海外旅行や海外出張によく行く人は、マイルを貯めてうまく活用しているという人が多いと思います。

クレジットカードでどうせマイルを貯めるなら、マイル付与率も高く、それでいて国内はもちろん海外でも様々な優待が受けられるステータスの高いカードを保有したいものです。

「デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード」なら、マイル付与率も高く、それでいて旅行、グルメ、保険などの面でかなり高いステータスを得ることができます。

年会費は少々高額ですが、優待サービスを隈なく使いこなしたい人でしたら高額な年会費もきっと気にならなくなります。

ここでは、そんなデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードの特徴やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

特徴と年会費・国際ブランド

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブとデルタ航空が提携して発行するクレジットカードです。

ステータスの高いダイナースクラブカードにデルタ航空のマイレージプログラムである「スカイマイル」が合わさったクレジットカードなので、マイルが貯めやすく、さらには充実の付帯サービスが豊富な1枚となります。

国際ブランドは、ダイナースクラブです。

日本国内においては、使える場所が少ないのでは?と心配する人も多いでしょう。

確かにVISAやMasterCardの方が、国内、海外ともに使える幅が広く困る事もほとんどないでしょう。

また、日本国内においてはJCBであれば安心です。

しかし、ダイナースクラブでも、日常的に利用するスーパーやドラッグストアでもほとんど使えると言われていますし、高級なレストランやホテルでなくてもチェーン展開している店舗、飲食店でも困ることなく使うことができます。

ただ、個人経営の飲食店や店舗などは難しい場合もあります。

そういった時のために、年会費無料のVISAやMasterCard、JCBが使えるカードをサブカードとして保有しておいても良いでしょう。

還元率が高い人気のクレジットカードはこちらで紹介しています。

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

年会費は28,000円、家族カードは9,000円

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードの年会費は28,000円(税抜)です。

かなりの高額と思うかもしれませんが、これから紹介するマイル付与率の高さや付帯サービスの充実性から言えば妥当な価格です。

ステータスの高い優待サービスや特典が豊富で、さすがダイナースクラブカードといった魅力がたくさん詰まっていますので、それらのサービスを使いこなしたい人からすればサービスと年会費のバランスは十分にとれているはずです。

ちなみに家族カードを作る場合の年会費は9,000円(税抜)です。

ETCカードは、年会費、発行手数料ともに無料です。

もし、車を利用していてまだETCカードを持っていない人は是非この機会に作ったほうがかなりお得ですよ。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードのマイル付与率

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードでは、マイルを貯めていくことになります。

デルタ航空の「スカイマイル」というマイレージプログラムが適用され、100円利用毎に1.5マイル貯まります。

100円ごとに1.5マイルも貯まるのでマイルは貯めやすいです。

さらに、マイルボーナスやプレゼントマイルもあり、有効期限もないのでガンガン貯めて大きく使うこともできます。

ボーナスマイルがたくさん貰える

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードでは、ボーナスマイルやプレゼントマイルをたくさん貰うことができます。

ボーナスマイル クラス プレゼントマイル
入会ボーナスマイル   10,000マイル
ファーストフライトボーナス ファーストクラス 25,000マイル
ビジネスクラス 25,000マイル
エコノミークラス 10,000マイル
カード更新時   3,000マイル

となっています。

入会時や更新時のボーナスマイルは、他カードだと2,000マイルや1,000マイルというのが多い中、10,000マイルや3,000マイル貰えるというのはかなりお得です。

これに加えて、100円利用毎に1.5マイル貯まっていくので、マイルはかなりは貯まりやすくなります。

デルタ航空以外でもマイルが貯まる

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、デルタ航空以外の提携航空であればマイルが貯まります。

主な提携航空会社は、

  • アエロメヒコ航空
  • エールフランス航空
  • アリタリア航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • エア・ヨーロッパ
  • アルゼンチン航空
  • チャイナ エアライン
  • アラスカ航空
  • ハワイアン航空
  • 大韓航空
  • ウエストジェット航空

などがあります。

マイルの使い道

マイルを貯めている人ならおわかりかと思いますが、貯まったマイルが無駄になることはなく実用的に消費していくことができます。

  • スカイマークの特典航空券との交換
  • JTB国内パッケージツアー旅行券との交換

また、「ペイ with マイル」というサービスを利用すれば、デルタ航空券の購入時にマイルを利用して、マイルだけでは足りなかった分をカード決済することもできます。

ペイ with マイル

ペイ with マイルは、デルタ航空スカイマイル会員限定プログラムで、会員限定の特典やサービスをうけることができます。

こちらを利用すれば、通常の航空券に空きがある限りマイルで旅行することができとても便利になります。

ただし、マイルレートは1米ドルのレートによって異なるため、還元率が低くなってしまうこともあるのでその点は注意が必要です。

4つのお得な優待サービスと特典・メリット

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、マイルが貯めやすいという大きなメリットがありますが、それだけではありません。

