ソラシドエアカード(SolaseedAir)持つメリット。審査やポイント制度について

飛行機といえばJALやANAが有名ですが、それ以外もスカイマークやエア・ドゥと行った新規で参入している航空会社あります。

ソラシドエアもその1つで九州に本社があり九州をメインに路線を結ぶ航空会社です。

そんなソラシドエアから発行されているのが「ソラシドエアカード(SolaseedAirカード)。」

ソラシドエアが発行するソラシドエアカードは、マイルが貯まるだけでなく、特別な割引運賃で飛行機を利用できたり、他にもお得な特典がたくさんあるのです。

この記事ではそんなソラシドエアカードの年会費や家族カード、審査の基準など基本的な情報はもちろん、使用するメリットや同じ航空会社のANAやJALから発行されているクレジットカードの比較もしてます。

ソラシドエアをよく活用する方は参考にしてみてください。

ソラシドエアカードの年会費・家族カード・審査基準は?基本情報のまとめ

まず初めにソラシドエアカードの基本情報について表にまとめました。

年会費や家族カード、審査の基準など多くの方が気になっているであろう情報は表のあとで詳しく説明します。

基本情報ソラシドエアカード
提携ブランドVISA
年会費(税抜)1,250円(初年度無料)
家族カード(家族会員)の年会費(税抜)400円(初年度無料)
審査基準(入会資格)高校生を除いた満18歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
海外旅行傷害保険(利用付帯)最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高1,000万円
ショッピング補償*年間100万円まで
利用可能額総利用枠10〜80万円
カード利用枠(カードショッピング)10〜80万円
リボ払い・分割払い利用枠0〜80万円
キャッシング利用枠0〜50万円
支払い日15日締め翌月10日払い
ポイントサービス(1,000円(税込)利用ごと)ワールドプレゼント1ポイント

※国内では3回以上の分割払い、またはリボ払いのみ適用、海外では1回払いでも適用

年会費は初年度無料

ソラシドエアカードの年会費は、通常ですと1,250円(税抜)掛かるのですが、会員になってから最初の1年は無料で利用することができるんです。

2年目以降は年会費が発生してしまいますが、ANAカードやJALカードと比べると半分程度の料金ですのでかなり良心的な設定になっています。

ANAやJALのカードとの比較は後ほど紹介します。

家族会員も初年度無料!

クレジットカードを考える際に年会費と同じくらい気になるのが家族カードですよね。

ソラシドエアカードの家族会員は、本会員と同様に初年度無料で発行することができます!

また2年目以降の料金は400円(税抜)とかなりの安さ。

これもまたANAカードやJALカードよりも安いので家族カードを作るのも負担になりません。

審査条件は満18歳以上なら入会可能で審査はそこまで厳しくない

ソラシドエアカードは(株)ソラシドエアと三井住友カード(株)が提携し発行されているカードで、発行元は三井住友カード(株)です。

ソラシドエアカードの入会条件は高校生以外の満18歳以上であれば誰でも申込みをすることが可能。

※未成年は親権者の同意が必要

ということは、審査自体もそこまでは厳しくないといえるでしょう。

ただし、以前に大きな借り入れがあったりクレジットカードの利用を停止になった経歴がある方などは審査が通らない恐れがあります。

普通に働いている方であればほとんど大丈夫だと思いますが。

また、入会してから審査が通るまで時間がかかったという方もいました。

なので、すぐにクレジットカードが必要だ!という方は他の即日発行してくれるクレジットカードを選んだ方がいいかもしれません。

即日発行できるおすすめクレジットカードを比較!スピード発行できるカードも紹介!
クレジットカードは、誰でも持てるわけではありません。 カード会社の基準をクリアした人のみが、使うことができるのです。 しかし、カードの審査から発行まで1ヶ月もかかってしまうのは待ちくたびれる!という人も多いのではないでしょうか。 ...

そして余裕を持ってサブカードとしてソラシドエアカードを持つのがおすすめです。

ソラシドエアカードを持つべき大きなメリット4つ!

ソラシドエアカード会員になるとさまざまな特典や割引を受けることができます。

会員限定の割引価格で飛行機を利用できる他、普段の買い物や旅先でもお得なポイントがいっぱいありますよ!

