san-diego-3727_640

JALマイルを貯めているという人は多いのではないでしょうか?

年会費2,000円(税抜)のJALカードや年会費6,000円のJALアメリカン・エキスプレス・カード、年会費無料のイオンJMBカードなど、とにかくJALのマイレージカードは豊富です。

そんな中でも、付帯サービスや優待特典、旅行傷害保険などの充実ぶりが魅力のJALダイナースカードは、マイルが貯まるのはもちろんのこと旅行やグルメに関するステータスの高いサービスが魅力です。

空港ラウンジサービスや、レストランでの高待遇、旅行の万全のサポートなどが付帯されるので、保有することでプライベートが華やかになりその幅も広がります。

ここでは、そんなJALダイナースクラブカードの特徴やメリット、デメリットなどを詳しく説明していきます。

特徴と年会費・国際ブランド

jal-diners-card

JALダイナースカードは、ダイナースクラブとJAL(日本航空)が提携して発行するクレジットカードです。

国際ブランドは、もちろんダイナースクラブです。

ダイナースクラブもアメックス同様、国産ブランドのJCBと提携しているので国内であれば9割ほどのJCB加盟店で利用することができるので、困ることはほぼないでしょう。

「最高級のおもてなしをする」というダイナースクラブですが、意外にも普段使いもできるようになっています。

ただし、個人経営などの店舗では、利用できない場合もあります。

年会費は28,000円

JALダイナースカードの年会費は、28,000円(税抜)です。

この数字だけ見ると、かなり高額と感じてしまいますが、ダイナースクラブならではの質の高い優待サービスが豊富なのでそれらを考慮するとけっして高いとは言えません。

旅行や出張によく出かける人や食を大切にする人であれば、優待サービスの内容などからしてこの年会費も納得ということになるはずです。

家族カードの年会費は9,000円

家族カードの年会費は、9,000円です。

こちらもちょっと高いように感じますが、本カード同様空港ラウンジサービスが利用できたり、レストラン、カフェ、バーなどでも本会員と同様のサービスをうけることができるので、そう考えるとコストパフォーマンスは良いです。

ETCカードは、発行手数料、年会費ともに無料です。

もし、普段から車を利用していてまだETCカードを持っていない人は是非この機会に作ったほうがかなりお得ですよ。

ETC割引などの特典を受けることができますから。

限度額に一律の制限がない

JALダイナースカードに限らずダイナースクラブカードは、「会員様への揺るぎない信頼が最も大切」という理念があり、そのことから限度額に一律の制限を設けていません

JALダイナースカードも例外なくその理念の範囲内のカードです。

決められた限度額がないので、長期の出張や旅行、大きな買い物なども限度額を心配することもありません。

ただし、いくら使ってもOKという考え方ではなく、あくまでも「信頼」の範囲内です。

また、初期の限度額は200万円~300万円と言われています。

初期の限度額でも十分高い金額ですけどね。

JALダイナースカードのマイル付与率

JALカードは、通常マイルが200円利用毎に1マイル貯まり、還元率は0.5%です。

そこまで高いというわけではありません。

このマイル還元率を上げたいJALカード会員は、年会費3,000円(税抜)のショッピングマイル・プレミアムに入会しなければなりません。

しかし、下記で詳しく説明しますがJALダイナースカード会員の場合は、このショッピングマイル・プレミアムに自動入会されますので、年会費無料でマイルの還元率を上げることができます。

ショッピングマイル・プレミアムなら最大100円利用毎に2マイル貯まる

ショッピングマイル・プレミアムは、JALカード会員が登録することのできる「マイル付与率がアップする制度」です。

通常は2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、JALダイナースカード会員は、年会費が無料で自動でこの制度が付帯します。

ショッピングマイル・プレミアムは、

  • 通常ショッピング:100円利用毎に1マイル(還元率1.0%)
  • 特約店での利用:100円利用毎に2マイル(還元率2.0%)