ダイナースクラブカードならではの、ステータスの高い優待サービスや特典が充実していますので、保有メリットは豊富です。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードのメリットとしては、

  • 限度額に一律の制限がない
  • 空港ラウンジやトラベルデスクなどの旅行に関わるサービスが充実している
  • 高いステータスのグルメ優待が多数ある
  • 旅行傷害保険が充実している

これら4つです。

限度額に一律の制限がない

ダイナースクラブカードは、「会員様への揺るぎない信頼が最も大切」という理念があり、そのことから限度額に一律の制限を設けていません

デルタスカイマイル ダイナースクラブカードも例外なくその理念の範囲内のカードです。

決められた限度額がないので、長期の出張や旅行、大きな買い物なども限度額を心配することもありません。

ただし、いくら使ってもOKという考え方ではなく、あくまでも「信頼」の範囲内です。

また、初期の限度額は200万円~300万円と言われています。

初期の限度額でも十分高い金額ですけどね。

空港ラウンジやトラベルデスクなどの旅行に関わるサービスが充実している

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、ステータスの高い旅行関連の付帯サービスが充実しています。

デルタスカイクラブラウンジが利用できる

世界50ヶ所以上に設置されたデルタスカイクラブラウンジを年に3回まで無料で利用できます。

1回のみの利用であれば、同時に3名まで無料で利用することができます。

通常デルタスカイクラブラウンジは、普通のゴールドカードなどに付帯している空港ラウンジとは違い、別途1人29.00 ドル(約3,000円)がかかります。

それが年に3回まで無料で利用することができるので、かなりお得なサービスです。

空港ラウンジサービスが利用できる

デルタスカイクラブラウンジよりは少し設備などは劣りますが、世界100ヶ国、450ヶ所以上の空港ラウンジも無料で利用することができます。

騒がしいロビーから離れてゆったりとくつろぐ事ができる空港ラウンジを様々な国で利用できるというのは、ステータスの高いクレジットカードならではです。

便利なトラベルデスクが利用できる

国内、海外旅行の様々な案内や手配、情報提供などをしてくれます。

国内はもちろんのこと、海外であっても日本語でそして電話で受けてくれるので安心です。

  • 航空券の手配
  • ホテルの案内から予約
  • 各種パッケージツアーの案内から手配
  • 海外のラグジュアリーホテルを割引価格で案内
  • 個人での旅行の各種手配

など、面倒な手配はもちろん、割引価格での案内や豊富な商品から様々な提案もおこなってくれるので、満足の行く旅行をすることができます。

24時間、年中無休で利用することができます。

クラブホテルズ

国内、海外のラグジュアリーをホテルを会員限定の優待価格で利用することができます。

せっかくの旅行は、ホテルまでこだわりたいという人には、最適なサービスです。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際の出発時、帰国時にスーツケース1個まで無料で宅配してもらえるサービスです。

結構これが地味に嬉しいサービスで、通常の場合だと地域や宅配便によって金額は変わりますが、2,000円前後かかる場合はほとんどです。

例えば、JALエービーシーならこれくらいの金額がかかります。

地域 到着宅配
北海道 2,170円
北東北(青森/秋田/岩手) 1,740円
南東北(宮城/山形/福島) 1,740円
関東(東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/栃木/茨城) 1,740円
甲信越(山梨/長野/新潟) 1,740円
東海(愛知/岐阜/三重/静岡) 1,740円
北陸(石川/富山/福井) 1,740円
関西(大阪/京都/滋賀/奈良/兵庫/和歌山) 1,850円
中国(岡山/広島/山口/鳥取/島根) 1,960円
四国(香川/徳島/高知/ 2,060円
九州(福岡/大分/宮崎/熊本/長崎/佐賀/ 2,170円
沖縄 3,250円