「ソラシドカード割・ソラシドカード割EX」でお得に飛行機を利用できる

ソラシドエアカードに入会すると、カード会員専用の特別運賃「ソラシドカード割」と「ソラシドカード割EX」を利用して航空券を購入することができます。

ソラシドカード割とは?

ソラシドカード割はソラシドカード会員だけが利用できる特別運賃のことで、ソラシドエアのホームページから予約することができます。

予約は搭乗日の10日前から可能で、予約後の変更はたとえ搭乗予定便より前の便に空席があったとしても不可ですのでご注意ください。

ソラシドカード割EXとは?

対してソラシドカード割EXは、ソラシドカード割と同様にソラシドカード会員だけが利用できる特別運賃ですが、予約後の変更やキャンセルがソラシドエアホームページ上でのみ可能です。

それに予約自体も搭乗する当日まで予約可能できますよ。

ソラシドカード割は通常運賃と比較するとかなり安くなるため、ソラシドエアカード会員になったあかつきには是非利用してほしい特典ですが、場合によってはソラシドカード割EXの方が良いこともあります。

例として、2018年10月29日の東京(羽田)ー鹿児島の航空券を2週間前の2018年10月15日に予約する場合の運賃とその他の情報を比較しましたのでご覧ください。

 大人普通運賃ソラシドカード割ソラシドカード割EX
運賃37,790円12,790円33,290円
予約受付期間搭乗当日まで可能搭乗日の10日前まで可能搭乗当日まで可能
予約変更可能不可

可能(ソラシドエアホームページ上でのみ) 

キャンセル

無料(出発までに申し出があった場合)申し出がなかった場合は6,000円。

出発60日前まで無料。59日前以降は運賃の50%相当額。

無料(出発までに申し出があった場合)申し出がなかった場合は6,000円。(沖縄-石垣線以外)

ご覧の通り大人普通運賃に比べてソラシドカード割、ソラシドカード割EX共に安いのがわかりますよね。

特にソラシドカード割は大人普通運賃より25,000円も安く利用することができます。

ただソラシドカード割は予約変更ができなかったり、キャンセル料が発生しやすいというデメリットもあるため、予定がハッキリ決まっていない場合はあまりおすすめできません。

そういう時はソラシドカード割EXを選んで購入すれば、もしも予定が変更してしまっても搭乗便を変えることができますし、出発前にソラシドエアにキャンセルの連絡さえすれば無料で取り消すことができます。

ソラシドカード割EXはソラシドカード割ほど安くはありませんが、それでも普通大人運賃より安く利用できるので、こちらも選択肢の1つとして考えると良いでしょう。

どちらにせよソラシドカード会員になるだけでお得に飛行機を利用できちゃうのは嬉しいですよね!

普段の買い物でもマイルが貯まる

飛行機の利用だけでもお得なソラシドエアカードですが、空だけでなく陸でもお得なサービスを提供しています。

それが普段のお買い物をソラシドエアカードで支払うことで、税込み1,000円ごとにワールドプレゼントポイントを1ポイント獲得できるポイントサービスです。

ワールドプレゼントポイントとは、ソラシドエアカードを(株)ソラシドエアと共同で発行する三井住友カード(株)のポイントサービスで、

貯まったポイントに応じてさまざまな商品に交換できるほか、ソラシドエアのマイルに1ワールドプレゼントポイント=10マイルで交換することができます。

よってソラシドエアカードを使うことで、税込み1,000円ごとに10マイルが手に入るので、普段のお買い物で実質1%分のマイルをゲットすることができるんです。

ただし、ソラシドエアスマイルクラブに入会することが条件

ソラシドエアカードなら、普段の買い物で貯まったポイントで旅行に行くこともできるようになるので飛行機よく活用する方はガンガンマイルを貯めてください!

入会や契約の継続だけでもマイルが貰える

ソラシドエアカードでは入会したときにもれなく1,000マイルを貰うことができます。

また、ソラシドエアカード会員を毎年継続する度に500マイルを貰うことができるボーナスマイルも。

2年目以降から年会費が発生するソラシドエアカードですが、同時に毎年500マイルも貰えるので実質は1,000円以下で持つことができますよ!

