UC法人カードは法人・個人事業主向けのおすすめビジネスカード!

UC法人カードは、UCカードが発行しているカードです。

セゾンカードとも提携しているので、ポイントプログラムなどはセゾン系の物が利用できます。

一般カードですが、誰でも持てるわけではありません。

クレカの名前のとおり、法人向けのカードになっているので基本的に法人が持つカードとなっていますが、個人事業主も発行が可能なカードです。

この記事ではそんなUC法人カードについてご紹介します。

メリットやデメリットなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

UC法人カードの特徴

UC法人カードは、名前の通り法人向けのクレジットカードです。

つまりこのカードは、法人関連の支払いができます。

俗に言う必要経費ですね。電気代や水道光熱費などが支払えます。

普通のクレジットカードでは、この会社の必要経費が支払えないこともあるので、1枚あると何かと便利です。

そうすることで、公私の支払いがわけられますし、一々経費を振り込みに行く手間も省けますしね。

ちなみに、個人事業主も発行できるので、経費をクレカで支払う予定がある人にはおすすめです。

ゴールドカードもある

UC法人カードには、ワンランク上のゴールドカードもあります。

ゴールドカードにすると、空港ラウンジ旅行傷害保険などのサービスが付帯されます。

その分年会費は1万円になってしまいますが、よく出張へ行く人は、ゴールドカードの特典があった方がいいかもしれません。

大規模な企業ならもっと豪華なカードも

世間に名が知られているような大企業ならもっと豪華なカードもおすすめです。

UCコーポレートカードという名前で、企業単位で経費の管理ができます。

限度額は、相談で決まるのである程度融通が通ると思います。

もっと自由に使えるカードがほしいときは、UCコーポレートカードを視野に入れてみてください。

UC法人カードのポイントプログラム

永久不滅.comを経由してお買物をするとポイントが貯まる!

UC法人カードは、セゾンカードとも提携して発行されています。

なので、貯まるポイントは永久不滅ポイントというものです。

名前のとおり、一度取得すると消滅することはありません。

ポイント還元率は0.5%と低いですが、こういったシステムを上手く利用するとがっつり貯めることも不可能ではありません。

ポイントモールを経由する

通常は、1,000円で1ポイント貯まる永久不滅ポイント。

ですが、セゾンカード会員が使える永久不滅.comというショッピングモールがあります。

ここを経由すると、0.5%以上のポイントがもらえます。

最大で30倍までもらえるので、よく買い物をする人は、永久不滅.comを利用してみましょう。

具体的には、

ショッピングモールポイント
 AYURA30倍
 大丸松坂屋 オンラインショッピング8倍 
 ノートンセキュリティ30倍
 fracora24倍
 Amazon9倍
SK-Ⅱ9倍
ひかりTVブック11倍
紀伊國屋書店ウェブストア6倍
楽天ブックス5倍
ブックオフオンライン4倍

ほんの一部ですが、こんなところがあります。

よく名前が知られているショップもあるので、大半の人が有効的に利用できそうですね。

ちなみに、このショッピングモールはセゾンカード会員じゃなくても利用できるそうです。

ワンクッション置くだけでポイントががっつりもらえるので、ぜひ利用してみてください。

ゲームやアンケートでポイントを貯める

永久不滅ポイントは、普段の買い物以外でも貯められます。

代表的なのが

  • ゲーム
  • アンケート

この2つです。

ゲームは、セゾンカードが提携しているオンラインゲームです。

すごろくや釣りなどがあります。

こういったゲームにクリアするとポイントがもらえますので、ゲームが好きな人は積極的にしてみてもいいですね。

そして、アンケートは、「永久不滅リサーチ」というものがあります。

大体30から最大で1万リサーチポイントがもらえるそうです。

アンケートに答えるとポイントがもらえるので、積極的に解答してみましょう。

ただし、交換レートは、リサーチポイント100ポイント=永久不滅ポイント1ポイントです。

この交換レートはしっかりと頭に入れておきましょう。

ポイントと景品を引き換える

貯まった永久不滅ポイントは

  • 景品
  • 買い物の支払い
  • 景品

こういったものに交換できます。

まず電子マネーは、1ポイント=5円で計算されます。

Amazonギフト券やwebmoneyなどに交換可能なので、よく利用するのであれば使ってみてください。

そして、貯まったポイントはそのまま使うこともできます。

買い物するときなどに利用できるので、割引が可能です。

中途半端なポイント数だったり、特に引き換えたくなかったりするときは、買い物に利用するのも悪くありません。

そして、景品ですが、

景品ポイント数
ロゴス SLダッチオーブン1400ポイント
ロゴス チェッカー ポップフルシェルター1700ポイント
Tazza カフェランチ300ポイント
siroca ドリップ式コーヒーメーカー400ポイント
モスカード2,000円分400ポイント
北海道寺坂農園の富良野メロン600ポイント
シボレー WサスFD-MTB2618SE7200ポイント
LOGOS the KAMADO3500ポイント
ミレスト CITYFOGバックパック3400ポイント
iRobot ロボット掃除機 ルンバ98020700ポイント