仮に、年間に10回利用すればそれだけで年会費はペイできるわけですから、かなりお得なサービスです。

また、2個目以降も優待価格で利用する事ができるので、荷物が多くて複数預ける場合も費用を抑えることができます。

グルメに関する優待サービスが凄い

ダイナースクラブは、会員の旅行や食を豊かにしてくれるサービスに特化しているので、グルメに関する優待サービスの質の高さは他にはなかなかないものです。

エグゼクティブダイニング

所定のレストランでのコースメニューを2名以上で予約した場合、1名分が無料になります。

また、6名以上で予約した場合は2名分が無料になります。

厳選されたレストランばかりでのサービスですので、大事な会食や接待などにも使え、しかも誰にも知られずにお得にすることもできます。

ただし、1店舗につき、毎回使えるわけではなく半年に1回で年間に2回まで決まっているので、同じ店舗を利用する際は注意してください。

別の店舗であれば、利用回数は決まってませんので、何回でも利用することができます。

また、エグゼクティブダイニングでレストランを利用する場合は、予め電話にて予約が必要ですので、ご利用希望日の3日前までに電話で予約をするようにしてください

電話は、店舗ではなく「ダイナースクラブ リザベーションデスク」で電話をすれば問題ありません。

電話番号:0120-357-554

仮にエグゼクティブダイニングを利用して、3万円以上の店舗に行けば、1人分の3万円は無料になるわけですから、これだけでも年会費をペイできます。

1万円くらいでも、3回利用すれば、年会費の元はとれますので、エグゼクティブ目当てでデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードを作っても全然有りでしょう。

レストランの多くは、人気の高級店でもありますので自分の株を上げるためにもぜひ、利用したい優待サービスです。

主なダイニング店舗はこちらです。

エグゼクティブ ダイニング 店舗一覧

おもてなしプラン

記念日に利用したり、食事は雰囲気も大切と考える人には最適なサービスです。

お店やシェフが、その時々に合わせて最高のプランでもてなしてくれます。

店舗がある都市は以下の7つになります。

  • 東京
  • 神奈川
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良

せっかく”おもてなし”を味わうなら、ちょっと旅行がてら行くのもいいと思いますよ。

料亭プラン

初めての人は、紹介なしではなかなか利用させてもらうことのできない敷居の高い料亭も、ダイナースクラブカードが予約を代行してくれます。

そのため、紹介なしでも初めての料亭を利用することもできますし、希望や予算をダイナースクラブカードに伝えればプランにそった演出をしてもらうこともできます。

大事な商談や大切な取引先などの接待で活用すると、信頼も上がるはずですよ

サインレススタイル

専用デスクから予約をすれば

  • 東京都48店舗
  • 神奈川県3店舗
  • 千葉県1店舗
  • 大阪府5店舗

のレストランのいずれかで、当日はサインもカード提示もなくレストランを後にすることができます。

また、電話の際に当日の料理の希望や演出なども伝えておけば、特別な日の食事がとても良い思い出なるようなプランで迎えて貰えます。

料金目安は、1名につき5,000円~100,000円となります。

日本国内のレストランで優待特典

東京、パリ、モナコ、ニューヨークなどにフランス料理レストランを展開するシェフ・アラン・デュスカが運営する日本国内のレストランで優待特典を受けることができます。

  • ベージュ アラン・デュカス 東京
  • ビストロ 「ブノワ(BENOIT)」
  • ル・ムーリス アラン・デュカス
  • アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ
  • ジュール・ヴェルヌ
  • アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター
  • リヴェア ロンドン
  • ル・ルイ・キャーンズ アラン・デュカス ア・オテル・ド・パリ

などが対象店となり、アペリティフやウェルカムシャンパンサービス、窓際の席の確保など特別な時間を過ごせるような優待特典が魅力です。

ナイト イン 銀座

せっかく銀座に来から、おしゃれなバーやクラブに行きたいという方も多いはず。

そんな時に、ダイナースクラブカードを持っていると、

  • バーの優待内容→ウェルカムドリンク1杯サービス
  • クラブの優待内容→初回のご利用時のみ、お一人様35,000円

このような一流のバーやクラブで限定の優待サービスを受けることができます。

クラブの場合は、ボトルや料理代は別料金になりますが、3名以上のグループであればボトルが1本サービスになります。

今夜は少し銀座で、しっぽり飲みたい時などに、活用したいサービスです。

旅行傷害保険が充実している

旅行に特化したサービスが充実しているデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、旅行傷害保険の内容も手厚い補償となっています。

海外旅行傷害保険(自動付帯、利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円*
治癒費用 300万円限度
疫病の賠償費用 300万円限度
賠償責任 1億円限度
携行品の損害 50万円限度
救援者費用等 100万円限度(1旅行→50万円)

