最近CMでもよく見かけるようになったデビットカード。

今では、誰もが一度は聞いたことがあるというほどまでに浸透してきています。

でも、デビットカードがどういうのものなのかは、よくわからなという人は多いのではないでしょうか。

そんな人のためにデビットカードのメリット、デメリットなど合わせてご紹介していきますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

デビットカードとは

デビットカードは、同じカードであってもクレジットカードとは異なるカードです。

似ているので同じだと思っている人もいますが、細かい点でクレジットカードとは違ってきます。

誰でも持てる

デビットカードは、審査の厳しいクレジットカードとは違って15歳以上であれば持てるカードです。

年収や勤務形態などのチェックもなく、口座さえ開設すれば、簡単に持つことができます。

基本的に、高校生はクレジットカードを作ることができません。

しかし、デビットカードであれば高校生でも作ることができます

今の時代、高校生でも自分で貯めたお金は自分で使う人が多いです。

そんな時に、デビットカードを使えば楽に買い物をすることができます。

即時決済

デビットカードは、口座の残高が利用限度額となり、カード決済直後から引き落とされます。

クレジットカードのように後払いで「今月は使いすぎてしまった」という事もなく安心です。

即時決済は、使った額がいつでもわかってお金の管理もしやすくなります。

ちなみにデビットカードは、カード発行会社が発行するものではなく、銀行が発行するカードとなります。

ネットショッピングの決済にも店頭での決済にも使えますので、現金をあまり持ち歩きたくない簡単に会計を済ませたいという人にはとても便利なカードです。

デビットカードの作り方は簡単

デビットカードはとても簡単に作ることができます。

持ちたいデビットカードを、発行する銀行に口座を持っていることが第一条件となりますので、口座を持っていない人は銀行まで出向いて口座開設をしましょう。

それかわざわざ出向くのがめんどくさい人は、ネット銀行を使うのも1つの手です。

もう既に口座を持っているという人は、インターネットから申請することもできます。

申請が済んだら、後日デビットカードが手元に届き使用できます。

口座の残高が利用限度額となります。

デビットカードのメリット

デビットカードは、即時決済で支払いの先延ばしができるわけでもなく、支払い回数を決められるというのものでもないのに持つ必要があるの?と思う人もいるのではないでしょうか。

でも、デビットカードはカード決済の便利さを得ながら、使いすぎを防いだり、お金の管理を簡単にできるというメリットがあります。

店頭での支払いの際、お財布の中で重みを増す小銭を使ってしまいたいとか、なるべくピッタリ払いわなければという面倒が一切なくなります。

カード一枚提示すれば、銀行口座からピッタリの金額が引き落とされますので、お金をたくさんを持ち歩く必要がなくなります

また、使ったその都度引き落とされて、スマホなどでデビットカード明細ページをチェックすればすぐに詳細を確認することができます。

何にいくら使ったのかいつでも見ることができますので、お金の管理もしやすくなります。

使いすぎを防ぐこともできます。

デビットカードは、自分の口座の残高が利用限度額となりますので、口座に10万円入っていれば10万円しか使うことができませんし、残高がなければもちろん1円たりとも使えません。

クレジットカードのように、限度額いっぱいいっぱいまで使ってしまって、のちの支払いに困るという心配もありません。

特に、高校生などでスマホの課金のゲームでかなりお金を使っているお子さんを持っている方は、デビットカードの方がいいかもしれません。

課金でいつの間にか、月に数十万円払っていたということも考えられますので。

主な、デビットカードのメリットとしては

  • 支払いがスムーズ
  • 即時決済でわかりやすい
  • すぐに明細をチェックできる
  • お金の管理がしやすくなる
  • 使いすぎを防げる

この5つです。

わかりやすいお金の流れとスムーズな支払いが魅力です。

デビットカードのデメリット

デビットカードは、高校生でも持てて気軽に使うことができるカードです。

安全性に欠けるなどの大きなデメリットはありませんが、それでもデメリットもいつくかあります。

ポイント還元率が低い

クレジットカードに比べてポイントの還元率が少ないです。

使えば使うほどポイントが貯まる!というものではないデビットカードなので、ガンガンポイントをお得に貯めたい人には、デビットカードは微妙です。

ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードを使えば、年間でかなりポイントを貯めることができます。

人気のYahoo!JAPANカードなどで、年間50万円を使えば、単純に5,000円分のポイントが貯まります。

しかし、デビットカードは楽天のデビットカードを除けば、高いカードでも0.5%です。

低いカードだと0.2%というデビットカードもあります。

2倍以上もポイント還元率が変わってくるので、お得にポイントを貯めて使いたい人は、クレジットカードにしたほうがお得です。

こちらで紹介しているカードは、年会費無料で持てるおすすめの高還元率のカードです。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較

