飛行機といえば、JALとANAがありますよね。

この2社はただ飛行機を飛ばしているだけでなく、クレジットカードも発行しています。

カードを使うことで、マイルが貯められるのでちょっとお得に飛行機に乗れるようになるんですよね。

また、パッケージツアーの代金にも充てることができるので、入会しておくと色々と恩恵を受けられます。

陸マイラーと呼ばれる人たちも、マイルが貯められるカードを使ってマイルを貯めていますから、どれだけ便利でお得なのかわかると思います。

皆さんはどのJALカードでマイルを貯めていますか?

この記事では、そんなJALカードについてご紹介していきます。

たくさんあるJALカードを比較しながら、特におすすめのクレジットカードを紹介するので参考にしてみてください。

JALカードの特徴

JALカードとは、JALマイルが貯められるカードのことです。

基本的に

  • JALが発行しているカード
  • JALと他企業が提携して発行しているカード

この2種類に分かれます。

種類的には提携カードのほうが多いです。

JALマイルを貯めることによって、航空券やツアー代に充てることができるので積極的にマイルを貯めている人もたくさんいます。

俗に言う陸マイラーと呼ばれる人たちの必須アイテムでもあります。

これから陸マイラーになろうとしているのであれば、JALカードは作るべきカードといっても大袈裟ではありません。

JALカードの選び方

JALカードは、JALと提携して発行しているカードも豊富なので、発行しているカードはたくさんあります。

ただ、適当に選んでしまうと思っていたよりもJALマイルが貯めにくかったり使い勝手が悪かったりします。

そこで、JALカードを選ぶ際のいくつかの基準を独自に設定してみました。

これからJALカードを発行しようと思っている人は参考にしてみてください。

付帯特典

JALカードの醍醐味はマイルを貯めることですが、それだけだと物足りないですよね?もうひと押し欲しいところです。

なので、選ぶ際は付帯特典も重視しておきたいポイントの一つです。

例えば、年会費もマイルの貯まり具合も同じだけど、旅行傷害保険が付帯しているかしていなかという点だけでも、どちらがお得か変わってくることもあります。

ただ、カード会社が推している特典が自分には合わないこともありますので、まずは自分にとって使い勝手がいいのか判断してから発行するようにしましょう。

JALマイルの還元率

次のポイントとしてはJALカードなので当然、JALマイルを貯めやすいカードを発行するべきです。

そう考えると、ポイント還元率の高さというのは非常に重要です。

大抵の場合はポイントと引き換えるケースが多いですから。

また、ボーナスポイントがもらえるのも重要です。

JAL系のカードはフライト時などにポイントがもらえる場合もあります。

この還元率も重視しておきましょう。

カードのランク

カードにはランクがあることはみなさんご存知でしょうか?

年会費無料などの一般カードやゴールドカードプラチナカードなど様々です。

基本的にはカードランクが高ければ高いほどマイルも貯めやすくなりますし、特典も魅力的なものになります。

だけど、マイルを貯めるためだけにカードランクを高くするのはあまりおすすめできません。

それだけ、年会費も高くなりますし特典も全然使わないとお得感が薄れてしまいますので。

まずは今の自分に合ったものを発行してみてください。

思ったより使って年会費以上の価値があると思えばゴールドカードやプラチナカードを目指せばいいだけですから。

電子マネー

もし、発行できるJALカードに電子マネーが追加できるのなら積極的に追加してみてください。

電子マネーは少額から決済できる優れたシステムです。

電子マネーはどれが一番お得?定番のスーパー・コンビニ・交通系を徹底比較
私は常日頃、小銭は持ち歩かないです。それは何故だと思います?単純に、小銭は邪魔だと思っているからです。むしろ、札さえも入っていない場合があります。昔ならあり...

なので、コンビニでジュースやお菓子を買う時にわざわざ小銭を支払う必要がなくなります。

クレカと一体型にすることで、カードが増えすぎないのでコンパクトに収納できますから、電子マネーは必須かと。

便利なものを付帯した方がいいですからー。

JALカードの比較

ではでは、選び方がわかったところで、JALカードの中でも特におすすめのクレジットカードを比較していきます。

JALカードが発行しているカードはたくさんあります。

  • JALカード(普通カード)
  • JALプラチナカード
  • イオンJMBカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • CLUB-Aカード

では順番に解説していきます。

JALカード(普通カード)