*自動付帯→5,000万円、利用付帯→5,000万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最高1億円
手術費用補償 5万円、10万円、20万円
入院費用補償 5,000円/日
通院費用補償 3,000円/日

国内、海外、どちらも死亡、後遺障害補償は最高1億円ですし、利用頻度の高くなる傷害治療費用補償は300万円という手厚さです。

変な旅行保険等に入るくらいなら、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードを所持しているだけでも十分もとは取れるはずですよ。

デルタ スカイマイル・アメックス・ゴールドとの違い・比較

デルタ スカイマイル・アメックス・ゴールド

デルタ航空が発行しているクレジットカードで、アメックスが発行している上級カードにデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドというカードもあります。

アメックスとダイナースなので特典などもいろいろと違ってきます。

ここではそんなデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードとデルタ スカイマイル アメックス・ゴールドの違いを比較して紹介していきます。

まず、違いとしては

  • 年会費
  • マイル付与率
  • 付帯サービス
  • 旅行傷害保険の内容

この4つ変わってきます。

年会費は、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードが28,000円なのに対して、デルタ スカイ マイル アメックス・ゴールドは26,000円と2,000円安いです。

マイルの付与率に関しては、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードが100円で1.5マイルなのに対してデルタ スカイ マイル アメックス・ゴールドは100円で1%なので、通常のマイルの付与率はデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードの方が高いです。

ただし、デルタ スカイ マイル アメックス・ゴールドはデルタ航空での支払いでは3倍になるので還元率が3%になります。

また、付帯サービスについては、それぞれダイナースの特典とアメックス・ゴールドの特典の違いあります。

保険の補償内容に関しては、死亡補償がどちらも1億円になっているのでそこまで変わりません。

あとは、細々違うところがあるので、少し表にしたので参考にしてください。

比較表

内容 デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド
年会費 28,000円(税抜) 26,000円(税抜)
マイル付与率 100円→1.5マイル 100円→1マイル
有効期限 無期限 無期限
入会ボーナスマイル 10,000マイル 8,000マイル
継続ボーナス 3,000マイル 3,000マイル
空港ラウンジ
旅行傷害保険 最大1億円 最大1億円
ショッピング保険 年間500万円 年間500万円

デルタスカイマイル ダイナースクラブカードのデメリット

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、マイル付与率も高く、十分すぎるほどの優待サービスが付帯しています。

デメリットとなる点はなさそうですが、あえて言うのであれば28,000円(税抜)という高額な年会費でしょうか。

しかし、グルメや旅行に関する優待サービスや特典は、どれをとってもステータスが高く、ダイナースクラブカードだからこそという部分が大きいので、それらのサービスを使いこなす人にとっては、この年会費も大きなデメリットではないでしょう。

もう少し年会費を抑えたいという人であれば、このカードと比較すれば付帯サービスは劣るものの、年会費が10,000円代のゴールドカードなどでも十分に納得いくものもあるので、そういったカードの方が保有しやすいです。

デルタスカイマイル ダイナースクラブカードの審査基準

これだけのステータスの高さだと、審査はかなり厳しいのでは?と思うものです。

たしかに、年会費の高さや限度額の制限がない点からして、けして審査は甘くないでしょう。

ダイナースクラブカードの保有といえば以前は、

  • 33歳以上の人
  • 勤続年数10年以上の人
  • 持家である

というような狭き門でした。

その後は、27歳以上で自営もしくは勤続5年以上、年収500万円以上と変わり、現在の申請資格は「27歳以上の人」のみとなっています。

また、マイレージカードというのは稼働率がよく、さらに利用額も大きくなりがちなので発行会社としては多くの申請を歓迎します。

そのため、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、通常のダイナースクラブカードの審査よりは通りやすいと言われています。

ただし、いくら以前よりは審査が通りやすくなったからとはいっても、他のクレジットカードよりは十分敷居は高いですので、過去にクレジットヒストリーに傷のないかどうかは確認した方がいいでしょう。

まとめ

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードは、旅行や出張の多い人は、ぜひ保有したいクレジットカードとなります。

マイルも貯まりやすく、空港、ホテル、ダイニングなどでの優遇が他カードにはないようなステータスの高さのものばかりです。

年会費は高額になりますが、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードの優待サービスと特典を使いこなせる人でしたら年会費以上のサービスを受けられるはずです。

高待遇のマイレージカードを保有したいという人には最適な1枚になります。