皆さんは仮想通貨は知っていますか?

仮想通貨自体は使ったことがない人でも、ニュースで耳にしたことがある人は多いと思います。

仮想通貨はお金のように実体がありませんが、とても便利で使い勝手がいいサービスです。

でも、デメリット面もありますから仮想通貨を使う際はそういった点も踏まえておきましょう。

そんな仮想通貨ですが、実はクレジットカードで購入することが可能です。

では、どのようなクレジットカードを選ぶべきでしょうか。

そこで、今回は仮想通貨とクレジットカードについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

仮想通貨の概要

仮想通貨が連日話題になっているので、仮想通貨を使ったことがない人でも、ビットコインという名前は知っているのでは?

ビットコインこそが仮想通貨なんです。

通常、通貨には円やドル、ユーロなど形あるものが使われています。

ですが、一部インターネット上でやり取りする分には目に見えない通貨が使われています。

これこそが仮想通貨です。

物品やサービスなどのやり取りに使用できる全く新しい通貨となっています。

また、仮想通貨はビットコインだけではなく、ライトコインやイーサリアムといったものもあります。

必ずしもビットコイン=仮想通貨というわけではありません。

仮想通貨のメリット

仮想通貨なんて非現実的だし、作るメリットなんかない、と思っている人もいるでしょう。

でも、仮想通貨は作っておくととても便利です。

そこで、仮想通貨を扱うメリットをまとめました。

  • 外国で利用できる
  • 送金が速い
  • 手数料が割安
  • 投資できる可能性が高い

では、順番に解説していきます。

外国で利用できる

ビットコインを利用しているユーザーは世界中にいます。

だから、海外での買い物も通貨より仮想通貨のほうが便利なこともこれからは増えてきます。

相手が仮想通貨での支払いをOKしてくれた場合のみですが、すでに導入をしている店舗も多いです。

日本よりも海外のほうがそういった文化が発展しやすいですから、ビットコインは持っておいて損はありませんよ。

日本人って何かと日本円をばかり信じていますが、いつインフレが起きて円の価値がなくなるかなんてわからないですから。

送金が速い

銀行を通して決済を行うと、相手に振り込まれるまで時間がかかります。

ですが、仮想通貨は銀行を使う必要がありません。

だから送金も速いです。

今すぐに決済を行いたい!という時にはかなり便利な通過です。

手数料が割安

仮想通貨の大きなメリットは、手数料が安いということ。

海外で日本円を使うとなると、両替の際などに高い手数料を取られてしまいます。

でも、仮想通貨なら全世界共通の価値観なので、手数料がほぼ0円です。

これは大きなポイントですね。

投資できる可能性が高い

とても便利な仮想通貨ですが、一部では投資をしている人もいます。

日本円は1円=1円が当たり前です。

でも、ビットコインは海外の単価が基準なので、1コイン=1円ではありません。

この仕組みをうまく利用すれば投資も可能というわけです。

どちらかというと、FXに近いでしょう。

ただ、投資はあくまでも投資です。

必ず利益が返ってくるわけではありませんから、注意が必要です。

仮想通貨のデメリット

そんな仮想通貨ですが、デメリットもあります。

  • 仮想通貨は自己責任
  • 信用に欠けるところもある

この2点です。

仮想通貨は自己責任

お金は国が管理している資産です。

だから、何かあっても多少補償してもらうことができます。

しかし、仮想通貨は国が関与していないサービスなので、万が一詐欺に遭ってしまっても泣き寝入りするしかありません。

仮想通貨の取り扱いには注意が必要です。

信用に欠けるところもある

また、仮想通貨を完全に信用するのも危険です。

まだ日の目を見て浅いサービスですからね。

危険性を考えずに利用するのは危険でしょう。

例として挙げてみますが、日本でワナクライというランサムウェアが話題になったことを覚えていますか?

世界中で広がっているウイルスの一種で、感染してしまうとファイルの閲覧ができなくなってしまい、お金を支払うことを要求されます。

この時にお金の支払い方として要求されたのがビットコインです。

なぜビットコイン?と思うかもしれませんが、専門家によると犯罪に使っても足がつきにくいからだとか。

銀行口座なら一発で相手を特定することはできますけどね。

下手すると犯罪に巻き込まれてしまう可能性もありますから、仮想通貨を始めようと思っている人はくれぐれも注意してください。

仮想通貨の始め方

メディアでも大きく取り扱われることが多くなった仮想通貨、始めようと思った人も多いと思います。

では、どのようにして始めたらいいのでしょうか?

