プラチナカードとなると、年会費は何万円もして一般的には保有しづらいというイメージがあります。

その分、優遇される付帯サービスの質の高さは憧れるものです。

そんな敷居の高そうのプラチナクラスのクレジットカードも、そこまで高額というわけではない年会費で持つ事ができる「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が人気を集めています。

空港ラウンジサービスはもちろん、ステータスの高いコンシェルジュサービスも付帯しています。

また、手厚い旅行傷害保険は最高1億円というさすがの補償内容であったりもします。

ここでは、そんなMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

特徴と年会費・国際ブランド

mufgcard-platinum-american-express-card

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードです。

国際ブランドは、AmericanExpress(アメックス)です。

AmericanExpressは、国内では使いづらいと思う人もいますが、国内シェアNO.1のJCBと提携したことによって、日本国内でもほとんど困る事なく使えます。

JCBのマークしかない店舗等でも使えますので、国内、海外ともに幅広く使えるようになっています。

年会費は20,000円

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は20,000円(税抜)です。

20,000円となると、かなりの高額と感じてしまいますが、付帯サービスの良さや充実の保険付帯からすると妥当な年会費と言えます。

また、銀行系クレジットカードとなりますし、そのプラチナクラスともなれば仕方のない価格でもあります。

家族カードの年会費は1枚目まで無料

家族カードの年会費は、1枚目までは無料です。

2枚目以降は、1枚に付き3,000円(税抜)となります。

本人カードと同等の金額を取るクレジットカードもあるので、家族カードで1枚が無料で2枚目以降も3,000円というのはかなり良心的です。

また、ETCカードは年会費、発行手数料ともに無料です。

よく車を利用する人はこの機会に一緒に作ってしまいましょう。

限度額は500万円まで

限度額は、利用者の収入や利用頻度によって変わってきますが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは利用枠が50~500万円となっているので限度額は500万円までになっています。

ゴールドカードなら300万円くらいの限度額が普通なので、限度額に関してはさすがプラチナカードと言ったところです。

ただし、500万円以上を使う機会があるかもしれないという方は、2枚持ちを検討してもいいでしょう。

恐らくほとんどいないとは思いますけどね。

カードが最短3営業日発行

通常のクレジットカードを作る際は、審査がありそこから発行するまでにも時間がかかります。

しかし、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、査がすぐに完了すれば最短で3営業日にスピード発行してくれるサービスがあります。

エポスカードやJCB一般カードなどもスピード発行を行っていますが、どちらも一般カードなので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで3営業日発行というのは本当に珍しいサービスです。

営業日というは月曜日~金曜日のことなので、例えば、月曜日に申込みをして審査に問題がなければ水曜日にはカードが発行されます。

もし、金曜日に申込みをした場合は、問題がなければ次の週の火曜日には発行されます。

あくまでも営業日なので、金曜日に申込みをすると5日間は空いてしまいます。

ということは、なるべく早くほしい人は金曜日以外の平日に申込みをした方がいいってことになります。

それでも、他のプラチナカードではありえないスピード発行なので、時間が惜しい人にもおすすめのサービスです。

通常ポイント還元率は0.5%

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントは、「グローバルポイント」となります。

1,000円利用毎に1ポイント貯まり、1ポイント5円相当なので還元率は0.5%となります。

入会初年度はポイント1.5倍

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、通常ポイント還元率0.5%と低いですが、入会初年度はポイント1.5倍の還元率0.75%となります

0.75%は、そう高い還元率ではありませんが0.5%よりはわずかに貯めやすくなります。

海外利用時はポイント2倍

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを海外で利用した場合は、ポイントが2倍になり還元率は1.0%になります。

還元率1.0%なら、まずまずの高還元となりますので、海外で利用する際はポイントは貯めやすいでしょう。

出費の多い月を指定すればポイントがお得になる

1年のうち、出費の多い月というのはあるものですよね?