通常でも1.0%の還元率特約店なら2.0%となるので、還元率は高いと言っても良いでしょう。

JAL特約店の一部をご紹介

  • JALグループ国際線機内販売
  • JALグループ国内線機内販売
  • JALグループ機内販売オンラインストア
  • JAL空港宅配サービス
  • JALエービーシー
  • イオン
  • ファミリーマート
  • ピーコックストア
  • マツモトキヨシ
  • マツモトキヨシ オンラインストア
  • ツルハドラッグ
  • ウエルシア
  • ENEOS
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー
  • ロイヤルホスト
  • じゃらん

などがあります。

日常使いできるスーパーやコンビニ、ドラッグストアが対象となっているのも嬉しいですし、旅先で利用することの多いレンタカーサービスも上記以外にも多数ありますので、幅広いジャンルで還元率2.0%にできます。

フライトボーナスマイルが貰える

マイレージカードといえば、やはりボーナスマイルです。

各カード、入会時や初回搭乗などの際にまとめて貰えるボーナスマイルで、一気にマイルを稼げます。

JALダイナースカードでは、3つのフライトボーナスが貰えます。

  • 入会後初回搭乗:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗:2,000マイル
  • 区間マイル:区間マイルの25%

この3つです。

入会後1回でも搭乗すれば、5,000マイル貰えますし、年に1回でも旅行や出張に行く人なら、毎年2,000マイルが貰えてしまいます。

ちなみに、搭乗クラスの予約クラスによってフライトマイルの換算が変わります。(通常は100%が基本マイル)

JALの場合のフライトの換算率は次の通りとなっています。

国際線

搭乗クラス 予約クラス 換算率
ファーストクラス F・A 150%
ビジネスクラス J・C・D・X 125%
I 70%
プレミアムエコノミークラス W・E*1 100%
エコノミークラス Y・B 100%
H・K・M 70%
L・V・S・O・G・R 50%
Q・N*1 30%

*1E・N パッケージツアーをご利用の場合は、50%の積算率となります。

国内線

航空会社 予約クラス 換算率
日本航空(JAL)
日本トランスオーシャン航空(JTA)
日本エアコミューター(JAC)
琉球エアーコミューター(RAC)
北海道エアシステム(HAC)
大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、身体障がい者割引、介護帰省割引、
JALビジネスきっぷ、eビジネス6、シャトル往復割引、特別乗継割引、離島割引
100%
特便割引1、特便割引3、特便割引7、特便割引21、
先得割引タイプA、先得割引タイプB、スーパー先得、ウルトラ先得、
当日シルバー割引、おともdeマイル割引*1、スカイメイト、株主割引、
乗継割引7、乗継割引28、特別往復割引など
75%
個人包括旅行割引運賃*2 50%
フライトマイル対象運賃のうち、
ファーストクラス利用可能運賃でファーストクラスをご利用の場合*3
50%を加算
フライトマイル対象運賃のうち、
クラス J利用可能運賃でクラス Jをご利用の場合*3
10%を加算

このようになっています。

ツアープレミアムなら100%の区間マイルが貯まる

区間マイルは通常50~75%が多いですが、年会費2,000円(税抜)を支払い、「ツアープレミアム」に登録すれば、通常区間マイルにボーナスマイルが付与されるので、合計で区間マイル100%が貰えます。

ただし、対象割引運賃でJALグループ便に搭乗する必要があります。

年会費が、2,000円(税抜)かかってしまうので、旅行や出張で頻繁に飛行機に乗るという人ならお得ですが、そこまで多く飛行機を利用するわけではないという人は年会費が損になってしまうことがあります。

ちなみにツアープレミアムボーナスマイルの対象割引運賃はこのようになっています。

  搭乗クラス 通常のフライトマイル
国際線 予約クラス:H/K/M/I 70%
予約クラス:L/V/S/E/N/O/G/R 50%
国内線 先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28 75%
パッケージツアーに適用される個人包括
旅行割引運賃
50%

ダイナースクラブ・オンラインショッピングモールでお得になる

ダイナースクラブオンラインショッピングは、ダイナースカード会員が、ネット通販を利用する際にこのショッピングモールを経由することでポイントアップかキャッシュバックを受けられるというサービスです。

