アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの魅力に迫る!

あなたは良く旅行をしますか?

そして旅行する時は、良く飛行機を使いますか?

もしそうであるならば、マイルやポイントが貯まるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードが非常にお得です。

ただ、飛行機を使っているだけなら、マイルなどは本来貯まるものも貯まりません。

しかし、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを活用することでガッツリマイルなどを貯めることができます。

そこでこの記事では、初心者の方でも安心して使える、航空マイルに特化したアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードをについて詳しく解説しております。

この記事を見たあと、いかに自分がマイルを無駄にしていたと感じるはずです。

是非参考にしてみてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの特徴

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードとは、クレジットカードの国際ブランドであるアメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカード。

国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」のメリット・デメリット。
アメリカンエキスプレス社という名前を聞いたことがあると思います。 世界的にも有名なクレジットカード会社ですよね。 ちなみに、ブラックカードの生みの親でもあります。 そんなアメックスは、ステータスも高く使い勝手がいいので人気が高いで...

スカイトラベラーカードは、たくさん飛行機を利用する人向けに発行されたクレジットカードで、購入した航空チケットの金額や普段の買い物により、ポイントが付与される仕組みです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの年会費は10,000円で、家族カードも同時に作る際は、年会費は5,000円

しかし、ETCカードに関しては年会費無料で持つことができます。(新規発行で850円)

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの年会費(税抜)
本人カード10,000円
家族カード5,000円
ETCカード無料(新規発行料850円)

スカイトラベラーカードは年会費は10,000円とゴールドカード並の年会費ですが、

ゴールドカード比較ランキング!目的別・人気のゴールドカードを徹底紹介!
昔はハードルが高かったゴールドカード。 しかし、現在は以前より遥かにハードルが下がり、ゴールドカードを持つ人も増えてきました。 すでに20代前半の方でも持っている人がいるくらい、ゴールドカードは身近なものになりつつあります。 そん...

それに見合ったたくさんの特典やメリットがあるので、人によっては10,000円を出しても元が取れるクレジットカードです。

ポイント還元率は100円で1ポイント

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードは、通常の買い物でもポイントが貯まりますが、100円で1ポイント貯まる仕組みです。

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードで貯めたポイントの価値は、支払う商品やサービスによって異なりますが、

  • 航空会社や指定旅行代理店⇒1ポイント=1円
  • ホテルや指定以外の旅行代理店⇒1ポイント=0.8円
  • それ以外⇒1ポイント=0.3円

このようなレートで使うことができます。

航空会社などであれば1ポイント1円で使えるので実質還元率は1%になりますが、その他の場合は0.8%や0.3%なのでそこまで高くはありません。

ただ、後ほど紹介しますが、貯めたポイントをマイルに「1,000ポイント=1,000マイル」で交換することができるので、マイルを常日頃から活用している方にとっては非常にお得なクレジットカードです。

それ以外は正直、あまりお得ではないので高還元率のクレジットカードを選択した方がいいかもしれません。

【最強】年会費無料のおすすめクレジットカード徹底比較!高還元率も有り
この記事では、ポイント還元率が高くてお得な年会費無料のクレジットカードや付帯保険が充実しているクレカなど目的別で年会費無料のクレジットカードを比較して紹介しております。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの8つのメリットや特典

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードには主に8つの魅力があります。

ここではその魅力についてそれぞれ紹介していきますね。

魅力1:対象航空券と対象旅行代理店でマイル3%が付帯する

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードは、対象の28社の航空券と日本旅行での支払いで3%のマイルを獲得することができます。

通常は100円=1ポイントなのに、この2つに関しては「100円=3ポイント」のマイルが付帯します。

マイルの価値は飛行機のクラスによって異なりますが、おおよそ1.5~5円ほどの価値はあります。

マイルのことをわかりやすく解説。お得な貯め方・使い方まとめ
マイルを貯めて旅行をする。 マイルという言葉自体は知っていても、内容やそのシステムに関してはイマイチなんて方も多いのではないでしょうか? でも、仕事や旅行で飛行機を利用するなら、絶対にマイレージの会員になって、マイルを貯めたほうがお...