今回は、仮想通貨の代表格であるビットコインを例にして紹介します。

まず、銀行でもそうですが通帳を作らないとサービスを利用することはできません。

これはビットコインも同じことです。

なので、さっそくホームページに行ってみましょう。

初心者の方なら1番大きな取引所であるビットフライヤーがおすすめです。

アカウントの作成自体は無料ですから、お金を取られる心配もありません。

後は、必要事項を記入します。

そして、その後必ず本人確認を行いましょう

仮想通貨とはいえ、お金のやり取りを行うものですからね。

ここまで出来たらひとまず終了。

後は、ビットコインなどの仮想通貨を使って快適な生活を送りましょう。

仮想通貨のクレジットカード利用方法

一部の仮想通貨は、クレジットカード購入が可能です。

利用料は無料といっても、仮想通貨を使うためにはまず購入する必要があります。

支払い方は、銀行振り込みなど様々ですが、便利さを求めるのならクレジットカードはいかがでしょうか。

クレジットカードならいつでも支払いができますし、購入時にポイントももらえます。

ご利用方法1 クレジットカードで今すぐ買う

こちらはビットコインのクレジットカード購入方です。

確かに、クレジットカードで買えることがわかりますね。

また、定期購入することもできますから、今後も仮想通貨を使い続けるのであれば定期購入してもいいでしょう。

だからベストな方法に思えますね。

しかし、一部の人は仮想通貨をクレジットカード払いするべきではないと指摘しています。

なぜなら、非常にレートが高いからです。

とはいえ、リスクはありますが、便利なことには違いないクレジットカード払い。

一度使ってみてから支払い方法を決めるのもいいのではないでしょうか。

仮想通貨向けクレジットカードの選び方

それでも仮想通貨をクレジットカードで購入したい!と思うのなら、4つのポイントに注目してください。

最低限、この4つを抑えれば最適なカードが見つかると思いますよ。

ポイント還元率

クレジットカードを使う理由は、ポイントが貯められるところにあります。

どうせ支払うのなら、ちょっとくらい見返りがあってもいいですよね。

なので、できることならポイント還元率が高いクレジットカードをおすすめします。

1%以上あったほうがいいでしょう。

年会費

仮想通貨を支払うと、どうしても手数料がかかります。

ですから、できるだけ年会費は抑えたいところです。

それに、仮想通貨専用にしてしまうのに年会費がかかるものを使うのはちょっともったいないですしね。

ポイントの交換先

クレジットカードのポイントは、様々な使い道があります。

個人的におすすめなのは

  • 仮想通貨に交換できる
  • お買い物に使える
  • キャッシュバックできる

このいずれかに当てはまっているカードです。

少しでもお得にクレジットカードを使いましょう。

国際ブランド

仮想通貨は海外で発展しているサービスです。

そのため、国際ブランドには注意しなければなりません。

日本発ブランドのJCBや使える場所が限られてくるアメックス、ダイナースはやめておいたほうがいいですね。

先ほど載せたビットコインの画像でも、VISAとMastercard以外使えませんでしたし。

なので、カードを作る際はVISAとMastercardがいいと思います。

仮想通貨向けクレジットカード一覧

以上のことを踏まえたうえで、おすすめのクレジットカードを紹介します。

様々な選択肢がありますが、以下のクレジットカードも候補に入れてみてください。

  • ライフカード
  • 楽天カード
  • リクルートカード
  • オリコカード
  • VIASOカード

では、見ていきましょう。

一番おすすめはライフカード

ライフカードは、年会費が無料のクレジットカードです。

普段の還元率は0.5%と低いのですが、誕生月は3倍になります。

また、入会後1年間はポイント還元率が1.5%と割高。

仮想通貨を購入するのなら視野に入れておきましょう。

  • 年会費無料
  • 誕生月のポイント還元率が高い
  • ビットコインに変換することができる
  • 最短3営業日で発行してもらえる

ライフカードのメリットはこのようになります。

最短3営業日で発行してもらえますから、すぐに手に入れられますね。

でも、個人的にすすめている理由は、そこではありません。

貯めたポイントを直接ビットコインに変換することができるからです。

これは便利ですよね。

ビットコインを専門に扱っている人なら絶対に作っておきたいクレジットカードです。

ライフカードは誕生日月専用カードなら最強!4つの魅力とは
数多くあるクレジットカードのなかでも最近人気を集めているライフカード。ポイント付与や、家族カードなど、普通のクレジットカードと変わることのない、便利でお得な...

