ビジネスカードを保有していると、経費の削減や管理の一元化などができるメリットがあります。

また、ビジネスカードと一緒にETCカードを発行することで、社用車の管理もしやすくなります。

しかし、ビジネスカードとなると気になるのが、審査の厳しさです。

会社の実績や規模などを問われるので、小さな個人経営の会社や1人法人などの人の中には、ビジネスカードの申請に迷ってしまう人もいるでしょう。

ここで紹介する「楽天ビジネスカード」は、楽天カードの中でもゴールドの位置づけになり、それでいて他ゴールドカードの審査に比べ甘いと言われる「楽天プレミアムカード」を保有することで持ちやすくなるビジネスカードです。

もちろん、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカードともに審査はありますが、他ゴールドカードやビジネスカードよりも比較的審査に通りやすいので、個人経営者や中小企業社長、1人法人の社長におすすめです。

ここではそんな楽天ビジネスカードの特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

特徴と年会費・国際ブランド

rakuten-business-card

楽天ビジネスカードは、楽天カード株式会社が発行するビジネスカードです。

楽天カードが発行するクレジットカードは他にも、

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天銀行カード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天ブラックカード

これらのカードの種類があります。

その中でも法人用や個人事業主用のビジネスカードとして利用することができるのは、楽天ビジネスカードのみとなっています。

国際ブランドは、VISAのみですが世界に豊富な加盟店があるので特に問題ないでしょう。

楽天プレミアムカードの保有が申請条件

楽天ビジネスカードは、このカード単体での申請はできません。

楽天カードの中でもゴールドの位置づけになる、

  • 楽天プレミアムカードを保有している
  • 楽天プレミアムカードと同時申請

この2つが条件となるので、既に楽天プレミアムカードを持っているという人はいつでも申請することはできます

また、ビジネスカードを持ちたいが、審査が厳しいと言われるJCB法人カードや年会費が26,000円もするアメックス・ビジネス・ゴールドカードなどには手が届かないという人は、楽天プレミアムカードとの同時申請をしてみるのも良いでしょう。

楽天ビジネスカードの年会費は2,000円

楽天ビジネスカードの年会費は2,000円(税抜)です。

しかし、上記にもるようにこのカードを保有するには、楽天プレミアムカードとセットで持つことが第一条件です。

そのため、楽天プレミアムカードの年会費10,000円(税抜)と楽天ビジネスカードの年会費2,000円(税抜)を合わせた額が、実際の年会費なるので合計12,000円(税抜)ということになります。

12,000円(税抜)の年会費は、ちょっと高いかもしれませんが、楽天プレミアムカードと合わせ持つことで得られるメリットもありますし、比較的発行されやすいというのもひとつのメリットになります。

ETCカードは10枚以上発行が可能

楽天ビジネスカードでは、ETCカードを10枚以上発行することが可能です。

1枚目は無料で作ることができて2枚目以降は年会費で540円かかります。

ETCカードで利用した分の金額にも、しっかりと楽天スーパーポイントが付くので、会社でETCを多く利用する場合は、ポイントもガンガン貯まります。

年会費がかかるのは少しデメリットですが、年会費以上のポイントが獲得できれば、発行した方がお得です。

利用限度額は合わせて最高300万円

楽天ビジネスカードを所持した場合の利用限度額は、楽天プレミアムカードと合わせて最高で300万円までとなっています。

例えば、楽天プレミアムカードの限度額が150万円なら残りの150万円が楽天ビジネスカードの限度額になります。

利用枠に関してはこちらで決めることができないので、楽天プレミアムカードが200万円で楽天ビジネスカードが100万円になってしまうということも考えられます。

なので、ぶっちゃけ2枚で300万円というのは少し微妙かなと思います。

同じ年会費でゴールド並の付帯があるEX Gold for Biz iD×QUICPayなら1枚で限度額が最高300万円ありますから。

限度額に関してはビジネスカードの利用額が大きくなる人には少しデメリットになるかもしれません。

ポイント還元率は1.0%

楽天ビジネスカードを使って貯まるポイントは、楽天スーパーポイントです。

100円利用毎に1ポイント貯まり、還元率は1.0%です。

楽天プレミアムカードのポイントと合算できる

rakuten-gassan

ビジネスカードで支払うものと言えば、やはり様々な経費です。

消耗品の購入や接待費、出張費など、金額が大きくなることが多いです。

楽天ビジネスカードの還元率は1.0%と良い方なので、比較的ポイントは貯まりやすいでしょう。

そして、この楽天ビジネスカードで貯まったポイントは、楽天プレミアムカードで登録した楽天スーパーポイント口座に一緒に付与されます

そのため、会社の経費として使ったことで貯まったポイントを個人のポイントとしてまとめることができます。

会社の経費は削減するのが何よりですが、経費を使えば使うほど、自分個人のポイントがザクザク貯まっていくことになるので、お得です。

月に仕入れなどで経費として100万円くらい使うのであれば、それだけでも1万円分のポイントは貰えるってことですからね。

年間なら12万円です。この12万円は個人用として使えるわけなので、かなり美味しいですよね。

他には中々ないシステムなので上手に活用しましょう。

ボーナスポイントは貰えない

楽天プレミアムカードのポイントのシステムでは、様々なポイントアップキャンペーンがおこなわれていて、ボーナスポイントが貰えます。

例えば、

  • 楽天ダイニング特約店での利用時は還元率2.0%に
  • ポン!カン!キャンペーン時は、ポイント最大で4倍
  • スーパーポイントアッププログラム(SPU)でポイント最大6倍