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードでは3%のマイル還元なので、マイルの価値が2円相当なら還元率は6%

5円なら15%の還元率になります。

まさに、陸空でスカイトラベラーカードを使うことでマイルを効率よく貯めれるわけです。

通常のクレジットカードを使用して、ポイント還元されるものもありますが、その場合還元されるのはせいぜい0.5%〜1.0%。

つまり、スカイトラベラーカードの方が、何倍もお得になるんです。

そしてJR以外でも、ツアーであったり、日本旅行が関わっているホテル関係など、幅広く扱うことができるのが魅力の1つです。

魅力2:ポイントフリーダムがある

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・カードでは、カード利用後に1ポイント=1円で使用することができます。

これは、アメックスの「メンバーシップ・リワード」のサービスの1つですが、様々なアイテムや商品、サービスなどに活用できるサービスです。

もちろん貯まったポイントというのは、マイルにも交換は可能です。

マイルに移行する場合は1,000ポイント=1,000マイル単位でしか、移行ができないので、その点は注意する必要ですが。。

また、1ポイント=1円で使うには、基本的に旅行関連の商品になるので、それ以外は1ポイント=0.3円です。

使う当てが無いようであれば、この使い方も有りですね。

ただ、還元率が相当悪くなるので個人的にはおすすめはしておりません。

魅力3:ポイントやマイルが無期限で貯めれる

スカイトラベラーカードではポイントやマイルを無期限で貯めることが可能です。

通常ポイントやマイルは有効期限があります。

その有効期限を過ぎてしまうと、たとえいくら貯めていたとしても無くなるのです。

しかし、アメックスの「メンバーシップ・リワード・プラス」を利用することで、それらがすべて無期限に。

このサービスを利用するには、通常年会費が3.240円必要となりますが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードではそのサービスに無料で入会することができます。

なので、年会費が10,000円掛かったとしても実質は7,000円ほどの持っているのと同じわけです。

魅力4:対象航空会社の航空券でポイント3倍

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、ある一定の条件を満たすと、3倍のポイントを得ることができます。

その条件とは、対象航空会社の航空券を公式サイトで購入すること。

この旨味を知ってしまうと、もう他で航空券を買うのがバカバカしくなります。

対象の航空会社は下記になるので、購入の際は事前に確認をしましょう。

対象航空会社

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

ただし、ここで1つ注意点があります。

それは15の航空会社のマイレージへしかマイルの交換はできないということです。

あくまでも上記の航空会社は利用することでマイルが貯めれるのであって交換ができるわけではありません。

交換する場合は、下記の航空会社のみです。

ANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ、デルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン、ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

※ANAへの交換は別途5,400円の登録料がかかります。

また、JALへのマイル交換もできない点も注意が必要です。

魅力5:国内外の旅行傷害保険が付帯

旅行の時に心配になるのが、様々なトラブルですよね。

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードでは、国内外の旅行傷害保険が付帯しています。

まずは下記を参照してください。

保険金の種類海外旅行国内旅行
傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円(本人)
最高1,000万円(家族)
最高2,000万円(本人)
最高1,000万円(家族)
傷害治療費用保険金最高100万円
疾病治療費用保険金最高100万円
賠償責任保険金最高3,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円/年間限度額100万円)
1旅行中 最高30万円
救援者費用保険金保険期間中最高200万円

見ていただければ分かる通り、国内旅行でも海外旅行でも保険が適用され、傷害死亡・後遺障害保険金で国内が最高,2000万円海外が最高で3,000万円保証されております。

しかも本人だけではなく、カード会員の家族にも最高で1,000万円の補償がついて来るのです。

海外旅行の場合はさらに、傷害や疾病等も保証されており、万が一海外で何かあった場合も安心できます。

そのほかにも、「航空便遅延費用補償」という補償が存在します。

航空便遅延費用補償
乗継遅延費用1回の到着便の遅延について
最高20,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について
最高20,000円
受託手荷物遅延1回の受託手荷物の遅延について
最高20,000円
受託手荷物紛失1回の受託手荷物の紛失について
最高40,000円

上記のように、遅延により登場予定の飛行機に乗れなかった場合、2万円の補償がおりたり、欠航や運休により登場できなかった場合にも、2万円の補償金がおります。

旅行先は必ずしも安全とは限りません、このようなサービスがあるだけで、より安心して旅行を楽しむことができます。

魅力6:サポートが充実していて連絡が繋がりやすい

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードの地味に嬉しい魅了として、カード会社に電話が繋がりやすいということがあります。

聞きたいことがあるのに、かなりの時間待たされたり、たらい回しにされたらイライラしますよね。

特に年会費が無料で作りやすいクレジットカードなどは連絡などが付きにくい場合が多いです。

【最強】年会費無料のおすすめクレジットカード徹底比較!高還元率も有り
この記事では、ポイント還元率が高くてお得な年会費無料のクレジットカードや付帯保険が充実しているクレカなど目的別で年会費無料のクレジットカードを比較して紹介しております。