それにマイルの価値って1円~2円ほどありますから。それを考えれば毎年ただマイルが貰えるのはお得な特典ですよね。

カード会員限定の特典や特別優待がある

ソラシドエアカードには他にもカード会員限定の特典や特別優待があります。

特におすすめなのが下記の3つの特典や特別優待です。

ソラシドエアの機内販売が10%オフ

ソラシドエアは機内販売が充実していることも有名ですが、それらの機内販売でソラシドエアカードを使うと、全ての商品を10%オフで購入することができます。

たとえば機内サービスで飲むことができる「ソラシド ソラスープ(アゴユズスープ)」は通常1,000円(税込)で販売されていますが、ソラシドエアカードを利用すると10%引きの900円(税込)で購入することができます。

ソラシドエアカードで充実した機内販売を利用してみてはいかがでしょうか。

空港での割引優待でお得に買い物できる

那覇空港と鹿児島空港の対象店舗で、ソラシドカード会員限定の特別な優待サービスを受けることができます。

対象店舗でソラシドエアカードを使ってお買い物をすると常時5%割引で購入することができます。(一部割引対象外となる商品あり)

沖縄や鹿児島へ旅行した際にはぜひ利用しましょう。

旅先のさまざまな店舗で特典が受けられる

ソラシドエアが就航する都市にあるサービス対象店舗でソラシドエアカードを提示すると、期間限定のさまざまな特典を受けることができます。

対象都市は東京・神戸・鹿児島・沖縄など多くありますので、旅行や出張の際にはチェックしてみると良いでしょう。

入会にはソラシドスマイルクラブへの会員登録が必要。

ソラシドエアカードの会員になるためにはソラシドエアが運営するWEBサービス「ソラシド スマイルクラブ」に登録が必要です。

ソラシドエアが提供するさまざまなサービスや割引を受けられる会員プログラムで、登録費や年会費などは一切かかりません。

せっかく登録するんですから、どんなサービスがあるのか知っておきたいですよね。

ソラシド スマイルクラブでは下記のようなサービスを受けることができます。

貯めたマイルで特典航空券が利用できる

ソラシドエアにはスマイルクラブ会員だけが利用できる特典航空券があり、ソラシドエアを利用する中で貯まったマイルを利用して手に入れることができます。

例えば東京ー鹿児島間でソラシドエアを利用した場合、最大で片道あたり601マイル、往復で1,202マイルを獲得することができます。

そして東京ー鹿児島間の片道特典航空券に必要なマイルは7,000マイルですので、7回往復すれば片道1回分を無料にすることができるのです。

WEBで予約から搭乗までスムーズに行える

スマイルクラブ会員になれば、氏名などの事前に登録した情報を使ってWEBで簡単に予約確認・購入・変更をすることができます。

もちろんマイルも自動で登録してくれるので、取り逃がす心配もありません。

いちいち予約する度に情報を入力する必要が無くなるのは、手間が減って嬉しいですよね。

マイルの事後登録で後からでもマイルが貰える

万が一マイルを貰い忘れてしまっても、スマイルクラブ会員なら搭乗後6ヶ月以内であれば事後申請することができます

ただし、申請時には搭乗日・便名・座席番号の情報が必要ですので注意しましょう。

メルマガでお得な運賃情報やキャンペーンに参加できる

スマイルクラブ限定のお得な運賃情報などの情報をメールで受け取ることができます。

また会員限定のキャンペーン情報も受け取ることができ、過去には特典航空券に必要なマイルが最大で約43%割引になるキャンペーンなども行われているので、この機会にチェックしましょう。

ANAカード・JALカードと比較して見るメリット・デメリット

航空会社のクレジットカードには多くの種類がありますが、ソラシドカードの比較対象としてはANAやJALといった大手会社が発行するクレジットカードが挙げられるかと思います。

ANAマイルが効率よく貯まるおすすめのクレジットカードを徹底比較!
航空会社は色々ありますが、その中でも有名なのはANAではないでしょうか。 青いマークが特徴的な飛行機ですよね。 そんなANAですが、ANAマイルが貯められるクレジットカードをいくつか発行しています。 国際ブランドや交通機関と提携を...
JALカードの中からお得に使えるおすすめのクレジットカードを徹底比較!
飛行機といえば、JALとANAがありますよね。 この2社はただ飛行機を飛ばしているだけでなく、クレジットカードも発行しています。 カードを使うことで、マイルが貯められるのでちょっとお得に飛行機に乗れるようになるんですよね。 また、...

