JRE CARDの審査基準。ビューカードと比較してわかったメリット・デメリット

 JRE CARDの審査基準。ビューカードと比較してわかったメリット・デメリット

2018年7月、ビューカードが発行する新たなクレジットカードであるJRE CARDの発行が開始されました。

JRE CARD優待店でお買い物をすると、なんとポイントが3.5%も付くという破格の機能を持ったJRE CARDですが、その条件や、他にはどんなお得なことがあるのか、気になりませんか?

この記事では

JRE CARDについてよく知らない方

JRE CARDの作ろうとお考えの方

にJRE CARDの特徴や発行するメリット・デメリットなどを紹介しております。

目次

JRE CARDの年会費や家族カード

JRE CARDはJR東日本が発行しているクレジットカード。

JR東日本が発行しているので東日本の駅や駅ビルなどに強く、例えばアトレなどのJRE CARD加盟店では最大で3.5%のポイントが貯まるなど、普段からJR東日本をよく利用している方にはお得なクレジットカードです。

JRE CARDでは、発行する種類があり

  • Suica・定期券なし
  • Suica付き
  • Suica定期券付き

この3つで国際ブランドや付帯している機能が変わります。

それぞれに国際ブランドと付帯機能はこちらです。

 Suica・定期券なしSuica付きSuica定期券付き
国際ブランドVisaVisa、MasterCard、JCBVisa
付帯機能オートチャージ、JRE POINTオートチャージ、JRE POINT、Suicaオートチャージ、JRE POINT、Suica、定期券

年会費は初年度無料

JRE CARDは、発行した初年度は無料で利用することが可能。

2年目以降は年会費が発生しますが、477円(税抜)というとても手頃な価格で利用することができ、他のSuica付きクレジットカード(後ほど紹介します)と比較しても安い値段で利用することができます。

なので、もし1年間利用してみて477円分のポイントを貯めれないようなら解約しても問題ありませんよ。

家族カードは作れないけど、ETCカードは作れる

JRE CARDでは家族会員用のカードを発行できません。

もし、家族カードも同時に考えるなら他のクレジットカードを検討しましょう。

年会費が無料でポイントの還元率が高いクレジットカードはたくさんありますからね。

【最強】年会費無料のおすすめクレジットカード徹底比較!高還元率も有り
この記事では、ポイント還元率が高くてお得な年会費無料のクレジットカードや付帯保険が充実しているクレカなど目的別で年会費無料のクレジットカードを比較して紹介しております。

ETCカードに関しては、本カード1枚につき1枚を発行することができます。

ただし、ETCカードにもJRE CARDとは別で年会費が477円(税抜)掛かるので、こちらも年会費無料がいいならETCカードが年会費無料のカードをサブカードとして作るのもありかと。

おすすめのETCカードを比較。クレジットカードから発行するべき理由。
ETCカードを使っていますか? 車載器に差し込むことで利用できるカードのことで、高速道路が少しお得な料金で利用できることで知られています。 いちいち検問所でお金を支払う必要もないので、ノンストップで走れるというメリットもあります。 ...

通常のポイント還元率は0.5%

JRE CARDのポイント還元率は通常では1,000円で5ポイント貯まるので還元率は0.5%とあまり高くはありません。

しかし、

  • JRE CARD優待店でカード決済
  • JRE CARD加盟店でカード提示
  • Suicaへのオートチャージ

これらを利用することで還元率が最大で3.5%まであがります。

それぞれの店やチャージで貯めるポイント還元率はこちらです。

 JRE CARD優待店JRE CARD加盟店Suicaへのオートチャージ
還元率3.5%1.0%1.5%

特にSuicaへのオートチャージで1.5%分貯まるのは電車を利用する方にとってはとても魅力的でしょう。

国内外の旅行傷害保険が付帯している

JRE CARDでは、国内外どちらにも旅行傷害保険が付帯しています。

死亡保障なら

  • 国内旅行⇒最高1,000万円まで
  • 海外旅行⇒最高500万円まで

適用になるので、旅行に行った際も安心です。

国内旅行は利用付帯で何かしらの旅の費用をJRE CARDで決済しないと適用になりませんが、海外旅行に関しては自動付帯なので持っているだけで適用になります

年会費が低いクレジットカードで、旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードもありますが、自動付帯で保険が付帯しているのはクレジットカードほとんどありません。

自動付帯で旅行傷害保険付きのおすすめクレジットカードを徹底比較!
旅行傷害保険というものを知っていますか? 旅行中に起きてしまったトラブルや事故、疾病に見舞われた際に支払ってもらえる補償制度のことです。 無事に帰ってこれるのが一番ですが、特に海外ではなにが起こるかわからないので旅行傷害保険があるに...