そんな1年のうちでも最も出費があるという月をあらかじめ指定すると、その月だけポイントが2倍になる「アニバーサリーポイント」というプログラムがあります。

ファミリー層なら夏休みのある7月~8月や子供たちの新学期時期など、夫婦二人なら結婚記念日のある月やお互いの誕生日月や年末年始、独身の人なら恋人の誕生日月や帰省するお盆など。

特にオススメなのは彼女や奥さんの誕生日に設定することです。

やはり女性へのプレゼントなどは少し奮発した方が、男とのしての株も上がりますから。

とにかく1年のうち最も出費の多い月を指定しておけば、その出費に合わせてポイントが2倍で貯まっていくので出費は多いもののポイントで十分に還元されるのでお得です。

グローバルPLUSで還元率アップ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントプログラムでは、自動的に「グローバルPLUS」という制度が適用されます。

これは、年間利用額に応じて翌年のポイント還元率がアップする制度ですので、利用額が増えれば増えるほど翌年はポイントが貯まりやすくなります。

最大で翌年度の獲得ポイントが1.5倍になる制度です。

表でまとめるとこのようになります。

年間利用額 翌年還元率
50万円未満 翌年→0.5%
50万円~100万円未満 翌年→0.65%
100万円以上 翌年→0.75%

※海外利用時やアニバーサリーポイントの指定月は、このアップした還元率の2倍の還元率となります。

この記事を見ている方は、恐らくプラチナカードを作ろうと思っている方がほとんどだと思うので、それなりに年間で使う金額が多いはずです。

なので、年間100万円のハードルはそこまで高くはないと思います。

年間100万円といっても1ヶ月に換算すれば約83,333円の利用で達成することができます

家賃、光熱費、食費などをすべてMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで支払えば恐らく余裕なはずです。

グローバルPLUSの制度を上手に活用できれば、還元率が0.25%も変わってくるので、ポイントを貯めたい方は年間100万円を狙ってみてください。

プレミアムスタープログラムでボーナスポイントが貰える

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、プレミアムスタープログラムという制度があり、条件を満たすごとに★が貰え、この★が5つになるとファイブスターメンバーとなります。

ファイブスターメンバーになりさらに条件を満たせば、ボーナスポイントが貰えます。

★が貰える条件は、

  • 年間利用額が50万円以上になった場合
  • 年会費の支払いをした場合

この2つです。

なので、年間利用額50万円以上のカード利用があり、年会費を支払えば年間で2つの★がもらえることになります。

という事は、5つの★を得るまでには最短3年あれば得ることができます。

ファイブスターメンバーが貰えるボーナスポイントは、

年間利用額 前年獲得ポイント
50万円~100万円未満 10%のポイント
100万円以上 20%のポイント

となります。

貯まり方としては、コチラの公式ページの表が見やすくてわかりやすいので参考にしてください。

「グローバルポイント」のたまり方

グローバルポイント獲得の還元率まとめ

グローバルポイントは、少々ややこしいですが冷静に考えるととても簡単でお得なポイントシステムになります。

年間利用額 通常還元率 指定月還元率
初年度 0.75% 1.0%
50万円未満 0.5% 1.0%
50万円~100万円未満 0.6% 1.1%
100万円以上 0.75% 1.25%
50万円~100万円未満* 0.65% 1.15%
100万円以上* 0.85% 1.35%

*ファイブスターの場合

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント還元率は、通常0.5%と低めですが利用すればするほど還元率は上がり最大で還元率1.35%にまで上げることができます。

このように、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでは年間の利用額に応じてのポイントアップ制度が充実しています。

ポイントプログラムのイメージとしてはこんな感じです。

なので、できれば100万円以上利用した方が通常ポイントよりもかなり貯めやすくはなるので、年間の100万円をまずは目指して見てください。

1.35%という還元率は他にはありませんから。

POINT名人.comを経由すればネット通販のポイントがお得になる

ネット通販を利用する際は、三菱UFJニコスが運営するポイントアップサイトの「POINT名人.com」を経由すれば、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネットショップで特別加算ポイントを貰うことができます。

