法人カードの有効期限まとめ。確認する方法と切れてしまった場合の対処法

クレジットカードは法人契約・個人契約に関係なく、必ず有効期限が設定されています。

有効期限が切れたカードは使うことができませんが、新しいカードは何もせずに送られてくることが基本です。

しかし、何かしらの理由で新しいカードが送られてこない場合があります

カードが送られてこない場合は、いくつかの対処法を行って原因を探らなければいけません。

ここでは、法人カードの有効期限について解説し、新しいカードが送られてこない原因と対処法を紹介します。

法人に限らず、クレジットカードの有効期限にまつわる知識を身に付けたい人は参考にしてくださいね。

法人カードの有効期限は無期限ではない

個人用のクレジットカードには有効期限があるように、法人カードにも有効期限が設けられています。

クレジットカードに有効期限があることに疑問を感じている人は多いのではないでしょうか?

クレジットカードに有効期限がある理由は、以下の3つです。

  • カードの劣化対策
  • カードの性能を向上させる
  • 再度審査を行う

クレジットカードは消耗品なので、長く使い続けると劣化による故障で使えなくなることがあります。

また、クレジットカードは定期的にマイナーチェンジがなされているので、機能が向上したカードを提供したいという会社側の意図も含まれています。

上記の3項目の中で最も重要視されている理由は、再度審査を行うことです。

クレジットカードを発行してから有効期限である5年が経つと、利用者の金銭状況が大きく変わっている可能性は否定できません。

なので、クレジットカードを継続利用できるかを判断するために再度審査が行われるわけです。(クレジットカードを契約している途中に行われる審査のことを「与信審査」と呼びます)

後ほど詳しく説明しますが、再審査をクリアすれば有効期限が切れる直前に新しいクレジットカードが送られてきます。

法人カードの有効期限はいつまで?各法人カードで別々

クレジットカード会社の公式サイトでは有効期限について言及されていませんが、発行されてから5年間が一般的で、これは法人カードでも当てはまります。

中には初回の有効期限を1年にして、利用者の支払い状況に問題がないかを確認して翌年から有効期限を5年にするクレジットカードも存在します。

ただ、クレジットカードは法人と個人のどちらも公式サイトでは有効期限について言及がされていないので、発行されるまで期限がわからないのが実情です。

法人カードの有効期限が切れてしまった場合の対処法

クレジットカードは法人に限らず、有効期限が切れる2ヶ月前から当月に契約が自動更新されて新しいカードが送られてくることが基本です。

何もしなくても有効期限が近づけば、新しいクレジットカードが手もとに届くわけですね。

では、新しいクレジットカードが送られてこず、手もとには有効期限が切れたカードしかないのは何故でしょうか?

その理由は先ほど説明した「再審査」をクリアできなかったことが考えられます。

提供会社側が再審査でクレジットカードの利用にそぐわないと判断した場合、新しいカードは発行されず契約は自動的に終了となります。

ただ、発行手続きに時間が掛かっていることも考えられるので、有効期限が切れて新しいカードが発行されなかったとしても契約している会社側に問い合わせてみたほうがいいでしょう。

再審査をクリアできずに契約終了になっていた場合は、審査が通りやすいクレジットカードを新しく契約するしかありません。

しかし、他社のカードやローンの借り入れが多額になっていることや、滞納を繰り返した履歴があることで再審査を落とされた場合は、別のカードを申込んでも審査が通らない恐れがあります。

法人カードの有効期限を確認する方法

法人用クレジットカードの有効期限を確認する方法は、個人用とほとんど変わりません。

クレジットカードには番号と法人(もしくは個人事業主)の名前がエンボス式で記載されています。

有効期限を確認をするときは、クレジットカード番号と名前の間に記載されている数字を見ます。

上記の写真で赤く囲っているところが有効期限で、「有効期限の月/有効期限の年」となっています。

上記のカードでは、2018年の7月が有効期限になっているということになります。

なお、有効期限が切れるタイミングは、カードに記載されている月の末日です。

上記の番号は従業員カードにも記載されているので、会社からクレジットカードを支給されている人は1度確認してみましょう。

古い法人カードはどうすればいい?

契約が自動的に更新されて新しいクレジットカードが発行されても、大事な情報となる番号は変わりません。

なので、期限が切れた法人カードを捨てるときは、無闇にそのまま捨ててしまうと何者かにカード情報を盗まれて不正利用をされる恐れがあります。

不正利用の被害に遭わないためには、カードをできるだけ細かく切って処分しましょう。

最も手っ取り早いのは、シュレッダーにかけることです。

カードをシュレッダーにかければ木っ端みじんになるので、重要な情報なる番号は全く確認できなくなります。

シュレッダーを持っていない人は、ハサミで出来る限り細かく切り分けて、何回かに分けてゴミ出しで処分しましょう。

まとめ

法人用のクレジットカードには必ず有効期限があり、発行してから5年後になれば自動的に新しいカードが送られてくることが一般的です。

ただ、有効期限が切れるタイミングでは再審査が行われるので、他社のカードやローンでの借り入れが高額になっていたり、滞納履歴が残っていると契約が終了されることがあります。

新しいカードが送られてこないときは再審査をクリアできていない可能性があるので、契約しているカード会社に問い合わせてみましょう。

または、この機会に別の法人カードを検討するというのも1つの手段です。

法人カードおすすめランキング!事業主向けのビジネスカードを比較!
事業用の経費などの支払いに便利なクレジットカードとしてオススメなのが個人事業主・法人向けのビジネスカード。 個人用のカードと事業用のカードでわけて使った方が何かと経費管理も楽になります。 ごちゃごちゃにしているとあとで、決算の時にか...