などがあります。

しかし、楽天ビジネスカードには、これらのポイントアップシステムは適用されません。

ポイントがアップするのは、楽天ビジネスカードの場合、楽天市場での買い物の際にポイントが2倍になるというものだけです。

楽天ビジネスカードのポイントは、

  • 100円利用毎に1ポイント貯まり還元率1.0%
  • 楽天市場での利用時はポイント2倍
  • 経費に使って貯まったポイントも個人のポイントとなる

という形になります。

楽天プレミアムカードに合算された楽天スーパーポイントの使い道

tt

楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードで貯めたポイントは、1ポイント1円として

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天マート

などの楽天で使う事ができます。

1ポイント1円で現金同様として使えるので、使い道に困ることはないでしょう。

ただし、「何ポイント以上から使える」というのは、ショップによって異なります。

例えば、

  • 1ポイントから使えるショップ:楽天市場、楽天ブックス、楽天マート、楽天ダウンロード、楽天海外販売、楽天ポイントカード
  • 100ポイントから使えるショップ:楽天トラベル、楽天GORA
  • その他ポイント利用可能サービスは50ポイント以上から

となっています。

また、利用できるポイントには上限もありますので、あらかじめチェックしておきましょう。

  • 購入時1回のポイント使用限度は30,000ポイントまで
  • 楽天加盟店での1回のポイント使用限度は5,000ポイントまで

さらに、1ヶ月のポイント使用の上限はランクによって異なります

  • ダイヤモンドランク:500,000ポイントまで
  • それ以外のランク:100,000ポイントまで

となっています。

有効期限は基本1年間で延長有り

ポイントの有効期限

楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードで貯めたポイントの有効期限は、基本的に最後にポイントを獲得してから1年間です。

しかし、有効期限内に一度でも買い物などをしてポイントを獲得すれば、有効期限は延長されます

とりあえず1回でも買い物などをすれば延長されるので、常日頃から楽天ビジネスカードや楽天プレミアムカードを利用していれば、有効期限を考えなくてもいいでしょう。

ただし、期間限定ポイントについてはそれぞれのポイントによって有効期限が異なるので注意してください。

楽天ビジネスカードの6つのお得な優待サービスと特典

楽天ビジネスカードは、経費で貯めたポイントを個人のポイントとして使うことができるというメリットがあります。

また、ビジネスカードを保有することで、経費の管理などが一元化できるという利便性を得ることもできます。

ただ、楽天プレミアムカードとセットで持つことが条件となっているので、付帯サービスや優待特典は楽天プレミアムカードで補うようになります。

まず、楽天ビジネスカードのみのメリットとしては、

  • 経費で貯めたポイントを個人のものとして使用できる
  • 楽天プレミアムカードと同時に申請することで審査に通りやすい
  • 法人口座を指定できる
  • ショッピング保険が付帯 
  • ネット不正あんしん制度がある
  • 商品未着あんしん制度がある

これら6つです。

経費で貯めたポイントを個人のものとして使用できる

これは、上記でも説明していますが、楽天ビジネスカードで貯まったポイントは、楽天スーパーポイント口座に付与されるので、個人名義の楽天プレミアムカードのポイントとして個人で使うことができます

会社の経費は、削ったとしても何かと出ていくことが多いので、重なる経費で貯まったポイントを個人のポイントと合算できるというのはお得です。

楽天プレミアムカードと同時に申請することで審査に通りやすい

楽天ビジネスカードを楽天プレミアムカードと合わせて持たなければいけない代わりに、暗黙のルールという感じではありますが、カードが発行されやすくなっています

ビジネスカードをなるべく発行しやすくするので、楽天プレミアムカードと2枚持って下さいよという暗黙の条件があると言われています。

そのため、審査の厳しい他ビジネスカードや、高額年会費のビジネスカードは、持てないという社長さんでも、比較的保有しやすいというメリットがあります。

法人口座を指定できる

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードとセットで持たなければなりませんが、引き落とし口座は、