分割支払いができない

クレジットカードでは、一括支払い以外でも分割で支払いをすることができます。

しかし、デビットカードは分割払いなどができません。

分割支払いは、基本的に3回目以降は手数料がかかるのでおすすめはしません。

しかし、2回目までは分割でも手数料がかからない場合が、ほとんどなので2回支払いの分割を活用している人もいるでしょう。

勿論、リボ払いもできません。

分割やリボ払いを検討しているのであれば、デビットカードではできないので、クレジットカードにしましょう。

その他にも、デメリットとして

  • ポイント還元率が少ない
  • 分割払いができない
  • 一部使用できないところもある
  • 年会費がかかる場合がある
  • 発行している銀行が少ない

これらのデメリットがあります。

ただその分、厳しい審査もなく誰でも持てるカードので、ある程度は妥協してもいいかもしれません。

デビットカードのおススメはこれ!

デビットカードは「たくさんあってどれを選べばいいのかわからない」と悩む人も多いのでは?

デビットカードは、ポイント還元率や年会費などで比べて決めてもいいでしょう。

いくつかご紹介していきます。

楽天銀行デビットカード(JCB)

ポイント還元の高さは魅力です。利用100円毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

1000円毎に10ポイントと考えると、どんどん貯まっていく気がします!

また、年会費も無条件で無料ですし、海外ATM利用時の手数料も無料です。

16歳から作れるカードで、第三者不正使用保険も付いていますので安心です。

楽天銀行デビットカード(VISA)

2016-04-25_10h42_03

ポイント還元率は、JCBに比べると少々低いですが、それでも利用1000円毎に楽天スーパーポイントが2ポイント貯まります。

また、毎月25日はポイント2倍デーです。

年会費は1029円ですが、楽天Edyチャージでもポイントを貯めることができます。

こちらも16歳から作れるカードで、第三者不正使用保険もちゃんと付いています。

イオンデビットカード(VISA)

イオンデビットカード

利用200円毎に1ポイントのときめきポイントが貯まり、毎月10日はときめきポイント2倍です。

イオングループを利用する場合は、毎月5日、15日、25日がときめきポイント2倍デー!

年会費も発行手数料も無料で、年間50万円まではショッピング保険も付いています。

海外ATM手数料は200円ですが、VISA認証サービスが利用できたり、バックアップサービスも受けられるなど細やかなサービスが嬉しいです。

しかし、イオンカードはクレジットカードの場合だと、条件により無料でゴールドカードが持てるメリットがあります。

イオンをよく利用するのであれば、クレジットカードを使って買い物をした方が、イオンはお得です。

最短でイオンゴールドカードを取得する条件とメリットを徹底解説

SURUGA VISAデビットカード

SURUGA VISAデビットカード

1年間に利用した合計金額でドリームジャンボ宝くじがもらえるというちょっと変わった特典があります。

年会費、発行手数料も無料で家族カードも作れます。

ショッピング保険やVISA認証サービスも付いています。

中学生でなければ、15歳から作れるカードです。

これ以外にも、デビットカードはたくさんあります。

人気のあるデビットカードをまとめましたので、参考に。

  • 三菱東京UFJ-VISAデビット
  • JNB Visaデビット
  • りそなVisaデビットカード
  • あおぞらキャッシュカード・プラス
  • ソニー銀行(Sony Bank WALLET) VISAデビットカード
  • 住信SBIネット銀行 VISAデビットカード
  • ゆうちょ銀行

デビットカード解約時の注意点

デビットカードを作ってみたけれど、結局あまり使わなかったという人もいるでしょう。

また、他のデビットカードに変えたいということも。

そんな時は、年会費を取られるデビットカードなら、すぐにでも解約した方がいいでしょう。

ただ、デビットカードを解約するとその月のポイントは一緒になくなってしまうので、確認してポイントをしっかり使用してから解約する事をオススメします。

また、魅力的なデビットカードがたくさんありますが、「あれもこれもと作っては解約」を何度と繰り返すと、「悪質な申請と解約」と判断され今後カードを発行してもらえない事もありますので注意しましょう。

口座の事も考える

キャッシュカードと一本化したデビットカードを作った場合、そのキャッシュ機能も使えなくなってしまいます。

デビットカードだけ解約して、口座とキャッシュ機能はそのまま使用する場合は、新たにキャッシュ機能だけのカードを作る必要があります。

デビットカードは、作るのは簡単、使う時は便利、そんな手軽なカードですが、解約する時は確認しておくことなどいくつかありますので忘れないように注意しましょう。

まとめ

デビットカードは、16歳以上の人でも作れますし、クレジットカードを持ちたくても、わけあって持てないという人でも簡単に持てる手軽なカードです。

デビットカードを検討しているのであれば、参考にしてみてください。