ポイント獲得の例はこちら。

キャッシュバックの例はこちら。

 

JALダイナースカードの場合は、ダイナースクラブ・オンラインショッピングを利用する場合は、ポイントではなくキャッシュバックを選択すればマイルが0.5%~最大5.0%プラスされます。

また、ダイナースクラブ・オンラインショッピングを経由して行けるネットショップには、楽天市場やYahoo!ショッピングを始めとする定番のショップも多く含まれますので使いやすいです。

一部のショップと加算されるポイントとキャッシュバック率はこちらです。

ショップ ポイント キャッシュバック
楽天市場 100円→1p 0.5%
Yahoo!ショッピング 100円→1p 0.5%
LOHACO 100円→2p 1.0%
セブンネットショッピング 100円→4p 2.0%
おうちでイオン イオンショップ 100円→2p 1.0% 
イトーヨーカドーネット通販 100円→2p 1.0% 
ケンコーコム 100円→5p 2.5%
ビックカメラ.com 100円→2p 1.0%
ジャパネットたかた 100円→2p 1.0%
爽快ドラッグ 100円→4p 2.0%

などがあります。

このほかにも、本、CD、ファッション、旅行など様々なジャンルで多数のショップがあります。

7つのお得な優待サービスと特典とメリット

JALダイナースカードは、JALカードよりも高い還元率でマイルを貯めていくことができるというメリットがありますが、このカードの良さはもちろんそれだけではありません。

ダイナースクラブならではの、ステータスの高い優待サービスや特典が豊富で、年会費28,000円(税抜)でも、その付帯サービスを使いこなせば全く損のない優秀な1枚になります。

JALダイナースカードのメリットとしては、

  • 空港ラウンジサービスがある
  • トラベルデスクが利用できる
  • 海外アシスタンスが利用できる
  • 搭乗クラスに関係なくJALエグゼクティブクラスカウンターの利用が可能
  • グルメに関する優待サービス充実している
  • 旅行傷害保険が充実している
  • ビジネス・アカウントカードも保有できる

これら7つです。

空港ラウンジサービスがある

ステータスの高いクレジットカードの付帯サービスとしては定番の空港ラウンジサービス。

旅行や出張の際に、騒がしい搭乗ロビーから離れ静かにくつろげるラウンジが無料で利用できるというのは嬉しいものです。

JALダイナースカードの場合、国内主要空港はもちろんこと、アジア、北・南アフリカ、ヨーロッパなどの海外主要空港のほとんどのラウンジが利用できます。

また、ゴールドカードなどについている空港ラウンジサービスと違い、ファーストクラスやビジネスクラス利用者向けであるVIPラウンジも利用できるので、よくラウンジを利用する人にとってはこのサービスだけでも年会費がペイできてしまうはずです。

トラベルデスクが利用できる

旅行に関する様々な問い合わせや相談ができ、さらに、面倒な手配や予約などもおこなってくれます。

主なサービスは、

  • 国内、海外パッケージツアーの受付
  • 割引価格での宿泊施設の案内
  • 割引価格での航空券の案内
  • 宿泊施設の手配
  • 航空券の手配

などです。

海外アシスタンスが利用できる

海外旅行の際、旅先で交通機関に迷ったり、レストランの予約などに苦労したなど何かと面倒なことが多いです。

そんな時、JALダイナースカード会員が利用することのできる海外アシスタンスがとても便利で安心です。

旅先の「困った」や「面倒」にしっかり対応してくれます。

主なサービスは、

  • 都市や交通機関の案内
  • レストランやホテルの案内から手配
  • フライト等の案内
  • イベントやエンターテイメントの案内から予約、手配
  • 医療機関の案内
  • 日本語のわかる医師の案内
  • カードやパスポートの紛失時のサポート

などを日本語でおこなってくれるので、いつでも安心です。

搭乗クラスに関係なくJALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用が可能

JALダイナースカード会員であれば、運賃、搭乗クラスに関係なく待ち時間の少ないJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用する事ができます。

