クレジットカードのほとんどの国際ブランドが、海外(特にアメリカ)から発行されています。

そのためか、海外では日常的にクレジットカードが使われています。

ちょっとした買い物もクレジットカードで行われるので、日本人からするとあり得ない光景ですよね。

ですが、海外へ一歩踏み入れるとそれが当たり前。

なので、日本人もクレジットカードを作らなければ、いろいろと不便さを感じてしまいます。

この記事では、海外のクレジットカード事情に加え、海外で利用する際のおすすめのクレジットカードを紹介します。

これから、海外へ出張や旅行へ行く機会がある人はぜひ、参考にしてみてください。

海外の人は現金を持ち歩かない

日本では、まだまだクレジットカードを持つ人が少ないです。買い物をしていても、現金払いが当たり前ですからね。

ですが、一歩日本を出てみると利用状況は大きく異なります。

海外ではクレジットカードを所持するのが当たり前

反対に、現金で支払うことのほうが少なく、コンビニなどで数百円の品物を買う際にも、小銭を使わない人のほうが多いです。

なので、海外へ行く予定のある人は、今からでもクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

ないと、ガチで不便ですからね。

というか、現金払いをしようとすると露骨に嫌がられることも結構あります。ヨーロッパや中国などは、その傾向が顕著です。

ただ、チップを支払う必要もあるので、小銭は少し持っておくと便利です。

クレジットカードといえばアメリカ

海外の中でも、特にアメリカはクレジットカードが流通しています。

なぜなら、ほぼ全ての国際ブランドがアメリカで発行されているからです。

これらはすべて本社がアメリカにあります。

なので、アメリカではこれらのカードが当たり前のように使われています。

特にアメリカへ行く際は上記の国際ブランドのいずれは持っておきましょう。

日本発のブランドにJCBがありますが、これはあまりおすすめしません。

昔よりは増えているものの、まだ使えないお店も多いですので。

アメックスやダイナースを取得するのは難しいですが、VISAなどは審査が甘いカードもたくさん発行されています。

なので、余裕で作れると思いますよ。

アメリカにはクレジットスコアというものがある

アメリカには、クレヒスのほかにクレジットスコアと呼ばれるものが存在しています。

これは、クレヒスを数値化したようなものだと捉えてください。

なので、いい使い方をすればスコアリングの点数があがります。

反対に、悪い使い方をすればその分スコアリングの点数も下がってしまいます。

現在はアメリカで実施されている制度ではありますが、今後日本でも導入される可能性はあるようです。

ただ、アメリカではクレジットスコアで就職の採用基準も左右されるとか。

日本もそんな社会になったら嫌ですけどね笑

借金をしたほうがスコアリングが高くなるらしい

このスコアリングですが、アメリカでは借金をしたほうがいい評価がつけられるそうです。

  • 借金→滞納せずに返済

この繰り返しでスコアリングがどんどん高くなっていきます。

日本は反対ですよね。

キャッシングやローンなどがあると、審査に落とされることもありますから。

ただ、アメリカでは破産しそうな人も多いです。

現金と違い、すぐに引き落とされないからこそ、感覚がくるってしまうのかもしれませんね。

これから海外へ移住する予定のある人は気を付けておきましょう。

海外で利用する際におすすめのカード一覧

海外旅行へ行く人などは、海外で使い勝手のいいクレカを使う必要があります。

なので、できるだけ海外で利用したときの特典がいいカードを発行したいところです。

そこで、海外で利用したときに使いやすいカードをまとめました。

  • 学生専用ライフカード
  • 三井住友VISAカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブカード
  • ANA VISA一般カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

ほかにもたくさんありますが、ここでは上記の6つを紹介します。

では、順番に解説していきます。

学生専用ライフカード

ライフカードが発行している学生さん向けのクレジットカードです。

学生専用となっていますが、実際は卒業後も利用することは可能です。

ただし、利用できなくなる特典もあるので使い続けるのはあまりおすすめできませんが。

学生専用ライフカードの特徴・メリット

  • キャッシュバックが受けられる
  • 年会費が永久無料
  • 国際ブランドが豊富
  • 海外旅行傷害保険が付帯

一番は、やはりキャッシュバックですね。

海外旅行先で利用した金額の5%が、2か月後に振り込まれます。

これは、かなりうれしい特典ですよね。5%分得しますから。

また、最高2000万円の海外旅行傷害保険も付帯されているので、安心して旅行へ行けます。

1~2か月の短期留学程度なら、クレカの付帯保険でも特に問題はないかと。

なので、海外へ行く予定のある学生さんは作っておくと便利だと思いますよ。

学生さん向けの特典も豊富ですので。

学生専用ライフカードは年会費無料の海外がお得になる学生向きカード!
ライフカードから発行されているカードの中に、学生専用ライフカードがあります。名前の通り、18歳以上25歳未満の学生を対象に作られたクレジットカードです。年会費は...

