはセゾン系のカードでありますが、永久不滅ポイントではありません

あくまで、貯まっていくポイントはタカシマヤポイントとして貯まっていきます。

なので、ポイントには有効期限もあります。

タカシマヤポイントの有効期限は最大で1年と4ヶ月となるので注意してください。

せっかくポイントを貯めても交換しなかったら、意味がありませんので。

タカシマヤポイントの使い方と注意点

タカシマヤポイントは、入会月から1年ずつ積み立てていく形になります。

他クレジットカードのポイントのように、使いたいタイミングで現金として使ったり、様々な交換先からポイントと交換するという形ではありません。

タカシマヤポイントは、2,000ポイントで2,000円分のお買物券と交換することができます。

逆に言えば、2,000ポイント貯めないとポイントのメリットを得ることができません。

2,000ポイント貯めるには、年間のクレジットカードの利用料が20万円必要ですが、高島屋のみでのカード利用であれば還元率は2%ですから、10万円の利用で2,000ポイント貯めることができます

ガンガンクレジットカードを使う人なら、年間20万円や高島屋での利用料も10万円いくかもしれませんが、難しい方も多いでしょう。

そのためにも、ポイント優待期間などをうまく利用して少しでも多くポイントを貯めていくことで、上手に貯めることができます。

ポイント優待期間は還元率4倍にアップ

ポイントアップ特別優待期間中に高島屋で利用すれば、ポイントは100円利用毎に4ポイントで還元率4%になります。

ポイントをたくさん貯められるチャンスですので、ぜひ逃さずに利用したいです。

年に一度ポイント還元がある

タカシマヤセゾンカードは、年に一度「年間利用額が20万円以上」になれば利用額の1~3%がボーナスポイントとして還元されます。

年間利用額が多ければ多いほど還元率があがりますので、カードの利用額を少し意識してみるのも良いでしょう。

  • 年間利用額20万円以上:利用額の1%
  • 年間利用額30万円以上:利用額の2%
  • 年間利用額50万円以上:利用額の3%

この還元率でボーナスポイントが付与されます。

年間20万円以上利用すれば、年に一度ポイントを大きくかせぐことができます。

年会費無料で、高還元率のポイントが貯まっていくので、「高島屋で年間20万円以上は絶対に使う」という人はぜひ保有したい1枚です。

タカシマヤポイントの注意点

タカシマヤポイントは、高島屋での利用では還元率2%と高いですが、同じ高島屋でも還元率1%、もしくは0%のこともあります。

同じ高島屋での利用であっても、下記での利用はポイント還元率は1%となります。

  • 食品
  • 特価品
  • 医薬品
  • 喫茶
  • 食堂

これらは還元率2%ではなくなりますので、少々意識しておきましょう。

ポイント付与対象外もある

  • ルイ・ヴィトン、クロエ、ブルガリ、カルティエ、シャネル、エルメスなどの一部ブランド品
  • タカシマヤ商品券、タカシマヤギフトカード
  • 全国百貨店共通商品券、百貨店ギフトカード
  • 各種ギフト券
  • 図書カード
  • たばこ
  • 書籍

このように高島屋での購入であっても、上記のものはポイント付与の対象外となりますで注意しておきましょう。

ポイントの移行が可能

今までクレジットカード機能がついていない、タカシマヤポイントカードを使っていた方もいると思います。

そうなると気になるのが、ポイントの移行ですよね。

実は、タカシマヤポイントカードカウンターに以前使っていたポイントカードとこれから使う(使っている)タカシマヤセゾンカードを持っていけば、簡単にポイントを移行してくれるサービスがあります。

せっかく1900ポイントまで貯まっていたのに、切り替えてしまって使うことができなかった。

なんてことも、このポイント移行サービスがあるので、安心です。

たたし、今までポイント移行をしたことがないカードのみとなるので、複数枚の合算などはできませんので、そこは注意してください。

タカシマヤセゾンカードのデメリット

タカシマヤセゾンカードのデメリットといえば、旅行傷害保険が付帯していないという点です。

ただ、このカードは高島屋をよく利用する人におススメのカードですので、高島屋ファンにとってはお得なメリットが豊富です。

年会費無料ですので、そのメリットのためだけにタカシマヤセゾンカードを持つだけでも価値があります。

紛失、盗難時の保険とネット不正利用の保険は付帯していますので、年会費無料で旅行傷害保険が付帯しているカードとの2枚持ちをすれば簡単にカバーできるデメリットでしょう。

エスポカードやJCB EITであれば、自動付帯なので持っているだけで保険が適用になりますよ。

エポスカードエポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較
マルイを常日頃使っている人には、馴染みがあるエポスカード。おそらくマルイで普段から買い物をしている人にとっては、知らない人はいないクレジットカードでしょう。...
JCB EITJCB EITは初心者には危険。メリット・デメリットを紹介
JCBといえば、様々な種類のクレジットカードが出ている。年会費が有料のカードもあれば、無料のカードもある。そんなJCBの中でも年会費が無料でお得に使うことができる...

サブカードとしてはおすすめの2枚です。

まとめ

タカシマヤセゾンカードは、年会費無料で多くのメリットを得られるクレジットカードです。

高島屋でのポイント還元率は2%ですし、髙島屋以外でも1%というまずまずの還元率ですから、ポイントも貯めやすいです。

特徴やメリットを余すことなく上手に使っていけば、とても有意義な1枚になりますから、タカシマヤセゾンカードは、高島屋ファンにとっては、とても使えるカードとなります。

むしろ高島屋を活用しているのであれば、タカシマヤセゾンカードを活用した方が何倍もお得です。

まだ、高島屋を活用しているのに、タカシマヤセゾンカードを活用していない方は、一度使ってみるとどれだけお得になるかわかると思いますよ-。