仕事関係やプライベートでの付き合いなど、大人はなにかと断れない付き合いがあるものです。

それでいて、欲しいものもあるけど先立つものがないという時便利なクレジットカード。

でも、派遣社員でも持つことができるのか気になりますよね。

また、申請した場合の審査や在籍確認の電話などがどのようになるのか、気になるものです。

ここでは、派遣の方がクレジットカードを持つ為に重要なポイントや、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。

必見ですよ!

派遣先への在籍確認はどうなる?

派遣社員といえば、一定の企業で何年も長く務めるということがほとんどあまりありません。

派遣元会社から、派遣先企業へと派遣されその会社に行く事になります。

正社員であれば、カード申請をした場合、自分の勤め先である会社に電話がいき、在籍確認される事になります。

在籍確認の必要性

在籍確認の意味合いは、各カード会社によって異なります。

例えば、在籍確認をする事を当たり前とし、それこそが審査の一環にとするカード会社。

または、申請者の情報になにか疑わしき点があった場合、勤務形態や所属の確認などをおこなうために在籍確認をするというカード会社もあります。

ただ、在籍確認を審査の一環としておこなうカード会社であっても、全ての人に対して在籍確認をするというわけではありません

無作為に選別した申請者に対して、在籍確認をするということが多く、申請者からすれば在籍確認されるかされないかは運のようなものでもあります。

派遣社員の場合は在籍確認がない

派遣社員の場合は、在籍確認がないことがほとんどです。

派遣社員の勤務先とは、派遣先ではなく派遣元です。

この派遣元とは、多くの派遣スタッフを抱えており、スタッフ同士の同姓同名はよくあることです。

そのため、派遣元は在籍確認などの電話に対して、「個人情報となりますので、答えかねます」というようなマニュアル化された返答をするので、派遣社員の場合在籍確認されないことがほとんどです

在籍確認がなくても油断できない!

派遣社員の場合は在籍確認がないといっても、それが申請者にとって有利になるわけではありません。

むしろ不利になってしまう場合もあります。

例えば、様々な情報のもと審査に通れるラインがギリギリだった場合、在籍確認をおこない勤務形態や勤務年数などの確認がとれれば、その審査に通ることができるでしょう。

でも、派遣社員だから在籍確認ができないとなれば、大事な勤務形態などの確認が取れず、その部分の信憑性が薄れてしまうので、審査に通ることはできません。

在籍確認なしというのは、一見、面倒がひとつはぶけて良かったと思いがちですが、その分審査のハードルは高くなるということです。

特に、審査が厳しいと言われているクレジットカードを作る際は、この在籍確認がとても重要になります。

申請書の勤務先電話番号は派遣先、派遣元どちらを書く?

クレジットカード申請書の勤務先の項目には、

  • 勤務先である会社名
  • 住所
  • 電話番号

これらを記入する必要があるわけですが、派遣社員の場合はどうすればいいのかわかりませんよね?

派遣社員の所属は、派遣先の会社ではなくあくまでも、派遣元となります。

そのため、申請書の勤務先記入欄には、派遣元の会社名と住所と電話番号を書く事になります。

ただ、最近の申請諸には、勤務形態を選んで記入するようになっているものもあります。

社員、契約社員、派遣など〇で囲ったりチェックをいれたりするようになっている場合もあります。

その際は、派遣にチェックを入れて、派遣元の情報を記入しましょう。

派遣社員が審査に通る条件とは

派遣社員であってもクレジットカードを持ち、ガンガン利用をしている人もいます。

クレジットカードの審査に派遣社員が通るにはどうしたら良いのかポイントを紹介します。

派遣社員も勤続年数が重要に

以前は、派遣社員を雇用する企業は法律上、同じスタッフを3年以上続けて雇用することができませんでした。

今は、労働者派遣法の改正がされましたので、部署を変えるなどの条件はあるものの、何年雇用しても良いことになっています。

例えば、A社の営業部に3年、その後同じ社内の総務部に2年、その後、開発部に3年などと長きにわたって勤務する事ができるようになったため、派遣社員であっても勤続年数を伸ばすことができます。

そうすることで、クレジットカードに重要な審査基準にもなる勤続年数にも5年、6年と記入することができます。

以前は、派遣社員の勤続年数の短さがネックとなり、審査に通ることが困難でした。

しかし、それが今ではその勤続年数問題をクリアすることができます。

だからといって、「じゃあ、派遣社員でも大丈夫!」というわけではありません。

勤続年数が1年未満では、年収の確定ができないため、審査に落ちてしまいますので、カード申請をするなら、少なくとも勤続1年になってからにしましょう

年収200万円が審査に通るボーダーライン

クレジットカードは、お金を借りて、それを毎月返済していく事です。

そのため、収入は審査の大きなポイントとなります。

派遣社員であっても、最低200万円の年収が必要になります。

ただ、200万円以下であっても、独身、実家住まいであれば審査に通る確率は上がります。

さらに実家が持家であれば、なお確率が上がります。

実家暮らしであれば、家賃もかからず毎月の給料は自分の自由になりますから、200万円以下の年収であっても余裕があるということになります。

派遣社員がクレジットカード審査に通るには、

  • 勤続年数の長さ
  • 年収200万円以上
  • 独身
  • 実家である場合

これらの条件が合わされば審査も有利になります。

ただし、あくまでも正社員の方などよりは、審査は厳しめになるので、そこポイントとして抑えておいてくださいね。

申請書の記入はとにかく慎重に正しく

クレジットカード申請書の記入は、正しく記入、もしくは入力することが当たり前ですが、審査に通りたい一心でつい年収を少し多く見積もったり、借入金を少なく申告したりしてしまう場合もあります。