セキュリティ重視なら楽天カード

年会費が無料で、ポイント還元率が高いカードといえば楽天カード。

年中キャンペーンをしていますから、いつ加入しても損をすることはありません。

国際ブランドも3つから選べますしね。

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が高い
  • 入会時にポイントがもらえる
  • セキュリティが固い

楽天カードは、楽天市場から発行されているクレジットカード。

楽天市場といえば、かなり大手の通販サイトですよね。

なので、セキュリティ面も固いです。

仮想通貨はインターネットが主流ですから、不正利用は防ぎたいところ。

セキュリティ重視のカードが欲しいのなら、候補に入れたい一枚です。

楽天カードは楽天市場ユーザー必携のカード!ポイントがガッツリ貯まる!
楽天カード。今や、クレジットカードの中で最も有名といっても良いカードの一つが、「楽天カード」です。クレジットカードに興味がなくて、楽天カードを持っていなくて...

ポイント還元率ならリクルートカード

ポイント還元率が1.2%と高いクレジットカードです。

それでいて年会費が無料ですからどれだけお得かわかりますよね。

仮想通貨購入時にポイントが欲しい!という人向けのクレジットカードです。

  • ポイント還元率が高い
  • 年会費が無料
  • 新規入会時にポイントがもらえる
  • 国際ブランドが選べる

また、リクルートカードも新規入会時にポイントがもらえます。

いきなり無料で買い物をすることもできますから、お得ですね。

国際ブランドも3つから選べますし、国内外の旅行傷害保険も付帯済みです。

海外旅行へ行く際も、リクルートカードさえあれば事足りるでしょう。

リクルートカードの審査は甘い?厳しい?抑えるべきポイント
リクルートカードと言えば、年会費無料で高還元率のカード。メインカードとしても十分使えるので、メインカードとして作ろうか悩んでいる人もいるでしょう。そこで、気...

普段からも使いたいのならオリコカード

オリコカードも年会費が無料で還元率が高いクレジットカードです。

ポイントモールを経由してショッピングをすると、リクルートカードよりも高い2%の還元率になりますからね。

ただ、仮想通貨にはこの方法を使えません。

仮想通貨+普段の買い物もクレジットカードで!という人向けのカードです。

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • 入会時にポイントがもらえる
  • ポイントの交換先が豊富

オリコカードのメリット・特典はこのようなものです。

この辺りは楽天カードやリクルートカードと同じような感じですね。

ですが、このカードは入会後半年間のみ普通に買い物をしても還元率が2%になります。

だから、半年以内に仮想通貨を買うとどのカードよりもお得です。

とりあえず、試しにクレジットカードを使ってみようかな?という人もいかがでしょうか。

もう買わない!という人はネットショッピング専用のカードにすることもできますよ。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

キャッシュバックが欲しい人にはVIASOカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスから発行されているクレジットカードです。

銀行カードではありますが、かなりライトなイメージがあります。

国際ブランドはMasterCard一択ではあるものの、そこまで不便さを感じることはないでしょう。

  • 年会費が無料
  • ポイントをキャッシュバックできる
  • ポイント還元率が高い
  • Mastercardが選べる

VIASOカードは、貯まったポイントが自動的にキャッシュバックされます。

だから、ポイントの有効期限切れで消滅してしまうことがありません。

これなら安心ですね。

また、ポイント還元率も1.0%と高め。

専用のポイントモールを使えばもっと高くなります。

VIASOカードも、とりあえず一度仮想通貨を買いたい人向けです。

VIASOカードは有効期限が鍵!メリット・デメリットまとめ
多くのクレジットカードが溢れる近年、その顧客獲得のためのポイントサービスもそれぞれ似たり寄ったりになりながらも、様々で充実しています。そんな中、「このクレジ...

まとめ

仮想通貨は今後もっと飛躍する可能性を秘めているサービスです。

だから、今のうちに投資して勉強するのも悪くありません。

ぜひ、仮想通貨を利用してみてください。

そして、仮想通貨向けのクレジットカードも発行して使ってみましょう。