ざっとこんな感じです。

実用的なものから、豪華なものまでたくさんありますね。

もちろん、他にもたくさんの景品が用意されているのでぜひ豪華な景品を狙ってみてください。

7つのメリット・特典

UC法人カードには以下のようなメリットと特典があります。

  • 法人だけでなく個人事業主も持てる
  • ETCカードが無料で発行できる
  • ホテルやレストランのサポートがしてもらえる
  • 支払いが最大で55日延長できる
  • UC福利厚生サービスが利用可能
  • 経費の管理が楽になる
  • 海外アシスタントデスクが利用可能

では順番に説明していきます。

法人だけでなく個人事業主も持てる

法人カードは、基本的に法人しか持てないようになっています。

一般の人からすると、あまり関係ないかもしれませんが、個人事業主の人は作りたい場合もあります。

そんな人が業務用にクレカが作れないのはちょっと惜しいと思います。

ただ、UC法人カードは個人事業主も作れます。

なので、法人向けのサービスも使いこなせます。

規模の大きい業種や、優待サービスを利用してみたい人は作ってみるといいですよ。

ETCカードが無料で発行できる

法人ともなると、営業車を持つことも多いと思います。

遠方のお客さんの元へ行くときなど、高速道路を使うこともあるでしょう。

そんなときに活躍するのがUCカードです。

このカードがあれば、99枚までETCカードが無料で発行できます。

こんなカードはなかなかありません。

一般カードでも年会費が有料のカードがあるくらいですしね。

ETCの利用者ごとに発行することもできるので、管理も楽できますよ。

ホテルやレストランのサポートがしてもらえる

ご宿泊やお食事を快適にサポート

出張や接待ともなると、ホテルやレストランを利用することになります。

プライベートならともかく、かしこまった席ではその辺のビジネスホテルやファミレス…というわけにもいきません。

ちょっと立派なところに行くべきですが、やっぱり経費はなるべく抑えたいですよね。

でも、UC法人カードがあればその問題は解決します。

優待価格で利用できるので、少しですが経費の節約できます。

更に、ワンランク上のサービスを提供してくれるので金額以上に満足できるはずです。

これからは出張や接待にUC法人カードを持っていきましょう。

支払いが最大で55日延長できる

UC法人カードは、カードを利用した日から引き落とし日まで最大で55日間延長することができます。

なんらかのトラブルがあってお金が払えないときも安心できます。

このシステムを利用すれば、急な仕入れがあった時や広告費などもスムーズに行なえますね。

ちなみに、2017年の1月4日から、国税の支払いにも対応されたようです。

ただ、通常は毎月10日締め、翌月の5日引き落としとなっています。

これは、普通のカードに比べてかなり短いです。

翌々月支払いだと勘違いしないようにしましょう。

UC福利厚生サービスが利用可能

法人となると、社員に対しての福利厚生を行う必要があります。

UC法人カードには、UC福利厚生サービスというものが利用可能になっています。

例えば、

  • フィットネス
  • 国内外の宿泊施設
  • パッケージツアー
  • ベビーシッターや保育施設

こういったサービスが利用可能です。

導入価格は従業員の人数によって変わってきます。

従業員数入会金(一法人あたり)月会費(一人あたり)
100名未満31,500円1,050円
100名以上52,500円945円
1,000名以上105,000円840円

