最近よく聞くようになった「リボ払い」。

テレビCMなどでは、とても良い印象があって、ちょっと利用してみたいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、リボ払いについて様々な情報が飛び交う中で、「リボ払いは危険」「リボ払いは損」という様な悪い面も見え隠れしています。

そんなリボ払いですが、クレジットカードの中にはリボ払い専用のカードがあります。

リボ払いは、基本的に手数料がかかってしまうので、このサイトではおすすめしていません。

しかし、リボ払い専用カードはカードによっては、普通のクレジットカードよりもお得な特典やサービスがあるカードもあります。

ここでは、そんなリボ払い専用カードのメリットやデメリットなどを紹介していきます。

リボ払い専用カードとは

クレジットカードは普通、手数料のかからない1回払い、2回払い、ボーナス一括払いと、手数料がかかってしまう分割払いとその都度支払い方法が選べるようになっています。

リボ払い専用カードは、これらの支払い方法は一切できず、何にどれだけ利用しようとも支払い方法はリボ払いのみとなります。

リボ払いって?

リボ払いとは、カード決済でその月々いくら分利用しても、毎月の口座引き落とし額は一定となる支払い方法です。

例えば、先月はカード利用額が3万円で、今月は5万円だったとしても、毎月の支払い額は7500円といった風に、毎月いくら使おうが月々の支払い額はいつも同じということです。

また、このリボ払いには手数料が発生するので、「毎月の支払い額+手数料=口座引き落とし分」となります。

リボ払いにも2通りある

上記にあるように、毎月のカード利用分がいくらになろうとも、月々の支払い額が変わらないリボ払い方法を「定額方式リボ払い」と言いい、もう1種類を「残高スライド方式」と言います。

この残高スライド方式リボ払いは、支払い残高に応じて月々の支払い額が変動するリボ払い方法です。

例えば、残高10万円以下のAコースなら月々の支払い額は5千円、Bコースなら1万円。

残高が10万円以上20万円以下のAコースなら月々の支払い額は1万円、Bコースなら1万5千円などというように、残高によって支払い額が変動していきます。

同じリボ払いであっても、定額方式とスライド方式とで支払い方は変わっていくので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事ができます。

 Aランク Bランク Cランク
10万円未満 10万円~15万円 15万円~20万円
5,000円 7,500円 1万円

もっと詳しいリボ払いについてはこちらで参考にしてください。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介

リボ払い専用カードのメリット

リボ払い専用カードには、3つのメリットがあります。

  • 毎月の支払い額が一定で安心
  • ポイントが貯まりやすい
  • 繰り上げ返済が可能

毎月の支払い額が一定で安心

リボ払い専用のカードのメリットは、リボ払いしか支払い方法を選ぶ事できませんので、定額方式を選べば月々の支払い額が一定になり、他のお金の管理がしやすくなるという大きなメリットがあります。

使いすぎてしまった月の分の支払いが、予想以上に請求されてビックリ!ということもありませんので、カード利用による月々の出費は一定で安心です。

また、スライド方式を選んで毎月の支払い額が変わったとしても、Aコース、Bコース、Cコースなどとその金額設定を把握していれば思いもよらぬ請求にあわてることもありません。

ポイントが貯まりやすい

クレジットジカード会社の収益といえば、やはり手数料です。

加盟店手数料やカード利用者の分割手数料、そしてリボ払い手数料です。

1回払いや2回払い、ボーナス一括払いでは、クレジットカード会社は、その大きな収益である手数料をとることができません。

そのため、リボ払い利用者を増やし、その手数料を集めるために様々なキャンペーンや、ポイント還元などを積極的におこなってリボ払い専用カードに魅力を持たせます。

実際に、リボ払い専用カードの方がポイントの還元率が高いというカードはたくさんあります。

なので、リボ払い専用カードでは使えば使うほどにお得にポイントを貯めていくことができます。

繰り上げ返済が可能

リボ払いにしてしまうと、いつまでたっても返済が終わらないというイメージを持つ人もいますが、リボ払い専用カードでも繰り上げ返済ができます

お金に余裕がある時は、繰り上げ返済をしてしまえばいつまでも返済し続けるという不安を拭うことができます。

リボ払いは、月々の返済が一定でありながら余裕がある時は、繰り上げ返済をする事ができ、ポイントも貯めやすいということになります。

リボ払い専用カードのデメリット

リボ払い専用カードのデメリットとしては

  • 手数料を取られ続ける
  • 借金意識が低くなる

この2つがデメリットです。

手数料を取られ続ける

リボ払いは、毎月の支払い額が一定で安心というメリットがありますが、このせいで手数料を長く払い続けることになり、結果利用した分よりだいぶ高く支払う事なってしまいます。

