2,017年11月3日にiPhoneXが発売されました。

これまでのiPhoneとは違って様々なところが改良されたので、話題を呼んでいます。

iPhoneXには賛否両論あるようですけどね。

そんなiPhoneXですが、ApplePayも利用することができます。

そこで、この記事ではApplePayやiPhoneXのことについて詳しく解説していきます。

iPhoneXの概要

iPhoneX(テン)とは、2017年の11月3日にAppleから販売された新作iPhoneのことです。

これまでは、一台ごとに販売されていましたが今回はiPhone8と同時に発表されました。

この2つの違いは様々で具体的には、

  • 防水機能など
  • 画面サイズ
  • カメラの性能

などが異なっています。

現在、iPhoneXは公式のアップルストアや各キャリアから購入可能です。

まだ手に入れていない!という人は、この機会にぜひ購入してみてください。

iPhoneXのメリット

そんなiPhoneXですが、購入して使うメリットは何があるでしょうか。

そこで、iPhoneXのメリットをピックアップしてみました。

  • 顔認証でロックが解除できる
  • ワイヤレス充電ができる
  • iOS11が利用可能
  • ホームボタンがない

では、順番に見ていきましょう。

顔認証でロックが解除できる

これまで、携帯電話やスマホのロック解除はパスワードが大半でした。

中には、複雑なロック解除の仕方もありますけどね。

指紋認証もその一つかと思います。

でも、iPhoneXでは顔認証でロック解除が可能になりました。

FaceIDというものが搭載されているからこの方法で解除できるそうです。

インカメラにFaceIDが搭載されていて、顔を読み取ってくれます。

これなら、第三者に不正利用されることも無くなりそうです。

ワイヤレス充電ができる

これまで、スマホや携帯の充電といえば専用の充電器を使う必要がありました。

ですが、最近では置くだけで充電ができるワイヤレス充電というものもあります。

iPhoneXではワイヤレス充電が行えるため、プラグ差し込み口がない場所でも充電ができるようになりました。

自宅でも外出先でもiPhoneXを触りたいという人に嬉しい特典ですね。

iOS11が利用可能

また、iPhoneXではiOS11の利用が可能です。

iOS11では、様々な機能が拡張され使いやすくなっています。

時代の最先端を行きたいのならiPhoneXは欠かせません。

ホームボタンがない

iPhoneXには、これまでのiPhoneにあったホームボタンがありません。

画面と一体型になっているため、画面の移動などは全部スワイプで行います。

画面をフル活用できる画期的なスマホといってもいいでしょう。

iPhoneXの批評

ただ、iPhoneXには色々とデメリットもあるようです。

どのスマホにも批評の声はありますが、Appleはこれまでと全く違った形のiPhoneを発売したため、称賛する声もあればバッシングの声もあります。

値段も批評される理由の一つです。

スマホなのに余裕で10万円を超えていますから

また、便利そうな顔認証にも意外と不評の声が多いようです。

日本人は日常的にマスクをする人が多いですよね。

顔半分隠している状態だと、どうも顔認証をうまくパスできないことが多いようです。

一方、iPhoneXを称賛している声もあります。

というのも、これまでに比べて格段にカメラの性能が上がりました

なので、SNSに写真をアップする層からはかなり評判がいいです。

インスタ映えなどを気にする人にとって写真映りは重視したいポイントですからね。

iPhoneXは誰でも購入できるわけではなかった

iPhoneXは10万円を超えているため、分割払いができるようになっています。

でも、誰でも購入できるわけではなく、クレジットカードのように審査が設けられているとか。

当然一括で購入するよりも分割払いのほうがお得ですから、多くの人が分割払いを選択します。

しかし、年収や勤務先の関係で審査落ちしている人が続出しているようです。

特に学生はほぼ通らないでしょうね。

どうしてもiPhoneXが欲しい!というのであれば、一括払いを選択するのがベストかと思います。

一括払いなら審査もいりませんからね。

それかクレジットカードの分割払いで支払うのがいいでしょう。

ApplePayの特徴

そんなiPhoneXですが、もちろんApplePayも利用することができます。

ApplePayとは、アップル社が提供しているアプリのこと。

Apple Pay(アップルペイ)で使えるおすすめクレジットカードを徹底比較
iPhone7でおサイフケータイと似たサービスのApple Payが利用することができるようになりました。これまでiPhoneユーザーは、おサイフケータイサービスを利用する事がで...