三井住友VISAクラシックカード

三井住友銀行が発行しているクレジットカードです。

年会費は1,250円かかりますが、条件をクリアすれば次年度も年会費が無料になります。

初年度の年会費は無料なので、気を付ければ損をすることはありませんよ。

三井住友VISAクラシックカードの特徴・メリット

  • 初年度の年会費が無料
  • 最短3営業日発行可能
  • 海外旅行傷害保険が付帯
  • 写真入りのICカードが選べる

このカードにも最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。

ただし、事前に旅行の費用をクレカで支払うことが前提となっています。(利用付帯)

それだけではいまいちメリットは感じられませんが、このカードはICカードを入れることができます。

写真入りにすることができるので、たとえ落としたり盗難被害に遭ったりしても他人が利用することはできません。

これは、かなりうれしい特典ですよね。治安の悪い国で被害に遭うリスクを減らすことができますから。

最短3営業日で発行も可能なので、すぐに欲しい人にはぴったりなカードだと思いますよ。

三井住友VISAクラシックカードの魅力的な特徴とデメリット
三井住友といえば、信頼度が高くクレジットカードを保有する際、選ぶ人も多いでしょう。その三井住友が発行する「三井住友VISAクラシックカード」には、様々な特典があ...

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカンエキスプレス、通称アメックスから発行されている一般カードです。

一般カードではありますが、年会費が1万2千円ほどかかってしまいます。

ま、その分使い勝手もいいんですけどね。

日本国内でも使いたい人におすすめのカードです。

アメリカンエキスプレスカードの特徴・メリット

  • 空港ラウンジが利用できる
  • 旅行傷害保険が付帯
  • セキュリティ面が固い
  • 提携店でポイントがたまりやすくなる

アメリカンエキスプレスカードは、グリーン色をしているので、よくグリーンカードと呼ばれています。

一般カードでありながら、空港ラウンジ手荷物無料宅配サービスが利用可能です。

通常のカードで考えると、ゴールドカード以上でないと利用できないサービスです。

なので、ランクから考えるとかなりお得なんですよね。

また、カードのセキュリティ面や補償面もしっかりしているので、海外旅行へ行く際はほぼこのカードがあれば問題はないと思います。

年会費がかかってしまうことだけがネックですけど。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は付帯サービスが魅力!
さりげないステータスを演出することができるアメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックス・グリーンは、アメックス・カードの中では一般カードに分類されますが...

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

アメックスに次ぐ、ステータスが高いクレジットカードです。

その分ステータス面をアピールすることができますが、年会費が2万2千円かかります。

これはかなり高額ですよね。

なので、時々しか使わないという人にはおすすめできません。

ダイナースクラブカードの特徴・メリット

  • 24時間年中無休のコールセンターが利用可能
  • 国内外の空港ラウンジが利用できる
  • 最高1億円の旅行傷害保険が付帯
  • ポイントをANAマイルに交換することができる

このカードも一般カードですが、空港ラウンジや24時間年中無休のコールセンターが利用できます。

そして、最高1億円の旅行傷害保険が付帯されているなど、サポート面はかなり充実しています。

ほかにも

  • 海外緊急アシスタンスサービス
  • 海外トラベルデスク

このような特典が付帯されています。

なので、海外へ行く人にはとても使い勝手がいいかと。

とはいえ、年会費がかなりかかってしまうのがデメリットです。

そこそこステータスがあって、メインカードを探しているという人や、海外へよく行く人にはおすすめです。

ダイナースクラブカードは最高のステータスカード!メリット・デメリット審査まとめ
ダイナースクラブカードと言えば、世界初のクレジットカードでそのステータスの高さは有名です。ダイナースクラブカードの理念である「会員様への揺るぎない信頼が最も...

ANA VISA一般カード

航空機でおなじみのANAが発行しているカードです。

ANAマイルを貯めたい人や中国へ行く機会のある人におすすめのカードです。

ただし、年会費が2,160円かかってしまうので注意しましょう。

ANAVISA一般カードの特徴・メリット

  • 電子マネーが付帯されている
  • 旅行傷害保険が付帯されている
  • SKIPサービスが利用可能
  • 銀聯カードが追加できる

銀聯カードが追加できるというところが特徴的でしょう。

銀聯カードとは、中国で使われているカードです。

なので、中国へ行く際は銀聯カードがあれば便利ですよ。

また、電子マネーと一体型にできるところも魅力的ですね。

ただ、ボーナスマイルなどはあまり期待できないようです。

飛行機に乗る際にもらえたり、年に1回大きいポイントがもらえるといったサービスはないようですから。

ANA JCB一般カードは維持費が安くてANAマイルが貯まるカード
ANA JCB一般カードは、ANA VISA/Masterワイドカードなどと比べてカード維持費が断然安く保有しやすいクレジットカードとなっています。それでいて、マイルが貯まりやす...