上記にもあるように、手数料はクレジットカード会社の大切な収益につながりますので、多くの残高を時間をかかても、支払ってくれた方がクレジットカード会社としては都合がいいわけです。

例えば、分割払いで10万円利用した場合、10万円に手数料をプラスした分を、10回支払えばそこで終了ですが、リボ払いの場合は違います。

リボ払いで10万円利用して、毎月の支払い額が5円円だった場合は、この10万円の返済に20回以上かかり、その分手数料も払い続けることになるので、分割払いに比べて手数料もだいぶ増えてしまいます。

手数料の額もクレジットカード会社によって、様々です。

高いところでは18%も金利があるクレジットカードもあります。

もし、高い手数料がとられるのがイヤだという人は、無利息期間があるカードローンなどを検討するのもいいでしょう。

無利息期間は一切手数料がかからないので、その分無駄な手数料のお金を払わなくて済みます。

無利息期間があるカードをみる

今では、カードローンもハードルが低くなっているので審査も甘めになっているみたいですよ。

同じ手数料なら安い方がいいですよね。

借金意識が低くなる

リボ払いは、毎月カードでいくら利用しても月々の支払い額は一定です。

そのため、返済額は今月もいくら、来月もいくらと安心してカード利用してしまうことが増え、返済残高はいつのまにか「利用枠いっぱいいっぱいに!」ということも少なくありません。

リボ払いの定額制は安心できるという一方、借金意識が低くなりのちに痛い目に合うということもあるので、気を付けなければいけません。

リボ払いは、気を付けて利用しなければ手数料を取られ続ける、借金意識が低くなり苦労してしまう可能性があるという危険性があります。

リボ払いは信用情報に傷が付く場合ある

クレジットカードなどの申請をすると、クレジットカード会社は信用情報機関に問い合わせ、その人のこれまでのカード利用履歴を見ることができます。

このカード利用履歴は、クレジットカードの審査やローンなどの審査には、とても重要でキレイであることに越したことはありません。

ところが、これまで返済が遅れがちであったりとか、何かトラブルをおこしたなどの問題がある場合、それらは当人の信用情報への傷となってしまいます。

また、リボ払いの多用はこの信用情報にも残り、審査の際に心象が悪くなってしまう場合があります。

そうなると、いずれ違うクレジットカードを作ったり、急な出費がありカードローンなどを組むときにお金を貸してもらえなくなってしまいます。

そうならないためにも、リボ払い専用カードを利用する場合は、計画的に使い、余裕がある場合は繰り上げ返済などを積極的におこなって、必要以上の悪い情報は残さないようにしましょう。

リボ払い専用カードの審査は甘い

クレジットカードを作る際気になる審査。

一定の年収がなければ難しいとか、勤続年数や今後の安定性などが重要になってきますが、リボ払い専用カードは、普通のクレジットカードに比べて所得の低い人でも持ちやすくなっています。

そのため、収入面で不安のある人でも審査に通り、保有することができます。

また、カード会社もそれを見越してリボ払い専用カードを発行している部分もあります。

クレジットカードよりも間口が少々広いリボ払い専用カードは、アルバイトや主婦の方でも待つチャンスのあるカードということです。

一部のリボ払い専用カードで一括払いはできる?

クレジットカードの場合は、一括払いから分割払いに変更したりと柔軟な支払い方ができますが、リボ払い専用カードの場合は一括支払いはありません。

店頭でリボ払い専用カードを提示して「一括払いで」と言っても、自動的にリボ払いになります。

ただし、一括支払いみたいにすることはできます。

それは、支払いを利用限度額に設定することです。

そうすれば、普通のクレジットカードと同様に一括支払いと同じように使うことができます。

この方法はカードによっては可能なものもあり、うまく利用する人はリボ払い専用カードの高い還元率を得ながら、一括払いをして支払う手数料も少なくおさえるといった使い方をすることもあります。

ですが、リボ払い専用カードの場合、基本的に一括払いはできませんので利用する金額や月々の支払い額の設定は慎重に決める必要があります。

リボ払い専用カードは、クレジットカード会社の大きな手数料収益につながるものですので、そう簡単に手数料を支払わずにすむというのは難しいです。

ただ、どうしてもという場合は上記のようなカードを選ぶといいでしょう。

こちらのカードでは、ほぼ一括支払いと同じ支払いができるので、手数料がかかりません。

P-one wizは年会費無料・高還元率カード!デメリット解消法を紹介

ポイント還元率も年会費無料のカードでは、1.5%とトップクラスの水準を誇っています。

まとめ

リボ払いは、月々の支払い額をおさえ、お金の管理もしやすくなる便利な支払い方法です。

しかしながら、注意して使用しないと手数料を長く支払い続けたり、「借金が膨らむ」というような事態に陥ってしまう一面も持ち合わせています。

利用する際は、月々の一定した支払い額に甘えず計画的に使いましょう。