デビットカードとは、銀行から発行されているカードです。

クレジットカードと似ていますが、違う点もたくさんあるので使う際にはどのようなものなのか理解しておきましょう。

銀行口座を作る際に、デビットカード機能付きにするか聞かれたことがある人も多いと思います。

もし、そこでYESと答えたら、どのようなことにデビットカードを利用できるのでしょうか。

そこで、この記事ではデビットカードの特徴などについてまとめました。

クレジットカードとの違いもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

デビットカードの特徴

デビットカードとは、預貯金口座と結び付けて利用するカードのことです。

クレジットカードのように、代金を決済するときに利用できます。

対面だけでなく、オンラインショップでも利用できる店が多いので一枚持っておくとかなり便利で利用している人も多いです。

ただ、デビットカードはクレジットカードほど発行枚数が多くないので、たくさん所持できないところは注意が必要です。

コチラの記事でもデビットカードについては詳しく解説しています。

誰でも持てる便利なデビットカードのメリット・デメリットまとめ
最近CMでもよく見かけるようになったデビットカード。今では、誰もが一度は聞いたことがあるというほどまでに浸透してきています。でも、デビットカードがどういうの...

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードには以下のような違いがあります。

  • 口座から直接お金が引き落とされる
  • 銀行口座を持っていないと取得できない
  • 所持するのに審査がいらない
  • 主要な店で決済ができる

では、順番に解説していきます。

口座から直接お金が引き落とされる

デビットカードで決済をすると、直後に口座からお金が引き落とされます

クレジットカードは、一度クレカ会社に借金をするのでこのようなシステムはありません。

この点が、クレジットカードとデビットカードの大きな違いです。

【初心者向け】クレジットカードの作り方と必要な書類まとめ
そろそろクレジットカードを持ってみたいでも、フリーターってカード持てるの?高校生は?必要な書類は?って、けっこう疑問が浮かぶものですよね。クレジットカードに...

銀行口座を持っていないと取得できない

デビットカードを発行しているのは、銀行です。

クレジットカードも銀行が発行しているものはありますが、流通系の会社が発行しているものも多いですよね。

また、デビットカードと紐づけできる口座は、発行元の銀行のみです。

例えば、ゆうちょ銀行ならゆうちょ銀行のデビットカードの引き落とし口座はゆうちょ銀行にしか指定できないということです。

この点も、クレジットカードとは違います。

クレジットカードは、好きな口座と紐づけできる会社のほうが多いですから。

また、デビットカードは銀行口座を持っていないと取得することができません。

ほしいと思ったデビットカードがあるのなら、まずは銀行口座を開設するところからはじめましょう。

所持するのに審査がいらない

クレジットカードは、借金をしている状態なので取得するためにはまず、審査を受ける必要があります。

ですが、デビットカードは自分の口座から引き落としされるので審査は不要です

口座さえ開くことができれば、だれでも持ち歩けるのでクレカの審査に不安がある人は、デビットカードを作ってみてください。

クレジットカードの審査落ちの原因。大事な3つのポイント!
クレジットカードを持とうと思った時、やはり気になるのが審査ですよね。申込書に必要事項を記入して、その情報をもとにクレジットカード会社は、審査してこの人にカー...

18歳以下で取得できる

クレジットカードは18歳以上で作ることができますが、デビットカードは原則15歳以上で作ることができます。

なので、中学生でも持ち歩くことが可能です。

子供に現金を持たせることに抵抗があるのなら、デビットカードを渡しておくといいでしょう。

わざわざお金を引き下ろしに行く必要もなくなりますからね。

デビットカードを使うメリット

クレジットカードではなく、デビットカードを使うメリットはたくさんあります。

  • 主要な店で利用できる
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • キャッシュカードと一体型にすることもできる
  • お金の使いすぎを防ぐことができる