なので、頻繁に海外などに旅行に行く方はこの付帯保険のためだけでもJRE CARDを持つ意味はあると思いますよ。

支払い方法や利用限度額について

JRE CARDの支払い方法は

  • 1回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス併用払い(JR東日本のびゅうプラザのみ)
  • 分割払い
  • リボルビング払い

上記の5つです。

大きな買い物などは分割やボーナス払いを上手に利用しましょう。

リボ払いは当サイトではおすすめしておりません。

しっかりと計算して返済できる方なら問題はありませんが、結局手数料がかかりますし、お得ではないですから。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。 リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることができて、人によっては便利な支払いです。 でも、本当に便利なだけ? 金利はどうな...

支払い日は月末締め、翌々月4日払いで利用限度額は最大で80万円。

最大なので10万円からスタートする場合ももちろんあります。

クレジットカードは信用が大切ですから、10万からでも遅延などがなければ徐々に利用限度額は上がっていくので安心してください。

ただ、いずれ80万円以上クレジットカードで支払いを考えているならゴールドカードなどを検討しましょう。

ゴールドカード比較ランキング!目的別・人気のゴールドカードを徹底紹介!
昔はハードルが高かったゴールドカード。 しかし、現在は以前より遥かにハードルが下がり、ゴールドカードを持つ人も増えてきました。 すでに20代前半の方でも持っている人がいるくらい、ゴールドカードは身近なものになりつつあります。 そん...

JRE CARDの基本情報

JRE CARDSuica・定期券なしSuica付・定期券なしSuica・定期券あり
国際ブランドVISAVISA, JCB, mastercardVISA
年会費初年度無料
2年目以降477円(税抜)
入会条件日本国内に住んでいて、電話連絡のとれる満18歳以上(未成年の方は親権者の同意が必要)ただし、高校生は申し込み不可
旅行傷害保険(国内)最高1,000万円
旅行傷害保険(国外)最高500万円(自動付帯)
家族カード不可
ETCカード1枚発行可能(年会費477円(税抜)が別途必要)
利用限度額10〜80万円の間で発行会社が決定
支払日月末締め、翌々月4日払い

JRE CARD優待店ならポイント還元率が驚異の3.5%!JRE CARDを持つべき3つのメリット

さまざまな使い方ができるJRE POINTですが、JRE CARDを持つことによって下記のようなメリットがあります。

JRE CARD優待店で買い物するとポイント3.5%!

JR東日本通るアトレやペリエなどの駅ビルで、JRE CARDのクレジット決済でお買い物をすると、なんと100円(税抜)につき3ポイントのJRE POINTを獲得することができるのです。

さらにJRE CARDを利用した翌月中旬には、1,000円(税抜)につき5ポイントを獲得することができるため、合計でなんとポイント還元率3.5%。

普通のカードならせいぜい還元率1%かそれ以下ということも多いのですが、JRE CARDでは利用する場所によっては3.5%にもなるのでお得にポイントを貯めることができます。

JRE CARD優待店は2018年7月時点で首都圏を含む東日本地域に73ヶ所あり、順次拡大する予定ですので今後ますますJRE CARDは便利に、そしてお得になっていきます。

かなりポイント還元率が高いカードですので、1ヶ月で2,000ポイント以上貯めるのも難しくないんです。

実際に貯めている方もいますからね。

このように、JRE CARDは駅ビルを利用することが多い方にとってはガッツリポイントを貯めることができるクレジットカードです。

Suicaへのチャージや定期券購入でポイント1.5%!

 

通勤や通学にSuicaを利用しているという方は多いと思いますが、せっかくSuicaを使うのであればJRE CARDを使わないと損。

その理由はJRE CARDのクレジット決済で定期券を買ったり、Suicaにチャージしたりするたびに1,000円(税抜)ごとに15ポイント分のJRE POINTを獲得することができるからです。

また、JRE CARDにはSuicaへのオートチャージ機能も搭載されており、チャージ残高が少なくなると自動的にクレジット決済によってSuicaをチャージしてくれます。

ですので残高不足で改札で止められて慌ててチャージをしに行く…ということも無くなります。

オートチャージで快適に電車が利用できるだけでなく、自然とJRE POINTも貯まっていくので、JRE CARDは駅ビルを普段利用しないという方もSuicaを利用してるなら持っておくと便利はクレジットカードですよ。

