病院や薬局でクレジットカードは使える?利用するメリット・デメリット

病院や薬局は、生活に欠かせないものです。しかし、長く通うほど料金は嵩んでいってしまいます。

時々しか行かないというときでも、思っていたより医療費が高額になってしまったこともあるでしょう。

そんな時に活躍するのがクレジットカードです。

クレジットカードなら、今手元に現金がなくても支払いができるのでいざという時はとても便利です。

でも、病院や薬局でクレジットカードなんて理由することは可能なのでしょうか?

そこで、この記事では病院や薬局でのクレジットカードの利用状況などをまとめました。

病院や薬局でのクレジットカードの利用状況

病院や薬局は、誰しもが一度は行ったことがある場所だと思います。

風邪をひいたときや、虫歯になってしまったときなど、かかりつけの病院や薬局があると便利ですよね。

そんな中、思いがけず治療費が高額になってしまったことってありませんか?

そんなとき、持ち合わせがないと困ってしまいますよね。しかし、クレジットカードがあれば全て解決します。

クレジットカードは後払いなので、手元に現金がなくても問題なく支払うことができます。

基本的に現在は、病院でのクレジットカードの対応は

  • 大学病院などの規模の大きい病院→ほとんどクレジットカード対応されている
  • 中規模の病院→普及率はイマイチ
  • 個人でやっている小さな病院→ほとんど対応されていない

このようになっています。

近くに大きい病院がある人は、クレジットカードが使えるか確認してみましょう。

意外とクレジットカードが使えることを公言していないこともありますので

また、薬局も大手のドラッグストアやチェーン店などは使えることが多いです。

こちらも個人でやっている小規模な薬局は利用できません。

病院や薬局でクレジットカードを使うメリット

病院や薬局でクレジットカードを使うメリットはこのような点があります。

  • 持ち合わせがなくても料金が支払える
  • ポイントが貯められる
  • 夜間などでもATMに行かなくてすむ

では、順番に解説していきます。

持ち合わせがなくても料金が支払える

ふと病院へ行ったとき、治療費が思っていたよりも高かったことってありませんか?

そのときに持ち合わせがないと支払いに困ってしまいますよね。

でも、クレジットカードがあれば財布の中に現金がなくても支払うことができます。

精算するまでビクビクしないですむので、これが一番のメリットでしょう。

ポイントが貯められる

病院でクレジットカードを使うとポイントが貯められます

医療費が高い場合、クレジットカードを使うとその分還元されますからそれなりに得はできると思います。

かかりつけの病院がクレカに対応されているのであれば、ぜひクレカで支払ってみてください。

夜間などでもATMに行かなくてすむ

病院へはいつお世話になるかわかりません。

いきなり夜間外来に行くことがあるかもしれませんよね?

そんなときに、お金がないとATMまで行く必要がでてきます。

時間外だと手数料が高く取られますよね。

でも、クレジットカードを持っていればATMへ走る必要はありません。

金銭面には全く苦労しなくて済むのがクレジットカードを使うメリットです。

病院や薬局でクレジットカードを使うデメリット

しかし、病院や薬局でクレジットカードを使うデメリットもあります。

  • そもそも使える場所が少ない

この点です。

そもそも使える場所が少ない

そもそも、病院や薬局でクレジットカードを導入しているところは少ないです。

なので、病院や薬局用にクレジットカードを作るのは無駄になってしまうので、おすすめできません。

普段から行くかかりつけの病院や薬局をクレジットカード対応のところにするのなら、また話は変わってきますけど。

なかなかそこまで見ないという人がほとんどでしょう。

病院や薬局で使うクレジットカードの選び方

病院や薬局がクレカ対応されているのであれば、以下のポイントを参考にしてみてください。

適当に選んだクレジットカードよりも使い勝手はいいはずですから。

  • ポイント還元率
  • 分割払いに対応されている
  • 年会費が無料

では、順番に解説していきます。

ポイント還元率

ポイント還元率は重要です。

高い医療費を少しでもお得に使えるので、少なくとも1%はあったほうがいいと思います。

なので、ポイント還元率はいつも以上に重視してみてください。

分割払いに対応されている

クレジットカードには、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

この3つがあります。

医療費が思いのほか高かったとき、分割払いにできると便利ですよね。

なので、分割払いに対応されているクレジットカードがおすすめです。

一括払いとリボ払いしかないクレジットカードはあまりおすすめできません。

それは、リボ払いの仕組みが原因です。

リボ払いは、一定の金額を支払えるようになっているのですが支払期間が長引くほど利息などが膨れ上がってしまうというデメリットがあります。

特に病院での支払いに使う場合は、リボ払いは要注意です。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることがで...

年会費が無料

できれば、病院や薬局は行かないほうがいいですよね。

健康体であることが一番ですから。

なので、年会費はかからないほうがいいです。

病院や薬局専用にするのに、カードランクが高かったり年会費がかかったりすると損してしまいます。

また、

  • 一年のうち1回使えば無料になる
  • 〇円以上使えば無料になる

という条件のカードもありますが、この場合は永年無料のほうがいいと思います。

まったく使わず健康体で過ごしたのに、損した気分になってしまいますからね。

ドラッグストアで化粧品やお菓子を買って年会費を無料にするという手段もありますが、それは1つの手段として考えてください。

その辺は、今後の利用状況に応じて選んでみてください。

病院や薬局でのおすすめのクレジットカード

病院や薬局専門に使うのであれば、いくつかおすすめのカードがあります。

もちろん、ほかの場面でも利用することはできますよ。

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • オリコカード
  • リクルートカード
  • JCB LINDA