  • 楽天プレミアムカードは個人の口座
  • 楽天ビジネスカードは法人の口座

と指定ができますので、2枚持ちであってもビジネスとプライベートをしっかり分けることができます。

それでいてポイントはひとつに集約できるシステムがあるので、かなり利便性はいいです。

ショッピング保険が付帯

楽天ビジネスカードで購入した商品が、破損、盗難などの被害にあった場合、購入の翌日から90日間、300万円まで補償してもらうことができます。

仕事に関わるものの購入も300万円までの補償が付くというのはかなり安心ですよね。

ネット不正あんしん制度がある

インターネット上で楽天ビジネスカードが不正に利用された場合も、その損害を補償してもらえる安心の制度です。

ネット通販なども安心してできます。

商品未着あんしん制度がある

楽天市場を利用した際に、商品が到着していないにも関わらずそのショップとの連絡が途絶えてしまった場合に、その請求をストップさせることができる制度です。

ネット通販のこういったトラブルも補償してもらえるというのは、心強いです。

楽天プレミアムカードの優待サービスと特典の一部

楽天ビジネスカード単体のメリットは、このようになっていますが、やはりゴールドの位置づけとなる楽天プレミアムカードの優待サービスや特典が魅力です。

 一部ですが紹介していきます。

空港ラウンジサービスが付帯

楽天プレミアムカードには空港ラウンジサービスがしっかり付帯しています。

利用できる空港は限られますが、それでも国内のほとんどの空港と一部海外でも利用することができます。

利用可能空港は、

  • 国内主要空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港
  • 韓国・仁川国際空港

となります。

プライオリティパスが無料になる

本来なら、$399の年会費がかかるプライオリティパスが無料です。

プライオリティパスは、世界120ヶ国の国や地域、400の都市の900ヶ所以上もの空港ラウンジが無料で利用できるサービスです。

楽天プレミアムカードトラベルデスクが利用できる

ニューヨーク、ホノルル、パリ、ミラノなどを含む世界30拠点の現地デスクで、

  • 観光情報の案内
  • レストラン、オプショナルサービスの案内から手配
  • パスポートやカードの紛失、盗難時の案内からサポート
  • 現地の病院の案内や情報提供

などの案内、手配、サポートをしてもらえます。

付帯保険が充実している

国内旅行、海外旅行ともに、最高5,000万円の補償がある旅行傷害保険が付帯します。

海外旅行傷害保険内容(自動付帯、利用付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最大5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療補償 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品の損害 30万円、
救援者費用等 200万円

死亡・後遺障害補償に関しては、利用すれば更にプラス1,000万円が補償されます。

国内旅行傷害保険内容(自動付帯)

傷害の種類 補償金額(本人)
死亡・後遺障害補償 最大5,000万円
入院補償 5,000円/1日
手術費用補償 5万円または10万円
通院補償 3,000円/1日

など、ゴールドならではの付帯サービスは充実していて、この他にも、楽天プレミアムカードをトラブルなくキレイに使っていけば、「楽天ブラックカード」のインビテーションが届くなどのメリットもあります。

更に楽天プレミアムカードについての詳細を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

楽天プレミアムカード楽天プレミアムカードは付帯サービス充実なワンランク上のステータスカード
楽天プレミアムカードは、楽天が発行するカードの中では、ゴールド並みのランクになります。そのため充実した空港ラウンジサービスがあたり、しっかりした内容の旅行傷...

楽天ビジネスカードのデメリット

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードと合わせて持つことで得られるメリットや楽天プレミアムカード単体のメリットも得ることができます。

しかし、デメリットとして年会費が12,000円(税抜)かかってしまうという点があります。

楽天ビジネスカード単体の年会費2,000円というのは、ビジネスカードとしての年会費となればそう高くはなく維持しやすい額と言えます。

ただ、楽天プレミアムカードと合わせて持つという条件があるため、実際の年会費は12,000円(税抜)に跳ね上がりますのでけっして安くはありません。

しかし、この2枚を一緒に保有することで得られるメリットもありますし、ゴールドカードならではの優待サービスや特典も満喫しビジネスとプライベートをしっかりわけることができるというのは便利です。

それに個人用と事業用で貯めたポイントを合算できるという大きなメリットもありますので。

年会費を抑えてゴールドカードとビジネスカードを持ちたいという人であれば、このデメリットはそう大きなものではないでしょう。

楽天ビジネスカードの審査基準

楽天ビジネスカードの審査は、楽天プレミアムカードとセットで持つことを条件に少し甘くなると言われています。

しかし、当然ですが審査がないわけでもありません。

また両方を同時に申請した場合は、

  • 楽天プレミアムカードの審査
  • 楽天ビジネスカードの審査

と、順番があり、しっかり二つをわけて審査されます。

そのため、緩いとはいえ、楽天プレミアムカードは年齢や安定収入の有無、ビジネスカードは会社の実績などもちろん審査されます

これまでのクレジットヒストリーもキレイであるかも大切になってきます。

ただし、そうとはいっても楽天プレミアムカードをしっかりと何事もなく作ることができて、利用していれば恐らく楽天ビジネスカードの審査は問題なく通るはずなので、まずは申請してみることをオススメします。

まとめ

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードと一緒に持つことが一番の条件です。

それにより、年会費は12,000円(税抜)と高額にはなりますが、ビジネスカード保有のメリットとゴールドカード保有のメリットを得ることができます。

また、この2つをセットで持つからこそのメリットもあるカードです。

審査も他ビジネスカードよりは、比較的厳しくないと言われていますので個人経営者の人や1人法人の人、社員数が数名の中小企業の社長の人も持ちやすい1枚です。

12,000円(税抜)で、ビジネスカードもゴールドカードも両方持てて連動させることができるというのは、とても便利でお得ですよ。