提携店には、普段使いできるショップが揃っているので、ネット通販で購入できるものは、POINT名人.comを経由してネットショップで購入した方がポイントが貯まりやすくなります。

主なショップと還元率は、

ショップ 還元率
Amazon 1.0%
楽天市場 1.0%
Yahoo!ショッピング 1.0%
LOHACO 3.0%
エプソンダイレクト 1.0%
SEIYUドットコム 1.0%
ニッセン 4.0%
BookLive! 10.0%
タワーレコード 3.0%
楽天トラベル 2.0%
一休.com 1.0%
グルーポン 3.0%

などがあります。

ポイントの交換先が豊富で使い道に困らない

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントは、交換先が豊富なので使い道に困ることはないでしょう。

使い道がなくて、せっかくのポイントを持て余してしまうのはもったいないです。

グローバルポイントの交換先は、

  • 他ポイント
  • 各種ギフト券
  • 景品

などが用意されていますので、お得に使えるものが必ずみつかるはずです。

ポイントの交換先の一部をご紹介

交換先 ポイント等 交換ポイント
リクルートポイント 2,500ポイント 500ポイント
nanaco ポイント 2,500ポイント 200ポイント
Tポイント 2,250ポイント 500ポイント
dポイント 2,500ポイント 500ポイント
ビックポイント 1,000ポイント分 200ポイント
三菱UFJニコスギフトカード 5,000円分 1,050ポイント
三菱UFJニコスギフトカード 10,000円分 2,050ポイント
クオカード 2,000円分 700ポイント
図書カード 4,000円分 1,000ポイント
Amazonギフト券 4,000円分 1,000ポイント

 

などがあります。

ギフト券は、交換後自分が使ってもよいですし、プレゼントとして利用することもできるので便利です。

有効期限は3年で、MUFGカードより1年長くなっていますので、じっくり貯めてガッツリ使うのもおすすめです。

ただし、ポイント交換先によってはレートが変わってくるので、交換をする際は一度確認してから交換することをおすすめします。

7つのお得な優待サービスと特典・メリット

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費20,000円(税抜)なだけあり、質の高い付帯サービスが充実しています。

多くの付帯サービスを使いこなせる人でしたら、高額な年会費も気にならなくなりますし、むしろ安いくらいに感じることもあります。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットとしては、

  • プラチナコンシェルジュが利用できる
  • 旅行に特化したサービスが充実している
  • スーペリア・エキスペリエンスが利用できる
  • プラチナ・グルメセレクションが利用できる
  • アメリカン・エキスプレス・セレクトが利用できる
  • 24時間健康・介護相談サービスが利用できる
  • 三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料サービスがある

これら7つです。

プラチナコンシェルジュが利用できる

国内、海外問わず、24時間365日、日本語で、様々なサポートや案内、手配をしてくれるプラチナクラスならではのコンシェルジュサービスです。

緊急時のサポートなどもおこなってくれるので安心面も大きいです。

主なコンシェルジュサービスの内容は、

  • 海外旅行中に見つけた商品の探索、案内、購入など
  • 国内、海外の主要都市のホテルやレストランの案内や予約
  • 観劇やスポーツなどの案内からチケットの手配
  • パーティーやイベントの会場や食事の案内から手配
  • 国際便の照会、予約、変更など
  • 主要都市の現地発着パッケージツアーの案内から手配
  • 国内、海外のショッピングモールやブランドショップの案内
  • お花、ワイン、フルーツ等、希望のギフトの案内から手配
  • 短気レンタルオフィスの案内から手配
  • 海外の引っ越し業者の案内

など、きめ細やかなサービスで、普段の生活から旅行、イベントがとてもスムーズで安心なものになります。

旅行に特化したサービスが充実している

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを旅先で利用するという人も多いと思いますが、このカードなら旅行に特化した優待サービスや保険が充実していますので心強いです。