いわゆるおサイフケータイのような機能になっています。

Suicaなどが入っているため、スマホをかざすだけで支払いができるようになりました。

とても便利そうな機能ですが、実はまだできたばかりのサービスなんです。

2016年にサービスが提供され、そこから徐々に利用が広まっています。

ApplePayを使うメリット

わざわざApplePayを利用しなくても…という人もいるかもしれませんね。

そこで、ApplePayを使うメリットをいくつかピックアップしました。

  • 財布を取り出す必要がない
  • 精算の時間を短縮できる
  • 買い物へ行く際に荷物が少なくて済む

この3点です。

財布を取り出す必要がない

まず、なんといってもこの点ですね。

スマホ一台で買い物ができますから、財布を取り出す必要がありません。

ちょっとコンビニへ行くときなどに重宝しそうです。

精算の時間を短縮できる

いっぱい買い物をするのはいいですが、レジで細かいお金のやり取りをするのに煩わしさを感じた人も多いのでは?

特に忙しいときは面倒になってしまいますよね。

でも、ApplePayなら精算する時間を大幅に短縮できます。

なので、ApplePayに対応されているスーパーなどへ行けば、小さい子供がいるお母さんもささっと買い物を済ませられると思いますよ。

買い物へ行く際に荷物が少なくて済む

特に男性におすすめしたいポイントです。

女性は、買い物へ行く際かばんを持ち歩きますが、男性は財布だけを持ち歩く人も多いでしょう。

でも、お尻のポケットに入れておくと気づかないうちに落としてしまうこともありますよね。

けど、スマホなら手に持っていますし落としにくいと思います。

ApplePay対応のお店に行くのなら、荷物なんてスマホ一台で済ませられますよ。

ApplePayとおサイフケータイ・AndroidPayを比較

ApplePayのようにスマホで決済できるサービスは他社からも提供されています。

そこで、おサイフケータイとAndroidPayをApplePayと比較してみました。

  ApplePay おサイフケータイ AndroidPay
年会費 無料 無料 無料
提供している会社 ソニー・Apple ソニー、・各提供会社 ソニー・各提供会社
使える電子マネー クレジットカード、Suicaのみ ほぼオールジャンルの電子マネー 楽天Edy、nanacoポイント
使える場所 コンビニ、スーパー、ファーストフード店など コンビニ、スーパー、ファーストフード店など コンビニ、スーパー、ファーストフード店など
対応機種 iPhone6、iPhone7、iPhoneXなど Felica機能のある端末のみ Felicaのある端末のみ
メリット スマホでクレカ決済ができる 電子マネーで買い物が可能 電子マネーで買い物が可能

3つを比較するとこうなりました。

まず、ApplePayやおサイフケータイ、AndroidPayはいずれもソニーのFelicaという機能が搭載されています。

これによって、スマホをかざすだけで支払いができます。

とても素晴らしい技術なのですが、iPhoneはほぼ使えるのに対し、おサイフケータイやAndroid機能は対応機種しか使えません

特に、AndroidPayはAndroidという名前がついているのにも関わらず使えませんからね。

リリース当初はこのせいで、ユーザーからの怒りを買ってしまったようです。

AndroidPayの特徴と使い方。注意点と利用できる電子マネー
皆さんはモバイル決済したことはありますか?スマホに決済用アプリをダウンロードして使うという仕組みで使われているものです。実際は、電子マネーを使って決済してい...