ビューカード会員限定の優待サービスもある

他にもJRE CARDにはビューカード会員を対象とした限定の割引サービスがあります。

例えばアトレ・アトレヴィで1年につき合計で5万円(税抜)分のクレジット決済を行うと、JRE POINTが500ポイント貰うことができたり、シネプレックス水戸では映画鑑賞がいつでも1,500円で楽しむことができたりします。

もちろんこれ以外にも様々なお店で会員限定のサービスが用意されているので、気になる方は公式サイトを常にチェックしてみてくださいね。

JRE CARDで貯まるJRE POINTでできること

さて、JRE CARDの注目ポイントとして見逃せないのがJRE POINTについてです。

JRE POINTとは、JRE CARDをはじめとするJR東日本が提供するクレジットカードを利用することで貯めたり使ったりすることができるポイントのことです。

JRE POINT加盟店で1ポイント=1円で使える

JRE POINTはアトレやペリエなどの駅ビルにあるお店で1ポイントを1円としてその場で使うことができます。

JRE  POINT加盟店である駅ビル内すべての飲食店やアパレル店が対象となっていますので、自分のお気に入りのお店でポイントが使えちゃうのは嬉しいですよね。

ポイントでSuicaにチャージできる

JRE CARDは、カード自体にSuica機能を搭載することができることも魅力の一つですが、貯めたポイントを1ポイント=1円としてSuicaにチャージすることもできます。

通常ならJRE POINT加盟店でしかポイントを消費することはできませんが、Suicaにチャージすることで、電子マネー決済を導入したお店であれば駅ビル以外でもJRE POINTが使えるので、使えるポイントの幅がグッと広がります。

コンビニなどではほとんどSuicaは使えますから、ポイントをせっかく貯めたなのに消費できないという心配もないですよ。

更に詳しいJRE POINTについてはこちらで解説しております。

JRE POINTの仕組みを徹底解説。効率よくポイントを貯める方法
この記事ではJRE POINTの仕組みからお得な貯め方、使い方まで詳しく解説しております。JRE POINTに興味を持ちながらも、分からないことが多く、なかなか利用出来ずにいる人の参考になれば嬉しいです。

ポイントの有効期限は自動延長される

クレジットカードを利用することで貯められるポイントの多くは有効期限があります。

JRE POINTも例外にもれず、有効期限があるのですが、JRE POINTは貯めたり使ったりするたびに、2年後まで自動的に延長される仕組みです。

まずは下記の図を見てみてください。

2018年7月15日に獲得したポイントは、そのままにしておくと2年後の2020年7月が有効期限となってしまいます。

しかし、2018年8月20日に新たにポイントを獲得・使用することで2020年8月が新たな有効期限として延長されます。

このようにJRE CARDを日常的に使うことで永久的にポイントを持ち続けられるので、有効期限を気にして慌てて使う必要はありません

ただし、期間限定ポイントだけは有効期限の自動延長ルールが適用されませんので注意しましょう。

【10月31日まで】JRE CARDではキャンペーンも実施中

さまざまなお得なサービスや便利な機能を併せ持つJRE CARDですが、キャンペーンを利用することでさらにお得に活用することができちゃいます!

※キャンペーンは2018年10月31日までに申し込みをした方が対象です。

新規入会で2,000ポイント

キャンペーン期間中にJRE CARDに申し込み、カードを発行するともれなく2,000ポイント分のJRE POINTを貰うことができます。

2,000ポイントなので、年会費で換算すれば約5年分の元が取れちゃうわけです。

入会するだけで獲得できるとても簡単でお得なキャンペーンですので、発行するなら早めに発行しましょう。

オートチャージ3,000円分の利用で500ポイント

キャンペーン期間に新規で入会した後に、利用期限(2018年12月31日)までにオートチャージを合計3,000円以上利用することでJRE POINTを500ポイント獲得することができます。

電車やバスを利用する方はすぐに達成できるでしょう。

なお、Suica機能つきではないJRE CARDを発行した場合は、リンク設定が必要ですのでご注意を。

リンクとはお手持ちのSuicaと、ビューカード(JRE CARD)を結びつけること。

JRE CARD優待店にて合計5,000円(税込)以上の利用で1,000ポイント

キャンペーン期間中にJRE CARD優待店で、クレジット払いにて5,000円(税込)以上の買い物するとJRE POINTを1,000ポイント貰うことができます。

こちらはクレジット払いが対象ですので、オートチャージ機能でチャージしたSuicaでの支払いは対象外です。

合計5万円(税込)以上の利用で2,500ポイント

キャンペーン期間中に新規で入会し、上で紹介したようなオートチャージやJRE CARD優待店での利用を含めた5万円(税込)以上のクレジット払いを利用することでJRE POINTをさらに2,500ポイント獲得することができます。

全て達成で6,000円分のJRE POINTを獲得できる!