そういった虚偽情報はすぐにバレ、その時点で審査から落とされてしまいますので、偽りなく正確に記入しましょう。

また、派遣社員の場合の勤務先記入も上記にもあるように、派遣先ではなく必ず派遣元を書くようにしましょう。

派遣先が大きな企業の場合、派遣社員の把握まではしておらず、在籍確認の電話に対して「そのような社員はおりません」などと対応されてしまい、その時点で審査に落ちてしまう事もあります。

その他、連絡先の電話番号や自宅の番号でも携帯でも、いつでも連絡がとれるものを申告しましょう。

名前、自宅住所、勤務先住所なども必ず間違いなく記入しましょう。

派遣の場合は、勤続年数や安定した収入という面で少々不利になりやすい部分がありますので、とにかく申請書の記入は心象良くなるように丁寧に仕上げましょう

ここで、嘘を書いてしまうと、それ以降に作るクレジットカードにも影響がでる場合もあります。

クレジットカードなどは信用情報がとても重要なポイントになります。

なので、絶対に嘘はかかないようにしてください。

派遣社員でも持ちやすいおすすめカード

派遣社員の人でも持てて、お得で便利なクレジットカードをいつくつか紹介します。

派遣社員の方でも持つことができるカードはこの3つです。

  • 楽天カード(楽天PINKカード)
  • イオンカードセレクト
  • Yahoo!JAPANカード

楽天カードor楽天PINKカード

Edy機能付き楽天カード

楽天カードは年会費無料で、顧客満足度7年連続NO.1のクレジットカードです。

女性におすすめの楽天PINKカードは、女性にうれしい特典が充実しています。

派遣社員や契約社員の人でも持てるクレジットカードでも1番のカードです。

楽天PINKカードは男性でも申請することできます。

女性におススメのカードですが、楽天カード機能はそのままでPINK限定サービスを受けたいと思う男性にも最適です。

ポイント還元率は1.0%で100円利用毎に1ポイント

JCBブランドなら電子マネーnanacoへのチャージもできて、その都度1ポイント付きます。

今なら限定で6,000ポイントが貰えるキャンペーンを行っています。

▼こちらからの入会でキャンペーンが適用になります▼

イオンカードセレクト

イオンカード

イオンカードセレクトは、イオンが発行しているクレジットカードです。

イオンのお店などでも、よくクレジットカードの勧誘を行っているので、審査は比較的緩いカードです。

年会費は無料で、家族カードやETCカードも無料で作ることができます。

また、イオンカードセレクトには、3つの機能があることで、ポイントを2重取りすることができます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、2重取りができるので還元率1.0%の2倍になります。

また、イオンカードセレクトを活用していると、上級のイオンゴールドカードが届く場合もあります。

無料でゴールドカードを持つことができるのは、大きなメリットになります

それに派遣社員であれば、ほぼゴールドカードを作ろうと思っても審査が通らないと思うので、ゴールドカードを持つならイオンカードセレクトをおすすめです。

今なら入会で最大で6,000ポイントをゲットできるキャンペーンを行っています。

▼こちらからの入会でキャンペーンが適用になります▼

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは、Yahoo!が発行しているクレジットカードです。

年会費も無料で、家族カードも無料で作ることができます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOで買い物で、3倍のポイントが付きます。

またTカードとしても使うことができるので、1枚にまとめることができ、財布が中がスッキリ。

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントを貯めるには最もお得なクレジットカードになります。

また、審査は最短で2分で終わることで有名なクレジットカードです。

派遣社員の方でも問題なく作ることができるクレジットカードなので、Tポイントなどを使っているのであれば、Yahoo!JAPANカードがおすすめです。

今なら入会特典で最大7,000ポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

▼こちらから入会でキャンペーンが適用になります▼

カードが届いたらまずはレジで使ってみよう

初めてカードを手にしたら、一番最初は使い方にちょっと不安があって緊張もします。

それでも、まずは店頭のレジで使ってみましょう。

自分のカードブランドがそのショップ等で利用できるか確認しておくことが必要です。

レジでカードを差し出したら、支払い方法を伝えます。

1回払い、2回払い、リボ払い、分割払いなどの中から決めて伝えましょう。

その後、サインか、暗証番号の入力です。最近は、暗証番号の入力が増えています。

暗証番号の場合は、専用の端末機に番号を入力するだけです。

後日1か月分の支払い明細が届きますので、今月はいくら引き落とされるかが確認できます。

また、最近はネットでその都度の明細などがすぐに確認できますので、まめにチェックしてみるのも良いでしょう。

まとめ

最近は、派遣社員の人でも比較的クレジットカードが持ちやすくなりました。

また、パート、アルバイト、専業主婦、でも持てるカードの種類も増えているので、自分の年収などと合わせて無理なく使えるカードを選ぶのがいいでしょう。

クレジットカードは、キャッシュレスの利便性はもちろん、毎日の生活を少し豊かにしてくれるものでもあります。

計画的に利用して、生活の質を少し上げてみるのも良いですよ?