バーチャルカードなんて最近よく聞きませんか? 

バーチャルなんて聞くと、本当に使えるものなの?

なんて思ってもしまいますが、もちろんしっかり使えます。

従来のクレジットカードとは、発行方法も使用できる範囲なども異なりますが、今、便利に使いこなしている人が増えつつあります。

個人的には、クレジットカードがポイントが貯まっておすすめはしていますけどね。

クレジットカードは無くした時が怖い、面倒、だからあまり持ちたくない、なんて人にはおすすめのバーチャルカードの基本知識やメリット、デメリットをご紹介します。

バーチャルカードとは

本来カードといえば、自分の手元にカードそのものが届き、それをお財布に入れて必要な時店頭で決済するというものです。

でも、バーチャルカードは、カードそのもの自体はありません。

なので、自分の手元にカードが届く事もありませんし、店舗でカードを使用するということもありません。

バーチャルカードは16ケタの暗証番号だけが、与えられ、国内、海外のネットショッピングのみで利用できるものです。

そのため、実際の店舗飲食店などでの利用や公共料金の支払いに使用することはできません。

とはいえ、今はなんでもインターネットで購入することのできる現代です。

ほぼネットしか使わないという人も多いのでは?

そんな人には、バーチャルカードはかなり利用価値があるカードになります。

バーチャルカードの申請と年会費

バーチャルカードの申請は、クレジットカードのような厳しい審査はなく、申請資格といえば、「日本国内に住む18歳以上」、もしくはそれに「どこどこのカード保有者であること」などの条件が加わる程度です。

また、申請方法も簡単で、各カード発行会社のホームページにいって、指定される手続きの手順通りに進んでいけば、バーチャルカードを保有できるようになります。

また、どのバーチャルカードブランドであっても、年会費は無料

ただ、一定の期間 利用が無かった場合は、カード維持費を数百円とられることもあります。

もし、使わないのであれば破棄してしまったほうが良いってことです。

バーチャルカードのメリット

クレジットカードでの心配といえば、やはり不正利用や情報漏洩です。

バーチャルカードは、最初に与えられた16ケタのカード番号を、いつでも簡単に変更することができます。

そのため、万が一の時はササッとカード番号を変えてしまえば、被害に合う確率もグッと減ります。

バーチャルカードはネット上でしか使うことができませんが、ネットショップは数多くあるので、ハッキリ言って信用できなさそうなショップもあります。

そんなショップに、自分の正規のクレジットカード情報を教えるのがちょっと怖いという人もいますよね。

そんな時、バーチャルカードならニックネームで決済することもできますし、上記にもあるようになにかあったら、カード番号を変えてしまえばいいので安心です。

自分で自分の身を守ることが少しできるということです。

また、バーチャルカードの利用停止をするのも、再開するのもいつでも自由なので、気楽に利用できるというのも魅力のひとつです。

バーチャルカードをひとつ用意しておけば、不安も多いネットショッピングを、心置きなく楽しめるという方も多いはずです。

バーチャルカードのデメリットもある

バーチャルカードはとても便利で安全性もあるカードですが、購入する際に料金がかかってしまうのが、少々もったいないかもしれません。

また、プリペイド式のものが多く、その場合、残高が中途半端な金額で残ってしまい、なかなかスッキリ使い切れないという部分もたまに傷です。

有効期限などもあるので、残高と期限をしっかり確認しながら利用していく必要があります。

また、クレジットカードのように海外傷害保険はついていません。

ショッピング保険はついている、バーチャルカードはあります。

おすすめのバーチャルカード

ネットショッピングをよくする人は、ぜひ持っておいた方がよいバーチャルカードですが、どんなものを使えばいいのかと迷うものです。

そんな人におススメなのは、やはりメジャーなカードブランドが提供するバーチャルカードです。

いくつか紹介していきますね。

エポスバーチャルカード(カードブランド:VISA)

エポスバーチャルカード

申請資格は、エポスカード保有者という規定がありますが、魅力はけっこうあります。

カード購入手数料もなし、年会費も無条件でなしです!

海外のネットショップを利用した際の手数料も1.63%と他よる低めですし、有効期限もないので一度作ったら気にせず、ずっと持っていられるのも良いです。

また、ポイントが付くのも魅力です。

利用200円毎に1ポイントつきます。

そのポイントをたくさんのアイテムと交換できますので、お得感もあります。

ただ、ニックネームでの決済はできません。

ちなみにクレジットカードのエポスカードは、ポイント還元率が1.5%なので、バーチャルカードより高くなっています。

エポスカードはガチでお得!メリット・デメリットを徹底比較

楽天バーチャルプリペイドカード(カードブランド:MasterCard)

楽天バーチャルプリペイドカード

申請資格は、楽天カード保有者となりますが、こちらも魅力がたくさんあります。

購入手数料は80円~300円で、年会費は無条件でなし

プリペイド式なので、購入する金額も自分の都合に合わせて選ぶ事ができます。

また、楽天が運営するサービスで使用することのできるポイントが、利用100円毎に1ポイント付くからお得感も大きいです!