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードとアメックスが提携して発行しているカードです。

このブルーカードは、海外へ旅行へ行く人にとって使い勝手がいいカードです。

年会費もアメックスに比べるとかなりリーズナブルなので、取得しやすいと思いますよ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴・メリット

  • 旅行傷害保険が付帯
  • 海外で利用するとポイントが2倍もらえる
  • 手荷物無料宅配サービスが利用可能
  • 海外用のWIFIやケータイがレンタルできる

最高3000万円の旅行傷害保険が付帯されており、海外でカードを使うとポイントが2倍もらえます。

また、手荷物の無料宅配サービスやスマホなどのレンタルサービスなどが充実しています。

なので、このカードがあれば海外での生活は快適に送れると思いますよ。

まあ、難点は本家アメックスに比べるとステータス面が劣ってしまうところでしょうか。

提携している分、少し価値が下がってしまうようです。

ステータスよりも利用しやすいカードを探している人は、そこまで気にする必要もないかもですけど。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを薦めるメリット・デメリット
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは、本家であるアメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)よりも、年会費が低価格で持ちやすいクレジットカードで...

海外旅行へ行くときだけにクレカを使う場合

しかし、中には海外旅行へ行く時だけクレジットカードを使うという人も多いはず。

海外旅行専用であるなら、いくつか気を付けなければいけない点もあります。

  • 年会費無料のカードを発行する
  • 旅行傷害保険が付帯されているカードを選ぶ
  • 24時間対応してくれるサポートデスクがあるカードを選ぶ

この3点ですね。

年会費無料のカードを発行する

年に数回しか旅行へいかないというのであれば、年会費無料のカードを発行するのがおすすめです。

ほぼ使わないのに、年会費だけがかかるのはもったいないですからね。

その分、カードランクが高かったり付帯特典がよかったりするとその分使い勝手もよくなりますが。

日本で一切使わないというのであれば、年会費を重視するのがいいかと思います。

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

旅行傷害保険が付帯されているカードを選ぶ

海外旅行へ行くのなら、旅行傷害保険が付帯されているカードを選びましょう。

大抵の場合、海外旅行傷害保険は自動付帯されていますので、むずかしい条件をクリアする必要もありません。

心配であれば、旅行傷害保険の種類が多いカードがおすすめです。

クレジットカードの旅行損害保険でおすすめのカードを徹底比較
海外旅行に行く時、多くの人が共にするクレジットカード。クレジットカードを持っていれば、会計もスムーズ、現地通貨での引出しなどにも便利で海外でこそ手放せません...

それと、利用するのがめんどくさいなら自動付帯の旅行傷害保険のカードもおすすめです。

自動付帯で旅行傷害保険付きのおすすめクレジットカードを徹底比較!
旅行傷害保険というものを知っていますか?旅行中に起きてしまったトラブルや事故、疾病に見舞われた際に支払ってもらえる補償制度のことです。無事に帰ってこれるのが...

24時間対応してくれるサポートデスクがあるカードを選ぶ

海外へ行ってしまうと、なにが起きるかわかりません。

日本のように治安がいいとは限りませんから、クレジットカードの盗難被害にあってしまう可能性もありますし。

そんなときに安心できるのがサポートデスクです。

24時間対応してくれるサポートデスクがあれば、日本の時刻が夜中でも対応してくれますからね。

ゴールドカード比較ランキング!目的別・人気のゴールドカードを徹底紹介!
昔はハードルが高かったゴールドカード。しかし、現在は以前より遥かにハードルが下がり、ゴールドカードを持つ人も増えてきました。すでに20代前半の方でも持っている...

ただ、この特典は一般カードにはなかなか付帯されていないので、結局は自衛するのが一番です。

貴重品は肌身離さず持つようにしましょう。

まとめ

海外では、日本と違ってほとんどの国がクレジットカードを日常的に利用しています。

ちょっとした買い物もクレカで行っているわけなので、海外へ行く予定がある人は必ず作っておきましょう。

でないと、いやそうな顔をされますから。

また、持っていて当たり前だと思われるので、持っていないと不具合が生じると思います。

自分の使い勝手のいいカードを選びましょう。