また、AndroidPayは使える電子マネーも少ないです。

クレジットカードも登録できますが、クレカ決済ではなく電子マネーを通して決済をするという仕組みになっています。

正直、使いにくいと思います。

なので、使うのであればApplePayやおサイフケータイがおすすめですね。

iPhoneXで使える電子マネー

比較表を見てもわかるとおり、iPhoneXでは電子マネーが使えません

クレカ決済やSuicaに対応されているものの、今の段階では電子マネーを使う方法はないです。

それに、おサイフケータイはiPhoneでは使えません

組み合わせることができたら最強なんですけどね。

どうしてもおサイフケータイが使いたいのなら、格安スマホと格安SIMを用意して使うのがいいかと思います。

一キャリアよりも安く使えますからね。

iPhoneXでApplePayを使う方法

これまで、iPhoneでApplePayを使うためには専用端末にかざし、ApplePayを起動させて指紋認証→支払いが完了という流れでした。

でも、iPhoneXでは指紋認証がありません。

搭載されているのは顔認証でしたからね。

でも、iPhoneXを専用端末にあてたまま顔認証するのは難しいです。

なので、パスコードで支払うか先に顔認証してから支払うかの2択をおすすめします。

どっちも使ってみて、自分にあっていると思った方法を使うのがいいと思いますよ。

iPhoneXでクレジットカードの設定方法

iPhoneXは、アプリからクレジットカードを登録して使うことができます。

なので、手元にクレジットカードがあれば早速登録してみましょう

今回は、三井住友VISAカードを参考に紹介します。

まずは、Vpassに登録しましょう。

VpassID イメージ

Vpassとは、三井住友Mastercard会員だけが使えるサイトのことです。

他社のカードを持っている人は、ほかの方法からApplePayに登録することもできます。

例えば、楽天カードなら楽天カードアプリから登録が可能。

三菱UFJニコスなら、ApplePayの操作をすることで登録が可能です。

では、話に戻ります。

Vpassに登録し、IDを発行します。

そして、携帯番号の追加や変更等も行っておきます。

これで事前準備は完了です。

後は、Walletアプリから登録するだけで終了。

とても簡単ですね。

iPhoneXとクレジットカードのQ&A

最後にiPhoneXとクレジットカード関係の質問をピックアップしました。

参考までに。

iPhoneXのSuicaだけが消えてしまいました

一旦登録して、Suicaの残高が残っているのに消えてしまうと困りますよね。

この人は、ApplewatchのほうにもSuicaを入れてしまったようで、それが原因です。

一枚のSuicaは一つの端末にしか入れられませんからね。

なので、突然消えてしまった場合は別の端末に入っていないか確認してみましょう。

クレジットカードの分割でiPhoneXを購入したいのに拒否された

iPhoneXの値段は高いですから、一括払いは厳しいですよね。

それに、普通に分割払いするくらいならクレジットカードで分割払いにしたほうがポイントももらえます。

この人は、セゾンカードという会社のクレカで分割払いをしようとしました。

ですが、セゾンカードは基本的にリボ払い専用のクレカなので、一部を除き分割払いにすることはできません

なので、リボ払い宣言をして支払うといいでしょう。

また、リボ払いに抵抗があるようでしたら他社のクレカをおすすめします。

リボ払いは長期になるほど利息がかかるため、損してしまいますからね。

iPhoneXにSuicaを登録すると勝手にチャージされたのですが

こちらもSuica絡みの質問です。

これは、カード型のSuicaに残っていた残高が移行されただけなので、追加請求されることはありません

ちなみに、一度ApplePayにSuicaを移行すると無効になっているため使えません。

カード型に戻したいときは、新規発行しましょう。

まとめ

iPhoneXでもApplePayを利用することはできます。

ApplePayはとても使い勝手のいいシステムですから、iPhoneXを購入した人もぜひ使ってみてください。

そして、普段の買い物でその使い勝手のよさを体感してみてください。