ただ、有効期限が1年と少々短めなので、最初に購入する額をしっかり計画的に決めた方が良さそうです。

ただし、クレジットカードに抵抗がない人は、正直なところ楽天カードにした方がお得にポイントなどを貯めることができます。

楽天カードの特徴を網羅!お得にポイントを貯める方法を解説

Vプリカ(カードブランド:VISA)

Vプリカ

申請資格は日本に住む18歳以上ということだけですので、誰でも申請しやすいというところがおすすめです。

購入手数料は100円~200円、年会費は無料ですが、1度も利用せずに3ヶ月経ってしまった場合は、カード維持費として125円取られてしまいます。

ポイントが付く事はありませんが、VISA認証サービス機能も付いていますし、クレジットカードの保有が無くても持てるという気軽さが何よりも魅力です。

1年間の有効期限付きですので、利用額や利用頻度をよく考えてから購入することをおすすめします。

三井住友VISAバーチャルカード(カードブランド:VISA)

三井住友VISAバーチャルカード

ステータスが高いことで有名な、三井住友VISAカードが提供している、バーチャルカードになります。

インターネットからの申し込みで初年度年会費無料。それ以降は300円(税抜)がかかります。

入会資格は、満18歳以上の方(高校生は除く)なら誰でも申し込みが可能です。

1,000円で1ポイント貯まるので、還元率は0.5%になります。(1ポイント=5円)

家族カードも作ることができます。年会費が300円(税抜)かかりますが。

また、ネットからの申し込み限定ですが、最短で3日以内での発行してくれます。

届くのは大体、1週間くらいですね。

早く使いたい人には、おすすめのバーチャルカードです。

三井住友VISAカードは、クレジットカードも当然あります。

基本的には、年会費がかかってしまいますが、学生であれば無料で持つことができるので、学生ならクレジットカードの方がお得になります。

学生・新社会人必見!三井住友VISAデビュープラスカード完全ガイド

バーチャルカードは、ポイントの付与があるかないかも選択する際の大事なポイントとなります。

また、今現在クレジットカードを持っていなくても、作ることが簡単にできます。

自分のライフスタイルに合わせて、お気に入りのバーチャルカードを見つけて下さいね。

バーチャルカードを解約方法

バーチャルカードは、プリペイド式のものが多いです。

解約する際に、この残高が返金される事はありません。

なので、バーチャルカードの解約をしたい場合は、年会費やカード維持費がないものであれば、残高が無くなった時点で解約と考えた方がいいでしょう。

年会費があったり、利用が何か月間も使わなくて、手数料が取られるようなものは、しっかり解約手続きをとった方が良いです。

各社ホームページなどで、解約方法の案内がありますし、わからない時はお問合せをして手順にそって解約手続きしましょう。

簡単に解約はできますので。

バーチャルカードとwebmoneyって何が違うの?

webmoney

バーチャルカードと同時によく聞くのが、webmoney。

このwebmoneyは、バーチャルカードと同じもの?と考えてしまう人もいるのでは?

バーチャルカードは、様々なカードブランドが提供するネット上のみで利用することのできるもので、カードそのものは存在しないものです。

一方、webmoneyは、株式会社webmonyが提供するネット上専用のプリペイド型電子マネーです。

こちらもカードそのものは発行されません。

あらかじめ発行されたプリペイド番号かウォレッIDを利用して、ネットショッピングなどの支払いができるものです。

購入方法はインターネットでも簡単にできますし、コンビニなどに設置してある専用の端末機で申込み券を出して、レジでプリペイド番号の記載されたシートをもらう事もできます。

また、年齢制限や身分証明も必要なく、だれでも気軽に簡単にwebmoneyを持つことができます

ネットショッピングが当たり前になった近年は、こういったwebmonyやバーチャルカードは、需要は更に高まっていくでしょう。

まとめ

バーチャルカードは、ネットショッピングをよく利用する人には、とっても便利なものです。

クレジットカードの様に厳しい審査もなく、誰でも気軽に持てるお手軽さもまた魅力です。

様々なネットショップの初回の買い物にはとても使いやすいものでもありますので、お気に入りのバーチャルカードを手に入れて、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ただし、個人的には、バーチャルカードはそこまで使いません。

購入する際に、料金がかかる上に、海外補償保険なども何もついていません。

また、実店舗ではバーチャルカードは使うことができないので、実店舗でもカードを使いたいなら、クレジットカードになります。

クレジットカードといっても、今はセキュリティー面もかなり強化されてきていますし、不正使用が発覚した場合の保険があるカードも多いです。

何かしらの理由でクレジットカードを作れない人は、バーチャルカードでもしょうがないですが、お得にポイントなどを貯めて節約したいなら、クレジットカードを使った方がいいですよ。

年会費無料で還元率が高いカードを選べば、生活をもっと豊かにしてくれるはずです。

最強のポイント還元率が高い年会費無料クレジットカードを比較