プライオリティパスが無料

プライオリティパスは、世界120ヶ国、400以上の都市、900ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスです。

本来なら、399米ドルの年会費がかかりますが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード会員は、この年会費を支払う事なく利用することができます。

海外に行くと国内よりも疲れがどっと貯まります。

特に空港などでは2時間前にいないといけないので、人混みで待っているだけでも疲れてしまいます。

プライオリティパスで空港ラウンジサービスを利用することができれば、その疲れも少しは和らぐはずです。

プライオリティパスには、様々なユーティリティーが揃っているので、出航までの時間を快適に過ごすことができるはずですよ。

手荷物空港宅配サービス

海外旅行の際の出発時、帰国時にスーツケース1個まで無料で宅配してもらえるサービスです。

結構これが地味に嬉しいサービスで、通常の場合だと地域や宅配便によって金額は変わりますが、2,000円前後かかる場合はほとんどです。

例えば、JALエービーシーならこれくらいの金額がかかります。

地域 到着宅配
北海道 2,170円
北東北(青森/秋田/岩手) 1,740円
南東北(宮城/山形/福島) 1,740円
関東(東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/栃木/茨城) 1,740円
甲信越(山梨/長野/新潟) 1,740円
東海(愛知/岐阜/三重/静岡) 1,740円
北陸(石川/富山/福井) 1,740円
関西(大阪/京都/滋賀/奈良/兵庫/和歌山) 1,850円
中国(岡山/広島/山口/鳥取/島根) 1,960円
四国(香川/徳島/高知/ 2,060円
九州(福岡/大分/宮崎/熊本/長崎/佐賀/ 2,170円
沖縄 3,250円

仮に、年間に10回利用すればそれだけで年会費はペイできるわけですから、かなりお得なサービスです。

また、2個目以降も優待価格で利用する事ができるので、荷物が多くて複数預ける場合も費用を抑えることができます。

旅行傷害保険が充実

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯する旅行傷害保険はかなり手厚い補償内容になっています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人) 補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償 最高1億円(自動付帯→5,000万円) 1,000万円
治癒費用 200万円限度 200万円限度
疫病の賠償費用 200万円限度 200万円限度
賠償責任 3,000万円限度 3,000万円限度
携行品の損害 50万円限度 50万円限度
救援者費用等 200万円限度 200万円限度

国内旅行傷害保険(自動付帯、家族特約)

傷害の種類 補償金額(本人) 補償金額(家族)
死亡・後遺障害補償 最高5,000万円 1,000万円
手術費用補償 20万円 20万円
入院費用補償 5,000円/日 5,000円/日
通院費用補償 2,000円/日 2,000円/日

となっています。

内容はかなり充実していますし、普通海外旅行傷害保険は家族特約があっても、国内旅行傷害保険には家族特約なしというものが多い中、海外、国内両に方家族特約あるというところがプラチナならではという感じで安心です。

ハーツGoldプラス・リワーズ

ハーツGoldプラス・リワーズは、本来アメリカを中心とした会員のみのサービスです。

レンタカーを借りる際に通常おこなわければならない、面倒な手続きなどをする必要なくストレスフリーで利用することができます。

また、周辺機器も割引価格でレンタルすることができるサービスも備わっています。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード会員は、年会費無料でこのサービスを受けることができます。

スーペリア・エキスペリエンスを利用できる

国内、海外のホテル、スパ、ダイニング、エアラインで、様々な優待を受けることができます。

  • 朝食サービス
  • オリジナルメニュー
  • 会員特別ディナー
  • ウェルカムプレゼント
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト

などなど、特別なサービスが用意されています。

プラチナ・グルメセレクション

国内の厳選されたレストランで、所定のコースを2名で予約した場合、1利分が無料になるというサービスです。

特別な日の食事なども密かに、このプラチナ・グルメセレクションを利用すれば相手に気づかれることなく素敵な時間もお得に過ごすことができます。

また、レストランによっては、6名以上で予約した場合2名分が無料になるというところもありますので、接待などにも使えるのでオススメです。

アメリカン・エキスプレス・セレクトが利用できる

アメリカン・エキスプレス・セレクトは、AmericanExpressが提供するサービスです。

100ヶ国以上の国や地域でホテル、ダイニング、ショッピングのなどのジャンルで、優待サービスや特典を受けることができます。

有名ホテルや人気のホテルなどが、割引価格で利用できたり、予約の取りづらい人気のレストランで飲食代が10%~20%オフになったりと会員限定の優待は豊富です。

24時間健康・介護相談サービスが受けられる

24時間365日、電話で健康や介護、育児などに関わる様々な相談に応えてくれる心強いサービスです。

体調がすぐれないけれど病院に行くほどでもない時や介護のことで不安なことがある時など気軽に相談することができるので助かります。

育児相談もできます。

割引がされる人間ドッグなどの紹介もしてくれます。

三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料サービス

ATM手数料は、積もればけっこうもったいな額になってしまうものです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード会員なら、いくつかの条件を満たせば三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金口座のATM手数料を何度でも無料にすることができます。

満たしておきたい条件は、

  • 三菱東京UFJ銀行のスーパー普通預金を利用
  • 三菱東京UFJダイレクトの契約と初回登録
  • MUFGカードの支払口座に三菱東京UFJ銀行を指定
  • クレジットカード利用額の引き落としや年会費の引き落としがあること

この4つです。

この条件を満たせば、無駄なATM手数料をとられずに済みます。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、付帯サービスの充実ぶりからしてかなり優秀な1枚となります。

食事や旅行、健康面でも優遇されるクレジットカードなので、様々な場面で贅沢感やお得感を感じられるカードです。

しかし、デメリットをひとつ挙げるとすれば、やはり年会費が20,000円(税抜)かかってしまうという点です。

ただ、多々あるプラチナカードの年会費というのは様々で、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの年会費10万円以上もします。

また、年会費50,000円というものもあります。

それらと比較すると、これだけの優待サービスや保険付帯があって20,000円(税抜)なら、妥当、もしくは低価格といってもいいでしょう。

豊富な優待サービスを余すことなく使える人は、この高額な年会費もさほど気にならなくなるでしょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準

プラチナカードとなると、審査がかなり厳しいのでは?と心配になります。

たしかに、一般的なクレジットカードなどに比べれば審査は厳しくなります

18歳以上から申請できるクレジットカードも多いですが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、

  • 20歳以上
  • 本人または配偶者に安定した収入がある人

となっています。

20歳以上で自分が働いている場合は、勤続年数や年収の安定性が重要になります。

とはいえ、年収の高さや職業のステータスを厳しく問われることはないでしょう。

クレジットヒストリーがキレイで、尚且つそこそこの勤続年数と安定収入のある人なら申請できるカードです。

もしも、いきなりプラチナカードのハードルが高いと思うかたは、同じ種類のゴールドカードから申請してヒストリーを作ってからでもいいかもしれません。

MUFGカード ゴールドなら年会費1,000円代で持つことができますので。

MUFGカード ゴールドは格安な年会費で持てるスピード発行カード
クレジットカードのゴールドカードは一度は憧れるものですよね。しかし、ゴールドカードとなると年会費は高額で審査も厳しく、なかなか簡単には保有できないというイメ...

まとめ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が20,000円(税抜)と少々高額ですが、それに見合うだけの優待サービスが充実しています。

プラチナ・コンシェルジュサービスを利用できるだけでもかなりの充実感はありますし、スーペリア・エキスペリエンスやプラチナ・グルメ・セレクションも魅力です。

また、旅行傷害保険の手厚さもさすがプラチナクラスといった感じです。

これらのサービスからすれば、年会費の高さもきっと気にならなくなるはずです。

50,000円や100,000円以上の年会費には躊躇するけれど、他にはないプラチナクラスの充実した付帯サービスを利用したいという人にはおすすめの1枚です。