福利厚生サービスを導入するつもりなら、このサービスを利用はおすすめです。

経費の管理が楽になる

振込事務・手数料を削減

UC法人カードがあれば、経費の管理がとても楽になります。

具体的には

  • 手数料がかからない
  • 仮払金がなくなる

この2つが解消されます。

手数料がかからない

お金を振り込むときってどうしても手数料がかかりますよね。

いわゆる「振込手数料」や「支払手数料」と呼ばれるものです。

たかが数百円…と思うかもしれませんが、一年単位で見ると結構大きな額になることも多いです。

そういった経費を節約するためにも、クレジットカードはおすすめです。

UC法人カードにすることで、使ったお金が直接口座から引き落とされます。

引き落としされるときに手数料はかかりませんので、手数料を削ることができます

また、自動的に口座から引き落とされるので一々お金を振込に行く必要が無くなります。

もう仕事中の合間を縫って銀行やATMに行かなくてすみますよ。

経費の節約をしようと思っている人は、こういった小さなことも見直してみてください。

仮払金がなくなる

仮払金とは、例えば社員が出張などに行く際などに渡すお金のことです。

旅費交通費という勘定科目はありますが、いくら使うかわかりませんので、曖昧な金額になります。

プライベートで買い物や遊びに出かけるのに、ちょっと多めにお金を持っていくのと同じような感じです。

ただ、企業単位で見てみると、この処理ってめんどくさいんですね。

金額が確定したら、仮払金という項目は消す必要があるからです。

消さないと、監査から怪しまれるので面倒でもしなきゃいけないんですけどね。

ですが、UC法人カードがあれば、仮払金の項目は不要になります。

なので、経理としてもお金の管理が楽になりますし、持っていく側としてもお金を持ち歩く必要が無くなります。

日々の記帳作業や年度末の決算の処理も多少は楽になると思いますよ。

海外アシスタントデスクが利用可能

UC法人カードには、海外アシスタントデスクがあります。

このサービスは、ホテルやレストランの予約代行などを行ってくれるものです。

また、万一カードを紛失してしまったり、盗難被害に遭ってしまったりしたときにも対応してもらえます

世界各国に設置されていますが、全て日本語で会話ができます

その国の言語がわからなくても、会話ができるので安心してコールをかけてみましょう。

また、この他にも

  • tabiデスク
  • UC海外なくしてもホッとライン
  • Visaビジネスオファー
  • Master Cardビジネスアシスト
  • UCタクシーチケット

といったサービスが付帯されています。

いずれもビジネスに役に立つサービスなので、法人向けのクレカを発行する際の基準にしてみてください。

UC法人カードとJCB法人カードを比較

UC法人カード以外にも、法人カードはあります。

今回はJCB法人カードと比較してみました。

クレジットカードUC法人カードJCB法人カード
年会費1,250円1,250円
ETCカード 99枚まで無料で発行 –
申込資格法人または個人事業主法人または個人事業主
付帯保険 –

国内外の旅行傷害保険

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)

出航遅延費用等保険金(食事代)

寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)

寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)

ショッピングガード保険(海外)

特典

様々なサポートサービスが利用可能

ETCカードが99枚まで無料

 海外利用時にポイント還元率が2倍になる

どっちのカードも、いいところもあれば悪いところもあることがひと目でわかると思います。

選ぶ際のポイントは

  • 保険
  • 付帯サービス

この2つのどちらを重視するかでカードを決めるといいと思います。

2枚とも法人・個人どちらでも発行できますし、年会費も同じですから。

UC法人カードのデメリット

UC法人カードにはデメリットもあります。

  • 付帯保険がない
  • 年会費がかかる

この2点です。

付帯保険がない

UC法人カードには付帯保険がありません。

一般カードに保険がついていないことはよくあるので、UC法人カードだけが特殊というわけではないんですけどね。

どうしても付帯保険がほしければワンランク上のゴールドカードを持つか

ゴールドカード比較ランキング!目的別・人気のゴールドカードを徹底紹介!
昔はハードルが高かったゴールドカード。しかし、現在は以前より遥かにハードルが下がり、ゴールドカードを持つ人も増えてきました。すでに20代前半の方でも持っている...

サブカードを持てば問題ないかと。

法人カードおすすめランキング!事業主向けのビジネスカードを比較!
事業用の経費などの支払いに便利なクレジットカードとしてオススメなのが個人事業主・法人向けのビジネスカード。個人用のカードと事業用のカードでわけて使った方が何...

年会費がかかる

UC法人カードは、一般カードです。

普通、一般カードは年会費が無料か、条件をクリアすることで年会費が無料になります。

年会費無料の高還元率クレジットカード比較。おすすめクレカランキング
「年会費があるクレジットカードは抵抗がある。」「できるだけポイント還元率が高い、クレジットカードがいい。」せっかくクレジットカードを作るので、あればお得に作...

しかし、そういったものは特になく初年度から1,250円かかってしまいます。

この金額を高いととるか安いと取るかは使用者によりますが、カードのランクを考えるとちょっと惜しいと思います。

サポートサービスがたくさんついていることを考えると申し分ないのかもしれませんが、初年度から年会費がかかるので、よく考えてから発行しましょう。

UC法人カードの審査基準

UC法人カードを申し込むための資格などは、特にないようです。

ですが、法人向けカードなので申し込むために必要書類を揃える必要があります。

法人は

  • 登記事項証明書
  • 登記簿謄本
  • 印鑑登録証明書

こういった書類が必要です。

取得してから半年以内のコピーが有効です。

また、管理責任者の

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート など

こういった書類でも可能だそうです。

個人事業主は、

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート

こういった書類が提出できます。

ただ、全部の書類が必要というわけではなく、この中の一つ用意すれば十分です。

後は、安定した事業が行われていれば問題なく通ると思いますよ。

まとめ

UC法人カードは、法人も個人事業主も発行できる一般カードです。

必要書類を揃える手間はありますが、使えるサービスは豊富し、それ以外の条件などは特にないので気軽に作れるはずです。

ビジネスと私生活、クレカを作り分けたいと思っている人はぜひ作ってみてください。