コストコとは、本社がアメリカにある倉庫型のスーパーのこと。

倉庫型と言われているだけあって店舗の規模は大きく、またコストコで販売されている品物の規模も大きいです。

日本で牛乳や水、ジュースといえば多くても2リットルサイズですが、コストコではガロンで販売されています。

それでいて単価はかなり安いので、多くの人を魅了しています。

コストコにはまっている芸能人もよくTVで特集されるくらいですからね。

そんなコストコですが、クレジットカードの仕組みが大幅に変更されることになりました。

これによって、今まで使えていたものが使えなくなるようです。

今回は、コストコとクレジットカードのことについて解説します。

コストコの概要

コストコへ行ったことはありますか?

行ったことがない人でも、TVなどで見かけたことがある人は多いでしょう。

業務用サイズの商品があの大きな店舗にたくさん販売されています。

  • パン
  • 調味料
  • 生鮮食品
  • 冷凍食品
  • 消耗品

なんでも買うことができます。

全てがアメリカンサイズですし、大量に買えますからはまる人が続出してるようです。

そんなコストコですが、誰でも買い物ができるわけではありません。

年会費を支払っているコストコ会員のみが買い物できます。

年会費が年間4,000円かかるため、会員になるかならないかで迷う人も多いです。

コストコで買い物をしないと損してしまいますからね。

コストコはクレジットカード払いができる

そんなコストコですが、支払いは現金払い以外にもクレジットカード払いが選べます。

これはコストコ会員にとってありがたいのでは?

だって、一度に数万円の買い物をするためにわざわざATMへ行かなくても済みますし、財布の中身を気にする必要がありませんからね。

それに、レジでの決済もスムーズに行えますから時短にも繋げられます。

これからコストコ会員になろうと思っている人は、一枚コストコのクレジットカードを作っておくと便利でしょう。

コストコの支払いをクレジットカードで行うメリット

コストコの支払いをクレジットカードで行うメリットは以下の2点がメインです。

  • ポイントが貯められる
  • 会計がすぐに済む

では、順番に見てみましょう。

ポイントが貯められる

クレジットカードで支払う一番のメリットはポイントが貯められるところですね。

還元率の高いクレジットカードを使えば、その分ポイントも貯めやすくなります。

コストコは普通のスーパーと違って、まとめ買いができるので一回の買い物が数万円という人も多いのでは?

そんな人は、ぜひ還元率の高いクレジットカードを使ってみてください。

会計がすぐに済む

クレジットカードを使う二つ目のメリットは、会計がスムーズに済ませられるところですね。

レジでお金のやり取りがめんどくさい!と思う人も、ぜひクレジットカードを作ってみてください。

コストコの支払いをクレジットカードで行うデメリット

しかし、コストコの支払いをクレジットカード払いすることにはデメリットもあります。

  • コストコ独自のサービスがない
  • 決済できるブランドが限られている

この2点ですね。

コストコ独自のサービスがない

スーパーから発行されているクレジットカードを使うと、ポイントが貯まりやすいという特典がついていると思います。

コストコ公式クレカにもそういった特典はありますが、正直そこまで使い勝手はよくありません。

ただ、今回グレードアップするそうなので、そちらには期待したいですね。

決済できるブランドが限られている

コストコは海外から日本に来たスーパーです。

それにも関わらず、決済できる国際ブランドはアメックスやMastercardのみとなっています。

VISAやJCBは使えないので、ちょっと不便さを感じてしまいますね。

コストコで使えるクレジットカード

色々な制約が多いコストコですが、今のところコストコで利用できる国際ブランドは

  • アメックス
  • Mastercard

のみ。

ちょっと不便ですね。

ここで、勘違いしてはいけないところは、今のところMastercardブランドならどのカードでもいいというわけではないことです。

Mastercardが使えるのは、コストコが公式で発行しているクレジットカードのみのため、楽天カードオリコカードなどを作っても、レジで決済できません。

ここを勘違いしてしまうと、トラブルに発展しかねませんから注意しましょう。

また、コストコは新しいカードを発行するためにアメックスの取り扱いを終了するそうです。

なので、2018年の1月末からはMastercardのみ利用が可能になります。

今、コストコのためにアメックスを作ろうと思っている人はやめておいたほうがいいでしょう。

ただし、2018年の2月からは全てのMastercardブランドがコストコで利用できるようになるそうです。

これは朗報ですね!