それぞれにメリット・デメリットがありますが、どれを選ぶか悩んでいる方も多いです。

そこで各クレジットカードを比較してみました!

まずは表をご覧ください。(なお年会費と家族カード年会費は比較のため税込み価格で記載しています。)

項目ソラシドエアカード会員ANA VISA 一般カードJAL普通カード
年会費(税込)1,350円2,160円2,160円
初年度無料有り有り有り
家族カード年会費(税込)432円1,080円 1,080円
入会時に貰えるマイル1,000マイル1,000マイル1,000マイル※1
継続時に貰えるマイル500マイル1,000マイル1,000マイル※2
名古屋ー沖縄間の特典航空券(片道)に必要なマイル8,000マイルL:7,000マイル
R:9,000マイル
H:10,500マイル※3
7,500マイル
名古屋ー沖縄間の特典航空券(往復)に必要なマイル13,000マイルL:14,000マイル
R:18,000マイル
H:21,000マイル※3
15,000マイル

※1:入会して初めて搭乗したときに付与。

※2:※1を獲得した翌年以降、毎年最初の搭乗時に付与。

※3:L、R、Hはそれぞれローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの略。詳しくはこちら

メリット①年会費・家族会員費の手軽さ

ソラシドエアカードはANAカードやJALカードと比べて圧倒的に年会費を安く抑えることができます。

たとえばそれぞれのカードを10年間所持したとすると、

  • ソラシドエアカードでは12,150円(税込)
  • ANA VISA 一般カードとJAL普通カードでは19,440円(税込)

がそれぞれ掛かります。(所持した10年間の消費税率が8%の場合)

よってソラシドエアカードはANAやJALより10年間で7,290円分も安く所有することができるんです!

家族会員カードを発行すると、さらにその差は大きくなります。

どの会社も年会費はそれほど高くはありませんが、長い目で見るとソラシドエアカードの方が持ちやすいですね。

メリット②特典航空券も往復ならソラシドエアカードがお得

特典航空券のマイル交換率をみても、他2社と比べてソラシドエアカードではお得に交換することができます。

ANAでは搭乗日によって交換に必要なマイル数が違い、一番安い時期であるローシーズンですと片道ならソラシドエアを下回りますが、ゴールデンウィークや年末年始といった需要の高い時期は、逆に一番マイル数が大きくなってしまいます。

片道だとANAやJALよりも若干必要マイル数が多くなってしまうものの、往復ならかなりお得に交換できますので、特典航空券を貰うときは往復を狙うと良いでしょう。

デメリットは継続時に貰えるマイルの少なさ

どの航空会社クレジットカードも、会員を継続するだけでマイルを貰うことができますが、ソラシドエアはANAやJALに比べて500マイル少ないのが痛手です。

継続するだけでも貰えるのですから少しでも貰えるマイルは多い方が良いですが、ソラシドエアはそれを差し引いても年会費や家族会員の年会費の安さで優れているというメリットもあります。

検討の際はこれらも考慮して選ぶと良いでしょう。

解約は電話1本でできる

これまでソラシドエアカードのことについて多くお話ししましたが、

初年度無料ということもあり「とりあえず1年間持ってみて、イマイチだったら解約しようかな」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のためにソラシドエアカードの解約方法について少しだけお話しします。

ソラシドエアカードの解約はとても簡単で、カード裏面に記載してある電話番号に掛けて、解約の旨をオペレーターに伝えるだけで完了できます。

電話さえすればそこで解約できますのでとても簡単ですので、とりあえずはソラシドエアカード1年だけ使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

さまざまな特典やサービスを持つソラシドエアカードは、年会費が安いのに特典が充実した良カードといえるでしょう。

他の航空会社のクレジットカードも悪くはありませんが、よく九州などを利用するなら初年度無料ですので、まずは試しに持ってみるのもいいと思いますよ。