これら全てのキャンペーンを達成することで、合計で6,000ポイントものJRE POINTを獲得することができます。

先ほど紹介したように、JRE POINTはJRE POINT加盟店で1ポイント=1円として利用することができきますし、SuicaにチャージすればSuicaがある店舗でも利用することが可能です。

新規入会して条件を満たすだけで6,000円相当ものポイントを獲得する事ができるキャンペーンは中々ありませんから。

キャンペーンは10月31日までに入会申し込みをした方が対象なので、よくJR東日本などを利用するならこの機会に入会を検討してみてはいかがでしょうか?

JREカードの審査基準は厳しい?

いざ、JRE CARDを作るといっても気になるのが「審査が厳しいかどうか」ではないでしょうか?

気になる審査基準や、学生・主婦の場合は申請ができるのかどうか調べてみましたので、当てはまる方は参考にしてください。

JRE CARDの入会条件

JRE CARDの入会条件を公式サイトで確認すると、

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。

(未成年の方は親権者の同意が必要です。)

ただし、高校生の方はお申込みいただけません。

と記載されていることが確認できます。

審査が厳しいクレジットカードでは、「安定した収入がある方」という表記があるクレジットカードもありますが、JRE CARDではその表記がないので、比較的誰でも作ることができる敷居の低いカードだということがわかります。

学生は発行できる?

クレジットカードは申込者の収入などの情報からクレジットカードによる支払い能力の有無などを審査されて、入会できるかどうかが判断されます。

クレジットカードの審査落ちの原因。大事な3つのポイント!
クレジットカードを持とうと思った時、やはり気になるのが審査ですよね。申込書に必要事項を記入して、その情報をもとにクレジットカード会社は、審査してこの人にカードを発行すべきかどうか決めていくでわけです。では、そんな審査はどんな流れでおこなわれ...

しかし、学生の場合は一定の収入を持たない方が多いので、親の収入などの情報も審査の参考になることがあります。

もし申し込む学生の方がアルバイトやパートなどをしている場合は、その収入も申し込みの際に記入すると良いでしょう。

また、JRE CARDの入会条件の一つとして「高校生は不可」という条件があります。

残念ながら18歳を超えていても高校に在学している方はJRE CARDを作ることはできませんが、満18歳以上の大学生であれば入会条件を満たしているはずなので、申請することができます。

大学に通われている方の中には、通学に電車やバスを使うという方も多いでしょうから、オートチャージ機能付きのSuicaを併せ持ったJRE CARDがあればとても便利ですよね。

主婦(主夫)は発行できる?