還元率の高いMasterCardブランドのクレジットカードを今のうちに一枚用意しておくと便利でしょう。

コストコ用クレジットカードについて

大幅にサービスが変更されるコストコ。

正直、何がなんだかわからないという人もいるのではありませんか?

そこで、今後使えるようになるクレジットカードについて紹介します。

コストコオリコマスターカード

「コストコオリコマスターカード」の画像検索結果

現在利用できているクレジットカードです。

これはオリコカードでお馴染みのオリコカードとコストコが提携して発行しています。

主なメリットとしては、

  • 新規入会時に6,000ポイントがもらえる
  • 年会費が永年無料(コストコの年会費はかかる)
  • 日本国内のコストコならどこでも利用できる

というようなものです。

他にもありますが、コストコに大きく関わるものはこのくらいかと。

正直、年会費が無料になることとポイントがもらえることくらいしかメリットはありません。

それに、他のオリコカードが使えないのも面倒ですね。

コストコグローバルカード

「コストコグローバルカード」の画像検索結果

コストコグローバルカードは、2017年12月に誕生したばかりのクレジットカードです。

コストコ既会員を対象にしているカードで、2018年移行随時会員の自宅に届けられる予定

このクレジットカードのメリットは、

  • 年会費が条件付きで無料
  • 還元率がコストコ内なら1.5%、それ以外なら1.0%
  • 貯めたポイントがキャッシュバックされる
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯

というものです。

年に1回利用すれば年会費が免除されるのでコストコユーザーなら簡単ですね。

特典を見てみても、オリコマスターカードよりグレードアップされたことがわかります。

すでにコストコを利用している人は、カードが手元に届くまで待ちましょう。

まだコストコ会員ではない人は、2017年12月末までに入会すると、

  • オリコトラベルクーポン2,000円
  • コストコ商品クーポン総額2,000円相当(グローバルカードでの決済時に使える)

がもらえます。

Mastercardブランドのクレジットカード

MasterCardと提携しているクレジットカードならどれでも利用できるようになります。

これは便利ですね。

早速コストコ用に一枚作ってみてもいいのでは?

おすすめは、

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が高い(1%以上)

この2つの条件に当てはまるクレジットカードです。

楽天市場から発行されている楽天カードやリクルートカード、Yahoo!Japanカードなんかは、条件に当てはまりますし、国際ブランドもMastercardブランドが選択できますよ。

楽天カードは楽天市場ユーザー必携のカード!ポイントがガッツリ貯まる!
楽天カード。今や、クレジットカードの中で最も有名といっても良いカードの一つが、「楽天カード」です。クレジットカードに興味がなくて、楽天カードを持っていなくて...
リクルートカードの審査は甘い?厳しい?抑えるべきポイント
リクルートカードと言えば、年会費無料で高還元率のカード。メインカードとしても十分使えるので、メインカードとして作ろうか悩んでいる人もいるでしょう。そこで、気...
Yahoo!JAPANカードはTポイント貯める人に最強なカード!
Yahoo!JAPANカード。Tポイントを普段から活用している人であれば、持っていおいて損はないクレジットカードです。Yahoo!JAPANカードよりも、リクルートカードなどの方が...

それと年会費無料で高還元率カードならOrico Card THE POINTも忘れてはいけません。

入会月から半年間はポイントが2倍になるなどのキャンペーンもあるクレカなので、Orico Card THE POINTもおすすめの1枚です。

Orico Card THE POINTは年会費無料で人気の高還元率カード!
年会費無料でポイントが貯まりやすいと人気のOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)。ネット通販ではさらにその力を発揮し、貯まったポイントの交換システム...