よくいわれているポイントは、この4点です。

主要な店で利用できる

デビットカードは、クレジットカードが使えるお店なら問題なく利用できます

ただ、高速道路の料金所などでは利用できない場合もありますが、それでも利用できる店は多いです。

しかし、国際ブランドも注意が必要です。

デビットカードの国際ブランドが対応されていない国際ブランドだと、利用できませんので。

現金を持ち歩く必要がない

デビットカードは、口座から直接お金が引き落とされるので小銭を持ち歩く必要がありません

コンビニやスーパーなどでも、デビットカードで決済できますからね。

ただ、クレカに対応されていない店では利用できないこともあります。

現金しか受け付けていない店では、当然現金が必要になるのでそういった店に行くときは持ち歩くようにしましょう。

キャッシュカードと一体型にすることもできる

デビットカードの中には、キャッシュカードと一体型にできるタイプもあります。

一体型にすると、財布の中がかさばらないのでコンパクトに収納することができます。

それに、ATMの操作や支払いも1枚で対応できるので、いちいち財布の中から探してまた収納して…という手間が省けます。

一体型にできるのであれば、迷わず一体型にするのがいいかと。

お金の使いすぎを防ぐことができる

クレジットカードと違って、口座にある分しか使えないのがデビットカード。

なので、買おうと思ってもお金がないと利用できません

クレジットカードを持っていると、気が大きくなってついつい買いすぎてしまうという人には、ちょうどいいと思います。

使いすぎが怖いという人は、ぜひデビットカードをメインの一枚として使ってみてください。

デビットカードを使うデメリット

メリットもありますが、デビットカードを使うことによるデメリットもいくつかあります。

  • 分割払いができない
  • 資金繰りができない
  • ポイント還元率が低い

この3点です。

分割払いができない

デビットカードは、一括払いしか選択できません

クレジットカードは、一括払いのほかに、分割払いやリボ払いが選択できます。

リボ払い使う人必見!安全?危険?仕組みをわかりやすく紹介
テレビCMなどでお馴染みになった、クレジットカードのリボ払い。リボルビング払いと言って、手元にまとまったお金がなくても、毎月の返済額を少額におさえることがで...

なので、高額決済するときにデビットカードを使うのは少し気が引けると思います。

そういったときのために、クレジットカードも用意しておいたほうが安心できるでしょう。

資金繰りができない

デビットカードは、即時決済できることがメリットなものの、クレジットカードのように資金繰りができません。

今はお金がないけれど、数日後にはお金が入金されるから…というときなどには不便に感じてしまうと思います。

ここがデビットカードの不便なところでもあります。

ポイント還元率が低い

デビットカードを使うと、クレジットカードのようにポイントを貯めることができます。

しかし、クレジットカードに比べるとかなり低め

ポイントをガッツリ貯めたいと思っている人には、使い勝手が悪いと感じてしまいそうです。

日本で発行されているデビットカード一覧

現在、日本で発行されているデビットカードはいくつかあります。

  • 三菱東京UFJ-VISAデビット
  • 楽天銀行デビットカード
  • ゆうちょ銀行デビットカード
  • ファミマTカード

今回は、その中でも4枚を紹介します。

三菱東京UFJ-VISAデビット

UFJ銀行から発行されているデビットカードです。

3枚から1枚だけ選ぶことができます。

デビットカードには珍しく、縦型のデザインです。

三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴やメリット

  • アプリで利用明細が管理できる
  • キャッシュバック制度がある
  • 保険や補償が付帯済み
  • 海外のATMで現金を引き出すことができる
  • 海外ATM利用手数料:108円/回(消費税込)、海外事務手数料:取引金額の
    3.0%

三菱東京UFJ-VISAデビットは、アプリで利用明細が確認できます。

これによって、ひと月にどのくらい利用したのか一目でわかりますね。

公式のアプリなので、個人情報も問題なく入力できるところがうれしいポイントです。

また、キャッシュバックも可能なのがうれしいところ。

毎月の利用額の0.2%が還元されます。

ほかのデビットカードにはない特典なので、UFJの口座を持っているのなら持っておいて損はないかと。

ただし、年会費が1,080円かかってしまいます

15歳(中学生は除く)から23歳までは無料で、24歳からは年間10万円以上利用すると無料になります。

たまにしか使わない人には、あまりおすすめできません。

三菱東京UFJ-VISAデビットは高校生でも持てる便利で安心のカード
クレジットカードを持つとお金を見ずに会計ができてしまうため、ついつい使いすぎて請求書を見て「ビックリ」ということがありませんか?そんな使いすぎを防ぐ事ができ...