では、順番に見ていきましょう。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカードです。

セキュリティ面が高く、知名度が高いことでも知られています。

年会費に関してはちょっと注意が必要なので、このカードを発行する人は参考にしてみてください。

三井住友VISAクラシックカードの特徴とメリット

  • 条件付きで翌年度の年会費が無料
  • セキュリティ面が頑丈
  • 電子マネーと一体型にできる
  • 国際ブランドが選べる

まず、オンラインから申し込むと初年度の年会費が無料になります。

次年度は、マイ・ペイすりぼに登録したうえでクレジットカードを1回利用することで免除されます。

ちょっと使わない人には微妙な条件ですよね。

なので、普段からクレジットカードをよく利用する人で時々病院や薬局へ行くという人は、使えるかなと思います。

セキュリティ面が固く、電子マネーと一体型にできるなどのメリットもあるので普段使いにはぴったりです。

通院専用にするのは、やめておいたほうがいいでしょう。

三井住友ビジネスクラシックカードの特徴は?ゴールド・プラチナと比較!
三井住友カードといえば、銀行系クレジットカードとして信頼性が高く知名度もあります。様々なラインナップでライフスタイルに合わせたクレジットカードを保有すること...

オリコカード

オリコカードは、年会費が無料でポイント還元率が高いクレジットカードです。

なので、病院や薬局で利用するのならこのカードは視野に入れておくべき。

一般カードなので、間違わないように注意してください。

オリコカードの特徴とメリット

  • ポイント還元率が高い
  • 年会費が無料
  • 電子マネーと一体型になっている
  • 国際ブランドが豊富

オリコカードは、入会してから半年の間年会費が高くなります

驚異の2%ですから、凄いです。

半年後は1%になってしまいますが、クレカの中ではなかなかの還元率です。

通院している人や、よくドラッグストアに行く人ならポイントは貯めやすいかと思います。

もちろん、普段使いにも使えるので使い倒しても問題ありません。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

リクルートカード

リクルートカードは、リクルートグループが発行しているクレジットカードです。

年会費無料、高還元率のクレジットカードなら正直このカードが一番だと思います。

リクルートカードの特徴とメリット

  • 1.2%と高還元率
  • 年会費が無料
  • 条件を満たすとポイントがもらえる
  • 1ポイント=1円で利用できる

上2つのポイントだけでも利用しやすいことはお分かりかと思います。

年会費が無料で1.2%のクレジットカードなんて、ありませんからね。

このカードが1枚あれば、病院や薬局で得できるでしょう。

また、貯まったポイントは1円単位で利用できるので、ネットショッピングする際に使うことも可能です。

純粋に病院や薬局だけで使いたい人は、検討するべきクレジットカードです。

リクルートカードの審査は甘い?厳しい?抑えるべきポイント
リクルートカードと言えば、年会費無料で高還元率のカード。メインカードとしても十分使えるので、メインカードとして作ろうか悩んでいる人もいるでしょう。そこで、気...

JCB LINDA

M / mika ninagawa

JCBが発行しているプロパーカードです。

提携していないので、純粋なJCBカードでもあります。

JCBの中では唯一年会費が無料であり、女性が使いやすいクレジットカードとなっています。

JCB LINDAの特徴とメリット

  • 年会費が無料
  • 女性向けの保険に入会できる
  • ボーナス制度がある
  • スタバがお得に利用できる

女性向けなので、女性が使いやすいように設定されています。

例えば、スタバのプリペイドカードにチャージすると、ポイントが5倍になるところなどは嬉しいポイントの1つです。

また、女性特有の病気の保険に加入できるようになっているところも特徴的です。

普段から使いつつ、時々病院や薬局へ行く女性向けかと。

ちなみに、ポイントのボーナス制度もあるのでよりポイントを貯めたい人は狙ってみてもいいと思いますよ。

JCB LINDAは低価格で女性に嬉しい付帯サービス・特典が満載!
クレジットカードというと、クールなデザインやシンプルなデザインのものが多く男性にとっては良いですが、可愛いものやキレイなものが好きな女性にとってはシンプル過...

病院や薬局でのクレジットカードのQ&A

病院や薬局でクレジットカードを使えることはわかって貰えたと思います。

しかし、それ以外にも疑問に思う点があった人もいるのではないでしょうか。

そこで、皆さんが気になるいくつかの質問をQ&Aで紹介していきます。

なぜ、すべての病院や薬局でクレジットカードが使えないの?

全ての病院や薬局でクレジットカードが使えるようになると、かなり便利ですよね。

でも、現実は使えるところと使えないところがあります。

なぜ、使える場所と使えない場所があるのかというと、クレジットカードの手数料が関係しています。

決済手数料は、病院や薬局側が負担することになります。

この手数料を支払わないからこそ、医療費などが安い理由の一つでもあるんですが。

大きい病院はクレジットカードに対応されていますか?

大きい病院だからといって、すべての病院がクレジットカードに対応しているわけではありません。

事前に予約していくのであれば、電話予約の際に支払い方法を尋ねるのがベストです。

当日になって、クレジットカードが使えないといわれてしまったら、お互いに困ってしまいますので。

病院の診療代って後払いにできますか?

病院の診察代や薬代、思っていたよりも高額になってしまうケースはよくあることです。

クレジットカードに対応されていない場合でも、理由を話せば分割払いや後払いにしてくれることもあります。

だからといって、そのまま逃げるのはやめてくださいね。

まとめ

病院や薬局の一部は、クレジットカードに対応されています。

クレジットカード支払いにすると、現金払いよりもお得になることが多いので便利ですよ。

もし、近くの病院や薬局がクレカに対応されているのなら、ぜひクレジットカードを使ってみてください。