また、特典航空券の場合でも同じようにJALエグゼクティブクラスカウンターでチェックインすることができます。

ただし利用にはカード提示が必要になるので予め準備しておきましょう。

グルメに関する優待サービスが充実している

ダイナースクラブは、会員の旅行はもちろん食に関しても質の高い他にない優待サービスを用意しています。

エグゼクティブダイニング

厳選された有名レストランや人気のレストランなど所定のお店のコース料理を2名で予約した場合、1名分が無料になります。

また、6名以上の場合は、2名分が無料になります。

大切な人との思い出に残るような食事も、お得にできてしまうので嬉しいです。

おもてなしプラン

記念日に利用したり、食事は雰囲気も大切と考える人には最適なサービスです。

お店やシェフが、その時々に合わせて最高のプランでもてなしてくれます。

店舗がある都市は以下の7つになります。

  • 東京
  • 神奈川
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良

せっかく”おもてなし”を味わうなら、ちょっと旅行がてら行くのもいいと思いますよ。

料亭プラン

料亭は一見さんお断りの所が多く、なかなか新規で利用することができません。

しかし、JALダイナースカード会員であれば、ダイナースクラブが本人に代わって予約を入れてくれるので初めての料亭であっても紹介なしで使うことができます。

また、予算や料理の希望などもダイナースクラブに伝えれば本人に変わって料亭にその旨伝えてくれます。

サイレンス・スタイル

大切な人と優雅な時間を過ごしたあと、レジでの会計というのは現実的な感じになってしまってせっかくの時間もその良さが半減してしまいます。

また、接待などではクライアントの前では、スマートに振る舞いたいものです。

そんな時便利なのが、サイレンス・スタイルです。

あらかじめダイナースクラブの専用デスクから予約を入れておけば、食事のあとはカード提示も会計もなしでその場を後にすることができます。

アラン・デュカスの優待特典がある

東京、パリ、モナコ、ニューヨークなどにフランス料理レストランを展開するシェフ・アラン・デュカスが運営する日本国内のレストランで優待特典を受けることができます。

  • ベージュ アラン・デュカス 東京
  • ビストロ 「ブノワ(BENOIT)」
  • ル・ムーリス アラン・デュカス
  • アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ
  • ジュール・ヴェルヌ
  • アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター
  • リヴェア ロンドン
  • ル・ルイ・キャーンズ アラン・デュカス ア・オテル・ド・パリ

などが対象店となり、アペリティフやウェルカムシャンパンサービス、窓際の席の確保など特別な時間を過ごせるような優待特典が魅力です。

ナイト イン 銀座

せっかく銀座に来から、おしゃれなバーやクラブに行きたいという方も多いはず。

そんな時に、ダイナースクラブカードを持っていると、

  • バーの優待内容→ウェルカムドリンク1杯サービス
  • クラブの優待内容→初回のご利用時のみ、お一人様35,000円

このような一流のバーやクラブで限定の優待サービスを受けることができます。

クラブの場合は、ボトルや料理代は別料金になりますが、3名以上のグループであればボトルが1本サービスになります。

今夜は少し銀座で、しっぽり飲みたい時などに、活用したいサービスです。

これらはすべてダイナースクラブ会員限定の特典になります。

旅行傷害保険が充実している

JALダイナースカードは、国内旅行、海外旅行ともに最高1億円の補償がある手厚い補償内容の旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円*
治癒費用 300万円限度
疫病の賠償費用 300万円限度
賠償責任 1億円限度
携行品の損害 100万円万円限度(1旅行→50万円)
救援者費用等 400万円限度

*自動付帯→5,000万円、利用付帯→5,000万円

国内旅行傷害保険(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円*
手術費用補償 10万円、20万円、40万円
入院費用補償 10,000円/1日
通院費用補償 3,000円/日