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードでは、その心配がありません。

また、電話をかける時でも、フリーダイアルなので電話代の心配をする必要がないのです。

これならいくら電話を長時間したとしても、お金の心配をすることはありませんよね。

繋げたい時に繋がらないお問い合わせでは意味がありませんので、そういった点も非常に優秀ですよね。

魅力7:入会するだけでも3,000マイル分が無料でゲットできる

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、入会するだけでポイントが貰える特典があります。

まず入会した際には、3,000マイル分が無料でゲット。

さらに、入会してから1年以内に航空券等を購入すると、さらに5,000マイル相当のプレゼントをもらえちゃいます。

この時点ですでに8,000マイル分。

また、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは入会だけではなく、継続にも力を入れています。

なんと継続するだけで毎年1,000マイル分のポイントがプレゼントされるのです。

継続しただけでです。

このように、入会だけではなく継続についても、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは手厚いプレゼントを用意されております。

魅力8:その他の魅力

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードでは、その他にも魅力的なサービスが色々とあります。

たとえば

  • 空港ラウンジ(カード会員ご本人さまとご同伴者1名さままで無料)
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港パーキング
  • レンタカーが5%引きで利用できる
  • 指定のホテルの割引

であったりと、まだまだたくさんあります。

まずは大きな魅力だけ紹介をしましたが、是非そのほかの魅力も探してみてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードとは?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードとは、先ほど紹介したアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの上位版

年会費は35,000円、そして家族カードの場合は17,500円かかります。

年会費に関しては、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードに比べて大幅に上がりますが、その分サービスについても大幅に向上されております。

そのため、特典などはどれもアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの上をいっておるのです。

その上位の特典を紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードの3つの特徴

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードの魅力は下記の3つです。

 魅力1:5倍のポイントがもらえる!

先ほど、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、航空券を購入した時に3倍のポイントが入ると話をしましたが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードではなんと5倍です。

対象航空会社については、すでに上記で扱っているので割愛します。

頻繁に航空券を購入することがあるのであれば、一度ポイント3倍の時と、5倍の時のシミュレーションをして、年会費以上のバックが見込めるのであれば、検討の余地はあると思います。

 魅力2:旅行傷害保険が手厚い

旅行傷害保険についても非常に手厚くなっております。

保険金の種類海外旅行国内旅行
傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円(本人)
最高1,000万円(家族)
最高2,000万円(本人)
最高1,000万円(家族)
傷害治療費用保険金最高100万円
疾病治療費用保険金最高100万円
賠償責任保険金最高3,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円/年間限度額100万円)
1旅行中 最高30万円
救援者費用保険金保険期間中最高200万円

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、国内旅行傷害死亡・後遺障害保険金が最高,2000万円だったのに対し、こちらは最高5,000万円まで引き上げられています。

航空便遅延費用補償については、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードと変わりがありませんが、それでも十分手厚い補償と言えるでしょう。

魅力3:入会と継続のメリット

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカードでは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードと同じく入会するだけで特典があります。

まず入会した際には、5,000マイル分をゲット。

さらに、入会してから1年以内に航空券等を購入すると、さらに10,000マイル相当のプレゼントをもらうことができるのです。

この時点ですでに15,000マイル分

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは8,000円相当だったのが、15,000円までアップしています。

また、継続する場合は、5,000マイル分のポイントがプレゼントされます。

入会だけではなく継続についても、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードよりも手厚いプレゼントが用意されているのも、魅力の一つです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー(・プレミア)・カードのデメリット

ここまで目に見えて嬉しいメリットしか話して来ませんでしたが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードのデメリットとして、年会費の高さに尽きるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの場合は、年会費が10,000円、プレミアムになると35,000円と決して安く無い年会費になります。

そのため、カードを作る時は年間に使う航空機代を事前に想定して、ポイントやマイルに還元した場合に年会費の元を取ることができるのかは考えましょう。

もちろん、戻って来るポイントやマイルが、年会費相当に到達しなくても、手厚い補償や保険、指定の宿泊先の割引やJRでのポイント還元等のサービスもありますので、それも加味して作るべきかは考えて見てください。

結局マイルを貯めても使わないなら意味がありませんから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードには様々な特典がつきますが、もし自分に見合った特典であるのなら、あなたにとって価値のあるカードになります。

入会や継続しただけでも特典が貰えるカードが会社はそうそうありません。

他の会社のカードとも比較をしてみて、自分にあったカード探しの参考にしていただければ幸いです。