専業主婦(主夫)の方でも、JRE CARDに入会することが可能です。

JRE CARDは家族カードの仕組みがありませんので、配偶者や親が会員だったとしても、JRE CARDを持つためには新規で申し込む必要があります。

JRE CARDは先ほど記載した条件さえ満たせていれば入会の申し込みはできますので、主婦(主夫)の方でも申込みをすることはできますよ

ただし、過去に借金やカードの遅延などがあった場合は他の方よりも審査が厳しくなる恐れはあります。

やはり働いていないというのは少しデメリットになる部分なので、申込みをする際は過去に何もないかと確認してからの方がいいかもしれません。

短期間に何種ものクレジットカードを申請すると落ちる可能性がある

半年程度の短期間に、JRE CARDだけでなく他にも多くのクレジットカードを申請していた場合、審査が通らない可能性があります。

というのも、クレジットカードの多くは会員を増やすために入会キャンペーンなどと銘打って、新規で入会した会員にポイントを与えるサービスを行っています。

クレジットカードを申請する人の中には、このようなキャンペーンを狙って申請をする人もいます。

ですので、あまりにも短期間で申し込みを複数回行なっているとこのポイント目当てに申し込みをしている、とみなされて審査に落ちてしまう可能性があるので注意しましょう

公式で具体的な審査基準が発表されているわけではありませんので、心当たりのある方は参考まで。

他のSuica付きクレジットカードと比較してみた

さまざまな点でお得に利用できるJRE CARDですが、Suica付きのクレジットカードはJRE CARD以外にもたくさんあります。

ここでは、ビューカード公式サイトでおすすめとして上がる「ビックカメラSuicaカード」と「ルミネカード」とを比較してみましたのでご覧ください。

カード種別JRE CARDビックカメラSuicaカードルミネカード
年会費(税抜)初年度無料
2年目以降477円
初年度無料
2年目以降477円*
初年度無料
2年目以降953円
Suicaオートチャージ機能
定期券機能○(入会時に選択)×
通常の還元率0.5%0.5%0.5%
JRE POINT加盟店1.0%1.0%1.0%
Suicaへクレジットチャージした時のJRE POINT還元率1.5%1.5%1.5%
JRE CARD優待店でのJRE POINT還元率3.5%0.5%0.5%
ルミネ・NEWoManでの割引0%0%5%

※2年目以降も、前年1年間でのクレジット利用が(株)ビューカードにて確認できた場合は無料

カードによって特典が違うので、どれを使えばいいのか悩みますね。

以下で重視するポイント別におすすめのカードを紹介していますので、当てはまる方はチェックしてみてください。

ポイント還元率重視ならJRE CARDがおすすめ

JRE CARDの強みは、何と言ってもその高いポイント還元率です。

この記事を読んでいる方の中で、JR東日本の駅ビルをよく利用していて、だけどJRE CARDを持っていない、という方はJRE CARDにしましょう。

他の色々なクレジットカードを見ても、JRE CARD優待店のみとはいえポイント還元率が3.5%もあるクレジットカードはなかなかありません。

JR東日本の駅ビルでよくお買い物をするという方にはJRE CARDを強くおすすめします。

ルミネをよく使う人にはルミネカードがおすすめ

ルミネカードもJRE CARDと同様にSuicaが付いているのですが、ルミネカードはその名の通りルミネをよく利用する人におすすめのクレジットカード。

ルミネカードを使うことでルミネやNEWoManでのお買い物がいつでも5%オフになる特典や、ルミネのネット通販であるアイルミネでも、常に5%オフでショッピングが楽しめます。

ルミネで割引が常に利用できるだけでなく、Suicaのオートチャージ機能で快適に電車が利用できるようになるので便利ですね。

JR東日本の駅ビルよりもルミネの利用頻度が高い方にはルミネカードをおすすめします。

JRE CARDのデメリットは年会費

JRE CARDは初年度の年会費は無料で利用することができますが、2年目以降は毎年477円(税抜)ずつ掛かってしまいます。

クレジットカードの年会費としてはかなり安いですが、年会費がかからないカードを持ちたい、という方にはビックカメラSuicaカードがおすすめ。

ビックカメラSuicaカードも、JRE CARDと同様に2年目以降に年会費が発生しますが、年に1回でもクレジット決済を利用していれば、その翌年の年会費が無料。

これにはSuicaのオートチャージによるクレジット決済も含まれますので、ほとんどの方が無理なく達成できる条件ではないでしょうか?

もし、JRE CARDで獲得できるポイントで年会費を賄おうとする場合、消費税8%の場合だとJRE CARDの年会費は税込で515円なので、JRE POINTも515ポイント貯める必要があります。

JRE CARD優待店でお買い物をする場合は3.5%還元なので、14,715円分の買い物は必要です。

普段からアトレなどで買い物をしている方ならクリアできない金額ではないですが、ビックカメラSuicaカードなら数円使っただけでも年会費が無料になります。

それにJRE POINTは1,000円で5ポイントなので、実際にJRE CARDで年会費分をJRE POINTでカバーするためには15,000円以上をJRE CARD優待店でお買い物する必要があります。

このツイートのようにそこまで1年でJRE CARDを使わない、という方はビックカメラSuicaカードを検討してみても良いですね。

年会費を掛けたくない、だけど少しでも手軽にSuicaを使いたい!という方には、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ただし、ビックカメラSuicaカードには定期券機能が付いていませんので、Suicaの定期券を持ちたい場合は注意しましょう。

定期券付きなら今回紹介しているJRE CARDがおすすめです。

まとめ

アトレなどのJRE CARD優待店では高いポイント還元率。

また、Suicaへポイントを交換できるので使い勝手も悪くありません。

JR東日本をよく使う方、駅ビルでよくお買い物をするという方は1度JRE CARDの入会を検討されてみてはいかがでしょうか?

今ならキャンペーン中でお得に作ることができますから。