JALカードの中では一番スタンダードなカードです。

なので、普通カードと呼ばれていることもあります。

手っ取り早く選ぶのであれば、JALカードでも全然問題ないと思います。

JALカードの主な特徴やメリットは

  • フライトで5000マイルが貯まる
  • 初年度の年会費が無料
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 国際ブランドが豊富
  • 電子マネーと一体型にできる

この5つです。

普通カードではありますが、次年度以降2,160円の年会費がかかってしまうところは残念ですね。

一般カードには年会費が永年無料のものも多いですし。

ただ、特典はJALのカードだけあって魅力的なものが多いです。

マイルが貯まるチャンスも

  • 初回搭乗時
  • ボーナスマイル
  • 搭乗ごとのボーナスマイル

と3つもあります。

それに、旅行傷害保険も最高1,000万円のものが付帯されています。

年会費さえ気にならなければおすすめの1枚です。

JALプラチナカード

JALカードの中で一番カードランクが高いカードです。

空港ラウンジが無料で利用できたり、JALのサービスが一般カードより利用できたりと、メリットが増えています。

ただ、国際ブランドがJCBとアメックスからしか選べないのはちょっと痛いです。

プラチナカードのメリットや特徴はこのようになっています。

  • アメックスが発行できる
  • フライト時に5000マイル貯められる
  • ポイント還元率が高い
  • 国内外の旅行傷害保険が最高1億円
  • 機内販売割引が利用可能

一般カードよりもフライト時に貯められるポイントが増えていることがわかります。

また、国内外の旅行傷害保険も最高1億円になっているので、万が一のときもお金の心配はせずに済みそうです。

また、JALのパッケージツアーが5%OFFになるので、よく旅行する人は便利な特典です。

ただ、年会費は33,480円とその分高くなっているのはしょうがないですけど。

年会費を取るか、特典やマイルの還元率を取るかで選択肢は変わってくると思います。

よく旅行をする人ならJALプラチナカードも検討してもいいかもしれません。

イオンJMBカード

大型ショッピングモールのイオンが発行しているカードです。

イオンではたくさんのカードが発行されていますが、

数あるイオンカードの違いを誰でもわかるように徹底比較!
「イオンカードは、種類がありすぎてどれを選んでいいかわかない。」「イオンカードの違いがよくわからない。」そんな人もいるだろう。イオンカードは、ポイント還元率...

JALとも提携しています。

そんなイオンJMBカードですが、主な特徴やメリットはこちらです。

  • 年会費が無料
  • 200円につき1マイル貯められる
  • 貯まったマイルをWAONに交換できる
  • JALタッチ&ゴーサービスが利用可能
  • 毎月20日と30日の買い物が5%OFF

まず、年会費が無料というところで、取得するハードルが下がっています。

やっぱり年会費がかかるとどんなにお得でも、手が出せないという人は多いと思いますので。

マイルに関しては基本的には、200円につき1マイル貯められるので、よくイオンで買い物をする人ならがっつり貯められるはずです。

ちなみに、貯まったマイルはWAONとも交換できるので、JALを利用しないときは買い物に利用できます。

交換できるマイルは1万マイルからです。

1万マイル貯めると1万1千WAONに交換でき、1万1千円相当のポイントになります。

これはちょっとお得に思えますよね。

普段からイオンでよく買い物をしている人におすすめのJALカードです。

JMBローソンPontaカードVisa

JALとローソンが提携して発行しているクレジットカードです。

セゾンカードとも提携しているので年会費が永年無料スピード発行といった特典が受けられます。

セゾンカードはスピード発行できることで有名ですからね。

そんなJMBローソンPontaカードVisaの主な特典やメリットはこちらです。

  • 年会費が永久無料
  • ETCカードも無料で発行できる
  • JALとpontaポイントを同時に貯められる
  • ポイントを相互交換できる
  • 最短7営業日で発行してもらえる

カードの年会費と同じく無料のETCカードが発行できるところも、魅力的です。

よく車に乗る人は、一緒に発行しておいて損はないかと。ETCの方が何かと優遇されていますので。

後、大きな特徴はポイントが一緒に貯められるところでしょう。

ローソンやローソンストア100で買い物をしたときのみ、pontaポイントとマイルが一緒に貯められます

なので、どっちも貯めている人からするとありがたいのではないでしょうか。

ただし、2018年の2月28日に終了してしまうので、この特典が利用できる人は限られています。それまでに発行しておきましょう。

また、2015年の3月1日から始まった特典なので、それ以前に発行してしまった人も残念ながら特典が利用できませんのでご注意を。

JMBローソンPontaカードVisaはローソンユーザー必携のお得なカード!
昨今、日本全国コンビにが急激に増えています。道路を挟んでこっちはこのコンビニ、あっちはあのコンビニと、とにかく有名どころのコンビニを目にしないことがほとんど...