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカード(JCB)の券面デザイン

楽天から発行されているデビットカードです。

キャッシュカードと一体型にできるので楽天銀行を使っている人には便利だと思います。

楽天銀行デビットカードの特徴やメリット

  • ポイント還元率が高い
  • JCBは年会費が無料
  • 海外のATMから現金が引き出せる
  • ゴールドカードが取得できる(VISAのみ)

国際ブランドは、JCBとVISAがありますが、どちらかというとJCBのほうがおすすめです。

海外ではあまり利用できませんが、年会費が無料ですしポイント還元率もクレジットカード並みに高いです。

VISAは、ゴールドカードが取得できるというメリットがありますが、年会費は一般カードで1,029円、ゴールドカードで3,086円かかってしまいます。

まあ、ゴールドカードのほうがポイント還元率は5倍なのですが。

クレジットカードよりもデビットカードは特典が少ないことを考えると、あまりVISAはおすすめできません。

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行では、キャッシュカードをそのままデビットカードとして利用することができます。

わざわざデビットカードを別で発行する必要もないので、便利ですよね。

ゆうちょ銀行デビットカードの特徴やメリット

  • 無料で利用できる
  • 審査が不要
  • 財布がかさばらない

このようなメリットがあります。

しかし、ゆうちょ銀行のデビットカードはメリットよりもデメリットのほうが多いです。

なぜなら、J-Debitマークのある加盟店でしか利用ができないからです。

この点が、ほかのデビットカードとは異なる点です。

J-Debitに加入している店は全国的にみても少ないので、あまりメリットは感じられないと思います。

キャッシュカードで支払いができるのはうれしいですけど。

ファミマTカード

ちょっと意外ですが、ファミマTカードもデビットカードの一つです。

発行元は、ジャパンネット銀行。

国際ブランドはVISAです。

ファミマTカードの特徴やメリット

  • 不正利用保険が付帯
  • 毎週火曜日と土曜日のカードの日ならポイントが5倍
  • Tポイントが貯められる
  • キャッシュカードとしても利用可能

ファミマと提携しているだけあって、ファミマの特典が豊富です。

それにポイントが5倍もらえるところや、Tポイントが貯められるところが魅力的です。

また、第三者から利用されてしまった際の保険も付帯されているので安心できるかと。

ファミマによく行く人や、ジャパンネット銀行の口座を持っている人は便利に使えると思います。

キャッシュカードとしても利用できますので。

ファミマTカードはファミマユーザー必携の買い物がお得になるカード
ファミマTカードは、ファミリマートをよく利用する人にとってはかなりお得なクレジットカードですが、ファミリーマート以外の数多くのTポイント加盟店でもポイントを貯...

デビットカードのQ&A

デビットカードについて紹介しましたが、わからない点もあったという人も多いのでは?

そこで、いくつかの気になる質問をQ&A式で紹介していきます。

海外でデビットカードを使うのならどのブランドがいいですか?

海外でも、クレジットカードと同じようにデビットカードを利用することは可能です。

しかし、国際ブランドがネックになることはあります。

特にJCBはいまだに使えないところも多いので、海外で利用することを考えているのならJCBは外しましょう。

やはり、無難にVISAがいいと思います。

基本的にはどこでも決済することができますから。

デビットカードで格安SIMの契約はできますか?

最近なにかと話題になっている格安SIM。

普通のキャリアスマホと違って、支払い方法が原則クレジットカードしか選択できません

中には、デビットカード対応されている会社もありますが、現在はNGになっているところも多いです。

どうしてもデビットカードで支払いたいのであれば、数少ない候補のうちから絞っていくしかありません。

ゆうちょ銀行のデビットカードを作りました。これから使っていきたいと思います。

ゆうちょ銀行のデビットカードですが、ほかの銀行のデビットカードより使える店がかなり少ないです

なぜなら、J-Debitという特殊なものに加入しているからです。

J-Debitとは、キャッシュカードをデビットカードのように支払える仕組みのこと。

一見便利に思えますが、全国的にみても数える程度しかJ-Debitに加入している店はありません。

なので、ゆうちょ銀行のデビットカードをクレジットカードのように使うのは少し無理があるかと。

別の銀行のデビットカードを作ることをおすすめします。

まとめ

デビットカードは、クレジットカードのように利用できるカードです。

ですが、相違点やデメリットもあるのでその点はしっかりと理解しておきましょう。

ぜひ、デビットカードを使ってみてください。