*自動付帯→5,000万円、利用付帯→5,000万円

となっています。

この他にも、海外航空便遅延お見舞金制度が付帯しているので、旅行に関しても万全の備えがあります。

海外旅行中、国際線の遅延や出発遅延、欠航等の際に20,000円のお見舞金が出ます。

旅先でパスポートを紛失してしまった時も同様です。

ビジネス・アカウントカードも保有できる

JALダイナース ビジネス・ アカウントカード

JALダイナースカード会員は、ビジネスカードとして便利に使えるビジネス・アカウントカードも発行することができます。

出張費や接待費、会社備品の購入、その他諸々の経費は、ビジネス・アカウントカードで決済するればプライベートとビジネスをしっかりわけることができ、ビジネスにおける経費を一括管理する事もできて非常に便利です。

  • 発行手数料:2,000円(税抜)
  • 年会費:2,000円(税抜)

がかかります。

なので、このカードを保有した場合は、JALダイナースカードと合わせて年会費30,000円(税抜)になります。

ステータスの高いクレジットカードと便利なビジネスカードの2枚持ちで30,000円(税抜)なら、他高額年会費のビジネスカードと比べるとコストパフォーマンスは良くなります。

JALダイナースカードのデメリット

JALダイナースカードは、マイルも貯めやすく、さらには、ステータスの高い優待サービスや特典が魅力のカードです。

年会費は、28,000円(税抜)ですが、付帯サービスを考慮すれば妥当、もしくはそれ以上です。

そのため、デメリットらしきものは見当たりませんが、あえて言うならばチャージができない電子マネーやポイントが貯められない電子マネーが多いという点です。

例えば、

  • モバイルSuica:チャージは可能、ポイントやマイルは貯まらない
  • 楽天Edy:チャージは可能、ポイントやマイルは貯まらない
  • nanaco:チャージ不可
  • WAON:チャージ不可
  • PASMO:チャージ不可

となっています。

唯一、SMART ICOCAの利用でポイントが貯まるようになっています。

電子マネー対応クレジットカードは多々あり、チャージ時でもポイント満額付与というものも多くある中、チャージ不可であったり、ポイントやマイル対象外というのは残念です。

電子マネーをよく使う人で、ポイントなどでお得に活用したいと考える人にはデメリットになります。

しかし、JALダイナースカードは、優待サービスの充実ぶりやマイルの貯まりやすさに大きな保有メリットがあります。

そのため電子マネーに関するデメリットは、サブカードを持てば済むのでそう大きく受け止める必要はなさそうです。

サブカードであれば年会費無料クレジットカードで十分なので、こちらの記事を参考にサブカードは選んでみてください。

ポイントが高還元率な年会費無料のクレジットカードを徹底比較
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

JALダイナースカードの審査基準

JALダイナースカードの審査は、ダイナースクラブがおこなうので日本の審査基準とは違いますし、審査もけっして甘くないです。

JALダイナースカードの申請資格を見てみると、「27歳以上の人」のみとなっています。

ただし、27歳以上であれば誰でも審査に通るわけではありません。

勤続年数や継続してある安定収入、クレジットヒストリーがキレイであるかということが重要になってきます。

ただ、JALダイナースカードに申請しようと思う人は、飛行機によく乗る人だと思うので、それなりに余裕のある人が多いでしょう。

高額な年会費も支払っていける人でしょうから、勤続年数が長く毎月安定した収入があり、クレジットヒストリーも問題のない人でしたら審査に通る可能性は十分にあります。

まとめ

JALダイナースカードは、マイルを貯めながら高いステータスのサービスを受けることのできるクレジットカードです。

旅行はもちろん、グルメ面もかなり優遇されます。

付帯保険も充実していますので、保有メリットは大きいです。

また、ビジネスアカウント・カードを同時に保有すれば、ビジネスの面でも利便性が高まります。

年会費は28,000円(税抜)(ビジネスアカウント・カード追加の場合30,000円(税抜))と高額ですが、付帯サービスを十分に使いこなせばけっして高い維持費ではなくなります。

JALをよく利用する方で、ステータス性があるクレジットカードを検討の方にはピッタリのクレジットカードですよ。