CLUB-Aカード

提携していないカードのご紹介です。

CLUB-Aカードは、普通カードよりちょっと豪華なカードなので、特典やマイルも貯めやすくなります。

普通カードとプラチナカードの間を探している人にはちょうどいいランクのクレジットカードです。

CLUB-Aカードの特徴やメリットはこちら。

  • 入会搭乗時に5000マイルもらえる
  • 国内外の旅行傷害保険が最高5000万円
  • 国際ブランドが豊富
  • ボーナスマイルがもらえる
  • 国内・海外航空機遅延保険が付帯

注目するべきところは、付帯保険の豊富さ

上にあげた意外にも様々な保険が付帯されています。

クレカに保険が付帯されていると、旅行をするときにわざわざ別で用意する必要が無くなりますからね。

その代わり年会費は10,800円となっています。

プラチナカードよりは安いですが、それでも考えてしまう人は多いと思います。

年会費を気にしないのであれば、発行するとお得に使えるとは思います。

おすすめのJALカードランキング

たくさんのJALカードがありますが、その中でもおすすめのカードをランキング形式にしてみました。

どのカードを発行するか迷った人は、ランキングを参照に選んでみてください。

JALカード

迷ったときはコレ!陸マイラーの必須アイテム

迷ったときは普通のJALカードを発行しておいてまず間違いはないです。

ボーナスマイルももらえますし、保険も付帯されていますので。

年会費もプラチナカードなどと比べると比較的リーズナブルなので、発行しやすいかと。

JALカードに迷ったときは、普通カードにしてみてはいかがでしょうか。

JALプラチナカード

還元率を重視する人向け。プライベートもビジネスもこれ1枚で

JALプラチナカードは、還元率を重視する人向けですね。

やっぱりカードランクが上がれば、ポイント還元率もマイルの貯めやすさも変わってきますし。

年会費や約3万円かかりますが、プラチナカードを探している人や、高還元率なカードを探している人にはおすすめできますよ。

イオンJMBカード

普段の生活も疎かにできない主婦さん向け

イオンJMBカードは飛行機に乗るよりも、普段の買い物を重視している人向けです。

年に1回くらいしかJALを利用しないという人であれば、十分かと思います

年会費も無料ですしね。

飛行機に乗らなければ、そのまま買い物にも利用できるのでちょっといいものが買えそうです。

JALカードQ&A

JALカードはたくさんありましたが、わからないこともあったのではないでしょうか。

そこで、いくつかの質問に答えてみました。

JALカードについてわからないことがあった人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

飛行機を利用しないけれどJALカードを作ってみたいです

マイルが貯まったら飛行機に乗ってみたい!と考える人がいますが、その考えではあまりおすすめできません

なぜなら、普段の買い物だけではなかなかマイルが貯まらないからです。

というのも、JALと提携している企業って意外と少ないんですよね。

なので、買い物してもマイルの還元率が下がってしまうことが多いので、なかなか思うように貯まりません。

陸マイラーとして貯めたいというと、ANAカードをおすすめする人もいるくらいですから。

ANAの方が提携している会社も多いですしね。

JALカードは、飛行機によく乗る人にもってこいのカードなのでしょう。

本会員から家族会員へ移行する際、JALマイルは移行できるの?

カードの本会員から家族会員へ移行する際、できたら今持っているマイルは引き継ぎたいですよね。

結論から言うと、継続という形で利用できます。

マイレージのカード番号は1人1つなので、家族カードに番号を書くことで継続利用が可能になります。

なので、1ポイントも消滅させる心配はありませんよ。

JALカードに申込んだのにメールが返ってきません…

JALカードに申込んだのに、なぜかメールが返ってこないというケースがあるようです。

返ってくるはずのメールが返ってこないと落ちたのではないか?と思いますよね。

ですが、JCBとsuicaビューは審査に通っていても連絡を送ってきません

まずは、自分が申し込んだカードのブランドを確認してみましょう。

まとめ

JALカードは、陸マイラーの人も発行しているカードです。

陸だけでがっつり貯めるのはなかなか根気や知識も必要ですが、貯められるだけ貯めたらお得に飛行機に乗れますからね。

年に数回飛行機を利用する人や、旅行へ行く人はJALカードをぜひ作ってみてください。