コストコの支払いを別ブランドで行う裏技

でも、コストコなんて年に数えるほどしか行かない人もいると思います。

コストコのためにクレカを作るのはちょっともったいないですよね。

そんな人は、ある方法を利用すればコストコ専用のクレジットカードを使わなくても今持っているクレジットカードで決済ができます。

その方法は、コストコの通販サイトを利用すること。

といっても、コストコ公式ではありませんけどね。

コストコの会員が有志で作り上げたサイトであり、欲しいものをかごに入れて買い物をすれば、自宅まで郵送で届けてくれます。

つまり、あなたの代わりにコストコで買い物をしてくれるんですね。

これならコストコへ行かなくても済みますし、決済ブランドも選べます。

ただし、コストコ通販サイトを利用する際にはいくつか注意点も。

コストコ通販サイトの注意点

  • 購入できる品物が限られている
  • 若干金額が高い
  • 送料がかかる
  • 賞味期限に注意

購入できる品物が限られている

コストコは色々な商品が売られています。

ですが、通販サイトでは一部の商品しか買えません。

生鮮食品(お寿司など)が欲しいのなら、自分の足でコストコへ行くことをおすすめします。

若干金額が高い

コストコ通販サイトは、コストコ正規の値段よりも若干割高です。

郵送料や手数料と考えると妥当なんですけどね。

毎回利用しようと思っているのなら、コストコの会員になったほうがいいかと思います。

送料がかかる

コストコ通販サイトを利用すると送料も取られます。

これは、どの通販サイトでも同じことですね。

最大手の通販サイトでも1,000円以上かかってしまうので、賢く買い物するようにしてください。

賞味期限に注意

これは、実際にコストコ通販サイトを利用した人の体験です。

コストコ通販サイトで品物を買った際、到着したその日が賞味期限だったとか。

このようなトラブルも予想されますから、くれぐれも注意しましょう。

コストコクレジットカードのQ&A

コストコ・クレジットカードの質疑応答コーナーを設置してみました。

コストコやクレジットカードのことで不明点があった人は、参考までにどうぞ。

コストコの支払いはどのアメックスでもできますか?

コストコは、Mastercardブランドが使えますが他社発行カードは使えませんでした。

でも、アメックスはどのカードでも使えるようです。

だから、セゾンが発行したアメックスブランドのカードなんかも使えるようですよ。

ただし、アメックスが使えるのは2018年の1月末まで

それを過ぎると使えなくなってしまいますから、早めにコストコ専用のクレカを作っておきましょう。

コストコを退会するとクレジットカードも解約しなければいけませんか?

コストコを退会したからといって、クレジットカードを解約しなければいけない理由はありません。

そのまま使い続けることができますので、普段使いに利用してみましょう。

コストコ会員と非会員で買い物をしたのですが、別会計できますか?

コストコは、会員と一緒なら非会員も買い物ができる仕組みになっています。

しかし、他のスーパーと違ってコストコは別会計ができません

例えカゴが別だとしても全てコストコ会員が支払う必要があります。

ちなみに、会計を2回に分けることもできないそうですよ。

面倒でも、後から自分の分のお金を支払うようにしましょう。

なぜオリコカードは日本国内でしかクレジットカードを使えないのですか?

アメリカのコストコが、VISA対応になったからです。

コストコユーザーとしては、日本もVISAに対応してほしいと思っているようですよ。

まとめ

コストコをクレジットカード払いすると、会計がスムーズになります。

ポイントも貯まりますから、クレジットカードライフを送っている人にとってはうれしい限りですね。

現在は、ちょっと使い勝手が悪いですが2018年の2月からは全Mastercardブランドのクレカが使えるようになります。

幸いにも、Mastercardブランドで年会費無料、還元率の高いクレジットカードはたくさんありますから、ぜひ今のうちに一枚作っておいてはいかがでしょうか。

今後、コストコの支払いはクレジットカードで行いましょう。